« 達也初ゴール | トップページ | あらためて2ステージ制反対 »

2013/05/21

とある怒り

仙台手倉森監督、怒り収まらず(ニッカン)

少し前の記事ですが、これについては手倉森氏が怒るのも無理はないと思います。だってこれだけ理不尽な要素があれば誰だって怒って当たり前だと。

1.ウイルソンの赤紙自体が怪しい判定であった

2.ACL→国内リーグにその出場停止が引き継がれた

3.怪しい判定だったにもかかわらずなぜか2試合の出場停止

4.しかもそれが試合の前日に決定された

5.さらにクラブへの正式な通達前に発表された

JFAはAFCの下部組織であってACLの次の試合が未定である以上、2に関してはロジカルに考えればまあ許容できるとしても、その他は我が事に置き換えればとても納得できるものではありません。

AFCが怪しいのはもう諦めるにしても、手倉森氏が言っている通り協会やJリーグはもう少しクラブ側の立場に立ったほうがいいんじゃないかと思いますね。

|

« 達也初ゴール | トップページ | あらためて2ステージ制反対 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/57429597

この記事へのトラックバック一覧です: とある怒り:

« 達也初ゴール | トップページ | あらためて2ステージ制反対 »