« ヒーロー賞 | トップページ | 思っていた以上に »

2013/10/30

文化

手間の愛(Wepsうちあけ話)

さすが清尾っち、わかってらっしゃる(←なれなれしい)。
 

何らその手の作業に協力していない(したことはある)ワタシが言うのは大変おこがましいんですが、サポーターがそういうことを手間を惜しまず自分のこととして当たり前にやる、それが浦和レッズのサポの文化なんだと思います。

いろいろ言われることの多いレッズサポですが、こういう文化は誇っていいんじゃないかな。
 

で、お仕着せのコレオグラフィですか・・・。

どういう経緯で決まったのかわかりませんけれども、個人的には、ワタシたちの話を何も聞かなかったJリーグが言うことをこっちが聞く義理は何もない、そう思います。
 

【文化】 人類がみずからの手で築き上げてきた有形・無形の成果の総体 (大辞泉より)

例えばですね。ナビスコカップが始まった時から決勝ではJリーグ主導のコレオが20年間ずっと行われていて、俺たちも勝ち抜いてあのコレオをやりたいと各チームサポーターから言われるほど定着しているならば、それは立派な文化だと思います。そうであれば、その文化と自分たちの文化のどちらを優先させるべきかを悩むレッズサポも相当数発生することでしょう。

でも、そうじゃないでしょ。

つまり、そういうことです。

|

« ヒーロー賞 | トップページ | 思っていた以上に »

コメント

さすが、瀬尾さん!そのとおりです。
ここのところ、YouTubeのうちのコレオやACL準決勝の城南一和とのPK戦を観ながら、決戦へのモチベーションを静かに高めています。

私はSA中央ですが、CWCバージョンのLフラ上げます。
じぇじぇじぇJリーグ、なんぼのもんじゃい!
ナビスコ様には感謝と敬意をを込めて、決勝戦までチップスター塩味を、合間にリッツとオレオをを食べ続けます。

すべては選手のために、チームの勝利のために!
コレオは入場時に選手を鼓舞するためにある。
ACL準決勝の滝のようなフラッグ の波同様、選手と共に戦う気持ちの表出です。人の心を縛ることはできません。しかも、レッズを知る多くの人が、他サポでも外国の方でもレッズのコレオを楽しみにしてくれている。これをじゃましたら、Jリーグの素晴らしい文化を阻害することになります。

Jリーグ発展のために何が必要か、役員は考えるべきですね。

そういえば、Jリーグが何かもめてますねえ。足元が疎かです。

投稿: アニヲタの女 | 2013/10/31 01:27

そういえば、選手がいない時間にさんざんパフォーマンスを繰り広げておいて肝心の選手には何もなしっていう国のサポもありましたよねぇ。まあそれもその国の文化ですから尊重しなきゃいけないですけれどもw

とにかくコレオは、別に見た目とかは二の次で、選手を鼓舞しサポ自らを奮い立たせるものであればそれで良いんじゃないでしょうか。

投稿: にゃんた2号 | 2013/10/31 08:56

ここのところ、海外へ出張に行っていたり、なんだかんだと忙しかったので、本日初めてナビ決勝でお仕着せのコレオをやるって言っているのだと知りました。
まったく、何考えているのでしょうね。ほんと考え無しというか、まったく。悲しくなります。

清尾さんが書かれている「Jリーグの役員、事務局の人たちの多くは、一つのクラブを真剣に応援したことがないだろう。あるいはそういうサポーターと裸で付き合ったことがないだろう。」

これなんでしょうね。
愛がない。全く感じられないです。
お金としか見えていないのでしょう。Jリーグが。(泣)

投稿: レッズ11 | 2013/11/02 10:32

ワタシもセットしてあったコレオ用の紙は掲げずに持参のフラッグを振りました。

今日一番悔しいことがあるとすれば、Jリーグの連中が言うこと聞かねえ奴らざまあと思ってるかもしれないことでしょうか。

投稿: にゃんた2号 | 2013/11/02 16:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/58481258

この記事へのトラックバック一覧です: 文化:

« ヒーロー賞 | トップページ | 思っていた以上に »