« 進出! | トップページ | 塩沢に鶴 »

2014/05/29

ゲームの質

甲府決勝T絶望的、監督「悔しさ覚えて」(ニッカン)

>>審判の判定にも嫌われ、城福浩監督(53)が何度も両手を広げて抗議する場面も。

ものすごーく違和感を感じるのはワタシだけではないでしょう。

でもこれでもって城福氏を貶すつもりはありません。なぜなら、昨日の岡部主審の判定基準はまったくもってお話にならないレベルでしたから。なぜそれがファール?なぜそれがノーファール? そういう判定がどれだけあったことか。

基準がメチャクチャだから、主観が入っている者にとっては自分らに不利なケースしか頭に残らないんですよ、たぶん(これはもちろん浦和側の自分も含む、参考までにFK数は甲府20-14浦和)。
 

村井チェアマンが言うように、『ゲームの質を上げることによってブランド価値を高める』のならば、ジャッジの質を上げるのも必須なんじゃないかと思いますけどね。選手、観客はもちろん、スタジアムにいるすべての人や物のクオリティが上がってこそ、ゲームの質が上がったと初めて言えるんじゃないでしょうか。

|

« 進出! | トップページ | 塩沢に鶴 »

コメント

主様に全面同意!
李がプレーするたびに笛だったような。後ろにいた若い子達が「だから李はだめなんだよねえ」といっていました。
ジャッジで調子を判断されたら選手は可哀想ですが、皆が審判のレベルを知るわけでもプロの目を持っているわけでもないので、ジャッジの影響は大きいと思いました。

投稿: アニヲタの女 | 2014/05/29 22:16

はい、確かに。シトンは競るたびにファールを取られ、エメは転ぶたびにシミュレーションと言われ(これは本人のせいもちょっとあるw)、過去にもいろいろとありました。

もちろんこっちだってジャッジに関しても素人でプロの目を持っているわけではないですが、いくらなんでも岡部は酷すぎるだろと思いました。

投稿: にゃんた2号 | 2014/05/30 12:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/59724906

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームの質:

« 進出! | トップページ | 塩沢に鶴 »