« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014/05/31

がんばれ元気

さて明日はいよいよ元気の壮行試合。でも『最後の試合』とか『ラストゲーム』とは書きません。どういう形にせよ、彼が埼スタでプレイすることは今後もあるでしょうから。

日本代表のメンバーとして、海外の強豪チームの一員として、そしてもう一度浦和の選手として。

どんなパターンでもいいですけど、Jの他チームの対戦相手ってのだけはちょっと嫌かなw
 

だから、というわけではないけれど明日は行けません。とりあえず2014シーズン最後の元気の姿はテレビの画面からしっかり目に焼き付けておくことにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/05/30

塩沢に鶴

塩沢勝吾選手の負傷・手術について(松本山雅公式)

アキレス腱断裂かぁ・・・。

何度も書きますが、彼とは妙な縁があって(というかワタシが勝手にそう思っているだけ)ずっと気にしています。

今季調子のいい山雅がJ1に上がってくるのはとある事情があってwガクブルですが、塩沢がJ1のピッチに立てるかもしれないと考えるとそれも悪くないかな、できれば埼スタのピッチで見たいもんだとひそかに願っていました。
 

ああそれなのにそれなのに。

磐田戦の終了間際に担架に載せられ退場する彼の姿を見て心配していたんですが・・・。31歳の彼には非常に重い試練だと言わざるを得ません。

何とかもう一度復活して、ワタシの願いをかなえて欲しいものです。塩沢に鶴。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/29

ゲームの質

甲府決勝T絶望的、監督「悔しさ覚えて」(ニッカン)

>>審判の判定にも嫌われ、城福浩監督(53)が何度も両手を広げて抗議する場面も。

ものすごーく違和感を感じるのはワタシだけではないでしょう。

でもこれでもって城福氏を貶すつもりはありません。なぜなら、昨日の岡部主審の判定基準はまったくもってお話にならないレベルでしたから。なぜそれがファール?なぜそれがノーファール? そういう判定がどれだけあったことか。

基準がメチャクチャだから、主観が入っている者にとっては自分らに不利なケースしか頭に残らないんですよ、たぶん(これはもちろん浦和側の自分も含む、参考までにFK数は甲府20-14浦和)。
 

村井チェアマンが言うように、『ゲームの質を上げることによってブランド価値を高める』のならば、ジャッジの質を上げるのも必須なんじゃないかと思いますけどね。選手、観客はもちろん、スタジアムにいるすべての人や物のクオリティが上がってこそ、ゲームの質が上がったと初めて言えるんじゃないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/05/28

進出!

 
ウメと順大に救われ決勝トーナメント進出!
 

ぶっちゃけ今年の夏が冷夏でありますようにと祈らざるを得ない内容ではありました。あれだけ前でおさまらずモヤモヤしてたらそりゃ守備陣の集中も切れますって。

もっとも、ミシャが打った手は的確で、忠成はアシスト、啓太、ミッツともゲームを落ち着かせる役割をしっかり果たしてなんとか勝ち切ったのは良かったですね。次の名古屋戦の最大の目的を元気の壮行試合にできたのは何よりです。
 

試合後のインタビューでミシャが次は元気を使う宣言したので、次勝てばトーナメント進出の名古屋の皆さんがそれを聞いたら、

え~~~~~っ!?

と思うことでしょうが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/05/27

回顧

甲府が我々の前に立ちはだかる日が来るとは。

そういうフレーズが思い浮かびましたが、2011年には甲府と残留争いしてるし、経営危機のどん底を経験したクラブという意味では鳥栖には何度も立ちはだかられているわけだし、それは実に尊大な話でした。
 

甲府戦で思い出すのは、件の残留争いの年に1人退場したのに2-0で勝ったゲーム。おおあれはすっげー興奮したなぁとさらによーく思い出してみたら、

退場したの順大だった、、、orz
 

といろんなことを思っては打ち消す甲府戦ですが、明日は、あのゲームで予選突破を決めたから次の埼スタでゆったりした気持ちで元気を送り出すことができたんだ、としみじみ顧みられますように。

平日に現地へ行かれる漢の皆様、よろしく頼みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/26

故郷は浦和

原口元気 ヘルタ・ベルリンへ完全移籍合意のお知らせ(浦和公式)

ナビスコ予選が終わるまでと書きましたが、公式に出たからには触れないわけにはいかないですね。
 

チャンスは一度逃せば次も来るとは限らない。

まあありふれた人生訓ですが、ワタシら一般人とは違ってサッカー選手の選手生命は短いわけで、そういう意味から彼にとっての千載一遇のチャンスだと思うので、ワタシは喜んで送り出したいと思います。ましてや、チームメイトや監督からの信頼も厚いと伝えられる萌が所属するクラブからのオファーですから、こんなおあつらえ向きのチャンスはなかなかないんじゃないでしょうか。

皮肉でもなんでもなく、彼の人生なんですから彼が決めたことをワタシがとやかく言える筋合いはまったくないのです。寂しい気持ちはもちろんありますが、今はそれを呑み込んでとにかく頑張ってこいと言いたいです。
 

ただひとつだけお願いがあるとすれば、どこへ行こうと、

お前の故郷は浦和だ

それだけは忘れない欲しいかな。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2014/05/24

完封勝利 by ナイスガイ

カップ戦は結果がすべて。今季のビッグスワンのアウェイ側ゴール前には魔物がいるらしい。

と言いつつも、内容的にはやっぱ気温が上がるとキツくなるのかなと思わせる展開。率直に言ってラッキーな勝利だったと言っていいでしょうね。
 

が、守備陣が頑張ったというのも間違いない事実。これで公式戦6試合連続無失点ですってよ奥さん。

特に、順大に変わっても無失点試合が続いたのは嬉しいですね。今季西川の加入で控えに追いやられても、腐ることなくベンチからチームを鼓舞し、勝ち試合の後は必ず戻ってきた西川と笑顔でガッチリ握手を交わす、そんなナイスガイが見事完封勝利を果たしてくれて本当に良かったです。
 

それに、オウンゴールのシーンだって関口の仕掛けがあったからこそ生まれたものです。レッズサポ的には関口のゴールと解釈しておきましょう。
 

最後に一言。

吉田はもう勘弁してくれ。

ワタシと同い年で90分間走れるのは純粋にすごいと思うけど、体力だけじゃなくて視力だって判断力だって衰えるんだから。後進に道を譲るのもベテランの務めだと思うのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/05/23

まだ早い

誰かがいなくなるとかそういうことは、ナビスコ予選が終わって完全な中断期間に入ってから考えましょう。

我らは、一緒に戦っている目の前の選手たちを応援するだけです。
 

では新潟へ向かう皆様、よろしく頼みました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/05/21

けん責?

Jリーグ、鹿島にけん責処分科すと発表(ニッカン)

はっきり書きますが、Jリーグの処分っていつも鹿島には甘いですよね。

過去にベストメンバー規定違反程度(とあえて言う)で罰金を科せられたクラブもいくつかあるというのに、これだけのことをやって始末書1枚で終わりとは。

ピッチ上の(ここ重要)選手に手を出すなんてのは言語道断、最低最悪の行為だと思いますけどね。菅野の近くまでブツが届いたんですから、選手に当てる意思はなかったなんてのは絶対に詭弁です。
 

しかも、彼らには前歴があります。

2008年同じスタでの柏時代のアレックス(現徳島、元鹿島w)への旗竿での狼藉や、2004年鹿スタ浦和戦でのピッチ乱入のうえ本田フルボッコ。特に後者は、Jリーグ史上未だかつて(そして今でも)これほど明確な暴力行為はないんじゃないかと思えるほどの酷さでした。味方の選手なら許されるとでも言うんでしょうか。

過去に厳罰が課せられなかったから、同じようなことがまた起こったと言えるんじゃないですか。そして今回も始末書で終わりってことは今後も繰り返す可能性が非常に高いと思います。
 

・・・と、今季厳罰に処されたクラブのサポーターが主張してもちっとも説得力がないので、どなたか心ある他サポの方がJリーグへ投書でもしてもらえませんかねぇ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014/05/20

英語力

J2愛媛サポが「讃岐は邪魔者」フラッグ(ニッカン)

>>「SANUKI IS ODSTRUCTIVE」と大書、
>>「ODSTRUCTIVE」の「D」は本来「B」だとみられるが、「D」となっていた。

この手の出来事で、自らの英語力のなさを晒すというパターンはどっかの国のチームのゴル裏を思い出しますね。

サッカー見てる人なら普通、『オブストラクション』という語句からこの単語を容易に連想できると思いますけどね。あるいは、邪魔という意味じゃないよとでも言いたくてわざと間違えたとか?
 

と、とりあえず綴りの間違いだけにしかツッコメないのであった(汗)。

どうしてだろう。 Are you understand ?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014/05/18

アウェイの洗礼@埼スタ

 
フォルラン半角。
 

Hankaku
 

どんな世界的スーパースター選手であろうが、敵として埼スタに来れば容赦なく半角カナにして小物感をハンパなくするので覚悟しておくように。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014/05/17

若造に熱狂

たかが19歳の若造に熱狂させられる5万人w

でもこれから何度でも熱狂させられたいということで異存はありません。関根が交代で出てきた時に『今日関根が決勝点獲ったらすごいよな』って言ってたんですが、まさかそれが現実になるとは!

以前『関根は持ってる』と書きましたが、今季最多観客数の試合で初ゴールとはやっぱり持ってました。素晴らしい。

青木は、まるで阿部が2人いるかと思わせるような働きだったし、守備陣も最後まで集中を切らせず(まさか森脇がフォルランにほぼ仕事をさせないとは!)文化シヤッター様にまた貢献したし、もう何もかも最高のゲームでした。
 

それにしてもまさかセレッソまで5バック(というか多い時は7バックくらい?)で来るとは思いませんでしたよ。ワールドクラスの選手と日本代表様を複数名擁するあの豪華なメンツなのにねぇ。最後のキム・ジンヒョンのヘッドが一番やばかったとはどういうこと?

例えるなら、高スペックの超高級スポーツカーをウチのオカン(70代)が運転してる感じ?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014/05/16

強い気持ち

代表人気のおかげでひさびさのチケット完売。セレ女の皆様もきっとたくさん来られます。

と、とりあえず書いとけばいいんですよね?
 

でもまあ一番多いのは、非シーチケ組のレッズサポやファンがどうせ行くならフォルラン見ようと来るパターンなんじゃないかと思います。実際ワタシもばっちりそこに該当するわけですし。どっちにしても、セレッソを応援する人の数がそっくりそのまま増えるわけではないということです。

あと、マスコミ様に煽られるまでもなく、代表に選ばれなかった選手たちにも内心期するものがあると思います。

それから、誰に対しても敬意をもって接するあのミシャが、唯一試合後の握手すらしない相手が率いるチームとのゲーム。過去の彼との対戦では今のところ勝っていませんから、ミシャ自身も相当気合いが入っていることでしょう。
 

要するに何が言いたいかというと、
 

明日の浦和は、全員がいつもより少し強い気持ちである
 

ということ。なんとかそれを結果に結び付けたいものです。
 

では皆さん、埼スタでお会いしましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014/05/15

対決

浦和“代表戦”完売近し5万5000人超えも(ニッカン)

>>GK西川対C大阪FW柿谷、フォルラン、MF山口という代表選手同士の戦いとあり

キーパー対フィールドプレーヤーって、土曜の試合はPK戦で勝敗を決めるってことにでもなるんですかね。

つーか、それを言うなら、GKキム・ジンヒョン対MF原口、DF槙野、森脇という
 

代表洩れ対決
 

もちゃんと書いとかなきゃ片手落ちですよ。どうせたいして有益な情報じゃないんだから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/05/14

ACLラウンド16 決着

ACLラウンド16、2戦合計の結果。

C大阪 2-5 広州恒大 (普通に敗退)
広島 3-3 Wシドニー (アウェイゴール数で敗退)
川崎 4-4 ソウル (アウェイゴール数で敗退)

立ちはだかったのがセル、シンジ、スピラとか・・・。

でもまあはっきり言って、んなことよりも今のワタシは浦和の次節とナビスコの方が気になっていますけどね。
 

対象チームのサポの皆さんは乙でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014/05/12

ワールドカップ代表メンバー選考に思う

まずは
 

西川君頑張ってこいよ。
 

JナンバーワンGKの誇りを胸に頑張ってこい。

あと、ヨシト君の選出も素直に嬉しいですね。彼にもJリーグの代表として是非頑張ってきてもらいたいです。
 

あとは、なんであの人がとかそれだったらウチの阿部じゃねーのとかいう気持ちがないでもないけれど、監督が選んだメンバーでその結果にも責任を取るわけですから、とりあえずそのへんの気持ちは呑み込んでおきましょう。
 

それからねぇ・・・。

次がありますよ、君には。 むしろ4年後の年齢を考えるとその頃が全盛期じゃね?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014/05/11

今季2回めのケーズ

今季2回めのケーズ
 

闘将対ラモスを見に来ました。
 

(帰宅後追記)

結果は闘将の逆転勝ち。両チームの得点の時間から、勝利の女神は気まぐれだったという表現がぴったりなゲームでした。

昨日の今日イチじゃないですが、最後の10分はマジにラモス監督が出たほうが良かったかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/05/10

典型的

 
やったー!
 

ベタ引きの相手を必殺パス一発で仕留め、相手のミスからのボール奪取で追加点。相手のチグハグな攻撃を余裕で受け止め、唯一の決定機はキーパーがビッグセーブで防ぎ、終盤には試合を終わらせる交代でクリーンシート達成。

典型的な上位チームの下位チームに対する勝ちパターンで完勝。素晴らしいゲームで連戦を締めくくれて最高です。それにしても直近4試合で1点も獲られてないとは、いったいどうしたんだレッズ?

出来ることなら首位でリーグ中断を迎えたいところですが、鳥栖の次の対戦相手を考えるとちょっと難しそうなのであんまり贅沢は言わないでおきましょうか。
 

青木が先方のゴル裏に挨拶に行こうとして先方のスタッフらしき人に止められててワロタ。中指立てる人がいるかもしんないからねぇ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014/05/09

乗り越えろ

GW連戦の最後にダービーをセットするとは日程君もなかなか酷なマネをしてくれるじゃないですか。ただでさえ心身が消耗している状況なのに、ここで普段よりもさらに集中を要するダービーとは。

しかしここを乗り越えてこそ、もうひとつ上に行けるんだと思います。

戦え浦和レッズ。
 

余談ですが、サッカーがあるからどんなことでも乗り越えられる、ワタシはそう思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/05/08

ACLラウンド16

ACLラウンド16、第1戦の結果。

C大阪 1-5 広州恒大
広島 3-1 Wシドニー
川崎 2-3 ソウル

セルヒオがゴール決めたのは嬉しいけれども、全体的にはあんまり嬉しくない結果ですね。

特にセレッソはもっと頑張らんかい。アウェイは絶対に捨てるなよ。(←結局それが言いたかったらしい)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/05/06

最初で最後

 
おつかれさまでした。
 

最後の国立は少しばかり熱狂に欠けるゲームになってしまいました。

残念ながら首位は守れませんでしたが、中2日でヘロヘロな選手たちは勝つために最後まで精一杯頑張ってくれたと思いますので特に文句はありません。タフなゲームが続く中勝ち点1は悪い結果ではないと思いますし、今は『切り替えて次も頑張れ』という気持ちです。
 

ところで試合後の朝井さんも言っていましたが、関根はこれが国立初のゲームだそうです。Jリーグ初の無観客試合でデビューし最初で最後の国立のゲームに出場した彼は持っているような気がします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014/05/05

明日も

今の時期の首位で喜んでいてもしょうがない。

それはまったくその通りで、先季だってこのくらいの時期までは調子良かったわけですから、やはりシーズン通して如何にその調子をキープできるかが大事なんでしょう。

冷静な頭ではそう思うんですけれども、とりあえず目の前の試合を前にして選手や監督は間違いなく『どうやって勝つかどうすれば勝てるか』しか考えていないでしょうから、そういう観点から言えば、
 

明日も勝って首位を守ろうぜ。
 

あえてそういう言葉を彼らに贈りたいと思います。
 

疲れている選手も多いと思いますが、槙野も帰ってきそうだしバックアップメンバーも皆頼りになるし、たぶん明日の甲府戦もやってくれるんじゃないですか。
 

では皆様、宜しくお願いしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/05/04

ヨコハマ

ヨコハマ

やっとJ3を見に来れました。

三ツ沢のメインは15年前に、なぜか大雨の日にマリノス対アビスパを見に来て以来かも。


(帰りの湘南新宿ラインにて追記)

前半15分までに鳥取が2点獲って結局そのスコアのまま終了。

最初は、同一カテゴリーながら結構なレベルの差があるなぁと思いながら見ていましたが、だんだん両方にミスが目立ち始め最後はどっちもgdgdな感じになってしまったのは、連戦に加え日差しのきつい13時キックオフだったからなんでしょうか。

やっぱり日程は大事ですね。


あと、Y.S.C.Cの有馬監督が小学校のとき岡野(もちろん鳥取GMの)と2トップ組んでたなんて初めて知りましたよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014/05/03

首位

 
4年ぶりの首位。
 

ハーフタイムの時点で、勝てば首位というのがわかっていたのでちょっと嫌な予感がしたんですが、今の浦和にはそういうジンクスを乗り越える力があるようです。
 

周りが消耗すればするほど逆に際立ってくるのが柏木と阿部。あらためて今の浦和は彼らのチームだと実感しました。

昨日書いた通り、最後まで攻守のキーマンとして走りきった彼らがいるかいないか、それが勝敗を分けたポイントになった、そんなゲームだったと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/05/02

走ったほうが勝ち

さて中3日でほっとする間もなく明日はFC東京戦。
 

監督が、ミシャを目の敵にしていろんなことをしてくる(んでミシャ自身も毛嫌いしてるっぽい)あの人じゃなくなったので組し易いのか、はたまたイタリア人監督に変わり本場の(クロウトの皆様に拠れば)高等な守備戦術を採ってくるので難儀するのか、さっぱりワタシにはわかりません。

しかし、連戦の真っ最中なので戦術とかはあんまり関係ないかもしれません。
 

最後まで走ったほうが勝ち。
 

案外そんなわかりやすい試合になるような気がしています。
 

それでは、埼スタに集う皆様。よろしく頼みました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/05/01

オファー

柏ドミンゲスにJ4チームがオファーか(ニッカン)

・何でもできるトップ下(そういやトップ下って最近言わなくなったな)の反則級ブラジル人
・MVP受賞歴あり
・日本やクラブに愛着を感じている
・案外ショートテンパー

これらの共通要素からワタシはときどき彼をポンテさんと重ね合わせて見ていました(但し顔以外)。

が、よく考えればポンテさんは、監督に怒ってたことは何度もあったけど完全に造反したことは一度もありませんでした。別にレアンドロ・ドミンゲスを貶すつもりはまったくありませんが(こういう騒動は珍しいことじゃないしね)、今回のこのニュースを聞いて、あらためてポンテさんがいかにプロフェッショナル意識の高い選手であったのかと思い出しています。
 

まあ柏サポの皆様にとっては余計なお世話でしょうけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »