« 続々 ウソップの寓話 | トップページ | 平成無責任一代男 »

2011/12/03

かたじけない

柏レイソルの皆さん優勝おめでとう。

柏木おつかれさん。

堀監督ありがとう。
 

そして、大宮アルディージャの皆さん大変かたじけない。

おかげさまで勝ち点差でのJ1残留が決まりました。

もう今後あなた方の悪口は言いません。
 

3ヶ月くらいは。

|

« 続々 ウソップの寓話 | トップページ | 平成無責任一代男 »

コメント

3月11日以後もう今年はサッカーなんか無理だと思っていました。
無事にリーグ戦全日程を終えることができて本当によかったと思います。
関係者の皆さんには感謝してもしきれません。

それに比べたら、どこが優勝したとか、降格だの残留だの些事だと思っています。

今も3月11日から時計が止まったままの人がいっぱいいます。
その人たちを忘れてはならないと思っています。

投稿: sat | 2011/12/03 21:32

まったくおっしゃる通りですね。関係者の皆様のご尽力には頭が下がるばかりです。

それだけに、どっかのクラブの観客減を震災のせいにするようなマネだけは許しちゃいけないとも思うのです。こと仙台のスタッフの皆様に失礼だろうと。

投稿: にゃんた2号 | 2011/12/03 21:53

柏の攻撃はやはりすごい!優勝すべきチームですね。
しかも、いつぞやの某チームの優勝セレモニーと違い、アウェー側S席にいた柏サポさんたちのマナーがとてもよかったです。
柏レイソルご一同様、優勝おめでとうございます。

選手の場内一周セレモニーの際、北ゴール裏に揚げられた「堀監督ありがとう」の弾幕2枚、GJです!「堀コール」あるかなと思ったのですが…。
堀監督、天野コーチ本当にありがとうございました。天皇杯もよろしくお願いいたします。そして、元旦には堀監督への感謝をこめた胴上げが観たいです。

投稿: アニヲタの女 | 2011/12/04 01:36

3点目を取られた時、ふと「サッカーの神様は居てはって、よう見てはるんやなー(何故だか関西弁)」と感じました。柏の優勝を見せつけられて悔しさとともに、一服の清々しさを感じたのも事実です。柏が退場の際の万雷の拍手もGJでした。レイソルさんおめでとう。そしてアニヲタさんの仰るとおり、堀監督、天野コーチには感謝の言葉しかありません。元日までともに闘いましょう。美園までの人込み(何年ぶり!?)の中、「長い旅」は、実はこれからなんだ、と思いました。長文失礼しました。

投稿: 埼京線 | 2011/12/04 03:20

昨日目前で柏に優勝を決められた、というのは大きな意味があると思います。
なぜ柏がこのようないいチームを作ることができたか、今の浦和に一番足りないものを見せ付けられた気がします。
表彰式とその後の違いが全てだと思います。

あと、にゃんたさんも触れてますが、今年のMVPは陽介で決まりかなと思います。
監督ともあわず、一部サポーターから心無い言葉をかけられた中、よくチームを牽引してくれたと思います。本当にお疲れ様。

投稿: 赤いスイートポテト | 2011/12/04 12:02

>アニヲタさん
前半見て柏つえーと思いましたもん。彼我の差を痛感させられたので優勝も当然だったかと。
ワタシも堀に声援&拍手をしたかったです。

>埼京線さん
「長い旅」は実はこれからなんだとは同感です。この旅は、フィンケさんとの『長くなるはずだった』旅を打ち切ったところから始まっているのです。サッカーの神様の思し召しは実は浦和にもあったということですよね。

>赤いスイートポテトさん
当然柏木がMVPでしょう。今季の彼は本来自身が背負うべきものより遥かに過大なものを背負い、そしてそれを全うしてくれたと思っています。
今彼に言ってあげたいのは、もうお前はどこへ行ってもやってゆける、大丈夫だぞ、と。

投稿: にゃんた2号 | 2011/12/04 15:28

主様も乙でありました。
某チームと違って柏だと見ててもむかつくってことは全くなかったですねw
堀のおかげで降格だけは免れることができたのでそれをもって今季は良しとしますわ

投稿: 武蔵浦和レッズ | 2011/12/04 17:28

はい。彼らも相当な苦労をしていますからね>柏
今季についてはとりあえずそう捉えた方が精神衛生上も良いですねw

投稿: にゃんた2号 | 2011/12/04 21:50

アニヲタさま

>「堀コール」あるかなと思ったのですが…。

北ゴル裏で「ほりほりほりゴール~」をやり始めたのですが、唄えるサポが少なかったと言うのが実情でした。先日の「森カンペオン」も同様でした。
ゴル裏の世代交代を実感した次第です(^^;

皆さん仰るとおり、柏木のがんばりと火中の栗を拾ってくれた堀監督無しには、今季の残留はありませんでした。本当にありがとう。

「サカーの神様は柏に微笑んだ」ということには全く同感です。ワタシも心から拍手を贈らせていただきました。
昨年のC大阪、今年の柏、昇格チームの奮戦はただの偶然には思えません。
J1で戦うことの幸せと意義と責任・・・原点に立ち返る必要性を痛感した次第です。

投稿: nigoe | 2011/12/05 12:31

堀ゴールは原曲さえ知っていれば誰でも歌えるかと。あ、原曲自体知らない人が増えたってことですかw

J1で戦うことの意義と責任、これはホントレッズにかかわるすべての人がきちんと整理し考えておくべきですね。今季の宿題だと捉えればいいかもしれません。

投稿: にゃんた2号 | 2011/12/05 12:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/53395993

この記事へのトラックバック一覧です: かたじけない:

« 続々 ウソップの寓話 | トップページ | 平成無責任一代男 »