« エキサイティング | トップページ | 懸河 »

2011/10/17

勤務を命ず

無事帰りました。

ワタシの大掛かりな縁起担ぎの甲斐もなく大変残念な結果になってしまったことは、Jリーグの『グ』の字の濁音の点々すらない(細かいうえに大げさ)岐阜の山の中で知りました。

ちょっと前に、J2に落ちるとしたらそれは順当みたいなことを書きましたが、まあ我々にも奇跡的な出来事が絶対に起こらないとは限らないので最後までまだわからないととりあえず今回は書いておきましょう。ただ、もしそういう奇跡が起こったりナビスコ決勝で勝ったりしたとしてもそれは瑣末な出来事でしかないと個人的には思っています。だって、それで本質が変わるわけではないですから。
 

で、監督様がついに辞任表明ですって?

最初にその報を聞いたときに思ったのは、この『辞任』ってトコがポイントかな、と。
 

ということで、ワタシが、岐阜の山の中でぼっとしながら、また延べ1000kmほどを運転しながら、つらつらと考えたことを書いてみたいと思います。

 
ペトロ辞任と聞いて素直に喜べない自分がいました。

彼のことを庇うつもりは露ほどもありませんが、冷静かつ客観的に考えてみると、彼だってなにも最初からレッズをここまでメチャクチャにするつもりで来たわけではないでしょう。単に指導者としての能力や素養が足りなかっただけで、一応彼なりに大好きなレッズを良くしたい強くしたいという思いはあったと思います。

だから、今回自ら辞任を表さざるを得なくなったのは、彼にとっても不幸な出来事であったに違いないのです。だって結果的に大好きなレッズを混乱に陥れたあげく、そのサポーターの大部分から嫌われることになってしまったわけですから。
 

ところで、たまに経済界において偉いとされている人たちが『企業の目的は利益を上げることだ』なんてことをしたり顔で言っているのを聞くたびにワタシは、それは間違っているといつも思っていました。

企業の目的は、そこに関わる人たちに幸せを与えることだと思います。それを自らの元手(つまり利益ですね)で実施するのが私企業、その他の元手で実施するのが公的組織、任意団体やNPO、それだけの違いなのかな、と。

企業たるもの、お客さんはもちろん、そこで働いている人たちや株主やスポンサーもですし、会社の近所の人たちや社会や環境、ありとあらゆる人や物に幸せを提供しなければいけないのです。そこにはもちろん優先順位や程度の差は出てきますが、それをうまく調整しバランスを取りつつ恙無く組織を運営するのが良い経営者なのだと思っています。

つまり社長の仕事は、『会社に関わる者全員を幸せにすること』、それ以外にありません。
 

翻って、今季のレッズを見てみると、
 

・短い選手生活の貴重な1年を、キャリア上なかったに等しいことにされた選手たち

・去年のチームに手応えを感じていたのに否定された、内容やプロセス重視のサポ

・何のタイトルにも絡めず費用に対する広告効果が見出せなかったスポンサー各社様

・観客動員激減により売上も減ったホームゲーム出店等に関わる関連各社様

・レッズの不振が活力減退につながる(であろう)浦和の街
 

これらの人々を不幸にしたばかりか
 

・一昨年去年以上の苛立ちを感じさせられた結果重視のサポ

・求心力を失ったゴール裏

・人身御供のごとく途中解任されたGM

・ペトロ
 

個人的には同情はしたくないけれども、この人たちまで結果的に不幸にしてるわけです。
 

取締役社長 橋本光夫 あんたの罪は重い。
 

クラブ史上最悪は当然としても、Jクラブ史上屈指の無能社長であることは明らか。

これは本人の人間性とか意思は関係ありません。だって社長なんですから。理屈は抜きにして責任をすべて負うのは当然です。
 

やたら緊縮財政を強調してたけど、ペトロを『解任』しなかったのはそれが理由じゃないですか。勝手に『辞任』を表明したと言って聞いてないよ的なそぶりをしていますが(そのこと自体社長失格なのだが)、実は内心ほくそ笑んでいるのかもしれません。そもそもGM解任したのだって、サポの手前何かしなきゃいけなくなったけど監督解任すると金かかるからってことじゃないの。

ただ、いくら出ていく金を抑えたところでそれ以上に収入(例えば入場料収入やグッズ売上)が減るんじゃ意味がないんです。どこにその妥協点を見出すか、それが事業計画立案のキモなんですがそんな判断ができない、というかそもそもそういう総合的な観点なぞ欠片もなかったように見えるのが無能の無能たる証明なんですがね。
 

今季ペトロを指して『俺が監督やったほうがマシ』ってな言い回しを使ったことのある人は多いと思います。実際ワタシも数え切れないほど使いましたが、現実問題試合の采配だけが監督の仕事ではないのであって、サッカー経験のない素人に勤まるわけがないのを承知で言ってた冗談や軽口のレベルなのです。

しかし今、ここまでのクラブの迷走を振り返ってみると『俺が社長やったほうがマシだった』とはリアルでそう思います。

社長はおろか課長の経験さえないワタシ(自爆)ですらそう思うんですから、数多い社会的にも地位のあるサポーター諸氏は心からそう感じているんではないでしょうか。
 

責任を取って今季限りで社長を辞めるのは当然ですが、問題はその後。親会社か飼い主(ココ重要)に面倒見てもらうなんてのは絶対に許しちゃいけません。ここまで皆を不幸にしておいて後は知らないのではいさようならなんてのは虫が良すぎます。

ということでワタシの脳内株主総会では賛成者多数でこう議決しました。
 

橋本光夫は平社員に降格のうえ営業部勤務を命ず。
 

給与は労基法上認められた最低賃金な。スポンサー1件につき歩合くらいは認めてやってもいいが、その代わり労基法上許された最大労働時間働いてもらうから。
 

あと、社長以外のクラブ内外の飼い犬の連中も同罪。断じて同罪。

|

« エキサイティング | トップページ | 懸河 »

コメント

レッズはリーグ戦5試合ノーゴール。
No goal,No win
二桁獲れるゴールゲッターがいない。

エジミウソンの放出が完全に裏目に出ましたね。草津からラフィーニャを取って首位争いをしているガンバとの違いはスカウティング能力でしょうか?
ガンバから平井を借りればよかったですね!?

投稿: 名古屋の通りすがり | 2011/10/17 20:56

はぁ、そうですね。

単にそういう戦力的な問題だけならばまだ全然マシなんですけれども・・・。

投稿: にゃんた2号 | 2011/10/17 21:42

>全然マシなんですけれども・・・。

たしかに。戦術が・・とか。誰それを取ってくればとか言ってた頃がなつかしい。
そんなことは表層的なもんで、もっと根深い所のダメさ加減をこうもキッパリ見せつけられられることになろうとは。

どこへ行くつもりなんでしょうこの船は。つーか船頭は誰なんだいったい?

投稿: えれ | 2011/10/17 23:41

>それをうまく調整しバランスを取りつつ恙無く組織を運営するのが良い経営者

ここは本当に大事なところだと思います。

個人的にはサポの意見というのは一番制約を受けるところだと思うんですよね。
去年とか結果が出ずに我慢したサポも多かったですし。
クラブの状況・指針、そして選手が望むかどうかが第一なので、サポの思い通りになるものではないと私は考えています。
そのなかで、クラブが成長していくこと、そして選手の達成感が垣間見えることで徐々にサポーターに還元できるのではないかなと思うのです。多くのサポーターがその「還元」を楽しみに待ってたのだと思います。

でも、それは指針があるから我慢できたわけで、今年みたいに指針もビジョンもへったくれもないのなら別の話。経費削減・黒字化のなかで、「どういうチームを作っていく」というのが全くなかったのは正直言ってクラブとして致命的です。
もう少しビジョンがあれば、サポも選手も、そしてペトロも不幸にならなかったと思うのです(彼の指導者評が悪いというのは欧州中で有名だったみたいですし)。
特に、今年の選手の死んだ目のままプレーしている姿を見るとこっちの心も痛くなりますもん。

今回の辞任についても彼としてできる限りのことをやったのだと思います。現時点で彼が出せる最大かつ最後のカンフル剤が「今シーズン最後まで指揮して辞める」という決断だったのでしょう。
「辞めるのなら今すぐ辞めろ」という意見も聞きますが、今辞めるとS級を持っている人がトップチームの関係者にいないため、他所(外部なりユースなり)から連れてくるとなるとその人にも迷惑がかかる、と思って今季最後まで指揮を振るうという決断にしたのだと私は思ってます。
ペトロの梯子を外した、つまりGMを解雇したのは社長だったはず。おそらくペトロが辞めると言い出すなど考えてなかったんでしょう。一手先すら読めてないということですもん。こんなチームが強くなるわけがないんです。

残留するにしろしないにしろ、首脳陣の総退陣、及び制裁を受けることを望みます。にゃんたさんの言うとおり、クラブに関わるファン・選手はもちろん監督にまで不幸のどん底に落とし込んだ罪はあまりにも重いです。
まあ、飼主にダメージがこないと一緒な気もするのが切ないところなんですが。

投稿: 赤いスイートポテト | 2011/10/17 23:56

>いくら出ていく金を抑えたところでそれ以上に収入(例えば入場料収入やグッズ売上)が減るんじゃ意味がないんです。

そうなんですよね。ここが自分も社長に対して一番理解出来ない部分なのです。ある意味、レッズほどリスクに対してハイリターン(正しい用語でないことは承知しております。まぁニュアンスで・・)が期待出来るクラブはないと思うんですけどねぇ。むしろ、この状況にする方が難しいと思うのです。
ここ5年間、レッズのフロントが何をどの様に考えて、どう行動してきたかを、誰かが本にでもしてくれませんかね。スポーツ経営を学びたい人はもちろん、一般の企業の経営者にとっても最高の教科書になると思います。

投稿: がくまん | 2011/10/18 00:02

全く同感です。
橋本光夫氏の責任は極めて重い。

ただ、彼を辞任させただけでは何の改善にもならないと思います。

今年の観客減少は、前途に希望の持てなくなった人達がスタジアムから去ったからでは、という内容のコメントを少し前にしたと記憶してます。
なぜ、監督を交代させたのか。なぜ、高額で長期間契約したFWを中東に叩き売ったのか。「レッズスタイル」などという空疎で中身のない言葉を弄ぶだけで、合理的で具体的な説明が一切無ければ、希望など持てないのは当然です。

レッドダイヤモンズというクラブにおいて、監督選任などの重要な意思決定は誰がどのようにして行っているのか。

誰からも納得のいく説明がありません。

このような杜撰なクラブ経営は、そういった杜撰な人物を送り込んできた、親会社である三菱自動車に責任があると断じざるを得ません。

辞めるのは橋本光夫氏だけではなく、三菱自動車がサッカークラブの経営を辞めるべきだと考えています。

投稿: sat | 2011/10/18 00:49

レッズの近所では、某掲示版に登場する幹部の方々が東電への天下りみたいなもんで、クラブを荒らしまくっている元凶だと認識しています。
知る人ぞ知るというか、自分で言ちゃってる人もいますし。実際にメディアなどとの癒着云々もここらへんの方のようです。ただ、困ったことに、本人たちに悪気がないんです。殿上人ならぬ天上人になっちゃっていますから。勤め先中途退職してきたんだからという天下り根性なんでしょうかねえ。
社長は2年で変わりますが、この方たちはレッズの社員ですから首にも左遷にもなりませんし、定年まで甘い汁が吸える。実は社長よりも質が悪い。
某掲示板を見るとお分かりだと思いますが、内部でなければわからないようなことが実しやかに書かれている。情報提供者がいるということです。
このクラブ、終わっています。いくら社長がコンプライアンス重視と言い続けても、実際にできなければ意味がない。
なので、クラブの全責任は社長が、各部門の責任は部長がそれぞれとって辞めて下さい。

それから、使い者にならない若い奴とるな。善意で手伝いを申し出たサポにチラシの残り全部押し付け、「なんで自分たちがこんなことしなきゃなんねえんだよ」みたいにふてくされて、とっとと帰る社員がどこにいる。上客に仕事押しつけるようでは、すでに適性なしですよ。あ、サポを食い物にする適性はあるとか…。
経費削減の折、雑用なんて高給取りのオジサンがすればよいですし、本当にレッズ愛があれば、残業も立て直しもまた楽しいはず(私だったら楽しい)。
私なんて、胃と心にぽっかりとに大穴があきそうです(涙)

投稿: アニヲタの女 | 2011/10/18 01:57

藤口が辞めて全てが良かったとか言ってた連中も責任はあります。
それとこのバカと謎の古参幹部もいい加減去って欲しい。
新任?犬飼復帰で良いんじゃないですか?

投稿: q | 2011/10/18 08:47

>えれさん
そうそうワタシも船頭が誰なんだと思ってたんですよ。舵取りをするべき人が自分の意思でやってない気がします。影にいる人はちゃんと表に出てきて我々とちゃんと向き合ってもらいたいと思います。

>赤いスイートポテトさん
そうなんです。ワタシだってサポの意見がすべて採用されるとは思っていません。そもそもそれがすべて正しいとは限らないわけですし。しかし抽象的な文言が飛び交うだけの『ビジョンぽいもの』ではそういう意見の評価すらできませんよね。
今すぐ辞める辞めないというのは、現実問題今の段階じゃどちらを選んでも大同小異なのかなとワタシは考えています。前門の虎後門の狼とか究極の選択とも言えますがw

>がくまんさん
>>むしろ、この状況にする方が難しいと思うのです。
ホントですよねぇ。よく、クロスバーやポストに当てるほうが難しいってなことを言いますけど、それ以上の難易度ですよね。

>satさん
三菱自が止めるべきというのは同感です。ワタシは正直こんなんなら貧乏クラブからやり直したほうがマシだと思うのです。もっとも、それはどちらかと言えばエキセントリックな意見で、そんなに簡単な話ではないだろうというのも理解はしてますが・・・。
ただ、あそこも本業の方が決して絶好調とは言えないので、そのうちそういう話も現実味を帯びてくるかもしれません。

>アニヲタさん
すいません某掲示板は見てないのでどう情報が洩れているのかはわかりません。しかし、実際にクラブの中の連中がおっしゃる通りならばこのクラブの未来は真っ暗だと言わざるを得ません。

それにしても、皆様からいただいたコメントを見るだけでも、クラブの外の人間がこれだけマジメにクラブのことを考えているのにいったいどうしたもんでしょう。

投稿: にゃんた2号 | 2011/10/18 08:51

>qさん
藤口さんを辞めさせたことについては、ワタシはサポとして自分にも責任があると思っています。人生において後から気が付くってのはよくある話ですがw
犬飼復帰はこのモヤモヤ感を解決する唯一の方法であるとは思います。それで彼についていくかってのは別の話ですが。

投稿: にゃんた2号 | 2011/10/18 08:55

昔からのにゃんたファンです。3年ぶりに書き込みます。
久しぶりのまじ檄文同感です。
7月、8月とクラブへのメッセージメール送っていますがご返事は(当然)ありません。
8月に出した71歳のバカじじいの応援メッセージ。おひまなら見てください

今の浦和スタッフには橋本社長を筆頭にREDSのために働こうなどと思っている人はいない。いまこのメールを見ているあなた、メールの管理者?応援メッセージは橋本社長、柱谷GMに見せてるの?6月から何度も出してますがご返事も改善もありません。
いやなメール、苦情は聞きたくない?握りつぶさないでちゃんと、橋本社長に伝えなさい。

浦和は橋本、柱谷から崩壊している。うらわの魂が、(伸二が永井が)その他たくさんの浦和の魂が惜しげもなく捨てられています。
今回のトークオンTogetherも単なるガス抜きに終わるでしょう、電力会社のようなヤラセ意見のみ公表しないで、厳しい意見、本当のサポーターの苦情をもっと取り上げなさい。
橋本社長は昨年のシーズン終了あいさつは逃げました、前任の藤口さんは疲労困憊のなかブーイングされながらも挨拶、お詫び、サポータへの感謝の言葉をのべました。
責任を感じ一生懸命の、あのヤツレタ姿にブーイングできませんでした。

シーズンチケットきました。大事なチケット保持者にアンケート用紙1枚なぜ入れないのですか?。
社長のお詫びと今のURAWAにまんぞくしているか、ご不満ならどこに問題点があるのか?
こんなことは常識でしょう、今年のシ-チヶはSB4枚から2枚に減らしました。

チケット持っていても反省も戦略もない浦和は見たくない、失点するパターンはいつも同じ、お客さんのほうが選手より、監督よりも早く察知しています。
2年前から改善なし、おバカさん。

学生時代からあれだけ熱狂的に応援していた35-40歳代の息子たちは今のURAWAは見たくないといいます。しかたなく?70代の老夫婦がメインに座っています。

橋本さん、柱谷さんは来年はもう浦和のまちからいないでしょうが、URAWAの数十万人といわれるサポーターは残ります。

「URAWAがJ1にとどまる」これだけは死守してください。
9月の山形戦、また同じようなスタメンで同じパターンの負け試合を見せられると思うと、気が、足が重いです。

大原の練習よく見に行きます、あれはJ1の練習(トレーニング)ではないです。遊びです。以前から危惧していましたが悪い予感があたりそうです。

            住所、氏名、年齢
2011年8月31日


にゃんたさん、J2陥落の福田のゴール、涙の駒場、を思い出して今でも泣けてきます。

ナビスコやっとチケット手に入れました、私にとっては最後の国立決勝になるでしょう。
勝っても負けてもおもいでの国立にしたいです。


投稿: かすかべ5502 | 2011/10/18 10:33

かすかべさん大変お久しぶりでございます。メッセージ文のご提示ありがとうございました。

かすかべさんのような古くからの熱心なサポにこれだけ言わせて何も答えずというのはやはり組織としてあり得ないです。文面の中にもありますが、やはりどれだけ『レッズのために』働けるかが一番大事だと思いますし、今のクラブには(外から見る限り)それをまったく感じることができません。


例の福田のゴールもそうですが、ワタシはむしろお隣に座らせていただいた福田最後のリーグ戦のことが忘れられません。


ナビスコ決勝は頑張ってきてください。

投稿: にゃんた2号 | 2011/10/18 12:37

「決定」をしているのは、一体誰なのか?
ここを明らかにすることが肝要でしょうね。

GMすら「指揮した試合を見たことがない」という監督を決めたのは誰?
そのGMを推挙したのは誰?
一般的に株主総会で承認される社長・・・この社長を推挙したのは誰?
監督・GM・社長の三者は、これら「決定者」の傀儡に過ぎなかったのではないかと思わずにはいられません。

三菱自動車とクラブ強化部。そして表には姿を現さないが強大な影響力を持つ「人物」。
まずはこの病巣を取り除かない限り、浦和再生の道はありません。

スタンドの雰囲気(特にゴール裏)の改善は、サポ自身の自浄作用を待つしかありません。
要するに、自分自身にかかっている、ということで。

投稿: nigoe | 2011/10/18 14:18

その人物は皆さんだいたい想像はついてると思うんですが確証がないので誰も書かない言わないですよね。ワタシら部外者なぞはそれを得るすべはありませんが、知ってて書かない(書けない)メディアの人もいると思うんです。心あるメディアの意気に期待したいもんです。

確かに観客席はサポが何とかするしかありませんね。ただ、求心力をなくした中心部の人たちがどれだけ真剣にこの状況を捉えてるか次第だとワタシは思います。

投稿: にゃんた2号 | 2011/10/18 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/53012848

この記事へのトラックバック一覧です: 勤務を命ず:

« エキサイティング | トップページ | 懸河 »