« 事業費 | トップページ | ペンネーム »

2011/08/22

函館の日と

昨日、札幌vs京都の試合を見ました。
 

夏場はJ1J2とも他のほとんどがナイトゲームになってしまう一方、当然北海道で開催される札幌のホームゲームは夏場でも昼間に開催されることが多いので、毎年この時季は札幌のホームゲームを欠かさず見ることになります。

おかげで、札幌の主なチャントは歌えるようになってしまい、新しいチャントが歌われても『お、新曲だな』と即座にわかってしまうという訳のわからないことになっています。

しかも、昨日は年イチの函館開催。思い返せば、実はワタシがネットでサッカーのことをいろいろとチェックし始めるようになった最初のきっかけは、函館在住の札幌サポさんのサイトなんですよね。そんな絡みもあり、函館開催は毎年極力見るようにしています。
 

それはともかく、昨日の試合はなかなか見所の多い内容でした。

前半は京都の一方的なペースで、小気味よくショートパスが回る大木サッカー。とりわけ、宮吉19歳、久保17歳、伊藤18歳という若い3トップ(なんせ久保の紹介テロップの中に出る前所属なんか中学校だ!)が躍動し宮吉のアシストから先制。札幌は手も足も出なかったと言ってもいいほど素晴らしい内容だったと思います。

しかし、後半早々に札幌の新外国人FWのジオゴに見事なミドルを決められ追いつかれてからは完全に形勢が逆転。今度は札幌の砂川、近藤、内村といったベテラン、中堅が躍動、砂川の見事なパスからカウンターで近藤が決めて試合をひっくり返し、そのまま勝利を勝ち取ったのでした。
 

京都にはもう一人19歳の駒井という選手がおり、なんとスタメン中4人が10代という布陣だったのですが、これこそ本当の意味で『若いチームだからなかなか戦い方が安定しなかった』と言うんでしょう。

これくらい若いチームならそれを言い訳にしてもいいと思うんですけどね。

勇躍函館まで乗り込んだ京都サポも、試合後渋い顔をしつつも挨拶に来た選手たちに拍手してましたし。
 

それから、札幌のジオゴはちょっと見ネネ似のブラジリアンですが、なかなか良さげに見えました。確かイマイチフィットしなかった外国人選手を中断期間に他のチーム(海外)に出して、その代わりに獲得したんですよね。

考えてみれば、古くはエメ、ダヴィ、最近ではダニルソン、札幌は昔からなかなか良い(しかもコストパフォーマンスが高い)外国人をつれて来ています。うまく行かなかったときのリカバーのアクションも早いし、これが『仕事をする』ってことだと思うんですけどね。
 

すいません、ついグチっぽくなってしまいました。

京都はもちろんですが、実は札幌も有望な若手が多いので、どちらも将来が楽しみなこれからのチームです。そして、両者ともちゃんとサッカーをしていたというのは間違いありません。

|

« 事業費 | トップページ | ペンネーム »

コメント

お疲れ様です。
私も、スカパーで札幌の試合を見ていました。
京都の10代選手のがんばりに、うなっていたところジオゴのミドル。ジオゴはいいですねぇ。かなり動ける選手だし。
それと、札幌からは山瀬もいましたね。
実は、私は山瀬がかなり好きだったんです。
だから、彼が横浜に行っても、川崎に行っても、いまなお気になっているわけです。
まぁ、彼のことは浦和のサポ的にはあまりよい印象はないでしょうけどね。では、失礼いたします。

投稿: レッズ11 | 2011/08/22 22:14

お疲れ様です。

山瀬、今野、現代表では西と札幌でプロのキャリアを始めた選手は多いですよね。
彼もこっちもあれからいろんな経験をして、ワタシはもう山瀬に対する変な感情はないです。相馬サッカーにはフィットしそうですが、ここ最近あちらさんも去年のウチみたいな感じになってますからねぇ。

投稿: にゃんた2号 | 2011/08/22 23:07

昨年のユース高円宮杯、浦和の決T初戦の相手は札幌
失礼ながら札幌なら楽勝と思ってたら実際には完敗
それ以来札幌を多少気に留めて見てますが
育成がかなりの成果を上げているようで今季のユースプレミアでは
開幕から首位独走状態です
この成果をトップの強化にうまくつなげることが出来れば
札幌は今後5年~10年くらいの間にJ1定着どころか
広島や桜のようにACLにすら手の届くチームになっていく可能性を秘めていると思っていますよ(う~ん、うらやましい)

J2→J1に定着するクラブが現れるということは、J1→J2に定着するクラブも出てくるいうこと
うちじゃありませんように・・

投稿: 武蔵浦和レッズ | 2011/08/22 23:51

さほど資金力が豊富でないクラブは、経営にしても強化にしてもそうして自助努力で支えてゆく必要があります。

それはクラブの姿勢というよりは、結果的にそうせざるを得なかったと言ったほうが近いのかもしれません。ただ、それは間違いなくクラブの力になると思うのです。

逆にそうした努力を惜しんでいるクラブは、今後はJ2どころかその下まで落ちる可能性だってありますよ。

だからせめて育成面では手を抜かずやっていただきたい>どっかのクラブ

投稿: にゃんた2号 | 2011/08/23 08:37

札幌のチャントってなぜか短調のメロディーが多いという印象なのですが、あれはロシア民謡の影響とかなんでしょうかw

冗談はさておき、どっかのクラブも、育成面ではしっかりやっているように見えます。いっとき、堀をトップの監督に昇格させたら、などという意見を見たことがありますが、私は大反対でした。
・・・育成されたその後に致命的な欠陥を抱えているのはたしかですが・・・なんとなく、どっかのクラブの今後と、あの緑のクラブさんとがだぶって見えたりもします・・・

投稿: sat | 2011/08/23 08:59

ワタシは千葉かな>短調のメロディーが多いという印象
残留争いをしていた一昨年はそれがすごく悲しく聞こえました。

そうか緑のチームはトップが調子悪い時期も下部組織はコンスタントにいい人材を輩出していますね。あそこを見習(ry

投稿: にゃんた2号 | 2011/08/23 12:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/52530948

この記事へのトラックバック一覧です: 函館の日と:

« 事業費 | トップページ | ペンネーム »