« 門番 | トップページ | 面白いサッカー »

2011/12/11

謹慎

原口元気に謹慎(オヒサル)

一言。

 

バカもん。

 

1週間なんて生ぬるい。岡本さんが戻るまで1万回これ見て反省しる。

|

« 門番 | トップページ | 面白いサッカー »

コメント

大バカもん。

投稿: aki@sapporo | 2011/12/11 17:11

負ければ、ベーベー泣いて、悪ふざけからマジ切れしてケンカになる。小学生レベルです。
大原でサポーターが見ている目の前で、コーチが止めに入る程のケンカをして、倒れている相手を蹴っ飛ばす、チンピラですか?
本当に才能があり、これからどれだけ成長するか楽しみにしている選手なので、残念でなりません。

岡本に対しても、大体同文です。

それにしても、浦和の規律が緩みまくってるのではないかと、それが一番心配です。

投稿: がくまん | 2011/12/11 17:26

ガッカリというかガックリというか。

それにしても1週間の謹慎は甘いと思います。
例え天皇杯に勝ち上がったとしても、今期は出すべきじゃないし、
そもそもトレーニングは余所でやるというんだから、
本当にそれで謹慎と言えるんでしょうかね。

彼ももう20歳だし、代表にも選ばれるくらいなんだから、
自分をコントロール出来るようにならないといけないし、
サッカー少年たちの模範にもならなきゃいけない人物なんですけどね…

投稿: 彩スタ2004 | 2011/12/11 17:43

正直、もう、怒る気力も出ないという感じです。
フロントがアホでも、「裸の王様」たちが観客席で夜郎自大に振る舞っても、選手達はがんばっている、と思っていましたが・・・

大原にはしばらく行っていませんが、こんなことで怪我する事態になるまでに、相当に弛緩した雰囲気になっていたのでは、と思っています。

スタジアムに行くモチベーションを最後まで支えていた部分がポッキリ折れた、という感覚です。

17日の熊谷には行く予定ですが、もう、応援はしないつもりです。

投稿: sat | 2011/12/11 19:27

例によって連投すみません。

スポーツ紙などで「次期監督濃厚」と報じられている「あの人」がほんとに監督だったら、この件に関しては、間違いなく「干す」でしょうし、「放出」なんじゃないでしょうか。

投稿: sat | 2011/12/11 19:32

うーん。柏がPKで勝っててちょっと気持ちよくなってたら、元気のNewsを知りました←おせーよ

一昨日かいたトークショウのウッチーの発言の中に、元気について「以前はとんでもない子供だったが、この2年くらいでずいぶん大人になった」というのがありました。これは水内も同意してましたが、爺の重しが亡くなった途端に悪ガキに戻っちゃったんでしょうか?

1週間だけではなく、天皇杯は謹慎、しばらく当面代表も辞退位の厳しい処置が必要だと思います。
サポーター、ファンの目の前でやったこの行為はプロとして許されることじゃないでしょう→つーか普通に傷害事件だし。

投稿: えれ | 2011/12/11 23:03

例えば運転して事故っちゃったりしても(もちろんそれを庇うわけではないが)それはあくまでも過失であり不注意ですが、今回のはそうじゃないですからねぇ。
普通の会社勤めの社会人で準えるならば、昼休みか終業後に会社でしかもお客さんも見てる前で後輩とケンカになって相手に怪我させちゃったというトコですから、どの程度ヤバいかわかろうと言うものです。

まったくがっかりですよ。

投稿: にゃんた2号 | 2011/12/11 23:15

本当に元気は何をやってるんでしょう。
ささいなイザコザから始まってお互いにやりあって、結果こうなったのかもしれませんが(現場を見ていないのでなんとも言えませんが)、やはり先輩が後輩にこういうことをするというのは虐めに見えてしまいますよね。
どこかの書き込みでコーチ陣は見て見ぬふりをしていたなんてのがありましたが、嘘であってほしいと思います。
元気は最近思うようにプレーできなくていらいらいしているのかもしれませんがもう20歳です。こういう事は場合によっては傷害罪にあたってしまうと思います。
自分が背負っているものや両親にも影響が及ぶことに対して責任を持たないといけないことを自覚してもらいたいもんです。
せっかくの才能をこんなことで台無しにしてほしくないと切に願います。最近は元気にスターシステムが発動してしまいましたが、フィンケ爺ちゃんの言うように流れ星になってしまいそうで心配です。本当に当分試合に使わないなどしてお灸を据えないと駄目かもしれませんね。
それにしても岡本さん、大丈夫でしょうか・・・。

投稿: | 2011/12/11 23:21

例によって、たびたびのコメントすみません。

ふと、このかたの言葉を思い出しました。
(コメント欄上から4番目です。)
http://obakashobo.cocolog-nifty.com/obakashobo/2010/11/post-4f64.html#comments

結局、彼の心配がどんどん現実になってしまった、ということなのかもしれません。

そして、ユースの頃から彼らをみていた堀さんの心境を思うと本当にやりきれない思いです。

投稿: sat | 2011/12/11 23:36

彼の行為は社会通念上、許されるものでは有りませんが、
一方で、彼を守るのも我々の努めかなと思ったりもしています(具体的に何が出来るか分かりませんが)。

投稿: 浦和育ち@長野 | 2011/12/12 00:18

この間、バルサのカンテラを取材した番組を見たのですが、彼らの中心は人間教育でした。日本でも少年団をはじめ、皆人間教育を根幹に日々サッカーの練習に取り組んでいます。

我々内部から見れば若い奴は全く(怒)ですが、外部から見れば、ユースの教育はどうなっているの?ということになりますよね。

堀監督に恩を返すどころか、二人ともとんでもないことやってくれたよな(激怒)

元気はチームで干されようが、代表から外されようが自分の責任。
岡本は些細な気のゆるみが選手生命にかかわるかもしれませんね(肩の脱臼は癖になると大変です)

sat様がご指摘のポンテは生活面においてもプロ中のプロ。マブダチの某氏がこれほど生活管理を徹底している選手は見たことがないと言っていました(そういえば、某氏は柏の選手にも知り合いが多かったです)。

レッズはフロントも現場もグダグダのようですねえ。ならば、やはりあの方にビシっとやってもらうしかないでしょう!
それに耐えられないようならば、レッズでは無理ということで。

投稿: アニヲタの女 | 2011/12/12 00:24

地元での試合前だったってのに、なにやってんでしょうかね。
緩んだものを締めなおすのは、相当タイヘンです。
彼等だけではなく、周囲の環境含めて締めなおさないと、もっとタイヘンなことが起きる気がします。
それができる人が居なさそうなのも・・・

彼等をどう更生させるのか、しっかり考えてくれるオトナが居るとも思えないのが更に・・・

投稿: kabasann | 2011/12/12 00:38

なんというか、情けない。

ケンカでもそうですが、手を出して相手を怪我さしてしまえばそれまで相手がどんなにひどいことをしても手を出したほうの負け。こうなってしまった以上元気のほうに否がある部分が多いのは明白です。

コーチ陣が見てみぬふり、というのは実際見ていないのでここでは語りませんが、クラブが高円宮杯優勝組に甘い気がしないでもありません。
特に元気は、サッカー専門誌(ダイかマガかは忘れましたが)で堂々と元監督批判をしていました。
本人としては起用法に不満があったのでしょうが、使われない理由を考えるということはしていたのか?と疑問を抱いたこともあります。

浦和の歴代ユースの選手でこれほど期待できる世代はいません。それは見ているほうもそう考えています。だからこそ、「王様」にすることはせず、厳しく育ててほしいのです。
スポーツは「心」「技」「体」がそろって一流といいますが、このままでは黄金世代も二流以下で終わってしまうことでしょう。

このクラブは全体を根本的に叩き直さないといけないですね。まあ、叩きなおせる人を呼んできたのに追い出すようなクラブですからそれも無理なのかもしれませんが・・・

投稿: 赤いスイートポテト | 2011/12/12 00:44

はぁぁ~、なんというか情けなくてコトバも出ない・・・

傷害事件になって、前科がついたら普通の会社だったら懲戒ですけどね・・・

投稿: えりぴょん | 2011/12/12 01:10

予想通り皆様嘆きの声が大半ですね。

ワタシが個人的に思うのは、周りの責任が皆無だとは言いませんが突き詰めれば本人次第なんだろうな、と。同じ環境下でも全然問題ない人もいるわけですから。

なので、『バカもん』としか言いようがないんです。

投稿: にゃんた2号 | 2011/12/12 08:42

母を連れての観戦か。親孝行なのか不幸なのか。とまれ大事にして
あげてくださいネ!

投稿: | 2011/12/12 12:08

ご周知の方も多いでしょうが、ユース時代からの彼の不遜な性格や言葉遣いについては以前から物議がありました。
「才能」を有しているという理由で許してきた体質は、浦和のクラブのみならず、一般社会にもその風潮があり、これは世の大人たちも反省すべき点であると思います。
特に言葉遣いは、その人となりを表しますものね。
最終節でつまらぬ警告を受けたうえに、その後の場内挨拶で泣いていましたが、この幼さに一抹の不安を覚えたものですが、まさかこんな形で・・・

何故フィンケが元気をマスコミから隔離していたのか、赤いスイートポテト様ご指摘のあの雑誌を読んだ時、理解できました。
彼が自分と向き合っていない性格だと判断したからでしょう、たぶん。
ともかく本人は当然としても、彼を取り巻く周囲の人々にも猛省が必要でしょうね。

投稿: nigoe@みちのく巡業中 | 2011/12/12 12:18

貧すれば鈍す。

一部スポーツ新聞によれば監督選びは振出しに戻ったようです。
誰に任せるにしても、建て直しは並大抵のことじゃないようです。

フロントが、監督が・・・と言って来た選手達は今の状況を
生み出したのは他でもない自分自身だということを
自覚しないと、これから先はないと思いますが。

投稿: A三郎 | 2011/12/12 15:32

ただただ外部の人たちに不信感ばかり与え、それがクラブのみならず選手までも。

さてさて、ここからどうなりますやら>レッズ

投稿: にゃんた2号 | 2011/12/12 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/53457647

この記事へのトラックバック一覧です: 謹慎:

« 門番 | トップページ | 面白いサッカー »