« 信じる人 期待する人 | トップページ | かたじけない »

2011/12/02

続々 ウソップの寓話

前回までのお話はこちら
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 

『あ、街の明かりが見えてきたぞ!』

客のひとりがそう叫んだ。

断崖絶壁の縁で運転を変わったスクールバスのドライバーは、途中で道を間違って南アルプスの山のてっぺんまで登りそうになったり、舵を失って天竜川の谷に吸い込まれそうになりながらも、なんとかここまで皆を運んできたのだ。

さあ飯田の街は橋を渡った先、もうすぐそこだ。まさかここへ来て橋が落ちることはないだろうが慎重を期して渡ろう。
 

ただ、この橋が『明日へ架ける橋』なのか『地獄への架け橋』なのかはまだ誰にもわからない。

|

« 信じる人 期待する人 | トップページ | かたじけない »

コメント

実はこのバス、長野県飯田市には行けず、なんとに埼玉県秩父郡小鹿野町飯田に帰ってきてしまいました。
しかし、自己基準でしか判断しないこのバスの運転手さんと添乗員は、「でも山形県山形市飯田や静岡県周智郡森町飯田、茨城県那珂市飯田ではなく埼玉県内(身内)に戻ってきたし、どちらも山間(サッカー)だから同じです」と言って笑いましたとさ(飯田市と小鹿野町の方、山間部でなかったらごめんなさい)。

投稿: アニヲタの女 | 2011/12/02 22:50

一寸先は闇、と言われます。

このバスも前を照らすライトの照度が足らず、ちょっと前しか見えません。
この橋が、大畑駅のような綺麗なループを描き、そのままがけ方面へ戻る橋だったとしても、それは誰にも分からなかったりするのです・・・


あ、「大畑」がちゃんと読めた人はある程度の鉄っちゃんです。
1度行ってみたいですね。熊本がJ1に上がるという形で行ければいいんですが・・・

投稿: 赤いスイートポテト | 2011/12/02 23:25

まさかのループ橋

本。

イヤーァ(`へ´*)ノ

投稿: はちのじ | 2011/12/03 00:41

ループ橋ならもともと行こうとしてた方向に向くんですがループ橋本はヤダなぁ。

おこばの駅は25年前に行きました。

投稿: にゃんた2号 | 2011/12/03 00:48

主力選手とファンとの間に変な橋を架けた人がクラブの中にいるようです。
御馳走食べながら小遣い稼げるなんて甘言を囁き、実は自分もマージンもらっているんでしょうね。
天竜川の渓谷ではなく三途の川に落として地獄まで泳いでもらいましょうか(怒)


http://entame.knt.co.jp/kashiwagi_umesaki/

投稿: アニヲタの女 | 2011/12/03 04:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/53385984

この記事へのトラックバック一覧です: 続々 ウソップの寓話:

« 信じる人 期待する人 | トップページ | かたじけない »