« 類似点と相違点 | トップページ | わな »

2011/08/26

浦和だけの身体

W杯予選“ザックの切り札”原口初選出(ニッカン)

>>闘莉王らに守備の重要性も説かれ、

へ? でも確かにトゥーさんにはさん付け&敬語だったわ。
 

それはともかく、元気の選出は時間の問題だと思っていたので、さほど驚きはありません。

記事の中の本人のコメントを見ても代表は夢だったんでしょうから、しっかり頑張って来いよと喜んで送り出したいと思います。
 

ただ正直なところ、選りによってこのタイミングで、という気持ちはあります。

脚の怪我が完治せぬまま強行出場を重ねてきたせいか、ここ数試合明らかにパフォーマンスが落ちているのに大丈夫なんでしょうか。
 

元気はもう浦和だけの身体じゃないんだから。

|

« 類似点と相違点 | トップページ | わな »

コメント

まずは雰囲気に慣れてというところからじゃないでしょうか。親善試合と違ってベンチ入りもなかなか厳しいと思われますし、出場出来たとしてもそんなに長い時間はないのでは?と思います。
確かに怪我をしてる選手(しかも現時点では絶対的なレギュラーでもない)をこのタイミングで選出するのもどういう意図なのか不思議な感じはありますけど。無理はしないでほしいですね。
スタ観戦予定なので出たら出たで大喜びして応援してしまうんですけどねw
U22もとても気になります。いいなあ、直輝の出てるサッカー見に行きたいなあw 

投稿: | 2011/08/26 21:16

ザッケと関塚には本格的に期待です!

投稿: 武蔵浦和レッズ | 2011/08/26 22:54

宇佐美や清武の呼び方を見てるとザッケローニは若手を順番に試してるっぽいですね。今回は元気の番で、だからこそ(途中)出場機会はあるんじゃないかと思っていますけどね。

元気や直輝が『サッカー』やってるトコ見るにはやはり代表に期待するしかないでしょう。ザッケローニや関塚に期待しましょう。

投稿: にゃんた2号 | 2011/08/26 22:57

すみません、、、慶賀ムードのところ、マジレスです。

>今までやってきたことが間違いではなかったと評価されてうれしい

この一文、ちょっと気になります。
元気のドリブルは、ややもすると独善的になり、最近では特にいわゆる「自爆プレー」になりがちです。
その一見「情熱」的に見えるプレーをぺ監督が評価しているのでは、という穿った見方もできます。
勝負を仕掛けて積極的に攻め打つのは正しいけれど、オレがオレがで意固地になって単騎決戦ばかり挑むのは正しくない。
元気の発言は、半分は間違ってないけど、半分は間違ってるような気がします。

もっと周囲を使い自分も使われて・・・というチームプレーを習得する場として、代表は最高の環境だと思って期待しています。
すんません、自分のチラシの裏に書くべきことでした。
お目汚しお許しくだされm(_ _)m

投稿: nigoe | 2011/08/27 00:58

いえいえ。たぶんそれと似たようなことは心あるレッズサポなら皆感じているんではないでしょうか。ワタシは去年一昨年の経験も含め『今までやってきたこと』と言ってるんだと解釈しています。

元気のドリブルは、少しでも迷いがあるとうまく行かないように思っています。その迷いをなくしたという観点のみで見るとぺ監督のおかげと言えなくはないですが、今季彼が単騎突破ばかり図っているのはその戦術(のなさ)ゆえなのも間違いないので、そこらへんを元気がきちんと自覚しているかってのが重要なのかもなとワタシは考えています。

投稿: にゃんた2号 | 2011/08/27 08:43

にゃんた2号様のおっしゃる通り、原口は今回ザッケローニ監督からチャンスをもらえると思いますが、もし「今までやってきたこと」が皆様のご心配の通りだとしたら、次は難しいかもしれません。

代表の左サイドはワールドクラスがうじゃうじゃいる超激戦区。マジレスすれば、香川、宮市だけでベンチは満員。しかも、国内外のライバルは皆年齢的にU-22もOK。

どちらにしても本人にとってよい経験であることは間違いないので、原口、頑張れよ!!

投稿: アニヲタの女 | 2011/08/27 15:25

なるほど。同じポジションとして『香川』の名を聞くと厳しさがよくわかりますね。左からの突破はそう引けを取らないとは思いますが、やはり引き出しの多さでは足許にも及ばないだろうというのが率直なところ。
そういう意味では、元気はもっともっと有効な(ここ重要)経験を積む必要がありますねぇ。

投稿: にゃんた2号 | 2011/08/27 15:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/52571018

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和だけの身体:

« 類似点と相違点 | トップページ | わな »