« 取り急ぎ | トップページ | レジェンド »

2014/12/07

夢をありがとう

リーグ2位、ACL本戦出場権獲得。充分立派な成績だと思います。

もちろん優勝出来なかったことは本当に悔しく思っていますが、それによって監督、選手たちが勝ち取ったこの成果の価値が貶められるべきではないとワタシは思っています。

ここに何度も繰り返し書いてきたように、そしてミシャも試合後のコメントで言及しているように、今季彼らの奮闘によって浦和レッズというクラブは救われました。ワタシたちサポーターの愚行により奈落の底に落ちても仕方のなかったこのクラブを、優勝争いという形で、彼らがなんとか踏み留まらせてくれたのです。
 

残念ながらあと一歩のところで届かなかったものの、彼らに対してはいい夢を見させてくれてありがとうという感謝の気持ちで一杯です。そういう観点からすれば、今季の彼らはプロフェッショナル・フットボーラーにふさわしい仕事をしてくれた、個人的にはそう感じています。

もっとも、昨日のゲームが終わった瞬間は、もちろんそこまで心の整理が出来ていなかったので、ただただ呆然と黙ってピッチの上を眺めるばかりでしたがw
 

が、しかし、試合終了と同時に沸き起こった盛大なブーイング。これにはものすごい違和感を覚えました。ワタシには、選手たちのここまでの頑張りをたかが(とあえて言う)1試合の結果だけで全否定しているように聞こえたのです。はっきり言って、欲しい物を買ってもらえずに駄々をこねている子供の姿が頭に浮かびました。

ましてや社長の挨拶の時のブーイングや罵声なんて、憂さ晴らしとか八つ当たり以外の何物にも思えませんでした。

まあ評価なんて人それぞれなので別にいいんですけど、ワタシが鳥栖で感じた一体感はやはり幻想だったんだなぁと自らの見る目のなさを残念に思っています。
 

今のチームにはまだまだ足りないものが多い、もっともっと精進が必要、そのことについては否定しません。しかし、その表現はチームよりもむしろワタシたちサポーターの側によりふさわしいんじゃないの?そう思いました。

少なくとも今季、ワタシたちに選手たちを非難する資格はないはずです。

|

« 取り急ぎ | トップページ | レジェンド »

コメント

コメント失礼します。

いい夢をありがとう、ですか?

ブーイングが駄々をこねている子供のように聞こえましたか?

こういう受け止め方もあるのかと参考になりました。


投稿: ? | 2014/12/07 17:22

私も「違和感」に同意します。

再三言っていたことですが、
私達サポは少なくと今年は、選手や社長へのブーイングをする権利はないと思ってます。

社長が「サポーターの皆様をがっかりさせた」的な反省をおっしゃってましたが、
ご迷惑をおかけした のは、むしろこちらだと・・・

ま、たしかに昨日はがっかりはしましたが、
前半戦がものすごく楽しかったのも事実ですからね。

来年も変わらずレッズを応援しますよ。

投稿: eriy | 2014/12/07 18:05

色んな価値観、考えがあるのは当然です。
なので、せっかく「違う」という意見を他人様のブログでコメントするなら、どこがどう違うのかくらい語れば良いのにと思います。>?さん。
あの事件から選手がチームが踏ん張ってここまで来たことをどう見ていたのか、とか。

私が昨日のブーイングを聞いて感じたのは、昨今のSNS系でよく起こる「炎上」と同じかな、というもの。大して考えてないけど、なんとなく調子に乗って周りに合わせて(いい気になって)大声出して憂さ晴らしているなって。

自分は、「ナイーブ」だなぁと思いました。そこを磨けば、と。
そんなに凹まなかったのは、鳥栖戦後に目一杯凹んだからだと思います…

投稿: kabasann | 2014/12/07 19:22

スレ主様が鳥栖戦のことを書いていたので、そこから。
私も鳥栖戦はゴール裏最前列で観戦していました(おかげであほ面をTVに抜かれた)。試合後、うなだれている柏木に「柏木、下向くな!来週がある!」と大声で声をかけていたサポに、私は感動していました。レッズサポって、いろいろやらかしたりもするけど、熱くて、いい人たちなんだ、と…。
それに比べて昨日のブーイングは「お前たち、まだまだできるはずだろ!」だったのか、ただの負けに対する憂さ晴らしだったのか…私にもわかりません。
ただ、社長がブーイングの嵐の中で挨拶した後の表情は、チームが勝てなくてほんとうに悔しい、という思いが伝わるものでした。少なくともブーイングに対する感情の現れではなかったように感じています。
私もものすごく悔しいです。試合後にガンバの結果を知ったので、余計に「ここで勝ててれば」と思いました。
また、32節のガンバ戦以降、勝てなかったのは、きっと今のチームに何かが足りないからなんでしょう。ただそれが何なのか、単に戦力とか、メンタルとかなどのイシューではないように思います。今年の出来事を契機に、自分たち自身も、一歩とは言わない、1センチ、1ミリでも昇れたらいいな、と感じています(いろいろありましたが、今年のゴール裏を支えられた方には感謝しています)。
それでも今年を振り返れば、レッズが勝つことで心の支えになっていました。最後まで戦い抜いた選手たちに、ただただ「ありがとう」と言いたいです。
冗長で散逸なコメントですみません。

投稿: 埼京線 | 2014/12/07 20:08

>?さん
はい、大いに参考にしてください。

>eriyさん
就任早々の社長にも申し訳ないことをしましたね・・・。まあそういったところを乗り越えて良いクラブ経営をしていただければいいなぁと願っております。
>>来年も変わらずレッズを応援しますよ。
なんかとても力が抜けた爽やかな宣言をありがとうございます。

>ダンナさん
ブーイングしたい気持ちをわからないでもないです。しかしワタシが昨日の試合後に感じたのは、そういった種類の怒りではなく悲しみでした。必死で応援してればそういう気持ちになるはずだとは言いませんが、おっしゃる通りそういう人こそ案外ナイーブでありセンシティブなのかもしれませんね。

>埼京線さん
鳥栖戦でそういう声をかけたサポもいるのですね。実はワタシも鳥栖戦の一体感が必ずしも虚だったとは思っていません。ホームとアウェイ(特に遠方の)の客層が違うのは知っていますから、きっとそのサポの方の心からの叫びだったのではないかと思います。
あと、選手にありがとうと言いたいのがワタシだけではないと知って少し安心しましたw

投稿: にゃんた2号 | 2014/12/07 22:15

にゃんた2号さま

色々あったシーズンながら、ここまで来れたことはひとつの成果だと思います。もちろん悔しさはありますし、ここで満足するつもりもないです。
でも今は、監督、選手、スタッフ、スタジアムを支えてくれたボランティア等、サッカーの環境をつくる全ての方に感謝をしています。今シーズンも大変お世話になりました。お疲れさまでした。


まだもう少し上までいくための努力の余地がある。具体的にそれは何なのか私には判りませんが、これからも、もがきながら進んでいくチームとともにありたいと思います。

投稿: りょう | 2014/12/07 22:34

何だか2年連続で失速して優勝を逃したことになってないですかねえ・・昨年最後に優勝を逃したのはマリノスであって、確かに浦和だけを見れば終盤勝ち点の伸びはありませんでしたがそれ以前の問題として一度も首位に立つことはなかったわけですから、今年の場合とは全く意味合いが異なると思うのですよ。
お見受けしたところ主様はじめここにはそんな勘違いしちゃってる人はいないようですので「そんなわかってることいちいち書くな」と言われればその通りで申し訳ないんですが・・

投稿: 武蔵浦和レッズ | 2014/12/07 23:33

選手に対するブーイング、社長に対するブーイング、それぞれ意味が違うと思いましたし、私は受け取り方が違いました。

確かに、選手・クラブには今季サポ(の一部)が迷惑をかけた事は確かだと思いますし、その中で選手はよくやってくれた。
むしろ、あの状況の中で我々を救ってくれたと思いますし、その事については選手に対してお礼を言いたいくらいでした。

あの試合後のブーイングについては前半は上手くコントロールできていたのが何故か後半バラバラに崩れ、逆転され、ヘロヘロになってしまった。
自分達のフットボールを、とか自分たちが勝ってあとは運に任せる、とか鳥栖戦での反省を生かして、とか言っていたことがことごとく出来ていなかったではないか!というブーイングだと思っていました。(私は呆然として何もできませんでしたが)

社長のブーイングについては、確かにクラブに迷惑を掛けましたが、その後の迷走(アンケートの件、夏場の当日抽選の有り方の件など)彼らもまたサポに多大なる負担をかけた事、元気の抜けた後の事など、どうみても彼らもプロフェッショナルではなかった気がします。

私はサポも大人にならなければならないと思いますが、クラブ運営ももっと大人にならなければならないと思っています。そういう意味でのブーイングだったかな、と思ております。

結局今年は選手は頑張ってくれたけど、それ以外が迷走したために最終的に優勝を取り損ねたかな、と思っています。

投稿: ねう | 2014/12/08 10:44

>武蔵浦和レッズさん
はい、そうなんですよね>今季初めて首位
去年までも優勝争いはしてたけど、結局一度も首位に立てませんでした。今季の進歩は実際の記録にも表れてますからねぇ。今季はむしろ2007年に近いとワタシは思っています。

>ねうさん
ご意見ありがとうございます。
選手に対するブーイングについては、恐らくそういう意味の人も多かっただろうとはワタシも思っています。実際試合内容自体は残念な感じでしたから。ワタシは、それを斟酌しても今季トータルの彼らの頑張りに対してブーイングはないだろうと思ったので、上の記事のように書きました。
社長(クラブ)については、書いていただいたようなクラブが迷走した件にはワタシはあまり直面していないのでよくわかりません。なので客観的な感じ方になっているかのかもしれません。もっとも、クラブの初期対応が問題を大きくしたという側面もありますから、クラブにも落ち度はあるだろうと捉えています。
で、結局のところ、最後の一文にすべてが集約されるのかなと思いました。例の件で真っ白なのは選手だけですもんね。

投稿: にゃんた2号 | 2014/12/08 12:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/60772750

この記事へのトラックバック一覧です: 夢をありがとう:

« 取り急ぎ | トップページ | レジェンド »