« ヤジラー生存確認 | トップページ | 新潟の思い出 »

2014/07/14

ワールドカップ2014 決勝戦の感想

ケータイのアラームを4時にセットしてたのに自動電源オフ解除するの忘れてて、目が覚めたら後半20分だったでござるの巻。でもまだ0-0だったのは幸いでした。

詳しく論じるほど見てはいないのですが、個人能力も組織力も攻撃も守備もスピードも強さも高さも技術も運動量も精神力もベンチワークもぜーんぶ持ってたのがドイツ、というイメージがあります。さすがベンツとワーゲンとポルシェの国だけある(関係ねえ)。何が起こるかわからないのがサッカーですが、そのフレーズさえにも打ち勝ったのが今回のドイツということなんでしょう。

素晴らしい優勝だと思います。おめでとうございます。

ノイアーって今の浦和のサッカーにフィットしそう。

|

« ヤジラー生存確認 | トップページ | 新潟の思い出 »

コメント

自国のリーグがしっかりしていて、しかも同じクラブで戦っている選手が多いのも勝因の一つだと思います。

Jリーグや浦和レッズ(もちろん他のチームもですが)が強くなる事で日本代表が強くなる!スカパーのCMみたいですみません(^-^;


個人的には、レッズとバイエルン・ミュンヘンでまた試合して欲しいです。あたりの強さやパススピードの速さを体験できるだけでも、選手にはいい経験になるかと。

投稿: アニヲタの女 | 2014/07/14 17:51

ご無沙汰しております。

ベンツやVWやポルシェに言及されてましたが、
ドイツ、こんなこともやっていたそうで。
http://diamond.jp/articles/-/56037
この記事も企業の宣伝の面があって
多少割り引いて読まなくてはならないでしょうし、強化はこれだけではないでしょうけど、
我が国の強化がこのレベルに達するには…
道は遠いと思います。

NHKで解説していた岡田氏が最後に言っていた、国内リーグでの選手や指導層の育成、はもっともなことだと思いましたし、まずはそこから、と思うのですが、2ステージ制ですか…。

投稿: sat | 2014/07/14 21:58

>アニヲタさん
リーグの隆盛と代表の強化は表裏一体だと思いますけれども、この2者の財産を共有させない何かがあるんでしょうねきっと。
それはともかくバイエルンを目標に置くのはチームとしはもちろん、クラブとしても良いことなんじゃないかと思います。

>satさん
確かSAPの創業者がホッフェンハイムのオーナーだったかと。
日本の場合はサッカー側もともかく、IT側も、ITを利用した商売の得意な企業は数あれど、純粋なIT企業は少ないですからねぇ。確かに国として見た場合はいろいろ厳しい気はします。

投稿: にゃんた2号 | 2014/07/15 13:04

かなり遅れての再投稿すみません。
決勝前にGoing Sports&Newsで陽介&忠成がW杯の大会MVPを予想していました。視点や解説が流石プロ!試合を見る時の勉強にもなりました。予想も的中。自慢の選手たちです。
本当に期待しています。

陽介は監督に向いているかも(o^-^o)

投稿: アニヲタの女 | 2014/07/18 11:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/59983205

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップ2014 決勝戦の感想:

« ヤジラー生存確認 | トップページ | 新潟の思い出 »