« 力およばず | トップページ | ガンバJ1復帰 »

2013/11/03

心意気

ひさびさのそして最後の国立のレッズのゲームに行ってみて、あらためてレッズサポが皆同じ方向を向いた時の圧倒的なパワーを体感しました。『数は正義だ』なんて全然思わないですけれども、やはりあの鳥肌が立つような高揚感はやっぱり理屈を超越していると思いますね。

そして、あの2年前の惨状からここまでチームを立て直してくれたミシャに対しては、感謝の気持ちしかありません。
 

優勝を逃したペトロヴィッチ監督「この浦和で必ずタイトルが獲れる」(ゲキサカ)
 

だからこそ、ミシャにタイトルを獲らせてあげられなかったのが残念でなりません。
 

プロフェッショナルの世界ですので、『獲らせてあげられなかった』という感情は甘いのかもしれません。もしかしたら、今回の結果をもって『ミシャではタイトルを獲れない』という批判がサポやファンの間からも出てくるかもしれません。
 

でもワタシは、逆に考えたいです。ミシャがタイトルを穫れないのならば『俺たちがミシャにタイトルを獲らせてやろう』と。

ミシャに何かを求めるよりもむしろこっちがミシャに何かを与えたい、そういう強い心意気を持って見ていきたい、今回の結果を受けてそう強く思いました。
 

と、ここまで書いて気づきましたが、そういえばこれって2年前によく見たフレーズ『俺たちで漢にしようぜ』とよく似ています。結局のところ、サポーター心理とはどういう状況でそう思うか、誰を何を信じるかという基準だけの違いで、根っこのところは皆似たり寄ったりなのかもしれませんね。わはは。

|

« 力およばず | トップページ | ガンバJ1復帰 »

コメント

最後の一文は全くおっしゃるとおりだと思います。ただし気持ちは同じでもその中身はと言うと、監督としての能力をしっかり評価しその上でこれからも共に同じ道を歩みたいという未来への展望と、単に『熱さ』だけの人を担ぎ出してしまって引っ込みがつかなくなってる状況とでは、だいぶ違うと思いますw

で昨日ですが、一般論的に言えばミシャサッカーのようなタイプは一発勝負には不向きで、一方ネルシーニョのようなサッカーは典型的なカップ戦勝ち抜き型ですね。先日のU17スウェーデン戦でも思いましたが、パスサッカーをやる目的は、引いた相手をパスで崩して攻略するためなワケですから(まあU17はともかくうちのほうは)、現時点ではそれを目指しながらもは完成品には程遠いということをはっきりと示してくれたのが昨日の試合だったと思います。
今思うのは、この未完成作品をどこまで完成に近づけることが出来るのか、このチームがこのサッカーでどこまでいけるのかを見届けたいという強い気持ちです。
選手たちにもワタシはもっと期待しちゃうんですよね、ミシャサッカーは要求レベルも高い。正確さ・スピード・アイディアなど上積みが見込める要素はたくさんあるけど、充分それをやれるだけの選手たちだと思ってるので・・啓太の変貌振りなんか見せつけられちゃうともうねw
長文申し訳ないです。

投稿: 武蔵浦和レッズ | 2013/11/03 19:40

指揮官がしっかりこの度の失敗の反省と教訓を生かしてくれないと…。
それを出来ないと犬飼がオフトを追い出した事と同じことになりそうです…。
犬飼がオフトを追い出した一件は2008年にオフトが鹿島にバカなことやってあながち間違いではなかったことになってしまったから…。

投稿: z | 2013/11/04 02:19

>武蔵浦和レッズさん
最後のフレーズは、まあ要するに同じ穴のムジナなんだからあっちが間違っててこっちが正しいとかそういう単純なもんじゃないぞという自戒を込めて書いておきましたw
ただ、おっしゃる通り啓太や平川が颯爽とプレイしているのを見ると、この先どうなって行くのか未来を見届けたいという興味が抑えきれないのは事実です。同様に思ってくれるサポやファンが多いことを祈るばかりですね。2010年~11年の流れを繰り返さないためにも。

>zさん
カップ戦の決勝で勝てなかったくらいのことを失敗と言われてしまうとJ1のネルシーニョを除く17人の監督は全員失敗者ですねw ネルシーニョが素晴らしい監督であることは間違いないですが。
オフトの2008年やらはワタシにはまったく話が見えないのでコメントできませんが、まあそういう風に他の理由をつけずとも、『今回結果を出せなかったミシャには不満だ』とはっきり言えばいいと思いますよ。皆が同じ意見じゃかえって気持ち悪いです。

投稿: にゃんた2号 | 2013/11/04 12:37

ナビスコカップは獲りたかったです。このメンバーで。

柏は素晴らしかった。
審判批判をする向きもあるようですが、優勝するにはレッズに足りないものがあったのだと思います。
でも、私もレッズには目指すサッカーで優勝してもらいたいとも強く思いました。
サッカーど素人ですが、06年の天皇杯、守って守って99%守り抜いて、最後の最後でハセ→岡野→永井!
あの時の爆発した喜びも本物でしたが、あの頃から「勝つため」だけでないサッカーを意識するようになりました。

リーグ戦への切り替えが大事ですね。
サポーター(ファンの方?)が、久しぶりのタイトル戦に浮かれた感じもちょっと感じましたし。

投稿: zuobo | 2013/11/04 12:46

実際、柏は上手かったですね。びくともしない。勝利への執念ですね。
そして、うちはあのディフェンスを破れなかった。破る工夫を見つけ出せなかったのでしょうか。前三人のマークがきつい、中盤からボールの出しどころがない、かと言ってボールを貰いにくるわけでもない、ミドルシュートも打たない等、引いてカウンター狙いのチームに対しては、相変わらずの対応だなというのが正直な感想です。

ただ、ミシャのサッカーは好きですし、近くでみているとなるほどと思うような指示を出している(けど選手に届いているかは?)ので完成形が楽しみです。

ただ、昨日の試合を見ていると、やはり今のままでは難しんじゃないかとも思いました。補強をするか、今のメンバーが努力をするか(技術だけではなく、アイデアも)を試すためにも後の4試合は重要ですね。

OBペトロを応援していた人は、浦和の選手だったペトロが好き!という人がメインだったような気がします。今でも生え抜き主義の人が多いようですが、個人的には今頑張ってくれている人が一番だと思います。

投稿: アニヲタの女 | 2013/11/04 14:01

>zuoboさん
はい、柏の戦い方は徹底されていました。勝利へのアプローチの方法が浦和とはまったく違いますが立派な戦術だと思います。それを凌駕できなかった浦和は、やはり何かが足りなかったのでしょう。
今一番大事なのは切り替えだとワタシも思いますが、言うほど簡単じゃないんですよねぇこれが・・・。

>アニヲタさん
ミシャのサッカーはかなり特殊なうえ、本人も非常に頑固ですからw、スーパーな選手がひとりいればよいとはならないでしょう。よって補強は簡単ではないですね。
ただ今季の慎三君や那須さんの例を見る限り、ミシャの眼力に委ねるしかないのかなとも思っています。

投稿: にゃんた2号 | 2013/11/05 12:35

皆が無能などとは言いませんが、同じ失敗を何度もやったらシャレになりませんよ。
オフトはそれを何度もやって言い訳効かなくなる事態招いた訳だから。
タイトル掛かってる鹿島に動けなくなった名波・ゴン中山投入なんてよっぽどバカな監督じゃなきゃやらない。
しかも残留争いの対象チームだったチームが一つ負けた情報が入ってからあんなバカなことやってドーハの二の舞やってしまった。そして戦えない体にしてしまって次の試合も落として一番残留出来ないと思われてたチームを間接的に救ってしまったわけで…。
日本のサッカーに長年関わってた人がJ発足以後最もタイトル取ったチームにあんな采配やるなんて最低ですよ。
日本のサッカーに長年関わってた人があんなバカなことやるんではまだまだJリーグは指導者を成長させる場に達してませんよ。

投稿: z | 2013/11/05 18:06

はい、別にシャレにならないと考える人がいてもいいと思います。
オフトの件はよくわからないですが、バカという語句を何度も見せられてまでどうしても知りたいとは思っていないのでここまでにしてください。

投稿: にゃんた2号 | 2013/11/05 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/58502550

この記事へのトラックバック一覧です: 心意気:

« 力およばず | トップページ | ガンバJ1復帰 »