« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013/06/30

勝ち抜け

『2-0は危険なスコア』を地で行く立ち上がりをウメに救われた、ひとことで表すと(ひとことが長いけど)そういうゲームだったのかなと思います。

でもまあ、カップ戦は勝ち抜けが何よりも重要。そういう観点からは申し分のない結果と言っていいでしょう。

加藤のドヤ顔も見れたし競り合いにしれっと勝つ37歳も見れたし満足です。後半戦も頑張ってまいりましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/06/29

危険

 
2-0は危険なスコア。
 

別にネガティブになるつもりはありませんが油断大敵です。森脇の言う通り、まだ90分ハーフの前半が終わっただけ。

どうぞ皆様よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弊ブログは論議なき改革案に反対です

No_2

2ステージであろうがプレーオフであろうがカンファレンス制であろうが、充分な論議もなしに決めようとするJリーグの姿勢は絶対に許せない。許さない。許してはいけない。

|

2013/06/26

本職

ちょっとばかり古い記事ですけど、とっても宇都宮さんらしい記事なので、

タヒチの勇気ある冒険に胸を熱くする コンフェデ杯通信2013(スポーツナビ)

タヒチの試合はスペイン戦をチラ見しただけですが、力の差が大きい試合にありがちなラフプレイとか無気力なプレイとかがほとんど見られず、なかなかの好チームだなという印象を持ちました。
 

ところで、こういうアマチュア中心のチームに必ずいるのは本職体育教師。プロフェッショナル以外に最もそのスポーツに近い職業という気がするので、これはやはり万国共通で当然のことなんでしょう。

なお、その他には、

2位 ドライバー

3位 大工

4位 工員

5位 弁護士・会計士

の順(ワタシ脳内調べ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/23

幸せな残念

♪こうろーき こうろーき レオォー しんぞう

くっそー見れなくて残念。

そう思わせるほど素晴らしいゴールだったそうですね。でも最近そういうパターンがあまりなかったので、大変幸せな残念です。

ただ、慎三の苗字を普通に変換出来ないワタシのみかか携帯は単なる残念。


あと、

祝ウガ復帰!


直輝は無理スンナ。

元気は次勝負だね。まだ勝ち抜けが決まったわけじゃないんだから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/06/22

先に書いておく

さて明日は長居でナビスコセレッソ戦。

実は今長居の隣の県にいるんですが、調べたら長居までは東京から新幹線で行くのと同じくらいかかるようです。しかも、キックオフ時間(試合終了に非ズ)までいたら、その日のうちに帰れないということもわかりました。

スカパーは映んないし通信事情が悪くてオンデマンドも無理なんで、リアルタイムでは見れません。なので先に書いておきます。
 

祝直輝復帰。
 

もちろん無理はしないでね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/20

コンフェデ イタリア戦の感想

いやあ惜しかった。

でもコマ切れでしか見れてないので試合そのものに関する感想は特にありません。
 

ただ、残念というにはまだ1年ほど早い、そう捉えたほうが良いかとは思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2013/06/19

苗字

【長崎】Mジェームズが日本国籍を取得(ニッカン)

この人はこの時に見たことがあります。

フィジカル(185cm)だけではなくて、結構堅実なプレイをするなぁという印象でした。
 

ただ、ひとつ気になったのは、マイケル・ジェームズというその名前。

マイケルといえば、マイケル・ジャクソン、マイケル富岡、矢野マイケル

ジェームズといえば、ジェームス・ディーン、ジェームズ・ボンド、ジェームス三木
 

苗字はどっちなんだろう?

松尾スズキとか岩男潤子@セイントフォーみたいな名前なのかしらと思ってよく調べたら、帰化前の本名は、

フィッツジェラルド・マイケル・ジェームズ(Fitzgerald Michael James)

なんだそうです。つまり登録名がトゥーリオ・ユウジ・ムルザニみたいなもんだったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/18

訃報

元G大阪、千葉監督クゼ氏白血病で死去(ニッカン)

クゼ氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
 

ワタシたちのサッカーファミリーがまた1人、旅立ってしまいました。

サッカーに別れはないと言うけれど・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013/06/17

マーケティング

少し前の記事ですが、

「夏開幕」移行を前提に準備 2ステージ制は持ち越し(MSN産経ニュース)

>>中西本部長は「マーケティング面のメリットも考えたい。来月までに結論を出さないと、来季からの導入は厳しくなる」と述べた。

この期に及んで、まだ『結論先にありき』の発言には呆れるほかないですね。
 

昨日の復興支援試合には4万1246人の観客が集まったそうです。

中西君へ。

そういうことを言うのは、真からサッカーを愛し日本サッカーやJリーグの発展を願っているこの多くの人たちの前で『2ステージ制は日本サッカー、Jリーグの未来につながる』と誓ってからにしなさい。

当然そのマーケティングとやらは、日本サッカーやJリーグの将来の発展までを視野に入れて行われたもんなんでしょ?
 

(追記)

ウチへ帰ってみたら、なんだかサッカー絡みの話でネットが祭りになってました。その中に件の中西君の名前が出てきたので、気になってこの人の経歴をググってみたんですが、Jリーグに入った以降のことしか出てこないですね。なんででしょうね。
 

(さらに追記)

いろいろ探してみたら少しだけ見つけました

>>1965年生まれ。株式会社ナガセを経て、1997年日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)入局。

株式会社ナガセとは予備校とかを運営している会社で、『今でしょ!』の人もここの予備校に所属してるみたいっすね。個人的にはまったく縁が無い業界なので詳しいことはわからないんですが、いわゆる名物講師を揃えて派手な宣伝をしているところというイメージがあります。

なるほど道理でやり手なわけだ(個人の感想です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/16

コンフェデ ブラジル戦の感想

昨日の札幌vs富山の中継を見ていて、実況が言った
 

御厨(みくりや)がクリア
 

に思わず笑ってしまったのですが、その数時間後にも
 

フッキが復帰
 

というダジャレを思い出してニヤニヤしていました。
 

はい、それくらいツマンネー試合だったということです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/15

Jリーグのテレビ放送について考える

2ステージ制やプレーオフについて、ただ反対反対と叫ぶばっかりというのも何なので、ここでワタシの考えを少し書いておこうかなと思います。とりあえず、地上波の露出云々というのが今回の大きなトピックスのひとつですので、まずはテレビ放送について。
 

今回の件について全体的に思っているのですが、どうして彼ら(Jリーグ)はいきなり特効薬を探そう使おうとするのでしょう。もしどうしても地上波での露出が重要だと思うのであれば、まずは例えば30分の番組枠を買い取って宣伝番組から始めりゃいいじゃないですか。

ここで思い出すのが、Jリーグが『百年旅行』という、まったくその通りの番組をやってたということ。まあ局は地上波じゃなくてBS日テレでしたけど、そういやあれってどうなったんだっけと思って調べたら、もう放送終了になってました

個人的には、Jリーグの周辺にいるあまり表に出てこない人や物に脚光を当てた、非常に興味深い番組だったと思っていました。まあもっとも、ワタシら既存の客からいくら評価されようと、新規客に興味を持ってもらえないと(今回のJリーグのロジックからすれば)意味はないんですけれどもね。

テレビ局とJリーグ、どっちの都合で終了したのかはわかりませんが、この番組のことをJリーグがどのように評価していたのかを知りたいところです。
 

それから、テレビ放送に関しては、ワタシは以前からずっと疑問に思っていることがあります。

地上波各局が放映権を奪い合うコンテンツを持っている組織がごくごく身近にあるのに、なんでそのコネをうまく活かすことができないのかがよくわかりません。そう、サッカー日本代表です。

例えばJFAにもバックについてもらってテレビ局に売り込みに行けば、代表のゲームの放映権のこともあるから向こうだって無碍に断れないんじゃないですか。同じサッカーファミリー、それも直属の上部団体なのだからそれを利用しない手はないだろう、素人のワタシとしてはそう考えるわけです。

いわば一種の抱き合わせ販売みたいなもんですけれども、はっきり言って抱き合わせする方される方の質がそれほど違わないという点では、そういうのが慣習化している業界よりはよほど良心的だろうと思いますし。
 

噂によれば代表とJリーグはそれぞれ別の広告代理店が仕切っているらしいですから、もしかしたらそのへんの大人の事情があるのかもしれませんが、もし本当にそうだとしたら、それが日本サッカー全体の利益よりも優先されること自体がおかしいわけですしね。
 

要するに、テレビ放送に関してワタシが言いたいことは、『アナタたち本当にいろいろ知恵と手を尽くしたの?』でしょうか。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013/06/12

休み休み

Jがクライマックス制の来季導入を検討(ニッカン)

今ほどこの言い回しにふさわしいシチュエーションはないでしょう。

 

バカも休み休み言え。

 

そりゃあ欧州4大リーグ以外でプレーオフ制を採っているところが結構あるってのは知ってます。だからと言って、代案として出たからすぐ決めなきゃいけないって話じゃないでしょ。なんでこんな寝耳に水なことが『来季から』なんですか。

結論先にありき、では絶対納得できるわけがない。
 

ただ、はからずも今回の件についてのJリーグとその周辺のホンネがだんだんと露見してきたように思います。

結局のところ、スポンサーが多く付きそうな(=広告代理店がもうかりそうな)試合を増やしたい、つまりそれだけが目的。
 

不景気で一番最初に削減されるのが広告費というのは通説ですし、長いこと不景気が続いててテレビでは通販のCMしかやってないし、きっといろいろと必死なんでしょうよ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013/06/11

帰ってきた

トレーニングマッチ vs北海道教育大学岩見沢校(オヒサル)

>>得点:4分・失点、30分・矢島、38分・マルシオ、63分・阪野、81分・山田直

直輝が帰ってきた!

リーグ後半戦には直輝のアシストで元気が決めるというシーンが見たいなーとは思うけど、大怪我の後だからあんまり無理しないでじっくり調子を戻しておくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/10

日本の夏

次節からJリーグのゲームは原則ナイトマッチでの開催になります。
 

今年も札幌のホームゲームを毎回見る季節が始まる。
 

厚別の夏、日本の夏。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/08

今日は野次馬活動

今日は野次馬活動

ひさびさの東京、昇格プレーオフ以来ですね。スタジアムは違いますが。

東京人大杉の上に暑すぎ。


(帰りの高崎線にて追記)

水戸的視点からは、『シュート打てよー!』という感じのゲームでした。

そんな中、本日の『あーいいもん見せてもらったで賞』は、復帰後初スタメンの本間でしょうか。ヴェルディの決定機を再三再四止め、水戸の象徴健在というところを見せつけました。

あと、ネタ的には、『東京の盟主鈴木惇』ダンマクかな。(鈴木惇はアビスパユースから福岡、今季ヴェルディに移籍加入)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/07

エルゴラアンケート結果

No_964

思った以上の大差でした。

しかし、こういうアンケートは普通肯定派より否定派のほうが熱心に回答をしますから、これを以って『我が軍は圧倒的だぁぁぁぁぁぁ』などと言うつもりはありません。

ただ、記事をざっと読んで感じるのは、2ステージ制そのものの是非もさることながら、今回のJリーグの『始めに結論ありき』の強引で拙速なやり方に対して疑問を感じた方がほとんど『反対』に回ったのではないかということ。

記事では、賛成派や中立派の回答に『こういう条件にすればよい』とか『レギュレーションが重要』というフレーズが多く出ていましたが、たぶん反対派の人たちも、そうした論議そのものを否定する人はそんなにいないんじゃないか、そう考えます。なのに、とりあえず結論だけを先に決めて細かいことは後で考える、じゃ理解は得られないですよ。
 

とりあえず喫緊のいろんな問題を解決するために、自分らは2ステージ制の復活が一番いいと提案するんで、1年間いろいろと論議してみてOKなら再来年のシーズンから実施しましょうよ。

そういうことならばここまでの反発は食らわなかったんじゃないでしょうか。
 

多くの力が必要なときに『サッカーファミリー』扱いしといて、こういう大事なことを決める時にはお前らは黙ってろというのはあまりに勝手な話だと思います。
 

Jリーグの中の人の皆さんへ

ワタシたちのことを本当にサッカーファミリーだと思ってる?
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013/06/06

アリバイ

コンフェデ杯代表、駒野、工藤、東外れる(ニッカン)

一度も使わずに外されるの、これで何回目でしょうねぇ。

もちろんイラク戦@消化試合で起用される可能性はある(というか可能性が高い)わけですが、それも含めて『アリバイ選出』、『アリバイ起用』というフレーズが思い浮かんで頭から離れません。
 

選手の選考は監督の権限なので別に誰を選ぼうと誰を使おうとザッケローニの勝手だけれども、もう『代表に帯同するだけでもいい経験』というセリフは聞き飽きました。外された本人はそうとでも言うしかないわけで、変なこと言っちゃったら金輪際呼ばれなくなっちゃうわけですから。
 

というか、リーグの日程はJ1じゃなくてJ2を中断すべきだったんじゃないの。どうせJ1から代表の主力は選ばれないんだからさ。

それに、中断しなきゃエロい人たちがみんなやりたくてやりたくてしょうがない2ステージ制も楽勝のスケジュールでできるじゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/05

僕の勝ち

Moriwaki_1
 

放置プレイ好きの森脇が朝日新聞に週イチでコラムを連載しています。その昨日の記事より、
 

Moriwaki_2
 

あの動じない本田の心を動かせた森脇はすごい。
 

森脇>本田
 

ということで異議ないです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/04

ワールドカップ予選 オーストラリア戦の感想

まずはブラジルワールドカップ出場決定おめでとうございます。

あの状況でど真ん中に蹴れるとは、調子悪くともやはり持ってる男は持ってるな、と。
 

でもまあ冷静に見れば、この下降気味の試合結果と内容で果たして本戦でどの程度やれるんでしょうか。ぶっちゃけイマイチ手放しで喜べない自分がいる。とりあえず評価はコンフェデまで保留だな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/06/01

GGRのエンディング

GGRのエンディングで流れる曲が
 

♪タン塩~ タン塩~
 

って聴こえるんですけど、あれって焼肉の唄?
 

(レッズサポ以外の方への補足、GGRとは?)

テレビ埼玉で絶賛放送中のレッズ応援番組。

この不景気な中ですら広告費を湯水のように使うことで有名なスポンサーを持つ隣の某クラブの番組が、毎週金曜のプライムタイム、当然HD規格のスタジオ収録なのに対し、同じく金曜の半分深夜時間帯、未だにSDの回あり、収録場所もスタ、クラブハウス、オフィシャルショップ等を転々としていて、『毎度おなじみ流浪の番組』と称されている。

どっちの方が見ている人が多いのかという話題は埼玉メディア界のタブーとされている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »