« いちご | トップページ | 情けない »

2013/10/21

頑張れ

先週書いた経営問題が気になって、昨日スカパーでアビスパのゲームを見ました。

観客数は5千人弱。ああいう報道があった後の最初のゲームにしては残念な数字でしたが、テレビに映ったバックスタンドは結構埋まっていました。招待客はカウントしていなかったのかもしれません。
 

前半は、最下位鳥取に先制されたうえ1本惜しいミドルがあったほかは決定機さえ作れない低調な内容で、CBが体調不良で交代を余儀なくされ、しかもロスタイムに最近獲った外国人FWが2枚目のイエローで退場するという、絵に描いたような最悪の展開でした。

しかし、後半はピッチに残った10人の選手たちが奮起。ユース出身の若手や地元出身の大卒選手を中心に積極的な攻撃を仕掛け、実況アナ曰く『気持ちで押し込んだ』と言うにふさわしいゴールで同点。最後の最後まで走り続け守り続け攻め続けましたが、結局1-1のドローで終了。ピッチに倒れ伏す選手たちには大きな拍手が贈られました。

我らがよく知る堤も、スタメンでは左SBとして、CBが怪我で抜けた後はCBに移り、残った10人の選手として最後まで奮闘していましたよ(ちなみに堤は今季ここまでCB、左右SBのほかボランチでも起用されチーム内で最多出場時間)。
 

今に至った経緯や今後どうするかどうしていきたいのかについてクラブから未だに充分な説明が為されていない現状では、サポの皆様も対応に困って途方にくれている方が多いのではないかと想像しています。しかし、昨日のゲームで選手たちが後半に見せた闘志から何かを感じたサポの方もまた多いのではないか、そうも思いました。

たとえ選手がどれだけ頑張ったとしても、直接経営問題の解決に結びつくわけではないかもしれません。サポの力だってたぶん限りはあるでしょう。しかし少なくとも選手やサポの方々に対しては、どうか頑張ってください、頑張り続けてください、ワタシにはそんな言葉しか言えません。

どんなに厳しい状況であろうとも、もしかしたらその姿勢が何かを起こすかもしれないから。

|

« いちご | トップページ | 情けない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/58427352

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張れ:

« いちご | トップページ | 情けない »