« 設問 | トップページ | 秋の気配 »

2011/10/02

悔しくてしょうがないこと

最少得点差でこれほどの夢も希望もない完敗も珍しい。
 

と思ったら、コーナーキック、オフサイドがゼロだそうで(クラッキー談)。

そりゃ褒められるのは順大くらいだと思いますが、もうどの選手が悪いとかそういうレベルの話ではありません。
 

去年同じスタジアムで行われた天皇杯準々決勝で、やはり同じ得点差で敗れたものの、皆が同じものを目指して必死で戦う一体感のあったチームを、1年も経たないうちにここまでの空中分解状態に至らしめた原因は明白だと思います。

ワタシは、降格する(かもしれない)ことよりむしろそっちの方が悔しくてしょうがないです。

|

« 設問 | トップページ | 秋の気配 »

コメント

なぜ、今年、レッドダイヤモンズの観客動員数が減ったか?

勝てないから?
いや、現状では前途に全く希望を持てないからだ、と私は思っています。

自分にとっては、それを再確認しただけの試合でした。

投稿: sat | 2011/10/02 20:05

すがるものがなにもない、先行きもなにもない、選手にはまとまりも連携もない。

セルジオ越後がプレイボーイで書いていましたが、ここまで至った原因は明らか。

まだ取り返し利くからクラブを去りなさい。じゃなければ、邪魔をしないでください。

投稿: 名無しの権兵衛@伊丹空港 | 2011/10/02 20:08

にゃんたさん&参戦された皆様お疲れ様です。

惨敗でした。
にゃんたさんも、Jリーグアフターゲームショーの野々宮さんも言っていましたが、これほど最小失点で完膚なきまでたたかれたのは、いつぶりでしょうか?
ナビ大宮はそれなりに良かったと聞いていましたので
多少なりとも期待した私が馬鹿でした。
直輝、元気(ちょっと甘め)、順大は及第点だと思いますが。
もう、覚悟を決めました。これが現実でしょう・・・。

投稿: レッズ11 | 2011/10/02 21:12

>satさん
同感です。去年減った客とは違う種類の客が減ってると思います。例えば、昨日の福岡の選手とサポ一体になった気迫を見れば、残留争いがどのような結果になろうともその先にも何かがあると感じますよね。そういうことだと思います。

>権兵衛さん
大変お疲れ様でした。ワタシはセルジオのコラムにはひとつだけ異論があるのですよ。それは、『クラブがサポの言いなりになってる』的な言い回しがありましたが、本当にサポの言いなりになってるのならここまでペを引っ張ってないと思うんですよね。正しくは、『クラブに群がる有象無象の連中の言いなり』でしょうか。

>レッズ11さん
野々村氏は上から目線ながら言ってることは結構的確だとワタシは思っています。本当はもっとはっきり言えるんでしょうけど、言ったところで彼に何の得もないので言わないだけなんでしょう。
それより昨日のAGSで平ちゃんが残留争いをしてるチームに言及した時に、他のチームにはいろいろポジティブなコメントもしたのに浦和には『厳しいですねぇ』としか言わなかったのが現状を端的に表しているのかなと思いました。

投稿: にゃんた2号 | 2011/10/02 21:44

にゃんたさん連投申し訳ないです。
私も野々村氏の解説ならびにコメントは非常に適格だと思っていました。彼があそこまで話せる人だとはついぞ知らずでいたが。(野々村さんごめん!)
しかし、今日の試合は活路が見出せない試合でした。
後半からヤマを入れたのも良くわからないし、案の定ヤマがピンチを招くシーンが続出しましたし。
救いといえば、司ですかなあ。
やけ酒中にて、脈絡もない文章申し訳ないです。

投稿: レッズ11 | 2011/10/02 22:10

いえいえ。
ウメとか野田とかがそこそこやれてるのは、まだペッカーに染まってないからじゃないでしょうか。来たときはやれそうに見えたランコさんとかはペッカーの犠牲者だとワタシは思っています。タリーさんのスローインは意味不明でしたが、ウガを右サイドで使うよりはまだタリーさんスタメンのがマシだったんじゃないかと。

投稿: にゃんた2号 | 2011/10/02 22:27

現地には参れず、アウェイはスカパーだったのですが、
AGSどころか、LIVE中継が90分余に渡って絶望的な感じだったように思いました。
実況はエース級のクラッキー、ダブルの解説は佐藤&福田のレッズOB・・・


昨晩のNHKのJリーグタイムでも残留争いを取り上げていましたが、
ボトム6チームの直近5試合の平均得点のデータを出していたのですが、そのデータでも一番調子が悪いのはレッズでしたね。

投稿: えりぴょん | 2011/10/03 00:50

選手の表情を見ても、精神的に限界というか、心の支えがポキリと折れたというか、絶望的な感じが漂っていて見て悲しかったです。

陽介が「戦ってはいるが、サッカーをしていない。そんな試合が続いている。かみ合っていないというか……。いい連動ができていない。 」と、問題点をきっちり指摘していること、その言葉からペッカーに染まってないことを確認できることが幸いという感じでしょうか。

そういえば、昨日はコールリーダーは「勝ちたい奴だけスタジアムに来い」と最後に言い放ったと言う話を聞きました。
似たものどうし同じようなことを言うものなんですね。

投稿: 赤いスイートポテト | 2011/10/03 01:32

>えりぴょんさん
はい、おっしゃる通りです>LIVE中継が90分余に渡って絶望的な感じ
なんだかまったく点が取れる気配すら感じられなかったですね。残念とかそういうレベルさえも行ってないような。

>赤いスイートポテトさん
そうそう。選手はとりあえず試合を行っているという体裁だけ整えてるような感じでした。少し前のネタではないですが『意志のチカラ』があんまり感じられませんでした。
ワタシも柏木は頑張ってると思うのですが、必死にもがいていながらまったくどうにもならないのを見ていると何とも可哀想で。
コルリダに限らず、そろそろそういうセリフを吐く人が出てくるころだと思っていました。去年のことがあるのでまったく素直に聞けないのはワタシだけではないと思いますが。

投稿: にゃんた2号 | 2011/10/03 08:47

「勝ちたい奴だけスタジアムに来い」の言葉はワタシには聞こえなかった(聞かなかった?)のですが、「勝ちたい奴→戦う気がある奴」だったら、これは選手にもサポにも言える言葉だとは思います。
がしかし、ほんの数日前に同様の発言が監督からあったタイミングを考えると、このような表現に対して敏感にならざるを得ないご時世ではありますね。
しかし、再度書きますが、彼らが「サポの総意ではない」ですし、サポは彼らだけではないんだという意味でも、ワタシらのような一般サポもスタジアムでがんばりたい、と思うのです。
それが浦和を守ることでもある、と。

ただただ残念なのは、皆さまご指摘のとおり夢も希望も失った現実です。1年でこれほどまでに壊れたチームです。

We Stand Beside You Forever Always

そんなチームでもワタシはチームに寄り添いたいと思うのです。
夫婦宣誓にも似ていますが、順境なる時も逆境なる時も、常に選手と支え合いたい。
勝ってるときだけの都合の良い唄にしたくない、という思いです。

長々と自分のチラシの裏にでも書くようなことを書きました。
失礼いたしましたm(_ _)m

投稿: nigoe | 2011/10/03 13:42

実際その通りだと思うのです。正直ワタシみたいに醒めたスタンスの者がスタにいると士気に関わると思うんですよね。

ですからそれを例えばnigoeさんに言われても何とも思わない、というかむしろ申し訳ない気持ちになるのですが、去年あーあと思うような言動が多かった彼らに言われても素直に聞けないのです。

もしかしたら、行かれてた方でその言葉を聞いてケッと思った方もいらっしゃったかもしれませんし。ですから総意でないというのは大いに理解しております。

投稿: にゃんた2号 | 2011/10/03 21:55

連投すみませんm(_ _)m

>その言葉を聞いてケッと思った方

かなりいたようです。Twitter上でもしばらく批判祭りでした(^^;。
ただ、ワタシは実際聞いていなかったので、割と静観してたというか、昔から「浦和サポは自主自立と自由を重んずる」気風だとずっと思っているので、いろんな罵声が飛び交うゴル裏暮らしが長いせいもあってか、鈍感になっているのかも(笑)
人は人、自分は自分、ということで。
なので唄いたくないチャントは唄わないし、納得しないアジテーションには呼応しません。

今、ワタシが寄り添い支え合いたいのは選手たちであって、大声で煽る人々やクラブ組織の面々ではないですね。

投稿: nigoe | 2011/10/03 22:24

やはりそうでしたか>ケッと思った方

まあ確かに自分の思った通りに行動するのは浦和サポのいいとこでもあるんですよね。あんまり群れない、是々非々で臨む、等々。

皆が一致すると物凄いエネルギーを生むのもまた事実なんですが。

投稿: にゃんた2号 | 2011/10/03 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/52891294

この記事へのトラックバック一覧です: 悔しくてしょうがないこと:

« 設問 | トップページ | 秋の気配 »