« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011/11/30

エモーショナル

G大阪新監督に呂比須氏 来月にも発表(ニッカン)

ビックリしました。

でも、知名度はあるけど経験の浅い人を監督に据えて成功した今年の北九州の例もありますので、一概にどうこうとは決め付けられないです。余所様のことだし。

ただ、どうしてもここに突っ込まずにはいられません。

>>呂比須氏の日本愛と情熱に着目。

理屈っぽい人からエモーショナルな人に替えて失敗したクラブがどっかにあったっけなぁ。
 

関係ないけど、記事の写真の岡ちゃん笑っちゃうほど若いな。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011/11/29

わしらが育てた 佳境へ

第13回JFL後期第17節「松本山雅FCが3位へ浮上!」(JFL公式)

>>松本は次節で勝利、町田か長崎のどちらかが敗れれば今季の4位以内が確定する。

(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

しかし、来季山雅と当たんなくて済んで良かった、まだ胸を張ってそう言えないのがちょっと居心地悪いぞ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/11/28

アヤノコウジ

福岡戦のあった土曜日は、天皇杯4回戦以降のチケットの発売日でした。ご存知の通り、レッズの次の愛媛戦の開催地は熊谷。朝10時のちょっと前にいつもJのチケットを買っているいきつけのローソンへ出かけたのでした。
 

9時50分頃着いたら、ロッピーの前には1人の若い女性がいて何やら操作をしています。ワタシが後ろについたのを見た彼女がにっこりと笑って言いました。

「もし使われるんでしたら、私は10時からですからお先にどうぞ。」

一瞬他のコンビニに移動しようかなと思ったのですが、何気なく彼女が操作していたロッピーの画面を見るとキーワード検索になっていて、10時に備えてすぐ予約できるように何か文字を打ち込んで準備しているようです。打ち込まれた文字はカタカナで、

『アヤノコウジ』
 

それを見た瞬間、気が変わりました。
 

きみまろか? きみまろなのか?
 

ただ、その興味だけで

「あ、いえいえ。ワタシも10時からなんでいいです。後ろに並びます。」

そう答えてしまいました。
 

そして10時になって、彼女のしばらくの操作ののち、無事綾小路きみまろの大宮公演の予約が発券された時、思わず心の中で拍手をおくっていたのでした。

その次回ってきたワタシの番で無事愛媛戦のアウェイ自由が取れたのも、やはりそんな心の余裕のおかげでしょうか。
 

ということで、ついにレッズの公式戦にチャリで行くという積年の悲願を達成できそうです。勢いついでに、その次の熊谷のチケットまで買っちまいました。出来ればレッズの試合が2試合見れればいいなぁ。

Ticket

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011/11/27

オリンピック予選 シリア戦の感想

大津ナイスゴール!
 

そしてやっぱり俺たちの水輝。
 

これで残留が確定してれば言うことない週末でしたが、贅沢は言わないでおきましょう。
 

あ、岡ちゃん、また『直輝』って言った?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/11/26

柏木ありがとう

 
柏木ありがとう。
 

柏木ありがとう。
 

柏木ありがとう。
 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2011/11/25

最も重要な試合

明日は、直近の4年で最も重要な試合かもしれません。

次節にそのフレーズを持ち越しませんように。

どうか現地組の皆さん、よろしくお願いします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/11/24

橋本

G大阪・橋本、退団へ 神戸移籍最有力(スポーツナビ)

敵ながら結構好きな選手だったので、正直びっくり。

そうか神戸かぁ。ますます神戸が苦手になりそうだなぁ・・・って来季も神戸と対戦できることを確定させるほうが先なんですけどね。
 

全然関係ないけど、同じ橋本ならこの人に社長やってもらった方がマシなんじゃないかと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/11/23

来ねーよ

J1浦和が接触!岡田監督招聘へ 来週成立も(ニッカン・やはりリンク省略)

>>浦和が来季監督として日本代表前監督の岡田武史氏(55)招聘(しょうへい)へ本格交渉し、好感触を得たことが22日、分かった。

このフレーズから考えると、やはりこれはクラブからのリークと捉えたほうが良さそうですね。要するに、自分たちはちゃんと仕事していますよというアピールなのでしょう。

もちろん来季の準備は非常に重要な仕事なのでそのこと自体を否定はしませんが、そんなのは水面下で粛々とやっていればいい話であって、それをこのタイミングで出してくることには怒りしか感じません。

でも、そもそも

 

来ねーよ。

 

こんなアホでバカなクラブにあの賢明な岡田氏が来るわけねーだろ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

オリンピック予選 バーレーン戦の感想

 
直輝を踏みつけたバーレーンなんか砂に埋もれてしまえ。
 

ついでにイランのオールバック野郎も死ね。あのジャッジが許されたら審判なんかいらねーよ。
 

そんな逆境の中選手たちはよく頑張った。特にキーパーとセンターバック2人は荒れ気味のゲームの中最後まで冷静によく守ったよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/11/21

全権監督?

浦和、来季西野監督浮上 G大阪指揮官(ニッカン・あんまりなのでリンク略)

>>クラブはGM職を兼務できる手腕を持つ「全権監督」の就任を希望。

 

ここ笑うトコですよね?

 

ニッカンの飛ばしならまだマシ。もしクラブ内からのリークならば噴飯ものです。全権監督なんて一番クラブが望んでないパターンじゃないの。

ホントバカじゃねーのと思います。

あ、にしのんのことじゃなくて、ですね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011/11/20

三十一文字

にゃんた2号 戒めの短歌
 

福岡に 勝って初めて 見えてくる

仙台戦の 引き分けの価値
 

歌丸です(違)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/11/19

ベテラン

今の状況を前にして、ウチにも頼りになるベテランがいれば、実はちょっとそんなことを思ってました。
 

でも今日のゲームを見て自分の見る目のなさを痛感しました。

ウチにもちゃんといるじゃないですか。

Tsuboi

こんな素晴らしいベテランが。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011/11/18

過去の記憶

さて明日は仙台戦。

風の噂ではマルシオが復帰とのこと。確かマルシオは新潟時代に仙台をボコボコにしたことがあったはずです。

明日マルシオがゼリッチ級の活躍をしてくれれば、何とかなるんじゃないかと思うんですけれども。
 

では皆さん、埼スタでお会いしましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/11/17

金星だけどまぐれじゃない

強豪松本山雅が新潟も撃破とか、次の相手は最も苦手なオレンジのチーム愛媛かよとかいろいろありますけど、ワタシ的に昨日の天皇杯といえばやはりこれでしょうか。

水戸大金星!鈴木隆行が同点弾/天皇杯(ニッカン)
 

ほら師匠は別格だって言ったでしょ。

しかも決勝点となる3点目の得点者エーコだし。

いやーこれは嬉しい。
 

確かに金星だとは思いますが、決してまぐれだとは思いません。だって今季の水戸はもともといいサッカーしてたもの。そこに経験のあるベテランが加わればこれくらい出来て不思議はないですよ。

で、落ち着いてトーナメント表見たら、次もし愛媛に勝ったらその次の相手は水戸と瓦斯の勝者じゃないの。ウチも向こうも全然油断できる相手じゃないですが、なんとか勝ち上がって水戸と当たりたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/11/16

路線検索

全然見てないですけど、困る人がいるといけないのでとりあえず貼っておきますね。
 

Saikyo_sen

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011/11/15

ワールドカップ予選 北朝鮮戦の感想

全然見てないですけど、こう書いとけばいいと聞きました。
 

朝日新聞取るの止める。
 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011/11/14

清水永井が戦力外「サッカー続けたい」(ニッカン)

全然遅い話題ですけど、実は栃木へ行ったときにご一緒したTさんから聞いて初めて知りました。

戻ってきてくれとは言わないけれど、長く一緒に闘ってくれた選手ですから(そういやJ2でもね)是非もうひと花咲かせてもらいたいと思っています。

『華のある選手』

彼ほどその表現が似合う選手はそういないのですから。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/11/13

小ネタ集@富山

先日記事にした岐阜の翌日に行った富山のレポ、書こう書こうと思ってるうちに時は流れ(昔の歌謡曲風フレーズ)なにを今さら的なタイミングになってしまいましたので、当地で拾ったネタだけとりあえず出しておこうと思います。

続きを読む "小ネタ集@富山"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/11/12

サッカー日和

サッカー日和
 

先週と違って、とてもいい天気。

バックスタンド見やすい。
 

(帰宅後追記)

徳島は出場停止3人のうえ、前半6分でエリゼウが負傷交代。エリゼウに変わって出た石川も後半36分に負傷交代。それだけに今日の勝ち点3は非常に大きいと思います。

栃木は結構いいシーンもあったんですけど、クロスバー2回とキーパーのスーパーセーブに阻まれてゴールが獲れないうちにポロっと失点してそのまま最後まで状況を打開できず。

あーあの時獲れてればねぇ。

そんな、去年までよく見たパターンのゲームでした。
 

タンカでそのまま退場した徳島の石川選手、大丈夫でしょうか・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/11/11

ワールドカップ予選 タジキスタン戦の感想

 
今野も代表初ゴールなのか。
 

この前は駒野が初ゴールだし、長く代表を地味に支えてきた選手のそういう記録は嬉しいですね。
 

あと、ドゥシャンベのピッチを見て
 

 ∧_∧      ボコボコにしてやんよ
 ( ・ω・)=つ≡つ
 (っ ≡つ=つ
 /   ) ババババ
 ( / ̄∪

 

このAAを思い出したのはワタシだけではないはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/10

メンバー発表

関塚監督「21名のプレーヤー全員で戦い抜く一体感が大事」(スポーツナビ)

そうですか、直輝選ばれましたか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/11/09

続 年賀状

Lafrance
 

山形のJ2降格が決まったと聞いて真っ先に思い出したのが、今年の初めに書いた彼のことです。
 

Kさん、残念でしたね。結局J1にいるうちにはお会いできなかったけど、いつかまたお会いできる日を楽しみにしています。

でもできることなら、2012年の年賀状に『今年もよろしく』とは書きたくないですけれど。
 

なお、画像は本文とそれほど関係ありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/11/08

バイエルンの選手みたいに

今季3点目を決めた細貝「枠に抑えて打つことしか考えてなかった」(スポーツナビ)

今季3ゴールめかよ。しかもポジションはレッズにいるときあんまりうまくできなかったアンカーか。なんか萌はドイツに行ってからも成長し続けてるみたいだなぁ。

>>改善しないとバイエルンの選手みたいにはなれないと思った

いや君ならそのうちそこまで行けるんじゃないか?

そう思うのは贔屓目が入ってるからなのはもちろん認めるけど、高卒新人の時からぶっちゃけ『ちょっと厳しいかなぁ』と思うハードルを毎年ひとつずつクリアして今の場所まで来た彼をずっと見てきたワタシにとっては、絶対あり得ないこととも思えないんですよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/11/07

海外組

柴村のFKベンツピルスがラトビアリーグ優勝、CL予備予選の出場権獲得(スポーツナビ)

柴村は福岡、徳島時代を憶えていますが、そんなところにいたとはこの記事を読むまで知りませんでした。

いわゆる『海外組』って聞くと、とかくヨーロッパの有名どころのリーグばかり連想してしまいますが、この記事を読んで『この柴村選手のようにその他の国でプレイしてる選手ってどれくらいいるんだろう』とふと思いました。

で、調べてみたら結構いるんです、これが。

日本国外のリーグに所属する日本人サッカー選手一覧(ウィキ先生)

皆自分の夢を叶えるためにいろんな土地で頑張っているんですね。そのうち宇都宮徹壱さんが彼らの奮闘を素晴らしいドキュメントにしてくれるでしょうから期待して待っています。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011/11/06

祝メインスタンド復活

祝メインスタンド復活
 

MITOの椅子文字がよく見える。

霧雨で屋根意味ねー。
 

(20時帰宅後追記)

鈴木隆行師匠が本日のMOMでした。得点自体はPKでしたが、それ以上にものすごい存在感がありました。ちょっと別格感すら漂っていましたよ。

得点はPKのみ、退場者3人というデータから荒れた試合かと思われるでしょうが、はっきり言って判定はすべて妥当で、むしろ両チームのハードワークが目立つ好ゲームでした。
 

本日最も残念だったのは帰りの北関東道の渋滞でしょうか。
4kmに1時間とか orz orz orz

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/11/05

だから止められない

00_gifu
 

少しばかり書くのが遅れ、先日の鳥栖との死闘と順序が逆になってしまいましたが、先の10月15日(土)に長良川競技場へFC岐阜vs横浜FCのゲームを見に行ってきました。

以下、そのレポートです。

続きを読む "だから止められない"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/11/04

愚行

残念ながら試合を重ねるたびに悩みが深くなりつつある堀レッズの中にあって、逆に試合を重ねるたびにワタシが確信を深めつつあるのがセンターバック濱田水輝の成長です。正直なところ、磐田戦では永田を超える安定を感じました。

去年の最終節で挨拶の言葉を変えてまで彼のことを慮ってくれたあの方にこう報告したいです。
 

フィンケさん見てください。水輝はこんなに立派に成長しましたよ。
 

もちろんそれに関しては、辛抱強く使って貴重な経験を積ませてくれた関塚五輪監督にも感謝を忘れてはいけませんけれども。

水輝までがついに主力として台頭した今、今季もしフィンケさんが続投していて第31節のこの試合を迎えていたとしたらどんな試合になってたろうなどと、目の前で繰り広げられるつらい光景を見ながらついつい考えてしまいました。
 

ま、とりあえずここまではフィンケ信者の妄想として読み飛ばして頂ければ良いです。
 

で、本題はここからなんですが(ここからかよ)、そのフィンケをペトロに替えたことが失敗だ、一昨日のエントリでワタシはそう解釈できるようなことを書きました。あらためてここで断言しておきますが、ワタシは間違いなくそう思っています。それも相当強く。

ただ、ここで誤解してならないのは、フィンケ=正、ペトロ=誤ではないという点です。

確かにワタシはフィンケ信者ではありますが、だからと言ってフィンケがすべて正しいとは思いません。実際誰が見ても文句が出ないような結果を出せなかったのは事実ですから。そして、ペトロだって確固たる『自分のやりたいサッカー』があったからこそ、我々にとっては戸惑うことが多かったあの交代策や指示を行なっていたのでしょう。オランダサッカーの中継をチラ見した限りでは、なんとなくペトロの言うことが正義っぽいような気はしましたし。
 

つまり失敗だったのは『フィンケをペトロに替えたこと』そのものだと考えます。

ポジションを流動的にしないと成り立たないフィンケのサッカーを2年やってきたチームの監督を、ポジションを守ることこそ命のペトロに替えたということは『サッカーのスタイルを全とっかえしますよ』と言っているのと同義なわけです。誰でもわかる通り、今の路線を維持しつつ結果も出すのならばそれは絶対にあり得ない選択ですよね。でもクラブは『サッカーのスタイルは維持する』と詭弁を弄してまでそれを押し通しました。

クラブの中にフィンケを辞めさせてペトロを監督にするという結論が先にあったとしか考えられません。

監督を選ぶ時のロジックとしては考えられない、というかそもそもロジックになってないです。ですから『失敗だった』と言うのすらおこがましい『愚行だった』としか言いようがありません。だって1年のうちにサッカーのスタイルを全とっかえしてなおかつ結果を出すなんてのはペトロじゃなくたってできませんよ。ですから、今のチームの状況はクラブの愚行が招いた必然の結果です。『人災』と言ってもいいかもしれません。

ま、それを許してしまったワタシたちの側にも責任がないとは言いませんが。ただこのクラブの責任を他に押し付ける体質から考えると、このままでは今季の失敗が2009年からの一連の流れにされてしまいそうな気がしてきたので、賢明なるレッズサポの方なら誰もがわかりきっていることだとは思いますがあらためて書きました。今後もまたしつこく書くかもしれません。
 

こう言っちゃなんだけど去年の末の時点で『フィンケだといろいろうるさいし金がかかるんでサッカーのスタイルが似てる堀にするわ。あ、その浮いた金で出来る範囲の補強はすっから。』とでも言われたほうが、それで納得するかどうかはともかく、まだロジックが存在するだけマシだったな・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011/11/03

まずはワタシに魂を託して頂いた方々へ。

力及ばず大変申し訳ありませんでした。
 

それにしても、彼我の力の差をナビ決勝以上に思い知ったゲームでありました。

どれくらい差があったのかというと、数年に渡って同じ監督のもとで戦術や組織を熟成させてきたチームと、出来て数週間しか経っておらず連携や戦術がまだまだのチームくらいの差が・・・あれ?
 

前線の4人が全員どちらかといえば使われるタイプである以上、柏木と小島がゲームを作れなければこの結果は自明の理。

とは言っても、彼らにもその選択をした堀にも文句があるわけではありません。120分走りまわって中4日の選手と高卒ルーキーにそういう重要なポジションを託すしかない現状の方が問題であって、他にいないんだからしょうがないと思うんです。
 

要するにワタシの言いたいことは、累積の啓太はともかく、自分の不注意でこの大事なゲームに出られなくなった、
 

直輝は罰として来季も浦和残留な。
 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011/11/02

切り替え

選手とチームスタッフの皆さんはナビスコ決勝敗退からの切り替えをお願いします。

ワタシもクラブ憂慮モードからチーム鼓舞モードへ切り替えますから。
 

切り替えるのがそんなに簡単でないのは、ここ数シーズン見ててわかってますけどね。でもワタシらはたぶんもっと簡単ではないことをやろうとしてるのですから、なんとか頑張りましょう。
 

では皆さん、埼スタでお会いしましょう。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011/11/01

クラブ批判

今朝の朝日新聞のスポーツ面にレッズのクラブ批判の特集記事がデカデカと載りました(リンクも画像もなくすまん)。いわく、監督をコロコロ替えたあげく今の凋落を招いてしまったクラブどーよ、みたいな内容でした。

やっとこういう記事がいわゆるマスメディアに掲載されるようになって良かったとは思いつつも、いくつか引っかかるトコがないわけではありません。
 

ひとつは、『なにを今さら』ということ。

去年の異様なまでのフィンケ・バッシングを主導したのは(朝日がそうだったかは別にして)マスメディアです。ほとんど言いがかりに近い内容によって批判のための批判に終始した彼らが今さらクラブを批判しても、単に『寝返った』という非常にネガティブな響きのする語句しかワタシの頭には浮かんでこないのです。
 

もうひとつは、なぜここに来て急にクラブ批判が噴出してきたのかということ。

延々と書くとワタシの妄想が全開になるので簡単に書くと、もしワタシがペトロを呼んできた人間だったとすれば、フィンケをペトロに替えたのが失敗だったのではなくて、監督をコロコロ替えることが問題でフィンケもペトロもどっちも失敗だったんだと思わせようとするでしょうね。
 

問題点の追求はシーズンが終わってから。俺たちはサポートに集中しようぜ!

そういう論調がサポの中にもあるようですが、それを繰り返した結果が今のレッズの姿なんだとワタシは思っています。これはこれ。それはそれ。チームの問題とクラブの問題は別。物事はきちんと切り分けて対処しなければいけません。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »