« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014/03/30

負けてたまるか

花は咲き花はうつらふ 過ぎし世の光栄(はえ)ふみしめて
まなかひに世界ををさめ 現実を生きてしぬかん

なげかめや昔を今と 荒波よ狂はば狂へ
黒雲よゆくてはとざせ 我が胸は希望高鳴る

(詩:安倍能成)
 

頑張れ俺たち 負けるな俺たち
 

花は美しく咲き、そしてしぼんでゆく。
過去の栄光は過去のこととして胸におさめ、
目の前に世界をとらえて、
きびしい現実を生き抜いてゆこう。

今に比べて昔はよかったなどとなげいてはいけない。
荒波よ、くるうならくるうがよい。
黒雲よ、われわれの行く手を閉ざすなら閉ざすがよい。
われわれはくじけることなく、
希望高らかに進んでゆく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/03/29

峻希の勝ち

切り返し2回で失点2。サッカーは判断の早さとシンプルなプレイが肝要、そういう当たり前のことを思い知らされたゲームでした。もっとも、失点自体はミスが原因ですが、後半前に出てきた神戸にほぼ何も為す術がなかったのは、今のサッカーのウィークポイントがそのまま表れた感じでしょうか。

試合終了後マン・オブ・ザ・マッチ的な選手に峻希が選ばれてなんとも複雑な気分です。元気vs峻希は峻希の勝ちということでいいんじゃないですか。ホームの神戸戦で是非リベンジしてもらいましょう。
 

が、無観客試合後にサポの前でこういうゲームをして一番悔しく感じているのは選手だと思います。そういう意味では、試合終了後に現地ゴール裏がチャントで迎えたのは良かったと思いました。

また、直輝の復帰もポジティブな要素ですね。やはり彼の視野の広さは非常に魅力的です。
 

結構厳しいゲームになってしまいましたが今季はすでにもっと厳しい出来事が起きていますので、1試合の結果くらいでめげていられません。気合いを入れて次にまいりましょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014/03/28

きりきり舞い

さて、明日の対戦相手は神戸。

神戸といえば何と言っても(元)俺たちの峻希の移籍先です。先方での監督の覚えもいいようで、開幕、第2節とスタメンで出場しサポからの評価も高かったようですが、その後怪我で前節まで欠場しています。

明日出場できるのかどうかはわかりませんが、出てきたら間違えて応援しないように気をつけようと思っています。少なくともゲーム中は敵の注意すべき選手のひとりなんですから。

それから、ここのところスタメンで出ていた左SBのモギーニョこと茂木が怪我のようで、相馬も出てくるのではないかと思われます。峻希が出た場合は左右のSBが元浦和ということになりますね。
 

まあどっちにしても、元気が、峻希や相馬をきりきり舞いさせてリンダ困っちゃう~!な状況にすることを願っているわけなんですけれども。
 

それでは現地組の皆様、よろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/03/26

聖域

今回の件を受けて、ゴール裏の指定席化が検討されているようです。

ワタシはゴール裏の住人ではないので、はっきり言ってどっちでもいいです。指定席になっても行きたい人は行くでしょうし、その時にどういう応援スタイルにするかは当事者で決めればいいことだし。

でもまあ、こういう時には聖域なしで論議すべきだと思いますからいろんな意見が出るのはいいことだと思いますよ。
 

いろんな意見という意味でワタシがふと思いついたことを書くと、『ゴール裏は聖域』というロジックで行くならば、指定席化よりも料金値上げのほうがいいんじゃないでしょうかね。1枚10000円くらいで。

そうすれば、本当に限られた人たちが集う聖域と呼ぶのにふさわしい存在になるし入場料収入増でクラブも潤うしでメリットも多そうですよ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014/03/25

ナギー和歌山へ

アルテリーヴォに元日本代表FW永井が加入へ(WBS和歌山放送ニュース)
 

こりゃびっくり。
 

正直なところ、ナギーが地域リーグまでカテゴリーを落として現役を続けるとは思ってませんでした。昔サッカー選手やめたら俳優をやりたいとか言ってましたから、とっとと芸能界入りするかと思ってたのに。実際そこらへんのモデル以上のイケメンだし。

でもまあ、サッカー選手永井雄一郎に何度も熱狂させられた者としては大変嬉しいニュースです。
 

で、ご存知のようにワタシの実家は和歌山県なので、今度帰省した時にゲーム見に行くぞー!と言いたいところなんですが、、、

実家からアルテリーヴォのホームスタジアムまでは特急で3時間近くかかるんだよな・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014/03/24

平ちゃんありがとう

昨日のスカパーのマッチデーJリーグのエンディングで、MCの平ちゃんこと平畠啓史氏がこんなことを言っていました。
 

今回の無観客試合についての報道を見て、普段サッカーを見ない人は埼スタってどんなとこなのって思うかもしれない。が、サッカー好きであそこに一度でも行ったことのある人なら誰でも、本当に平和ないいスタジアムであることは知っていると思う。

実は自分も鳥栖戦に行っていたが、あの日もスタジアムの周りにある公園では家族連れが多くとてもいい雰囲気だった。

埼スタのコンコースには、子供たちが描いた、選手とサポーターがいっしょに喜んでいてそこにWonderlandという言葉が書かれた絵が展示されている。あの日ああいうダンマクがかけられていた同じスタジアムの中にそういう絵が飾ってあるのだ。

あのダンマクを出した人はそういうことがその人の理想だったのかもしれないが、でも僕は、やっぱりこっち(あの絵のような場所)の理想を信じたい。本当はこういうあったかいスタジアムなんだ、と。

この出来事をきっかけに、みんなでいろいろと考えていければいいのかなと思う。サッカー選手は子供のころ『失敗したら自分で取り返せ』とよく言われるが、失敗した後こそ大事なのだ。
 

ちょっと涙出た。
 

平ちゃん、サッカー愛あふれるコメント本当にありがとう。ワタシたちはその言葉を胸に刻んでこれからも歩いていきます。
 

Wonderland 【名詞】 1.不思議の国; おとぎの国  2.すばらしい所.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/03/23

新生?

あの難しい状況の中、選手たちはよく戦っていたと思います。

失点シーンだけは去年を思い出させるものでしたが、まあだいたい1試合に一度や二度必ず集中の切れる時間はあるものだし、そもそも集中を保ちづらい状況になったのは選手の責任ではないですからしょうがないですね。
 

試合終了後の元気の悔しそうな顔に『俺が他の決定機でも決めてれば勝てた』と描いてあるようで、ワタシはそれをポジティブに捉えたいと思います。

関根もリーグ戦初出場とは思えないほど躍動していて素晴らしかったです。あと、今日もやはり西川。ここまでわずか4試合ながら彼のおかげで獲れた勝ち点がいくつかあると思っています。
 

それから、ミシャが64分で交代枠を使い切ってそれも相当リスキーな布陣にしたのは、この試合は絶対に勝たなければならないという強い気持ちからだったんじゃないかと思っています。

スカパー実況の西岡さんも言っていましたが、ワタシもそれはサポーターやファンに対するミシャのメッセージでもあったと解釈しました。おまえらのいないとこで負けるわけにいかねーよ、そんな感じの。
 

で、これで一応リーグからの処分は終わったわけですが、マスコミ様の言うような『今日が新生レッズの始まり』なんてワタシは思っていません(社長がそう言うしかないのは理解する)。本当に『新生』と言えるかどうかはこれから次第。そのためにも、どうすれば真の意味でチームをサポートすることになるのか、それを今後も考え続けていくことが必要だと考えています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/03/22

念 ~補足

明日の清水戦、スカパー!の中継チャンネルをよく見たらJ Sports 3でした。

ということは、スカパー契約してなくてテレ玉が映らない人でも、スポーツバーへ行かなくても他のケーブルテレビとの契約次第では見られるかもしれません。いちおう補足しときます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ケーズスタ

ケーズスタ

いい天気っす。
 

(帰宅後追記)

まったく攻撃の形を作れなかった岡山が千載一遇のチャンスを決め、そのまま0-1で逃げ切り。自分たちの流れの時に決めておかないとたいてい良いことにはならない、水戸にとってはそういうゲームでした。

水戸の攻撃は非常に良かったと思いますが、ペナの周りでの精度とアイデアは今ひとつ。岡山の点を獲ってからの守備の集中力は見事でした。
 

あと、サッカーとは関係ないけど、北関東道で走ってるトヨタ2000GTを生まれて初めて見ました。抜かれた後姿を思わず拝んじゃいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/03/21

せっかくの

せっかくの連休なのに埼スタへ行けないとはなぁ。そうお嘆きの貴兄貴姉へ。

せっかくのこういう機会ですから、他チームのゲームに出かけてみるのも一興です。
 

明日3月22日(土)開催の試合は以下です(明後日はテレビの前で正座しなきゃいけないですからね)。

J2第4節

13:00 水戸 vs 岡山 Ksスタ
13:00 富山 vs 京都 富山
13:00 岐阜 vs 湘南 長良川
13:00 讃岐 vs 松本 丸亀
14:00 栃木 vs 群馬 栃木グ
15:00 熊本 vs 大分 うまスタ
16:00 札幌 vs 北九州 札幌ド
16:00 横浜FC vs 山形 ニッパ球
16:00 長崎 vs 千葉 長崎県立
17:00 愛媛 vs 東京V ニンスタ
19:00 磐田 vs 福岡 ヤマハ

JFL1st第2節

12:30 山口 vs 栃木U 山口維新
13:00 岡山ネ vs V大分 カンスタ
13:00 マルヤス vs Honda 豊田ス
 

純粋にフットボールを楽しむのも良し、まったりとスタジアムの雰囲気を感じるのも良し、他サポのチャントや応援スタイルを見るのも良し、スタジアムグルメを味わうのも良し。必ずや何かしらの新鮮な発見があると思いますよ。

もちろんワタシもこの中のひとつに出没予定です。
 

ただひとつだけ注意すべきことは、くれぐれも浦和のグッズは持ってかないでくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/03/20

無観客試合におけるご来場・応援お断りについて(浦和公式)

>>スタジアムでの観戦はもとより、スタジアム周辺での応援につきましても同様に慎むべきと判断しています。

こりゃまぁ当然のことでしょう。それをやっちゃ対戦相手の清水にも失礼ですしね。それに、当日はボルテージも臨時休業だそうです。

幸いテレビ放送はスカパー以外にテレ玉でもやるようですので、県内およびその周辺に住んでいる人は何らかのかたちで試合は見れそうですね。

残念ながらスカパーに入ってないしテレ玉も映らないという方は、どこかのスポーツバーへでも行ってください。
 

とにかくそういうことですんで、ちょっと懐かしい言葉で言えば、当日はテレビの前から皆で埼スタへ念を送りましょう。まあなんとかそのくらいなら許してもらえるんじゃないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/03/19

相手あってこそ

あえて言います。
 

素晴らしいゲームでした。
 

ナビスコ予選の初戦とは思えないほど緊張感の高いゲーム、結果以外は今季一番の内容だったと思います。試合終了後に We are Reds で選手を迎えた現地サポの皆さんもGJでした。

堂々と渡り合ってくれた柏にも敬意を表したいですね。相手あってこその好ゲーム、リーグ戦で必ずリベンジを果たしたい、清々しくそう考えています。
 

ただ唯一残念だったのは、岡部主審がこの素晴らしいゲームにまったく相応しくなかったこと。脚がかかってもファールだったりスルーだったりシミュレーションwだったり、あれだけジャッジの基準がバラバラだとやってる選手も苦労したことでしょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014/03/18

ナビスコ予選始まる

浦和、ナビスコ杯柏戦で李が先発へ(ニッカン)

なるほど忠成が先発ですか。一応古巣との対戦だし頑張ってもらいたいですね。

他もだいたい予想通りの名前が出ていますが、個人的に最も気になるのは矢島が出るかどうかですね。今季ここまで出場はないものの3試合すべてでサブに入っているし、ここは若い力を是非見てみたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/03/17

MDP発行途切れる

浦和、無観客試合でMDPの発行途切れる(ニッカン)

言われてみればそうだ!という感じですが、結構ショックですね。

他サポの皆さんにとってはそれがどうしたのって程度のことなんでしょうが、通し番号が振られていることからもわかる通り、これは浦和の歴史とともにずっとサポの傍らに存在し続けた試合観戦の必須アイテムなのです。

ホームゲームではないナビスコ決勝での発行が始まったのも、サポからの強い要望(首謀者wはこちら)があったからですしね。

どうしてこうなったという話はもう書きませんけれども、発行されないゲームはこれっきりにしたいものです。
 

ところで、清水戦の次のホームゲームのMDPの通し番号ですが、『欠番』、『普通に鳥栖戦の次の番号を採る』のどっちになるんでしょうね。答えは4/2ナビ大宮戦にて、でいいんですけれども。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/03/16

うんざりするくらい多くの時間

昨日の勝利を、マスコミはあたかも大団円を迎えたかのような書き方をしていますが、勘違いしちゃいけません。これで終わりじゃなくて、これからが始まりなんです(というか、制裁対象試合前なんですから始まってもいないですね)。

地に堕ちた誇り(浦和のものだけじゃなく)を取り戻すためにはまだまだうんざりするくらい多くの時間が必要だと思います。
 

そのために、まずはそれに立ち向かうための勇気をくれた選手たちを精一杯声援することから始めてはどうでしょう。

スタへ行かないゲームも多いワタシが言うのもおこがましいんですけど、少なくともスタジアムの中で選手たちを後押しすること以外考えなければ、ワタシたちが望まないことは何も起こりようがないんですから(試合結果除く)。
 

あ、もちろん次節はテレビの前でしかできませんけどね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014/03/15

何よりの力

興梠の『それを決めるか?』ゴール。

元気の左からの切り返しゴール。

西川の恐ろしいほどの安定感。

それに華を添える森脇のひとネタ。

それぞれの特長を出して勝ち切ったゲーム。恐らくかつてないほどモチベーションを上げるのが難しかった中結果を出した選手たちには最大級の賛辞を贈りたいと思います。
 

ミシャも試合後のコメントで言っていた通り、内容的には鳥栖戦のほうが良かったかもしれません。だけどもそういうことは抜きにして、今の浦和には何よりの力になる、そういうゲームでした。

広島へ行かれた方はどうぞお気をつけてお帰りください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014/03/14

なかなか難しい

昨日から今日にかけてのアクセス数の急増に眉毛をハの字にして笑うしかないにゃんた2号です皆さんごきげんよう。

今回の騒動は選手や監督には何ら責任のないことですので、彼らには明日の試合でも頑張ってもらいたいです。でもまあ平常心で臨めと言ったところでなかなか難しいでしょうけれども。
 

とりあえず広島では何も揉め事が起こらないことを祈っています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014/03/13

処分決定

無観客試合ですか。

ワタシもあの日あの場にいたという意味合いでは当事者なので、この処分が重いか軽いかについて述べる資格はないと思いますので控えます。

が、この処分は単に『ホームゲームを見ることを1試合我慢するだけ』の話ではないことを理解しなきゃいけないと思っています。例えば、対象試合の対戦相手である清水の関係者の皆様にだって迷惑をかけるのですよ。このことによって誰がどれだけの損害を被るかをワタシたちひとりひとりがじっくりと考えるべきでしょう。

そしてもちろん、この後のことも。

自分がもし浦和のスポンサー企業様の関係者ならばどう思うかを想像すれば、今がどういう状況なのか、自分らのやったことがどれだけ愚かなのかは簡単にわかりますよね。
 

あと、何の罪もない監督や選手にもつらい思いをさせて何がサポーターかと。

| | コメント (17) | トラックバック (1)

2014/03/12

辞任

J2首位のラモス岐阜の薫田社長が辞任へ(ニッカン)

一瞬えっと思いましたが、一応経営再建への道筋をつけて次の人に託すという解釈でいいんでしょう。

実は就任したばかりの頃に一度薫田社長の姿を水戸のケーズスタで拝見しています。岐阜側のバック・サイドスタンドの入り口に来られてサポーターひとりひとりに挨拶をされていました。

だからいい人だと言うつもりはありませんが、別のメディアの記事に載っているコメントには、

>>私ができるのはここまで。今後のクラブ経営は、民間出身でしっかりとした経営感覚を持った意欲のある人に託したい。

とありますので、きちんと自分のことを冷静に捉えられる方なのでしょう。次の社長がこの流れをうまく引き継いでくれることを祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/11

期待

浦和が横断幕問題で村井チェアマンに陳謝(ニッカン)

前の人の存在感のなさを考えると、今度のチェアマンには期待したいと思っていました。もっとも、最初の具体的な期待がこういう内容になるとは思いませんでしたがw

>>浦和側に今週中をめどに調査結果をまとめるよう求めた。

とりあえず期限を明示したのは、うやむやにさせないためにもいいんじゃないですか。
 

あと、新社長も就任早々大変だと思いますけれども、ここできちんと対応できれば、数多くの心あるサポーターからの信頼を多少回復できると思いますのでどうか頑張ってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/03/10

単独首位

不愉快な話題はとりあえず置いといて、、、J2はなんと岐阜が単独首位!

Tandokushui

わずか2試合でもって今季は快進撃!ラモスは名監督!と言うのは性急すぎますけど、注目を集める中この上ないスタートを切ってまずは一安心というところでしょうか。

観客数も7,879人とまずまずだったようですし。
 

かつて浦和でも一緒に戦ったアレックスの大活躍(ゴールの半分はアレが起点)も誇らしく嬉しい限りです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/03/08

李下に冠

鳥栖戦で埼スタコンコースに出たというダンマク、どういう意図があるのかいろんな解釈は出来そうですが、
 

李下に冠を正さず
 

という諺もありますから、どういう意味であろうがこういうこと自体あんまり賢明な人のやることじゃないと思っています(婉曲な表現)。

まあどっちにしても、そういうこともわからずにクラブやチームに面倒を背負い込ませるような観客の側が(自分含む)、監督や選手に何かを求めるなんてのはおこがましい、そう思いませんか?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

苦労しない

失点シーンはアレでしたし何度かヤバイ場面もありましたが、結果1失点の守備はまあまあだったようには思います。守備意識を高く持ち、焦れずに慎重な試合運びは出来ていたような。


でも敵のペナの中でまで慎重にならなくていいんだよ。


前が空いてればシュートというウメの単純ながらけれんみのない姿勢を他の選手の皆さんに分けてあげたいよ。

なんでもかんでもシュート打ちゃいいってもんじゃないけど、負けててどうしても点獲らなきゃいけない時くらいは打ちましょうよ。相手に当たって入るかもしれないんだからさ。


まあ、その判断が完璧に出来りゃ苦労しないんでしょうけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/03/07

ホーム

なんだかんだ言っても万博へ行った方はそんなにたくさんいないと思いますので、やっぱり明日が多くの方にとっての開幕だと思います。
 

13年めの埼スタ、もうすっかりワタシたちのホームになりました。 どうか喜びの多いシーズンになりますように。
 

では皆さん、明日 『俺たちのホーム』 でお会いしましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014/03/06

決まっとる

仙台GKブコビッチ初合流でフルメニュー(ニッカン)

若い頃からスポーツ好きだったオッサンなら、この選手の加入が決まった時からずっとこう考えていたに違いない。
 

ブコビッチといえば西武に決まっとる。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/05

代表ニュージーランド戦の感想

評価のしづらいゲームでした。

が、岡崎のいるいないで前後半がこんなに変わるとは。
 

本田と始め、遠藤、清武と使うのがうまい選手は多い印象なんですけれども、使われるのがうまい選手というと岡崎しか思い浮かばない、代表に問題があるとすればそのへんなんでしょう。

そういえば香川って代表だと使う側使われる側どっちの選手なんだかよくわかんない、香川が代表でイマイチ輝かないイメージがあるのはそのせいなのかなぁ、素人考えでそう思ったんですけれども。
 

と、ワールドカップも近いので、萌の髪型が変わったことはスルーして柄にもなくマジに考察してみました。
 

あと、ユニフォームの背中から肩に残ってる赤のテープを誰かちゃんと剥がしてやってくれ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/03/04

代役

長谷部の怪我は残念だけどリハビリ頑張れ。

で、その代わりを誰が務めるかということで賑やかですが、、、
 

普通に萌で良くね?
 

ザッケローニになってからの招集歴が一番長いし、今季はチームでも堂々たる中心選手として活躍してて試合勘も問題ないし、監督やチームメイトからの信頼も厚くゲルマン魂の本場ドイツにあっても『メンタルが強い』と言われるほどの選手だし。

もちろん山口や青山もいい選手だと思うけど、ここは萌でしょう。
 

というか、マスコミ様の山口推しはやはり電通推しの柿谷と同じチームだから?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/03/03

上々のスタート

岐阜3-1讃岐

ラモス岐阜はまずまずのスタートをきった模様です。

もっとも、

観客数:11,069人

こちらに関してはまずまずどころじゃなくて上々のスタートと言ったほうが適切ですね。我が家でももちろんスカパーで見ていましたが、サイドからバックスタンドまでまんべんなく人で埋まった様子に

『去年までの岐阜じゃない』

と驚いていましたから。いつも画面に映るサポの中に探す顔が、あまりの人の多さに見つけられなかったほどだしw
 

もっとも、岐阜市の人口は40万人を超えていて、周辺市町村まで含めると相当大きな市場規模があるわけですから、この数字は全然不思議じゃないです。それにもともと動員数自体は決して少なくはなかったわけですしね(2013年の1試合平均:4,526人)。問題はこの数字をいかに維持し恒常化できるか、即ちどれだけリピーターを増やして固定客化できるかということなんでしょう。そういう観点からは、3-1での勝利はこの上ない結果と言えるんじゃないでしょうか。

また、あの日本一愛情溢れるサポーターの方々にとってもこの結果は素晴らしい贈り物だったことでしょう。が、彼らは案外それを浮かれることなく冷静に受け止めているのではないかとも想像しています。これを一時のものにすることなく続けていくことが大事というのは、ワタシが言うまでもなく彼らが最もわかっていると思うのです。
 

チャンスを活かせるかどうかも当事者次第。だけどきっと彼らなら大丈夫。頑張れFC岐阜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/02

UNG初ゴール

 
やったー!
 

野田、移籍初戦で初ゴール!
 

ノダミウソンあらためUNGおめでとおおおおおおおおおお。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

仲間

たとえどんなに自分と主義主張、信条、信仰、国籍が違ったとしても、浦和のために同じ時間を過ごしている人はスタジアムにいる間みんな仲間だ。

ワタシは、浦和を応援するためにスタジアムに行くようになって以来ずーーーーっとそう思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/03/01

誰?

いやー比較的早い時間帯でプレスが効いているうちは相手を押し込めていても、後半プレスが効かなくなった途端に下がって跳ね返すばかりになって冷や汗をかきながら見守る展開は、とっても見慣れた去年仕様の浦和でした。本当にありがとうございました。

でもまあ勝って良かった。これで1週間幸せに過ごせるのは何よりです。
 

とは言いつつも、やはり西川の加入は大きかったと言わざるを得ないですし、何よりもワタシが驚いたのは、
 

あの背番号9の選手は誰ですか?
 

ああいう大人のプレイが出来る選手は確か浦和にはいなかったはずですが。それともワタシの記憶違い?

あの選手がシーズンを通じてずっといてくれればたぶん敵なしだと思いますよ、ええ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »