« 100万回 | トップページ | クラブ批判 »

2011/10/31

筋書き

2位の鳥栖は直近のリーグ5試合で4勝1分2失点。

最下位岐阜は同じく1勝4敗20失点。

まさかこの両者の対戦がこんな結果になるとはいったい誰が予想したでしょう。まさに雨の中の死闘とも言うべき試合。勝負事に絶対はない、あらためてそう感じさせられた昨日のJ2でした。
 

と、割と紋切り型の文章を書くためにいろいろ調べていたら、意外なことがわかりました。やはり直近リーグ5試合の得点数は、鳥栖9点、岐阜が10点。岐阜のほうが多いんです。

この結果を予想外と見るか固定観念に隠れた必然と見るかは、実のところ微妙なのでした。スポーツを指して『筋書きのないドラマ』とはよく耳にするフレーズですが、筋書きはあるとかないとかいうものではなく自ら作リ出すものなのかもしれません。
 

そんなマジ視線でこのゲームを見ていたときに、ふと目に入ってきた長良川のスタ広告看板、

『西濃バナナ加工株式会社』
 

どんな会社なんだろう?バナナをどう加工してるんだろう???

気になって夜も眠れません(大げさ)。

|

« 100万回 | トップページ | クラブ批判 »

コメント

乙です。
わたしも、岐阜-鳥栖の試合を見ていました。
鳥栖が勝つんだろうと思いながら。
しかし、前半おわって、リードは岐阜。
最初は床に寝ながら見ていたのですが、後半早々の鳥栖の猛攻撃をみてからは、ちゃんと座りなおして見ました。
こんな良い試合をだらだらと見ているのは神様に申し訳ない。
しかし、すばらしい戦いでした。鳥栖のなにがなんでもと言う姿勢。ほんと感嘆しました。

にしても、鳥栖のユン・ジョンファン監督。スーツだめにしちゃったでしょうねぇ・・・(笑)

投稿: レッズ11 | 2011/10/31 21:51

ユン・ジョンファンはホントいいチームを作りましたよね。リードされた後ハーフタイムを挟んで後半からガラっと鳥栖の勢いが変わったのには驚きました。

ああ来季J1で鳥栖とやりたいなぁ、強くそう思ったゲームでした。

投稿: にゃんた2号 | 2011/10/31 21:58

あのテルコタンのいたチームとは思えない変貌ぶりですよね、鳥栖。
鳥栖スタにJ1で行けると思うと、結構楽しみです。
ま、私たちの残留が大前提ですが。

投稿: はちのじ | 2011/11/01 09:06

そうそう、ワタシも最近の鳥栖の躍進ぶりを見て最初に思い出すのが、大宮公園で見たテルコ批判ダンマクです。

つまり、ちゃんとした経営者とちゃんとした指導者に恵まれさえすれば、不遇の時代もいつかは乗り越えられるということなんですね。

投稿: にゃんた2号 | 2011/11/01 12:05

日曜日は、ナクスタには行けず、
スカパーでJ2三昧。。。

味スタ、フクアリ、長良川・・・いずれ劣らぬ真剣勝負のシーズン最終盤、
これ、万一にもこのカテゴリに入ったらめっちゃタイヘンだわ、と思った次第でした。
長良川の鳥栖だけはテッパンかなぁ、なんて思ってた自分を恥じております。

投稿: えりぴょん | 2011/11/01 21:17

>>万一にもこのカテゴリに入ったらめっちゃタイヘンだわ
はい、一言一句同じことを思いました。今のクラブの中の人たちはそんなことすらわかってないような気がするのでなおさらです。

投稿: にゃんた2号 | 2011/11/01 21:44

・昔、バナナチップスってのがありましたな(今でもあるのかな)
・バナナの缶詰?見たことない気がする
・バナナジュース?これも缶とか瓶入りはどうだろう(生ジュースならあるけどもあれは工場じゃなくてその場で作るものだし)
・あとはバナナジャム、バナナピューレ、干しバナナ・・


試合は凄かったですねえ
見たのは後半からでしたが夢中になっちゃいました

投稿: 武蔵浦和レッズ | 2011/11/01 22:29

西濃バナナ加工株式会社でググッてみましたが、電話帳とか地図の類しかヒットしなかったので実体は明らかになりませんでした(大げさ)。
ワタシの勝手なイメージではやはりバナナチップスですね。

試合はこういうワタシの脱力ネタでも脱力できないくらい力の入ったゲームでした。

投稿: にゃんた2号 | 2011/11/01 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/53128158

この記事へのトラックバック一覧です: 筋書き:

« 100万回 | トップページ | クラブ批判 »