« 記憶 | トップページ | 1年の始まり »

2012/01/31

縁は巡る

鄭大世「1部でやれる」 ケルン移籍の北朝鮮代表(スポーツナビ)

>>J1浦和の元監督でケルン幹部のフィンケ氏は「ヘディングが強く、ゴール前の嗅覚もある。われわれが探していたタイプの選手だ」と公式サイトで声明を出した。

探してたって、絶対日本にいる時から目つけてたでしょフィンケさん。

ちなみに、フィンケ対テセはリーグ3試合で2勝1敗、合計7-3でフィンケの完勝ですが、この全試合でテセは先発出場していて1ゴールをあげてますね。

『サッカーに別れはない』 その言葉を象徴するかのように、かつてJで敵味方として戦った人たちが日本以外のリーグで今度は一緒に戦うとは、いろんな縁が巡り巡ってますね。やっぱりサッカーは面白いなぁ。

それにしてもテセ、ドイツ語も喋れるのね。すごいな。

|

« 記憶 | トップページ | 1年の始まり »

コメント

ご無沙汰しております。
ようやく修行の旅?から帰浦いたしました。

「人間ブルドーザー」はさすがにかわいそうな気もしますが、テセはプレーも人柄もよい選手だと思います。テセのケルン加入で槙野が余計に発奮すれば、うちにとってもよい話です。

投稿: アニヲタの女 | 2012/02/02 15:19

「人間発電所」ってブルーノ・サンマルチノでしたっけ?
・・・って関係ないですね。

移籍選手はすぐ結果を求められるので厳しい目で見られるでしょうが、
活躍してほしいですね。

投稿: A三郎 | 2012/02/02 17:16

>アニヲタさん
ワタシも『人間ブルドーザー』はあんまりだと思っていました。彼はフィジカルが強いほかに、とても頭のいい人だと思っています。なので一部でもいけるんじゃないでしょうか(イメージだけで言ってるけど)。

>A三郎さん
確かそういう名前の人だったと思いました>発電所
テセも槙野もそういう厳しい目をはねのけて活躍してほしいですね。

投稿: にゃんた2号 | 2012/02/02 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/53869487

この記事へのトラックバック一覧です: 縁は巡る:

« 記憶 | トップページ | 1年の始まり »