« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011/10/31

筋書き

2位の鳥栖は直近のリーグ5試合で4勝1分2失点。

最下位岐阜は同じく1勝4敗20失点。

まさかこの両者の対戦がこんな結果になるとはいったい誰が予想したでしょう。まさに雨の中の死闘とも言うべき試合。勝負事に絶対はない、あらためてそう感じさせられた昨日のJ2でした。
 

と、割と紋切り型の文章を書くためにいろいろ調べていたら、意外なことがわかりました。やはり直近リーグ5試合の得点数は、鳥栖9点、岐阜が10点。岐阜のほうが多いんです。

この結果を予想外と見るか固定観念に隠れた必然と見るかは、実のところ微妙なのでした。スポーツを指して『筋書きのないドラマ』とはよく耳にするフレーズですが、筋書きはあるとかないとかいうものではなく自ら作リ出すものなのかもしれません。
 

そんなマジ視線でこのゲームを見ていたときに、ふと目に入ってきた長良川のスタ広告看板、

『西濃バナナ加工株式会社』
 

どんな会社なんだろう?バナナをどう加工してるんだろう???

気になって夜も眠れません(大げさ)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/10/30

100万回

昨日のナビスコ決勝は、なんだかんだ言ってもすごく悔しかったです。

その悔しさは、今シーズンずっと感じてきた複雑なものではなく純粋に負けたことが悔しい、そういった類のものだったのが救いだと思うのですが、でも、もう今シーズンはこれ以上悔しい思いをしたくない、そうも思っています。
 

はかた号に勝つ自信がなく博多には行けないので、磐田戦に行くことにしました。もともと行く予定にはしていなかったんですが、昨日の試合を見て気が変わりました。

堀と選手たちの力が足りないのならば、少しでも後押しをしたいなと思いました。テレビで100万回叫んでもピッチには届かないですしね。直輝が出場停止の分も何とか穴埋めできればと(無理)。
 

ただ、、、

続きを読む "100万回"

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2011/10/29

ありがとう

選手、スタッフ、現地組の皆さん、最後の最後まで頑張ってくれてありがとうございました。

この悔しさを糧に、皆でJ1残留を勝ち取りましょう。
 

悔しいけど、このナビスコのタイトルは今季たくさんのつらく苦しい思いをした満男やおまいらへのサッカーの神様からの贈り物だと思うことにする。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/10/28

晴れ舞台

Our_sons
 

個人的には、彼らがのびのびとサッカーを楽しんでくれればそれ以上何も望むものはありません。

彼らに幸あらんことを!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/10/27

自粛

浦和、ナビスコ杯Vでも祝賀会は自粛(ニッカン)
 

そんな心配をしないで済むのが一番いいんだけれども。

いや負けろってんじゃなくてですね。
 

ただ、まさかこれも経費削減の一環じゃないでしょうね、橋本さん?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/10/26

400試合

これも亀なんですけど、

【水戸】本間が史上3人目400試合/J2(ニッカン)
 

本人は岡野が止めるまでは止めないと公言しているそうです。

なんで岡野?という人も多くなったでしょうから、そういう方は2人の経歴を調べてみてくださいね。
 

ところで、他の2人は誰なんだよー、と思ってたらこんなのありました。

そしてそれを見てふと気づいたんですが、ワタシ本間のJ初出場の試合見てる・・・。あれから400試合も出たのかと思うと、あらためてその凄さがわかります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/25

贈るべき言葉

少しばかり亀になってしまいましたが、

福岡たった1年で3度目の降格/J1(ニッカン)

そんなアビスパ福岡の皆さんに我々が贈るべき最も適切な言葉。それは、

また上がってこいよ。

でも

来年も負けねーぞ。

でもありません。
 

11月26日は負けねーぞ。
 

そういうことです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/10/24

あるべき姿

浦和レッズ、新監督就任で見えた一筋の希望(スポーツナビ)
 

    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡  島ちゃん! 島ちゃん!
   ⊂彡

 

彼のような立場(浦和レッズマガジン編集長)で、スポーツナビのようなメジャー系の媒体にここまで書くのは結構な覚悟がいるはず。

島崎英純氏にメディアのあるべき姿を見た気がします。
 

メディア王? ありゃメディアの恥ずべき姿だね。『メディ阿呆』ということで。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/10/23

スタートライン

唐突ですが、これ何かわかりますか?

神 戸 A ● 0-2
市 原 H ○ 1-0
平 塚 H ○ 2-0
V川崎 A △ 2-2
広 島 H ○ 1-0(Vゴール)

3勝1敗1分。

そう99年のリーグ戦の最後の5試合の結果です。残留争いの直接の相手にも勝っています。あの時はここまでの結果を残しながらも降格してしまったのです。

昨日の勝利に冷水をぶっかけるつもりもケチをつけるつもりもまったくありません。ただ上記の数字は歴然とした事実なのです。残留を争うということは、争っている相手もありったけの力を振り絞ってくるわけですから、1試合勝ったから楽になるとかそんな単純な話ではないのです。今日甲府が負け降格圏からは外れましたがそれはあくまで今節終了時のこと。まだ4試合あるのですよ。

率直な話、堀だってユースでは勝ったり負けたりしていたわけで、昨日の試合でもってもう大丈夫などとは全然思えません。昨日のゲームに関して一部報道に書かれた『1勝しただけで喜びすぎ』的な論調もあながち的外れではないと思っています。
 

しかし、こうも思います。

昨日の勝利に対する狂喜乱舞は『解放された喜び』から来たものだ、と。

誰も勝ったのが嬉しいだけならあんなに喜びはしませんよ。あれだけ窮屈そうにプレイしていた選手たちが、昨日の試合ではピッチを縦横無尽に駆け回り躍動してたのを見れば明らかです。そして選手たちが口を揃えて言っているように、チーム一丸になっていたのはテレビの画面からでも確かに感じました。つまり、残留争いとはいいつつ、ここまでは何か他のいろいろなものとも戦う必要があって純粋に他チームと同条件で争えていなかったような気がするんですよね。
 

これでやっと残留争いのスタートラインに立った。

それくらいに思ってればちょうどいいんじゃないですか。

結果はなるようにしかなりません。あとは監督と選手に任せればいいんです。我々はそれを後押しするだけです。やっとそう思えるだけの状況になった、それだけでもずいぶん望みが増えたと思いませんか?

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2011/10/22

元気へ

元気へ
 

泣くのはまだ早い。
 

でもおじさんもちょっと泣いちゃったけどな。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2011/10/21

続 ウソップの寓話

今季の開幕前にこんなネタを書きました。

そこに今の状況を反映するとこんな感じになります。
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

添乗員の、これに乗り換えれば早く京都に着けますという言葉に戸惑いながらも乗り換えてみたところ、ちょっと走り出しただけですごく乗り心地が悪いと感じた。

しかも、今まで乗っていたのがスピードはあんまり速くないものの世界的にも最新の技術をふんだんに使用した車両だったのに対し、今度のは様々な動作を自動制御する装置すらほとんど入っていない10年前の古臭い車両だった。

そしてしばらく走って気が付いたのだが、この車両はどうも鉄道ですらなく大型バスらしい。その証拠に、ときどき信じられないほどの急カーブを左右にふらつきながら走っている。鉄道ならばこれほどの屈曲はないはずだ。
 

車窓には山が見えてきた。

どうやらこのバスのドライバーは運転が下手なばかりか極度の方向音痴らしい。川沿いを走っているからどうやら天竜川を遡っているようだ。京都へ行くんじゃなかったのか?

やはり同じようにそう思った人たちが休憩でバスが停まるたびに続々と降りてゆく。そうして空席が目立つようになったバスだが添乗員は全然気にもしていない。まだ乗っている人たちもそろそろ諦めの境地で、とりあえず飯田あたりで一泊してあらためて京都を目指したほうがいいんじゃないかと言う人が出始めた。

しかし添乗員はあくまで京都に向かっているんだと言い張っている。そのうち、添乗員の中で内輪もめが発生してそのうちの1人がバスの外に追い出されてしまった。そんな最中でもドライバーは何か訳のわからないことを口走りながら運転している。
 

やがてバスは断崖絶壁の縁に出る。

なのにドライバーは適当に走るもんだから、ついにそこで4輪のうちの1輪を脱輪してしまった。このままでは崖の下に落ちるのも時間の問題だろう。進退窮まった添乗員はついにドライバーを車外に放り出し、車内にいる人間から代わりのドライバーを探す。

ところが大型免許を持っている人はほとんどおらず、やっと探し出したのが大型免許は持っているものの大型バスの運転の経験はほとんどないスクールバス専門のドライバーだった。

添乗員もやっと軌道修正して飯田を目指すと明言した。
 

さてスクールバスのドライバーは果たして皆を無事に飯田の街まで送り届けることができるのだろうか。

 

なお、崖の下とは比喩でありJ2を貶める意図はまったくありませんので念のため。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/20

遅きに失す

ペトロヴィッチ監督、ボヘルスコーチとの契約解除について

堀 孝史ユース監督、トップチーム監督就任について

(いずれも公式)

 
 

遅えよ。

 
 

橋本は1回氏んでくれ。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2011/10/19

オレ流

今日も野球絡みのネタです。

オレ竜ドローで涙の退任V!球団初連覇(デイリー)

・身内人事をしない

・クラブやマスコミに媚びない

・選手に余計なことをさせない

・チームをひとつにまとめることができる

・何があっても動じない

・ここぞというときには勝負できる

・自分のやり方を貫く

・しかし結果はきちんと出す
 

今の浦和にピッタリの監督じゃん。

今の状況を考えると競技の違いはたいした問題じゃないのかもしれん、半分くらいは真剣にそう考えてしまう今日この頃。やっぱ疲れてますよね。
 

ここまで書いてふと思い出しましたが、昔この人でひとネタ書いたんでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/10/18

懸河

昨日、土曜のJリーグアフターゲームショーの再放送を見ました。名古屋が4-1でガンバを撃破したのは知っていたけれど、そのうちの2点を直志が獲ってたとは!

特に2点めは、遠めから放った鋭く落ちるスーパーミドルで、見た瞬間思わず声を上げてしまいましたよ。昭和の男が放ったこのものすごいシュートは、やはり昭和風に、
 

『懸河のドロップ』
 

と呼ぶべきです(わからない方はググってくだされ)。
 

ダイジェスト映像の後に直志のインタビューがありました。この大一番で大活躍した男にしては地味で渋い喜び方でした。カッコ良すぎる。

Nec_0408

何でも彼が獲ったリーグ戦でのゴールが一番多いのはガンバ戦なんだとか。ウチもかなりやられてるイメージがありましたが、もっとやられてるトコがあったんですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/10/17

勤務を命ず

無事帰りました。

ワタシの大掛かりな縁起担ぎの甲斐もなく大変残念な結果になってしまったことは、Jリーグの『グ』の字の濁音の点々すらない(細かいうえに大げさ)岐阜の山の中で知りました。

ちょっと前に、J2に落ちるとしたらそれは順当みたいなことを書きましたが、まあ我々にも奇跡的な出来事が絶対に起こらないとは限らないので最後までまだわからないととりあえず今回は書いておきましょう。ただ、もしそういう奇跡が起こったりナビスコ決勝で勝ったりしたとしてもそれは瑣末な出来事でしかないと個人的には思っています。だって、それで本質が変わるわけではないですから。
 

で、監督様がついに辞任表明ですって?

最初にその報を聞いたときに思ったのは、この『辞任』ってトコがポイントかな、と。
 

ということで、ワタシが、岐阜の山の中でぼっとしながら、また延べ1000kmほどを運転しながら、つらつらと考えたことを書いてみたいと思います。

続きを読む "勤務を命ず"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011/10/16

エキサイティング

エキサイティング

スタのハシゴっす。

さてここはどこ、ってスポンサー看板見れば丸わかりですね。

と言いつつヒント。今J2で最もエキサイティングなゲームを繰り広げているチーム(ワタシ私見)のホームスタ。
 

(帰宅後0:30追記)

0-2から富山が1点返した時はちょっと期待したんですけどね。まあそんなにドラマばっかは起きないです。

しかし両チームともスピードと組織としての連動が感じられて、充分エキサイティングなゲームだったと言えると思います。

富山は黒部と朝日の存在感の有無がチーム全体の調子のバロメーターだと思いました。いや地名の話ではなく。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011/10/15

凝縮感

凝縮感

初めて来たけど、凝縮感があって想像以上にいいスタジアムだなぁ。

さてここはどこでしょう、って誰も見てねーよ。


(19時追記)

先制→追い付かれる→勝ち越し→逆転される→追い付く→ロスタイムに勝ち越す

まさかこんなドラマチックな展開になるとは!

ひさびさにスタジアムでサッカー見て感動しました。

だからサッカー見るのは止められない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/10/14

祈念

大一番。

絶対に負けられない、いや勝たねばならない戦い。
 

でも先日書いたように、ワタシが見ないゲームはいいゲームになるんです。

なので、ワタシは明日のゲームを見ません。あえて見れない状況に自らを置くことにしました。
 

どうか選手たちのことはよろしく頼みます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/13

配布物

昨日浦和美園の駅でクラブスタッフらしき人たちによって配られてたという配布物の画像を入手しました。

表はオヒサルサイトのトップに出る元気のオール幹部土下座All Come Togetherの画像と同じですが、裏面がこのようになっています(クリックで拡大します)。

Dogether
 

マルシオとマゾーラとスピラ字うまいなー。
 

と、一応お約束を書いた後に、ワタシがふと思ったことを書きますと、
 

『残留』という語句がない。
 

別に書いた選手たちに文句を言うつもりはありませんが、今年の目標には『優勝』やら『タイトル』やら具体的な語句が並んでいたのに、なんでここに来て『苦しい時』だの『状況を乗り越える』だの『一緒に闘おう』だの妙に抽象的な語句ばかり並んでるんだろう。
 

皆で力を合わせてJ1残留を勝ち取ろう

これでいいじゃないですか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/10/12

尊敬する人

本日の国営の中継より。

Son_kei
 

播戸さんの尊敬する人も見たかった。
 

あと、とりあえずレッズも、よーしあとはJFLだけだー! なんてことにならずに済んでなによりです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011/10/11

W杯予選 タジキスタン戦の感想

スコア8-0、シュート40対0(スーパーサッカー調べ)。
 

すごい。たいしたもんだ。
 

いくら同組の中で一番力が劣ると思われる相手とはいえ、ここまで完璧なゲームはそうできないでしょう。岡ちゃんがハーフナーの話の時に親戚のオッサンになっててワロタ。

地味に駒野が代表初ゴールってのが個人的には一番嬉しいかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/10/10

少なっ

少なっ
 

Jチームの公式戦としては熊谷史上最少かも。あんまり人がいないから、一瞬日を間違えたかと思ったぞ。

まあ大学相手だからしょうがないんだけれども。
 

(ハーフタイム追記)

大宮の野次ラーの声がよく聞こえる。
 

(帰宅後追記)

結果は皆様ご存じの通りです(笑)。

ただ、ほぼフルメンバーの大宮が情けなかったこと以外に、最後まで集中を切らさなかった福岡大の守備が素晴らしかったので、まあPKでの勝ち抜けは順当なのかなと思いました。福岡のゴル裏(にいたその他のサッカー部員?)が

♪博多の男なーらー 気持ちを見ーせろー

ってあのアビスパのチャントを歌ってましたが、充分に見せてもらった気がします。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011/10/09

確信

ナビスコカップ決勝進出おめでとうございます。

2-0でロスタイムならもう大丈夫だろう、そう思って調べといた配信サイトを見始めたらいきなり失点したので、ここんとこうすうす感じていた気持ち、
 

ワタシが見ないゲームはいいゲームになるみたいだ
 

それは確信に変わりました。
 

では決勝前日はスーパーアリーナ貸しきって前夜祭ですね。
 

(10/10 7:30追記)

J'sゴル選手コメントより
梅崎司選手(浦和) この準決勝という舞台で自分が決めて本当に嬉しいですし、レッズに来て一番嬉しかった瞬間でした。

なんだかんだ言っても、『ウメ良かったなぁ』と心から思います。このまま浦和の救世主になれますよう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

カルテル

散歩がてら明日の熊谷の試合のチケットを買ってきました。

ワタシは、あちこちのゲームを見に行ってる関係上こうして普通にチケットを買うことが多いんですが、今年から(ココ重要)どこのコンビニでも券面金額以外に発券手数料と称する金取られるようになりました。
 

こういうのはカルテルって言わないんですかね。
 

この国のお上は、大企業やら役所やらの大きな組織の活動を邪魔する行為にはやたらうるさいくせに、庶民のささやかな楽しみを邪魔することに対しては妙に寛大ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/10/08

わしらが育てた 2011天皇杯

 
強豪松本山雅 2-0 横浜FC
 

いや、でも今の松本山雅は元JリーガーやJからのレンタルの選手が多いのでそこに負けても全然どうってことないです。やはり地域リーグ時代の松本にJ1なのに惨敗したわしらこそが山雅を育てた。

というか冷静に考えると来年山雅と対戦する可能性があるんですね・・・ゴクリ。
 

しかしこのゲームでひさびさに加茂さんの解説を聞きましたが、なんかやまびこ並みにいろんな反応が遅くてワロタ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011/10/07

代表ベトナム戦の感想

いやはや代表の試合でペッカーを見るとは思いませんでした。それも堂々たるペッカー。押しも押されもせぬペッカー。まごう事無きペッカー。主力がいないとここまでペッカーとは。
 

今日の日本代表の監督はペッケローニさんでしたか。
 

とりあえず藤本くんは二代目俊さん襲名決定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/06

サポを煽る図

【C大阪】扇原サポと騒動/ナビスコ杯(ニッカン)

浦和ごときに負けたウチのチーム、しょうもないと思わんか?

そう思うたら怒ったらんかい、ワレ!
 

と扇原がサポを煽る図を思い浮かべてしまいました。

それは煽動。字違うし・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/10/05

講演会

昭和歌謡集は思いついたらまた書きますが、とりあえず今日はワタシの日常の出来事より。

先日会社で総務の前を通ったら、何者かがこちらに向かって微笑みかけてくる気配が。見れば地元の銀行の支店のパンフレットでした。
 

人間力ことプロフェッサー昌邦。

Dr_yamamoto

『心をつかむ人材育成術』
 

・・・お、お忙しいようで何よりです。
 

でもなんでプロフィールに『サイズ』が必要なんでしょうね(そっちに突っ込むのかよ)。
 

で、昌邦氏といえば、前からこれにそっくりだと評判でしたが、最近事務所の統合で一緒になった部署にもっとクリソツな人がいて認識を改める今日この頃です(どうでもいい)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/10/04

白い冬

超零細昭和歌謡集 白い冬


一人で想う 秋はもう深く
過ぎ去れば 空しく消えた日々

あなたに逢えた 時はもう遠く
迎えつつあるは 悲しい白い冬

ボトムで暮らす 今は早や涙
想い出せば 空しく消えた日々

あなたを愛した 時はもう去って
感じるものは 悲しい白い冬

もう忘れた 全てあなたのことは
秋の枯れ葉の 中に捨てた

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011/10/03

秋の気配

超零細昭和歌謡集 秋の気配


あれがあなたの 好きな場所
ピッチが見渡せる 小高いゴル裏

あなたの声が 大きくなる
僕は黙って 下を見てる

ペを止めて 奴を止めて
さかのぼる ほんのひととせ

こんなことは 今までなかった
僕があなたから 離れてゆく
僕があなたから 離れてゆく

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011/10/02

悔しくてしょうがないこと

最少得点差でこれほどの夢も希望もない完敗も珍しい。
 

と思ったら、コーナーキック、オフサイドがゼロだそうで(クラッキー談)。

そりゃ褒められるのは順大くらいだと思いますが、もうどの選手が悪いとかそういうレベルの話ではありません。
 

去年同じスタジアムで行われた天皇杯準々決勝で、やはり同じ得点差で敗れたものの、皆が同じものを目指して必死で戦う一体感のあったチームを、1年も経たないうちにここまでの空中分解状態に至らしめた原因は明白だと思います。

ワタシは、降格する(かもしれない)ことよりむしろそっちの方が悔しくてしょうがないです。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2011/10/01

設問

問.下の○○に入る文字を答えよ
 

板子一枚下は○○
 

『地獄』? バカ言っちゃいけません。今の方がよっぽ(ry

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »