« ミシャ続投 | トップページ | 日本勢のACL終了 »

2013/10/01

クラブライセンス交付発表に思う

J2群馬、愛媛、長崎にJ1ライセンス(ニッカン)

いろいろなハードルがあってクラブ経営はどこも大変だなぁとは思いますけれども、ライセンス制度自体は良いことだと思います。が、この記事の中でワタシにはひとつ気になった個所がありました。

>>Jリーグ側は12年決算で多額の債務超過を抱えるJ1横浜、J2神戸については親会社やオーナーの対応が見込めるとした一方で

ライセンス審査自体は第三者機関により実施されたそうだし他サイトではこのニュースについて客観的事実を紹介しているだけでしたから、このくだりはJリーグの誰か、たぶんこの記事に出てくる理事様が言ったという理解でいいんでしょう。

だとすれば、あまりに認識不足な発言だなぁと思わざるを得ません。
 

今季からヨーロッパで導入されたファイナンシャル・フェアプレー制度では、赤字の補填をオーナーのポケットマネーや借入金で行うことは認められないそうです。これに反するとUEFA主催の大会に参加できません。

増資とか寄付は(まだ)認められるそうですしスポンサー料という名目なら営業収入以外の何物でもありませんからもちろんやりようはあるんでしょうし、実際に横浜や神戸が親会社やオーナーの力を借りて累損をなんとかしたとしても非難する気はありませんが、上部団体が『親会社やオーナーがなんとかするだろう』なんてこういう席で堂々と言っちゃいかんと思いますよ。担当理事のくせに世界の趨勢わかってる?って問いたくなります。
 

あ、世界基準と逆行する施策を決定した機関に世界の趨勢の話をしても無駄だったね。

|

« ミシャ続投 | トップページ | 日本勢のACL終了 »

コメント

Jリーグがめざしているのは、アジアの笛レベルだと思っていました。だってお金で動くんですよね、あの人達。

投稿: アニヲタの女 | 2013/10/01 21:00

世界がどうのこうのって言っていた本部長は
どう考えているんですかね。
思いつきと広告代理店の言う事しか信じてないんでしょうけど。

投稿: ころぞう | 2013/10/02 00:06

よくホンネと建前を使い分けるって言いますけど、この人たちが言っていることはホンネと建前が入り混じってて、使い分けられるだけのレベルにすら達していないということでいいかと思います。

投稿: にゃんた2号 | 2013/10/02 13:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/58300998

この記事へのトラックバック一覧です: クラブライセンス交付発表に思う:

« ミシャ続投 | トップページ | 日本勢のACL終了 »