« 違い | トップページ | 函館の日と »

2011/08/21

事業費

各クラブの経営情報が開示されました。→Jリーグ公式(PDF)

まずもってワタシがおおっと思ったのは大宮ですね。営利18、経常0、当期▲1とは彼らのクラブの背景を考えるとなかなか凄いものがあるなぁと感じました。経理を多少齧った者ならわかるプロの仕事ですね(一応褒めてる)。
 

そんなことより、我らが浦和レッドダイヤモンズこと株式会社三菱自動車フットボールクラブについてなんですが、ぱっと見て一目でおやっと思う特徴があります。

事業費 5,217百万円 (52億1千7百万円)
内選手・スタッフ人件費 2,282百万円 (22億8千2百万円)

事業費、すなわち本業を営む上でかかる費用のうち、チームの人件費を除く分がなんと29億強。去年は31億を若干超えていましたから少しは減っていますが、それでも全チーム中ダントツです。事業費の総額ですら30億に達しないクラブが大半なんですから、やはり突出していると言うべき金額でしょう。
 

これって内訳はいったい何なんでしょうね?
 

動員数に比例して増える運営にかかわる経費?過去の投資から発生する償却費? それらがその中に入っているのは間違いないとは思いますが、それにしたって大きすぎるような気がするのです。

ちなみに、株式会社三菱自動車フットボールクラブは上場会社ではありませんから、誰もが目に出来る場所に決算内容を開示する義務はありません。でも、そういう会社が例えば金を借りようとすれば、当然金融機関から決算内容についての開示を求められます。そして、その時に最も注目されるのは内訳が不明確ないわゆる『その他』の項目であったりするのです。

つまり、直接の利害関係者として関わる者にはどのみち財務内容の開示(と明示)をする必要はあるのですよ、普通の会社ならば。
 

でも、一般サポーターやファン(ココ重要)がクラブから利害関係者として認識されているとは到底思えないので、ない頭を絞ってワタシなりにいろいろとその内容を考えてみました。
 

1.事業費の名を借りた○菱自動車への上納金

2.強化部が選手獲得のために湯水のように使った旅費やら交際費やら

3.サッカー殿堂へ入るほどお偉い人が運営しているもんで簡単には予算を削れない事業に関わる費用

4.かつていた自己主張の強いお偉い経営者が始めたもんで簡単には予算を削れない事業に関わる費用

5.メディアやサポーターと称してクラブに群がる有象無象の輩に対する渉外対策費

6.現コーチングスタッフに対する『貸倒引当金』
 

いつか実施されるであろう語る会(通称 闘魂土下座ー)へ出席される方は是非この件を突っ込んでみてください。

一番最後なら貸倒を発生させない手はないと思うけどね。

|

« 違い | トップページ | 函館の日と »

コメント

ハ~イ!5のマスゴミその他への渉外対策費が一番だったと思います。皆クラブ批判をしなくなりましたから。
まあマスゴミの場合、言わないというよりも、すでに相手にしていない感が…。

投稿: アニヲタの女 | 2011/08/21 23:29

彼らにはむしろ相手にされないほうが幸せなのだなぁと、ここ数年のことを振り返りながら思っております。

投稿: にゃんた2号 | 2011/08/22 08:52

マジレスすると、4.が一番大きいんじゃないでしょうか。

今後、どうするつもりなんでしょうね。あそこを練習場所にしているチーム共々お払い箱、なんてことになるのでは、と危惧しています。

投稿: sat | 2011/08/22 09:56

4の中でもそれは削っちゃいけないほうの金だとワタシは思っています。

財務状況を改善するにはコスト削減が欠かせませんが、その重みづけが的確であるかどうかには企業の実力が出ると思います。

投稿: にゃんた2号 | 2011/08/22 13:09

6.の『貸倒引当金』について、ここ2~3年怪しさを感じています。
オジェックやゲルトの時の違約金は相当額あったのではと、わが家では以前より妄想しています(この後から、経営不振が露わになりましたし)。
「契約違約金」が貸倒引当金に該当するとすれば、まさにこれ。
現監督を切れない事情も、これが要因のひとつとすれば合点がいきますものね。

不届きなサポが不祥事やらかした時の罰金も貸倒引当金かも知れませんが、そんな億単位にはならないかとw

投稿: nigoe | 2011/08/22 14:44

引当金というのは、『将来発生する費用(損)に備えて今発生したことにしておく』費用ですから、違約金の引当をしていれば今もしクビにして違約金払っても決算は悪化しないということです。なので逆にクビにしなければその分は良化するってことですね。

サポの不祥事に備えて引当計上しとくってのは『貸倒引当金』にふさわしいかもしれませんw

投稿: にゃんた2号 | 2011/08/22 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/52529076

この記事へのトラックバック一覧です: 事業費:

« 違い | トップページ | 函館の日と »