« 季節外れの『桜散る』 | トップページ | 開幕 2014 »

2014/06/11

救い救われ

ちょっとばかりタイミングを逸した感はありますが、逆に読んでる人少ないから多少変なこと書いても大丈夫だし、とりあえず今季ここまでの浦和について書いておこうと思います。
 

一言で言えば、選手に救われた、それに尽きると思います。
 

選りによってホーム開幕戦でのなんとかオンリー → 無観客試合の流れで、もしかしたら何もかもダダ滑って行っても決して不思議ではなかった、そんなシーズン前半を、選手たち(もちろんコーチングスタッフ含む)の頑張りで何とか踏み止まれた、ここへ来て露呈したサポの愚行とクラブの怠慢を選手たちが身体を張ってカバーしてくれた、ワタシはそう感じています。

『結果に拘らず選手の頑張りを評価したい。でも結果が伴えばそれ以上の喜びはない。』と開幕前日ここに書いたワタシにとっては、もう選手たちに感謝してもしきれない気持ちで一杯です。
 

が、シーズンは終わったわけではありません。まだ半分も終わっていないのです。

だから選手たちは油断するなって? いやいやそうじゃないです。我々サポーターやファンこそがシーズンが終わるまで忘れちゃいけないんですよ、ここまで選手たちが頑張ってくれたことを。

恐らくここからまだまだ山谷があるでしょう。特にこれから夏場を迎えて、今の運動量を必要とするサッカーには非常に厳しい季節になるでしょう。先のナビ新潟戦や甲府戦を見ればそれは明らかです。ぶっちゃけ、これまでほど結果が伴うかどうかは微妙だと思います。
 

しかし、だからこそ俺たちの力が必要だとは思いませんか?

前半戦頑張ってくれた選手たちを今度は俺たちが頑張って後押しする番だ、後半戦は俺たちが選手を救うんだ、そう考えればいいんです。
 

これまでは、サポーターの声援が選手の力になるなんておこがましい、そう思っていたしここにも何度かそういうニュアンスのことを書きました。しかし今季に関しては別です。俺たちは選手に必要のない負担をかけてしまいました。だからここからは俺たちが選手に恩返しをするんです。しなきゃいけないんです。

『勝て』じゃなくて俺たちが『勝たせるよう頑張る』んです。

『タイトルを獲れ』じゃなくて俺たちが『タイトルを獲らせる』んです。

世の中は、お互いが救い救われ成り立っている、ワタシはそう思います。
 

と、毎試合スタジアムに行っているわけでもないワタシがいくら煽ったところで、あまり説得力はないかもしれません。しかし、上の内容に賛同いただけるサポの方が1人でもいて、選手たちに今まで以上の声援を送っていただけるのならば、それだけでもこんな尊大かもしれない文章を書いた甲斐があったというものです。

まあとにかく、ここはゆっくり休んで、再開後は頑張りましょう。

|

« 季節外れの『桜散る』 | トップページ | 開幕 2014 »

コメント

もちろん、賛同いたします!

私も毎試合行っているわけではないし、
しかも指定席のぬるサポ。

でも今年は指定席でも今まで以上に声出し応援し、
まずいプレイに対して、ため息はつかないようにグッとこらえます。
そして良いプレイには、大きな拍手を。

あとは、個々の気持ちです!
選手の気持ちが私達に伝わったように
私たちの気持ちもきっと選手には、伝わるはずだから。

投稿: eriy | 2014/06/11 21:22

あの事件の後、慎三が「これで優勝したら俺たちマジかっこいいよな」と言い、陽介が「優勝するしかない」と言ったとか。選手がそう思っているのなら、それを実現させるために努力するのがサポ。そして、選手のカッコイイとこ十二分に映画に残して、舞台挨拶で慎三や陽介に「カッコイイとこ、いっぱい出てるんで是非見てください」と言わせてやりましょう!

No.1にもなって欲しいけど
もともと特別なOnly one

投稿: アニヲタの女 | 2014/06/11 22:20

100%
いや、120%でも300%でも賛同いたします!

ほんとに、真剣に、応援頑張ろ!
(指定席の温いサポだけど)

札幌に小野伸二が来たこの初夏に、浦和は彼すら体験してないステージに昇ってやりましょうよ!
この夏に、暢久のために集うレジェンド達に、新しいステップに踏み出したイマの浦和を見せましょう!

あ〜、はやくはじまらないかなぁ。

投稿: kabasann | 2014/06/11 23:01

いつも拝見させていただいております。
おっしゃる事に賛同致します。

あの事件以降、黙々とフットボールをやって結果を出してくれている選手には本当に頭が下がります。

浦和でプレーして良かった、声援が有り難い、って選手に思ってもらえるように、全力でサポートしようと心新たにしました。
私はゴール裏の端っこにいますが、少しでもその熱を指定や座って応援している人たちに伝えられるよう、頑張りたいと思います。

投稿: ねう | 2014/06/12 19:22

皆様、ありがとうございます!

一人一人の声はわずかかもしれませんが、少しずつ積み重ねて選手の大きな後押しにするべく頑張りたいですね。

投稿: にゃんた2号 | 2014/06/12 21:14

遅くなりましたが。
私もみなさまに同じく賛同いたします。

大阪に単身赴任したため、昔に比べて参戦率が低くなっていますが・・・

大事ですよね。
チームと共に戦っているのだという意識。
勝たせるんだという意識。

ほんと大事だわ。

投稿: レッズ11 | 2014/06/13 10:45

遥か昔の事ですが、陸上競技の選手だった小生に、400mの第三コーナーに後輩の女子部員を配置し(ちょうど200m過ぎた辺りで、一番しんどいとこ)、応援させた先輩は、人の心を知り尽くしていた気がします。思っている以上に声援は選手の力になるものだと思います。

投稿: 横国から久喜移の赤もの | 2014/06/15 22:24

ワタシらが向こう(選手)の立場になることはあり得ないので、本当のところはどうかわかんないですけど・・・。

力になると信じてやるしかないっすよね。

投稿: にゃんた2号 | 2014/06/16 12:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/59797410

この記事へのトラックバック一覧です: 救い救われ:

« 季節外れの『桜散る』 | トップページ | 開幕 2014 »