« 絶対に落としてはいけない勝ち点 | トップページ | 茹でガエルと逃げガエル »

2013/09/22

あともう少しの体力と勇気

昨日の負けに等しい引き分けを受け、浦和が優勝するために何が足りないのかを考えてみました。そして思いついたのがこれです。
 

あともう少しの体力と勇気。
 

前者はなかなか思い通りにはならないでしょうけれども、少なくとも後者については、試合後に悔しさを隠さなかった興梠と、それにきっちりと向き合ったギシの行動を見れば必ずや得ることができると思いたいです。
 

再来年からの2ステージ制が決定したのを受けて、ワタシ自身にも『来季までに優勝したい』という気持ちがふつふつと湧いてきました。だってその後じゃ真のチャンピオンになれないんだぜ。

|

« 絶対に落としてはいけない勝ち点 | トップページ | 茹でガエルと逃げガエル »

コメント

にゃんたさんのおっしゃる通り!
私も、Jリーグの決定を受けて、来シーズンまでに優勝したい!と思いました。
レッズの勝利が日々の活力剤ではありますが、どうしても優勝!という気持ちはなく、でも、選手たちが優勝を
口々に唱えだしたので、それならできるだけ支えてあげたい程度だったのですが。

優勝を言うなら、昨日の試合は情けなかった・・・。
終了と同時に席を立ってしまったし、ダイジェストも見ていないので、試合後のことは知らないのですが。

帰宅後、マリノス・清水戦の終盤を見ましたが、さすがマリノスは逃げ切りましたね。前でボールをキープできる選手がうちにはいない。マルシオがいれば少しは違ったかな?

まぁ、逃げ切り策の前に、もっと勇気を持って仕掛けてほしかった。

投稿: zuobo | 2013/09/22 17:02

はい、ワタシもそういう観点から見てこの試合はダメだと思いました。別にACLあたりを狙うなら、負けなかっただけいいかと捉えたいと思ってましたが。
まあ要するに、優勝を考えればここからは総力戦なのかなぁと。全ての力や知恵を総動員して頑張ってもらいたい、いや、頑張っていきましょう。

投稿: にゃんた2号 | 2013/09/23 09:48

全く個人的にですが、昨年半ば頃からミシャ3年目となる14年シーズンがリーグ優勝を本気で獲りにいく勝負の年にしたいと思ってました。期せずしてその来年が、リーグが本来あるべき姿として最後の年になってしまったのは悔しい限りだし虚しいですが、その来季までに何としてもリーグ制覇を!という主様の気持ちにワタクシも完全に同感同意です。

もちろん来季の前にまず今季、チャンスがある限り狙っていって欲しいし頑張って欲しいです。興梠よ、あなたはまだまだ闘える!

投稿: 武蔵浦和レッズ | 2013/09/23 19:06

ひとつの節目という点で3年目はキリのいい数字ではあると思います。もっともミシャが広島を指揮した年数を考えれば、まだ早いとも言える数字でもあります。
どっちにしても、短期的な結果と長期的なビジョンを照らし合わせながら見ていきたいですね。前者に拘泥するあまり後者を蔑ろにした結果がポストシーズン制だと思いますから。

投稿: にゃんた2号 | 2013/09/24 12:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/58242809

この記事へのトラックバック一覧です: あともう少しの体力と勇気:

« 絶対に落としてはいけない勝ち点 | トップページ | 茹でガエルと逃げガエル »