« 史上最強のキャラクター | トップページ | 自分にできること »

2013/09/17

何の説明にもなっとらん

すいません、ワタシツイッターのアカウント持ってないもんで、ヒロミがこれを読めって言ったのを読んでなかったんで今日慌てて読みました。

で、その感想は、
 

まったく何の説明にもなっとらん
 

です。

ツッコミどころはいろいろあるけど、とりあえず簡単に書きます。
 

>>例えば、2万人以上の平均入場者数がJ1で3年続いたら、ちゃんと安定軌道に乗ったことになりますし、

本人がこう言ってるから、これがひとつのベンチマークと捉えていいんだよね?

ワタシらは、どうして今回の施策をやれば『2万人以上の平均入場者数がJ1で3年続』くと判断したのかが知りたかったのに、まったくそれには答えてないじゃん。
 

>>反対意見があるのは理解できますが、プレーオフ制の導入に反対するならば、現状を打破するだけの代案が必要になりますよね。

代案を求めるからには、原案の論拠を説明するのは当然のことでしょうよ。そんなの論議以前のレベル。
 

こんなんで納得するのはヒロミくらいでしょう。むしろますますどっかおかしいって気持ちが大きくなりました。子供の言い訳のほうが罪がないだけマシじゃ。

|

« 史上最強のキャラクター | トップページ | 自分にできること »

コメント

まったく持って話にならない。

とりあえず反対のクラブがはっきりしている以上
あとのクラブはちゃんと説明しないと・・・

いっそ2019年までなでしこでも観ますか?
それか反対の立場のクラブだけを応援しますか?
浦和と新潟だけなんですけど。

投稿: あおちん | 2013/09/17 19:59

同感です。
単に奴の言い分を紹介しただけで
何の意味もない記事です。

このインタビューアーって
アホなんでしょうか?
それとも利害関係上、仕方がなかったのでしょうか?
突っ込みどころ満載なところには
全く触れていないなんて…

投稿: ころぞう | 2013/09/17 20:05

サポーターの皆さんで、
年間シーズン最多勝点のクラブをチャンピオンと
認定しましょう。

あとのおまけは無視を貫く、ということで。

実際、このリーグの運営、サポーターに完全に任せてもらった方が上手く行くんじゃないか、という気がしています。

投稿: sat | 2013/09/17 20:07

Twitterで結構長い文章を書きました。
申し訳ありませんが、こちらに転載させてください。

------------------------------------------
J開幕からのJ1(1998年まではJリーグ)各クラブ毎、および、全体の平均観客動員の推移をまとめてみた。浦和と新潟の落ち込みが目を引くが、平均という点では大きな落ち込みではない。 pic.twitter.com/i7vovDo7Xb

それより気になるのが、2000(浦和J2時代)、2011(震災)だけでなく、1997(1ステージ→2ステージ)の観客の落ち込み。鹿島以外の全てが前年より大きく観客を減らしている。

落ち込みの理由としては、W杯予選に伴う国立競技場使用制限(大きなキャパで試合ができない)と、注目がW杯予選に集中していたこともあるだろうが、1ステージ制から2ステージ制にしたことによる落ち込みも否定できないだろう。

「自分たちが次にできることは何か」という問いから始める企業は、「顧客が次に必要としているものは何か」を理解できない。(DIGITAL DISRUPTION p.52 written by James McQuivey)
顧客の反発を無視して強行する理由は?

#2ステージ制反対 のタグを付けて観客動員の推移の分析はしたが、2ステージ制導入を否定する上で現状を改善するアイデアを出してはいない。それは確かに猛省すべきところ。なので、私案をこれから出してみる。連続投稿をご容赦いただきたい。

今回の問題は観客が減り収入が落ちていることにある。つまり、観客を増やすことを最優先に考えなければならない。それも、何度も足を運んでくれる顧客を増やすことを考えなければならない。

観客を呼ぶために良く行われるのが、通常ではない特別なイベントを開催することである。この意味で、2ステージ制は優勝争いというイベントを増やしていると言えよう。

しかし、経営を安定させ拡張して行くには、一度しか足を運ばない客だけではなく、何度も足を運ぶ客を確保しなければならない。スタジアムが、年に1回の特別なイベントを楽しむ場ではなく、2週間に1回のサッカーを楽しむ場であると認識してもらわねばならない。

類似点で参考となるのがクリーブランド美術館である。それまでは美術品の収集が美術館の役割の第一であり、公開は優先事項ではなかった。しかし、クリーブランド美術館は自らを教育機関と規定し、地域の人が美術品と身近にふれあえる場とした。

自身を教育機関と認定し、身近な存在とすることで、それまで美術館とは距離を置いていた人たちが美術館に出入りするようになった。これをドラッカーは「雨宿りの者までリピーターにする(「非営利組織の運営」)」と評した。

しかも、その美術館は従来の美術愛好家からも好意的に受け入れられた。美術品の収集が第一で公開は二の次であると考えてきた美術愛好家にとって、それまで遠くから眺めるしかできなかった美術品にふれあえる美術館は、それまでのどの美術館よりも輝いて見えた。

リピーターはリピーターを生み、税金によって運営される予定であった美術館は寄付金だけで独立採算できるだけの美術館へと発展した。美術品の寄贈の申し出も増え、新たな美術品が新たなリピーターを呼ぶ好循環が起こった。

その上でクリーブランド美術館はあくまでも地元の人が美術に触れ合える施設であることを徹底した。素晴らしい美術館になっても、世界中から観光客を呼ぶのではなく、地元の人が何度も足を運んでもらうにはどうすべきかを考え続けている。

これをサッカーに置き換えるとどうなるか。まず、サッカーとサッカー場が身近な存在にならなければならない。サッカーが体育の授業で当たり前に行う競技であり、サッカー場が近所に溶け込んでいる施設と、地元の人に認識してもらわねばならない。

サッカー選手が映画スターやアイドルと言った特別な存在となるのではなく、床屋で顔を合わせる、本屋の行列に並んでいる、通勤や通学に使う電車に乗り合わせている、そんな地元の生活に溶け込んでいる人と認識してもらわねばならない。

地元の当たり前の日常にいる人が、試合のある日は地元のクラブのユニフォームを着て、慣れ親しんだスポーツであるサッカーを地元のサッカー場で行う。この感覚こそがホームであり、その感覚を味合わせてくれる場所こそサッカー場である。

サッカー場という場所を、映画スターと同列の人が手の届かない場所で試合をするのを眺める場所ではなく、地元の観客自身が、自分の生活の延長上にある人とともに試合をしていると感じさせてくれる場所にしなけばならない。

サッカー選手が地元に溶け込んでいる。サッカー場が地元に溶け込んでいる。この意識を徹底させなければ観客は減っていく。「俺たちの仲間が俺たちの場所で試合をする」と、「自分と無関係の人が自分と無関係の場所で試合をしている」のどちらが人を惹き付けるか。

2ステージ制の導入は確かに優勝争いの回数を増やし、サッカーのイベント性を増やしてくれる。しかし、それは一瞬だけ有効な劇薬であり、Jリーグの理事の退職金を生み出しはするが、地域文化を生み出しはしない。

Jリーグが地域に根ざすのであればクラブが地域に溶け込んだ存在にならなければならない。選手や監督に地元の商店街での買い物を促すのも手であろう。また、クラブが地域の小学校や幼稚園でサッカースクールを開催するのも手であろう。

また、これは行政の力も必要になるが、サッカー場を身近な存在にしなければならない。芝を傷めないという条件つきで、サッカー場を気軽に開放し、地域のイベントや選挙の投票所としても利用できる場所にしなければならない。

今のままでいいとは思えない。実際に観客が減っているのは実感している。しかし、2ステージ制はその解決案ではない。各クラブが観客を増やすために何をすべきかを考え実行する。今はその知恵が問われている。

対案とするには乏しいとも自分でもわかっているが、現状打破のために目先を変えても解決しないと訴えていることだけは理解して欲しい。同意までは求めない。以上。

投稿: とくなぎ | 2013/09/17 20:13

今日のJリーグ理事会で決定したそうです。が、チェアマンは「都合により欠席」だって…はぁ!?そんな程度の問題なの?この方が「覚悟」も「誠意」もないことがよ~く分かりました。普通、世の中ではこういう手合いは相手にされないんですけどね…もう呆れた

投稿: 埼京線 | 2013/09/17 22:51

代案出せとかどういう神経で言ってるんだか・・もう主様も私も私以外の方も何度も書いてますけど、この話が世に出た時点で結論は決まってて、こっちには議論のための時間も場所も与えられなかったんだから代案もくそもないでしょ

現場レベルがほぼ総反対のモチベーションダウンって状態のまま運営していってリーグ全体が上手くいくとは到底思えません。今一番懸念してるのはこれですね。

投稿: 武蔵浦和レッズ | 2013/09/17 23:30

一般層へのサッカー普及とスタジアムの整備…。
わかった、10億円を政治家とお役人に配って、サッカーを小中高校の体育でがっちり身につけさせ、かつ文科省や各県議会で強引にスタジアムの整備を進めるという作戦ですね?サッカーなめんなよ(怒)


とりあえず、2部制決定により発生する損失は誰が補てんするんでしょうか?もちろん、大東さんと中西さん、Jリーグを食い物にしている人達ですよね。

とりあえず、Jリーグには100年構想とフェアプレーの精神はなかったと…。

投稿: アニヲタの女 | 2013/09/17 23:44

今すぽるとを見てたんですが、今回のレギュレーション変更についてはクラブに丸投げみたいですね。

なぜ直接声を受けようとしないのか。
各会場に「目安箱」を置いて、答えれるぶんだけJのHPに書けばいいとおもうのですが(JにはJ3準備室や+クオリティプロジェクトのようなHP作成能力があるにもかかわらず)、それもしない。
サポーターと話できない理由があるんでしょうか?
理解してくれなくて無駄だから?
行く費用がかかるから?
あいつらウザイから?身の安全が図れないから?
そうなら、「既存のサポーターウザイから消えろ」くらい言ってしまえばいいのに。

株主総会で会社の方針変更を説明しない社長はいません。
それができないということは、Jリーグは団体として最低ということだと思います。

Jリーグがサポに歩み寄る気がないのなら、両者がいくとこまで行って抗争になるのでは、下手すれば死人が出るのでは
そういう気がしないでもありません。
それくらい、最悪の賽の投げ方だと思います。

投稿: 赤いスイートポテト | 2013/09/18 00:45

すいません。

×今回のレギュレーション変更については
○今回のレギュレーション変更の説明ついては

ですね。

投稿: 赤いスイートポテト | 2013/09/18 00:46

3連投になってしまいすいません。

本スレにあった内容を1つ(某まとめブログにも載ってます)

949 名無しが急に来たので:2013/09/17(火) 23:36:05.89 ID:D9eIgVi40
ラグさん曰く、実行委員会は地上波全国放送のゴールデン生放送を
することでお金が入って来るからまずそれを早く行いたいって感じみたい

観客増員はその次の段階って感じみたい。
とにかく財政がひっ迫してんだって。

だから、ナントカシリーズの5枠中3枠を同じチームが占めた場合でも
シリーズスポンサーが居る限り開催するし、放送も行うと。

(引用ここまで)

これをよんで改めて、Jリーグはクラブを守る気がさらさらないということを実感しました。
くしくも昨日は、プロ野球でストが決まり、すぽるとで古田が涙を流した日。
あれから9年。Jリーグは、自らNPBよりクソ団体であることを証明してしまったようです。

投稿: 赤いスイートポテト | 2013/09/18 03:32

皆様、怒りの声をありがとうございます。今ワタシが思っているのは、喉元過ぎて熱さを忘れちゃいけないなということ。

これを受けてそれぞれが何をするのがいいのかじっくり考えましょう。

投稿: にゃんた2号 | 2013/09/18 13:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/58212698

この記事へのトラックバック一覧です: 何の説明にもなっとらん:

« 史上最強のキャラクター | トップページ | 自分にできること »