« 少なっ | トップページ | 尊敬する人 »

2011/10/11

W杯予選 タジキスタン戦の感想

スコア8-0、シュート40対0(スーパーサッカー調べ)。
 

すごい。たいしたもんだ。
 

いくら同組の中で一番力が劣ると思われる相手とはいえ、ここまで完璧なゲームはそうできないでしょう。岡ちゃんがハーフナーの話の時に親戚のオッサンになっててワロタ。

地味に駒野が代表初ゴールってのが個人的には一番嬉しいかな。

|

« 少なっ | トップページ | 尊敬する人 »

コメント

エルゴラには川島の採点はなかったそうで。
シュートゼロでは採点もできなかった、ということなのでしょうがw

投稿: sat | 2011/10/12 09:25

恐らくそういうことなのでしょう。

ハーフナーの父子共演でも良かったということですね。

投稿: にゃんた2号 | 2011/10/12 12:53

とんでもない試合だったんですが。
ワタシ的にはタジクがこの舞台に上がっているだけで感無量でした。

かの国(タジクのお隣さん)はここより弱かったわけで・・・

投稿: えれ | 2011/10/12 23:55

おお中央アジア通の方にとってはそういう見方になるんですね。
あれだけボコられてもラフプレイに走らなかったことでイメージがアップしましたし。

投稿: にゃんた2号 | 2011/10/13 08:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/52967695

この記事へのトラックバック一覧です: W杯予選 タジキスタン戦の感想:

« 少なっ | トップページ | 尊敬する人 »