« 攻撃がウリのチーム | トップページ | ミシャ続投 »

2013/09/29

勝ち負けを超えて

昨日ひとつ書き忘れていました。

湘南と引き分けたことにより、浦和のJ1残留が確定しました。

あんな試合で決まっても嬉しくないわ、そういう向きもいらっしゃるかと思いますがワタシはそう思いません。素直に嬉しいです。『真のJ1チャンピオン』になるチャンスが1回増えた、そう前向きに捉えようと思います。
 

んで、昨日のゲームのことに戻ります。

試合速報(浦和公式)の相手チームコメント曺貴裁監督

>>今日の試合はこの2年間でベストゲームだったと思います。自分たちらしさを出した上で、選手の成長に自分が追いついていないという感じがしています。自分の判断でプレーし、勝ちたいという思いを出していましたし、監督としてもっと選手たちを助けてあげることができたと思いますが、助けてあげられなくて申し訳ないと思います。

これを読んで正直ちょっと感動しました。キジェさんはいい指導者ですね。

サッカーを長らく見ていると、ごくまれに勝ち負けを超えて感動するゲームに出会うことがありますが、キジェさんにとってはそれが昨日のゲームだったんでしょう。去年からテレビでチラ見してた印象からは、キジェ湘南はこれくらいできても驚きではないと思いますが、やはり当事者としては来るものがあったんだろうと想像します。(なので平気で『格下湘南』なんて書くスポーツ新聞に彼のこの心情を思い及ぶ日は絶対来ないと思うけどそれはまた別の話)
 

それは浦和にとっても同じこと。

去年から始めたばっかりの今のサッカーですが、月日を重ねるうちいくつものいろいろなゲームを経験しました。ワタシ個人的にその中でのベストゲームを挙げるとすれば、去年の味スタでのFC東京戦です。

結果こそ引き分け、それもロスタイムで追いつかれるという非常に悔しいものでしたが、最後の最後まで必死で攻め続け走り続ける選手たちの姿には勝ち負けを超えて心を打たれました。

翻ってここ最近の浦和は、優勝争いのプレッシャーかはたまたシーズンの疲労が蓄積してきたのか、優勝争いの只中にいるとは思えない低調なゲームを繰り返しています。ワタシは今季始まった時思い、そして確かここにも書いたと思います。今年は『やり続ける年』だ、と。だけどここんところのチキンなサッカーは、今までやり続けてきたものなんかじゃないと思っています。
 

でもね、ワタシはまだ信じていますよ。

君たちにはまだまだ力があるはずだ、俺たちを心から感動させてくれるゲームができるはずだ、と。だって今季の補強メンバーがいない昨季だってあんな素晴らしいゲームができたんだもの。

湘南戦のキジェさんのコメントを見て、そのことを思い出しました。だから、優勝のことを言うのは今のところはおこがましいですが、完全に望みが潰えるまでは諦めない、そう思いました。
 

頑張れ浦和レッズ。頑張れミシャと選手たち。 そして、頑張れ俺たち。

|

« 攻撃がウリのチーム | トップページ | ミシャ続投 »

コメント

湘南の監督さん、お顔からも人柄によさとご苦労が滲み出ています。湘南の選手を一層奮い立たせたのは残留への強い執念と監督への思いかと。そういう意味でいいチームだと思いました。
うちも興梠や柏木が勝利のために必死でした。彼らと共に闘い、躓いちゃった選手や疲れた選手の背中を押せるような応援ができるよう頑張ります。
諦めたらそこで試合終了。今のチームと仲間と優勝したいです!

投稿: アニヲタの女 | 2013/09/29 21:06

試合の前には、湘南は甲府戦を見てドン引きでくると決め付けたような論調が一部にありましたが、いやとんでもない!あんたら普段J見てないねえと、ひとりでニヤけていました。
常にJ1上位にいて優勝候補と呼ばれる強豪チームに対し自分たちのサッカーで真っ向勝負を挑んで、その上で打ち負かす・・・それがやりたくてキジェは監督やってるようなもんですからね。それを目前で成し遂げられなかった悔しさが、あと一歩まで行けた充実感を上回っていたんだろうと想像します。湘南は是非とも残って欲しい!

一方そんなキジェが思うようなJ1上位の強豪チームと呼ばれるのに今の浦和は相応しいか?ですが、順位上ではそんなところでしょうが、真の意味でそうなるにはまだまだ乗り越えなきゃならない壁がいくつもあります。そしてワタクシも今の監督と選手たちでその壁に挑んでほしいと思っています。それが成し遂げた時の喜びも一番大きいと思うから。

投稿: 武蔵浦和レッズ | 2013/09/29 23:18

>アニヲタさん
今の湘南は、若い指揮官と若い選手たちが一丸になって頑張る、好感の持てるチームです。我々も(『若い』という部分は真似できないもののw)一丸になって頑張りたいもんですね。

>武蔵浦和レッズさん
湘南がドン引きで来るなんてのは本当に普段見てない人の戯言ですね。
だからこそいい勝負できるかなと思ったのも事実ですが・・・。おっしゃる通り今の浦和が向こうからのリスペクトに値するゲームをやっているかと言えばそれは疑問です。上を見て常にチャレンジする姿勢を失ってはいけないのは浦和も湘南も同じ。ミシャと今の選手たちで突き進んでもらいたいです。

投稿: にゃんた2号 | 2013/09/30 13:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/58285926

この記事へのトラックバック一覧です: 勝ち負けを超えて:

« 攻撃がウリのチーム | トップページ | ミシャ続投 »