« リ | トップページ | 最終戦 »

2011/09/17

覚悟

 
やはり一瞬の夢でした。
 

スタメンを見たときは、まあ直輝と元気いないからこんなもんかと思いました。

そして、最初の交代準備にウガが入っていると聞いたときに、『お、マゾーラoutでウガ前で使う?』と思っちまった自分を今は反省しています。
 

その後の2回の交代にも思いっきりズッコケてしまった今となってようやく、ゴル裏にさも大事そうに掲げられた

『浦和の未来は選手と俺たちの覚悟で決まる』

ってダンマクの意味がよくわかりました。もう覚悟はできました。ウチより下位のチームの自滅を座して待つしかなさそうです。

そして選手たちは早めに移籍の覚悟を決めてください。指導力やリーダーシップ皆無のスタッフと、この期に及んで選手に何もかも背負わせようとする最低のサポーターしかいないこんなクソクラブからは逃げ出した方が君たちの未来のためです。
 

なお、クラブの中の奴らは、一時ビッグクラブとまで言われたクラブの経営が一気に傾くことは当然覚悟してるんだよね? ペと心中するんだろ。

|

« リ | トップページ | 最終戦 »

コメント

ホームに行かないアホーなファンは折角の3連休を袋井くんだりまでのこのこやってきました。

前半はペッカーの真骨頂。グダグダなのに失点しない、相手クラブが苛立つ展開。特にマ(ryは邪魔者以外の何者でもない。

後半は宇賀神が裏取られて失点。後はまな板の上の鯉。最後清水の配慮で見せ場をいただけた(前半もあったか・・)が、1-0以上の無様な結果に。

しかも、私以上に愚かな者は、この内容でも終了後にコールを行う信じられない展開。そりゃいいよな、全責任前任者のフィンケに被せりゃいいんだもん。

あわよくば勝ち点1を手土産に・・・と思った私はうなぎパイを浜松駅で土産にしたのでした。でも、駅や遠鉄百貨店でみた同業者が須らく淡々とした表情だったのは偶然でしょうか。

投稿: 名無しの権兵衛@浜松 | 2011/09/17 18:41

早い時間に黄紙もらったそのマ(ryがフル出場で、特に怪我したわけでもない平川→ウガってのは何か彼の中では2日前の成功体験でもあったんですかね。

とかいえ、その後攻撃で頑張ってたウガを責めるつもりはありません。あの時間に投入されて背負うべきタスクに、彼が適しているとは思えないからです。そもそも交代の必要があったんでしょうか。

で、ですね、ワタシも非常に強く思ってるんですが
>>全責任前任者のフィンケに被せりゃいい
ホントこれが腹立つんです。特にゴール裏。このていたらくならお前らの基準なら暴れるレベルだろうと(暴れろと言ってるわけではない)。

投稿: にゃんた2号 | 2011/09/17 19:02

あ、すいません、書き忘れました。

大変お疲れ様でした。

投稿: にゃんた2号 | 2011/09/17 19:05

こんばんは。
東海遠征ということで、旧友との再会ついでに観戦しました。
ま〜、憤る余地すら与えてもらえない試合でした。
まず開始直後。今更スピードタイプのアタッカーをCFにするなら、
活きのいいのがいるのに…(今は駆り出されてますが)。
さらにマゾーラが寝てるのを(皆が)放置。演者自ら舞台上で一人遊びしてるのは、
そもそも興行として許されませんよ。

後半終盤、あろうことかスピラと永田がワンツーで相手DFを崩しにかかったのを見たら、
プレーはゲームオンリーの私の方が、よほどサッカー知ってるぞとw

最後はウメちゃんを何度も追い越して行くウガの姿に、来し方を想起させられ、
胸が詰まる思いでした。そう、ウガは攻撃が持ち味の選手だもんね…。

今はただ、選手たち自身に素敵なサッカー人生を歩んでほしいです。

投稿: あぴのすけ | 2011/09/17 21:49

お疲れ様でした。

見ている人含めて最もサッカーを知らないと思われる人が監督をやっているのでしょうがないのかもしれません。

選手の持ち味云々というのはまったくその通りですが、とてもそんなのを考慮する能力はないでしょうね。

おっしゃる通り素敵なサッカー人生を歩むために、このクラブが適しているかというとそれは疑問です。

投稿: にゃんた2号 | 2011/09/17 23:12

浦和レッズは死にました。
監督・フロントは勝手に辞めて行ってもあの腐った連中はこれからも偉そうに巣食っていくだろうし、もうどうにもなりません。
2年前に問題を起こした千葉ロッテの応援団よりも腐ってる。

投稿: | 2011/09/18 00:01

エコパに行った皆さん、お疲れ様でした。

このまま真の問題点を放置していれば、仮に今年運良く残留できても、来期以降の降格は不可避でしょうし、数年後、クラブが経済的に破綻するのは必至と思われます。

「レッズスタイル」という空虚な言葉以外に確固たる方針をなんら持たず、従って暴力も辞さない外部の圧力団体に振り回されるだけとなってしまった組織に一体なんの未来があるのでしょうか。

「浦和の未来は選手と俺たちの覚悟で決まる」
なんという傲岸不遜な言葉でしょう。
そもそも「俺たち」というのは誰でしょう。
昨年、宮城スタジアムで観客に怪我を負わせた暴徒のことでしょうか。
まだ飽きたらずに浦和の名前に泥を塗りつけようというのでしょうか。

投稿: sat | 2011/09/18 01:44

夜中ですが、目が覚めてしまいました…(´・ω・`)。

試合後のコールついて、いろんな受け止め方があるものなのですね…
中心部の意図は図りかねますが、いちサポとしては、最後のシュートを外した梅崎の落胆する姿に「顔をあげろ!次頼むぞ!」という気持ちと、選手をバカなフロントと指揮官から守りたい、という素直な気持ちからコールしました(実際、梅崎には励ましの声が多く飛んでました)。

あくまでも、中心部の意図は図りかねますが(段幕含め)、ゴル裏のサポの気持ちはそれぞれであって、およそ「総意」というものは存在していない、と思います。

延々とコールしていたのは、清水側の表彰やインタビューを聞きたくなかった、という単純な気持ちからでしたがw

試合内容については、当然暴れたい気持ちMAXでしたが、もうそんなことしてる場合ではないですから…
(フロント&監督除く)選手と力を合わせて、どんな形でもいいから勝たなければ、という覚悟を持たなければ、と思った次第です。

投稿: nigoe@掛川泊 | 2011/09/18 02:50

>名無しさん
確かに彼らに問題はあるしワタシも腹が立ってはいますが、片方で、彼らも引っ込みつかなくなってるだけじゃないのかなとも思っています。千葉ロッテの応援団で何があったのかは知りません。

>satさん
>>なんという傲岸不遜な言葉でしょう。
はい、まったく同感です。『誰かの』覚悟だけで未来が決まってはいけないのです。クラブ内外問わず関係者全員に未来に関する青写真があって、それをすり合わせつつ時には妥協しながらでも、方向性だけは間違えないように決めていかねばならないのです。カッコイイ言葉で言うと、そうして積み上げた歴史がいずれ誇りになるのです。もちろん負の歴史も骨肉になり得ますが、それは方向性が正しいからこそそうできるのです。
今は、特定の人だけの青写真、それも結構な数の人たちのものとは乖離している未来をゴリ押ししていて、その結構な数の人たちが青写真を持つこと自体を止めだしているという状況だと思います。

>nigoeさん
お疲れさまでした。
もちろん今スタにいるサポの大半が心ある方だとワタシは認識しております。特にアウェイだとゴル裏しか行くトコないですもんね。だから当然、あのダンマクはサポの総意でもなんでもないと思っています。
選手は、、、、頑張ってましたよね。柏木もウメもセルも、ウガだって。だから選手には声援を贈ってやりたいと思うのは当然の感情です。しかし、『これは選手への声援』とかいうふうに色付けできないからもどかしいと思っているのが、大半の心あるサポの心境なのではないでしょうか。色付けできないから『止める』のか、できないからこそ『する』のかは、いつも言いますが個々の判断でいいと思います。

投稿: にゃんた2号 | 2011/09/18 10:45

「浦和の未来は選手と俺たちの覚悟で決まる」。いったい何を言いたいのかわかりません。
「ペトロを漢にしよう」(監督個人を応援するのはどうかと思いますが、それはさておき)も、取り方によってはペトロが漢じゃないようでご本人に失礼だし、そもそも漢じゃない熱血監督なんて単なる危ない人じゃないですか。もっとも、S席のオバサンだからわからないのかもしれませんが…。
仲間内で分かればよいのか、それともわざとグレーゾーンにしているのか。前者なら単に国語力の問題ですが、後者なら違う意味で問題です。今のフロントのように…。


投稿: アニヲタの女 | 2011/09/20 00:47

あのダンマクの文言は取りようによってはいかようにも解釈できますが、いずれにしろこの時期に大々的に掲げる意味がわかりません。別にサポがどう解釈しようがたいした問題ではありませんが、選手に余計なプレッシャーかけたらどうすんの。

投稿: にゃんた2号 | 2011/09/20 08:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/52755150

この記事へのトラックバック一覧です: 覚悟:

« リ | トップページ | 最終戦 »