« 日曜の朝の風景 | トップページ | 初めてのスタジアムにて »

2013/03/18

バラバラな基準

広島「オフサイド」判定に意見書/J1(ニッカン)

この件について個別の意見は書きませんが、今季ここまでのジャッジに関しての全体的な感想としては、
 

わけわからん。
 

そう思っています。主審により試合により状況により基準がバラバラ、そんな風に感じているのですが。
 

浦和絡みで言うと、1節の吉田主審(倒れればファール)と2節の佐藤主審(脚がかかってもノーファール)が同じ基準でジャッジしてるとは思えないし、3節の山本主審は、彼が吹いたJ2開幕戦ガンバvs京都(PK2つ)の基準でいけば、ミシャが言うまでもなく浦和にPKが与えられて然るべきでしょう。

もちろん応援しているチームのことが公正に見れないのは認めます。しかし、他のゲームを見ていても、まだわずか3節しか消化していないにもかかわらず、それがファールかよ、それでノーファールかよ、それがシミュレーションかよ、それをアドバンテージ取るのかよってのが今までのシーズンより圧倒的に多いんですよね。
 

アクチュアルプレーイングタイムとかいう実質のプレイ時間を増やす。審判を欺く行為を許さない。今季開幕前に誰かリーグの中のエロい人がそんなことを言ってたような記憶があるのですが、なんだかそういう人たちがいろいろ言うたびかえって現場(つまり審判の人たちですね)が混乱してるのではないんでしょうかね。

ルールが変わったならわかりますが、そうじゃない場合は判定の基準なんてのはコロコロ変わっちゃおかしいんじゃないの。

ルールの解釈を微調整してるんだ、エロい人はそういうかもしれませんが、百歩譲ってそれを認めても、そもそも、実質プレイ時間を増やすことや審判を欺く行為を見抜くことがジャッジの目的じゃないでしょうに。それを実現するためにゲームがぶち壊しになっちゃったらそれこそ本末転倒って言うんじゃないですか。
 

ここまで書いてふと思い出しました。そういえば去年『これからは手を使ったファールを厳しく取る』とか言っていましたよね。

だから2節3節と脚を挟まれて倒されてもファールじゃなかったんでしょうね。脚は厳しく取らなくてもいいわけですから。

|

« 日曜の朝の風景 | トップページ | 初めてのスタジアムにて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/56982542

この記事へのトラックバック一覧です: バラバラな基準:

« 日曜の朝の風景 | トップページ | 初めてのスタジアムにて »