« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/31

マスコット

ワタシの部屋の書棚の上には、
 

Mascot_01
 

こんな感じで各チームのマスコットの皆様が鎮座しておられます。
 

そんな中から存在を忘れかけていたとあるマスコットを発見したので、ここで紹介をしておきます。 サッカーとは一見関係ないようでいて、実は微妙に関係あるような気もするのですけど・・・。

続きを読む "マスコット"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011/07/30

99点

松尾の超絶クソジャッジにも負けず、

ペトロの意味不明パッション采配にも負けず、
 

勝ち点3を勝ち獲った選手たちには最大級の賛辞を贈りたいと思います。
 

順大は、コーナーのポロリ1回を減点して99点。ま、近いうちに100点満点獲れると思うけど。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011/07/29

大サービス

さて今月対戦したばっかりの川崎と、今度はアウェイ等々力で対戦です。

この前は川崎が中2、3日(どっちか調べるのメンドイ)だったのに対しウチが1週間と、どっかの監督なら間違いなくキレるほどコンディション面では有利でしたが、今回はどちらも中2日と条件は同じです。

強いて言えば、川崎がホームの連戦なのに対しウチはアウェイの移動がある分若干不利でしょうか。
 

あと、公式戦連勝でゴキゲンなウチの監督が舌好調のあまりいつもに増して大サービスしちゃいそうなのも結構不利かな。
 

これを書いてる時点ではオヒサルにはまだ載ってないんですけれども、はてさてどうなりますことやら。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/07/28

どうかと思うような

情けないJリーガー なでしこ会見に学べ(ニッカン)

いるんですよねー、何かを誉める時には必ず他を貶さないといられないこういう輩が。
 

と思ったら、これ書いたのって日刊氏ね時代に浦和担当だった記者様じゃあ~りませんか。

一瞬マジメに反応して損した。
 

ひとつだけ思うのは、確かに、どうかと思うような会見しかできないJリーガーがいるのは事実ですが、それは、どうかと思うような記事しか書けない人がいる新聞記者についても同じことなんじゃないの、と。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/27

効く

いやあ勝ち抜けて良かった。

試合はダイジェスト含めて一コマも見ていませんが、今日の結果だけを見て少なくとも言えることは、
 

柏木にイラネって吐いたサポ、お前がイラネ。
 

ランコさんはもう当たりってことでいいんじゃまいか。
 

ココイチのカツカレーは効く。
 

以上です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/26

単純なチーム

ウチは中3日だが、山形は中2日。

山形は最低でも2点獲らなければ勝ち抜けない。

山形が2点獲ったのは今季公式戦19試合中5試合(3点以上はゼロ)。
 

でもこれで安心できるほどウチは単純なチームじゃないし。
 

さて明日もカツカレー食うか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/07/25

強そうな名前

先日アフターゲームショーを見ていたら、FC岐阜のサブにすごい強そうな名前の選手がいました。調べたら強化指定の大学生なんですね。

地主園 秀美選手(東海学園大学)、JFA・Jリーグ特別指定選手承認のお知らせ(岐阜公式)

ワタシ的には『ピッチの主』みたいなイメージです。将来Jのピッチでプロ選手としてお会いできますよう。
 

強そうな名前といえば、ピンポンがセレッソ退団ですって (´・ω・`)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/07/24

終了

半年ぶりにヒゲ剃りました。剃れました。
 

ヤッター \(^o^)/
 

ビフォーアフターの画像を載せようと思って写真に撮ってみたら、ヒゲのアップって思った以上にキタナかったので止めました。

いざ剃れるとなるとちょっと惜しいような気もしたのですが、昨日埼スタへ行く途中でメディア王の乗ったクルマに前を横切られたのを思い出して綺麗さっぱり剃りました。
 

アナログ放送とともにワタシのヒゲも終了 \(^o^)/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/23

捧ぐ

 
森さん。

見てくれましたか、僕らの選手たちの勇姿を。
 

あ、そうか。
 

今日は北側のゴールマウスのところで

見ててくれてたんですね。
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/07/22

すごいバトル

ハーフナー・マイク
Mike HAVENAAR
194cm/86kg 24歳

マシュー・スピラノビッチ
Matthew SPIRANOVIC
193cm/88kg 23歳
 

おお、明日はすごいバトルが見れそうだ。
 

俺たちのスピラ頑張れ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/21

引き分けの王者

W杯8強パラグアイが決勝 ウルグアイと、南米選手権(スポーツナビ)

結果を知らないまま夜の再放送を見てたんですが、予約していた『絶景鉄道の旅』が始まってしまったので延長を見ずにネットで結果を知りました。

パラグアイ強いしまあ妥当かなという気がしたのですが、

>>パラグアイは今大会の5試合全てで引き分けとなった。

これにはびっくり。
 

ここまで来たら是非決勝もPK戦まで行ってもらって、一度も勝つことなく優勝してもらいたいもんです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

貢献

W杯裁いた西村主審ら中学総体で笛(ニッカン)

う、西村と聞いてツッコむ気マンマンで記事を開いたら、内容的にツッコミづらかった・・・。
 

ではしっかり復興に貢献してくるように(←なんで上から目線なんだよ)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/19

難易度

蓮舫氏「優勝すごい」でツイッター炎上(サンスポ)

笑っていいのかどうか反応に困るところですが、このお方のタレント時代を知るPride of 昭和のどうでもいい感想としては、女子サッカーがワールドカップで優勝することは、微妙なポジションのタレントがご立派な政治家になることよりずっと難易度が高いんじゃないかなぁなどと思っちまいました。
 

ちなみに、政治にとんと疎いワタシはこのお方の名前の字がわかんなくてこの記事を検索するのに苦労しました。さすがは所ジョージさんをして『名前の漢字が難しい蓮舫』と言わしめただけのことはある。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/07/18

悲報

嬉しいニュースの陰に悲しいニュースもありました。
 

森孝慈さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
 

今日の試合でアビスパ福岡の方々が、選手、スタッフのみならず、サポーターの方々まで喪章をつけているのを見て、あらためて森さんがいかに日本サッカー界で広く慕われていたのかを感じています。
 

なでしこの快挙が森さんへのこの上ない鎮魂になったであろうことがせめてもの救いでした。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

世界チャンピオン!

Nadeshiko
 

なでしこおめでとう!
 

ワールドカップの優勝は世界チャンピオンの中の世界チャンピオン。

You are King of Kings.
 

PK戦の前の円陣で皆が笑顔だったとき、こりゃいけるかもと思いました。真の意味でスタッフも含め一丸になった勝利ですね。すごいとしか言いようがないです。

やってるほうが最後まで諦めなかったのに見てるほうが2度までも諦めかけてすいません。
 

もう澤さんは現役でサッカー殿堂入りでいいよ。素晴らしすぎる。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2011/07/17

気にスンナ

 
スピラ、気にスンナ。

 
皆わかっとる。
 

ランコさんって当たりだよね? ね?ね?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/07/16

リーチ

Shaver

 
リーチ!
 

いろいろありすぎて忘れかけてましたが、実はまだ実行中なんですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/15

とある考え

昨日のネタ、特にマスコミ様も反応してないし、本文にも書いたように放っとこうと思ったんですが、ちょっと状況を入れ替えるだけでものすごーく腹が立ってくることに気がつきました。
 

もし、去年のウチの監督がこんな発言したら・・・。
 

まあ絶対言わないけど(断言)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/14

堤 栃木へ

堤 俊輔、栃木SCに期限付き移籍(オヒサル)

>>少しでも栃木、それと自分を、少しでも応援していただければ、すごくありがたいと思っています
 

堤ガンバレよ 。゜゜(´□`。)°゜。
 

もし右SB代志也、左SB堤なんて布陣になったらたぶんかなり応援する。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ファビョベさんご乱心

鹿のオヒサルより昨日の名古屋戦の試合後インタビュー。

鹿島アントラーズ:オズワルド オリヴェイラ 監督

(前略)名古屋やG大阪や浦和との対戦の時はなぜかこちらが中2日で相手が中3日の違いがあり、毎回こういう形になってしまう。もう少し公平な形になって欲しいし、こちらはメンバー変更しなければならない状況になってしまう。(後略)

さらに、ワタシがスカパで見た、ここには載ってない内容を補足すると、その不公平な日程とやらが『今季はすべて震災のせいにされてしまう』と言ってました。(全部見たい人はたぶんようつべかなんかに上がってるでしょうからそっちで探してみてね)
 

さすがファビョベさん。鹿の国の伝統芸能にして重要無形文化財。

伝統芸能に対して『お前が言うな』とか『優遇されてんのはお前んとこだろ』などと突っ込むのは無粋というものです。ここはニヤニヤと笑って生暖かく見守ってあげましょう。次は何言うんだろうとwktkするのもいいですね。
 

でもさすがにJリーグの中の人たちは怒ったほうがいいんじゃね?

それとも椅子男が鹿の人だからダメだとでも?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

歴史を作るプロセス

 
なでしこすっげえー。
 

今日の試合以降は、彼女たちのプレイひとつひとつがすべて歴史を作るプロセス。そんな晴れ舞台を快勝で飾るなんて、どんだけすごいんだよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/13

おかげです

今日の勝利は、もちろん選手全員の頑張りがあってこそですが、とりわけ
 

元気の素晴らしいゴールのおかげ。

永田の自作自演未遂のおかげ。

ジュニーニョ師匠のおかげ。

ラッキーな日程のおかげ。
 

そして、

直輝は、余計な指示をされずに済む途中出場の方がいい気がしてきた。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011/07/12

繰り上げ

なぜ今季から平日のゲームのキックオフ時間が繰り上げられたんでしょうねぇ。仕事終わってから行こうとすると、この30分は結構デカいように思うんですが。

川崎戦はリスケされて平日になったからかと思いきや、発表されていた前半分の平日のゲームはもともとの予定も全部19時でした。

でも、実害は被ってないのでそれ以上言及するのは止めておきます。あくまで感想ってことで。
 

では皆様、熱中症にはお気をつけて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不正

高級紙も情報不正入手=メディア王のサンデー・タイムズ-英(時事ドットコム)
 

さいたまのメディア王もいろいろとヤバくなればいいのに。
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/11

若手

広島 1-3 C大阪(スーパーサッカー)

昨日この試合をスカパーで見ていました。

客観的に見て、前半広島が受けたイエローの基準でいけばセレッソにも出て不思議はないファールが何回かありましたし、セレッソの同点ゴール時の小松のキーパーへのタックルはファールになってもおかしくないように見えました。

とはいえ、ここまでなら『不安定なジャッジ』で済む話です。

そんな状況の中で、森崎和のVTRで見ても微妙なほどのハンド(近くにいたセレッソの選手が手を上げてもいなかった)に、躊躇なく2枚目のイエローを出すことはすなわち『俺はこのゲームを荒らすぞ!』と自ら宣言したのに等しいと感じました。
 

飯田淳平主審は順調に西村への道を歩み始めているようです。
 

見ててあまりに不快だったので、後半からは大宮vsガンバにチャンネルを変えたら、そっちの山本雄大主審はなかなかしっかりとしたジャッジ&ゲームコントロールでほどよいリズムやスピード、緊張感が生まれ、逆転負けの大宮サポには申し訳ないけれども、好ゲームの一因になっていたと思います。

山本氏の吹く試合は今季何試合か見ていますが、一度も悪い意味で記憶に残るシーンはなかったので、この好印象はたぶん偶然ではないのでしょう。
 

飯田氏は81年生まれ、山本氏83年生まれですから、まだ2人とも主審としてはかなりの若手(山本氏はJ1最年少)ですが、若手だから不安定なわけじゃないと山本氏のジャッジを見て思いました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011/07/10

快挙おめでとう

日本、初の準決勝へ=延長戦1―0、ドイツから初勝利―サッカー女子W杯(スポーツナビ)
 

なでしこすげえ。
 

とりあえず澤さんは人間国宝認定。

サカー界ではカズさんに続く快挙おめでとう。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011/07/09

サッカーのある幸せ

7月3日(日)高崎市浜川競技場へ、ソニー仙台の震災後公式戦復帰試合となる、JFL後期第1節アルテ高崎vsソニー仙台FCの試合を見に行ってきました。
 

00_never_give_up
 

以下そのレポートです。

続きを読む "サッカーのある幸せ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/08

奇跡を起こして

浦和新助っ人デスポト高さと速さで見せ場(ニッカン)

>>チームメート(←控え)との連係で見せ場をつくった。前半11分、トップ下のMF柏木(←控え)からのスルーパスを受け、最初の右足シュート。同26分には、GK山岸(←控え)のゴールキックを相手DF(←大学生)よりも先に拾い、強烈な右足ミドルシュートを放った。GK(←大学生)ははじくのが精いっぱいの威力を見せた。同28分には、DF宇賀神(←控え)の右サイドからのクロスに頭で合わせた。「いいチームの感覚を感じた。初めてにしては、みんな(←控え)動きだしがよかった」と、手応えをつかんでいた。

別にケチつけるつもりはなかったんですがいつもの癖でつい・・・。
 

マジな話、彼が奇跡でも起こしてくれないとほぼ糸冬了ですので心から期待しています。

呼び名はランコさんとデスポトさんのどっちがいいでしょうかねぇ。
 

クビツァに似てるなんて言うな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/07/07

説得力

昨今の健康志向の高まりにつれ、毎日の食習慣についても『野菜中心にバランスよく腹八分目』が良いというのが定説になっています。

とは言っても、子供の頃から身についた習慣を変えるのは簡単ではありません。『肉類中心のこってりしたものを腹いっぱい食べる』のが好きで、なかなか止められないという人も多いでしょう。

個々人の嗜好の問題でもありますから、それについては他人がとやかく言う問題ではないと思っています。

ただ、それに対する弁明も人それぞれなんですよね。それに説得力があるかどうかは受け取る側の判断でいいと思うんです。
 

わりと普通の人
わかってるんだけどね。なかなか止められないんだよ。

快楽追求派
食いたいものを食わないで長生きするくらいなら好きなもの食って早死にしたほうがマシだ。

美食家
食事は人生の潤滑油。優先すべきは健康にいいかどうかではない。

理論派
野菜中心の食事が、いわゆる『健康にいい』かどうかは、個々人の体質によっても違うわけですし、一概に言えないと考えています。人間を取り巻く環境は常に変化しているのです。むしろ、食べたいものを食べないことによるストレスによって精神面に及ぼす悪影響の方が、誰にでも置きうるという点で問題だと私は思います。例えば私などは、目の前に天ぷらを置かれると食べずにいられないわけですが、そのような欲求を抑えることもまた同じくらい問題だと捉えるべきです。

わりと極端な人
何食ったって死ぬときゃ死ぬ。人間の運命は決まってるんだ。
 

----- 超えられない壁 -----

ペトロ
『野菜中心にバランスよく腹八分目』の食事は健康に悪い。根拠は特にないけど私はそう思っている。
 

別に流動性のあるサッカーが絶対の正義だとは思わないけれども・・・。せめて壁の内側にはいて欲しかったよ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/07/06

帰途の手段

 
類稀に見るクソ試合。
 

今日は宿泊なしのトンボ帰りだそうですが、バスのリクライニングシートに堂々と座って帰ってきていいのは順大くらい。まあスピラと永田も乗ってよし。
 

あとは全員軽トラ(自走)な。
 

コーチングスタッフ? 全員帰ってこなくてよし。
 

(22:45追記)

誰かさんのコメントの一部ですが、

>>試合の中で、選手たちが自分のポジションを離れて、あちこち移動してチームがバラバラになって、相手が簡単にディフェンスできてしまったというのが原因ではないかと思います。

マジでこれ、そこらへんのサポのオッサンが監督やってもその方がマシな気がしてきた。あ、そのアナタ。全部読む必要ないですよ。読んだって腹立つだけですから。

前に残留争いは想定内だと書きましたし今もその思いは変わりませんが、さすがにペトロがここまで酷いとは想定外でした。
 

ペトロマジ無理。
 

(23:30さらに追記)

全部読む必要ないとか書いたら、オフィシャルの該当記事から抜粋した箇所が削除されちまいましたよ。でもワタシあいにくブラウザに開きっ放しにしてたもんで一応最初の文面も画像化して載せときますね。
 

オフィシャルの記事のリンク

最初の文面(画像)
 

こういう仕事は早いんですね>レッズの中の人

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2011/07/05

想定を超えろ

今の山形は、数少ないウチより順位が下のチームです。

今シーズンは練習試合とナビスコホームで山形相手に勝っているし、『大丈夫なんじゃない』と思っている人も多いことでしょう。

しかし、明日は向こうのホームなんですよね。ワタシの記憶が正しければ、

1999年 1敗(ナビスコ) ←間違い
2000年 1勝1敗(J2)
2001年 1敗(ナビスコ) ←訂正
2009年 1勝(J1)
2010年 1分(J1)

と天童ではトータルで五分の成績ですし、そもそもこっちのホームを入れたところで去年3回戦って1回も勝ててないじゃん。

相性という観点から見ると、全然良くない、むしろ悪いと言える相手なのですよ。油断大敵。
 

ただ今季は、相性とかそういう類の積み上げを叩き壊すシーズンのようですから、別にネガる必要もないと思います。

ここ数試合のパターンからして、90分の間に必ず一度は選手たちが躍動するシーンを見られると思いますし。 端的に言うと、ウチの選手が小林伸二の想定をどれだけ超えられるかってことじゃないでしょうか。がんばれ。
 

(21:00追記)

とか思ってたら、選手がどんだけ頑張ったって、前日コメで自ら先発漏らしちゃうような監督じゃあね・・・。

もっともウチの監督は、いろいろと策士小林伸二の想定をある意味超えてるのかもしれんがな。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/07/04

ランコさんへ

「サポーターのためにすべてを尽くす」デスポトビッチ加入会見(オヒサル)
 

原発問題が収束していない日本へ、この時期にわざわざ来てくれた選手を応援しないでどうするよ。
 

個人的には、Jに慣れるまではじっくり見ていきたいと思うのですが、たぶん状況が許さないでしょう。すぐに結果が出せるように心から祈っています。

でないと、シトンヲタやエメ厨の格好の標的になってしまうので。 あんまり結果が出ないようだと、もしかしたらエジらーが登場するかもしれませんし。

ヒント 彼らは同一人物である可能性が高い
 

ちなみに、ワタシはマリッチマニアに属しています。

質疑応答の生真面目な受け答えを見る限り、なんとなくマリッチと似た香り(≠浦和のかほり)を感じるのは、果たしてマニアゆえの過剰反応でしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/03

また来てしまった

また来てしまった

ソニー仙台サポ到着とともに上がる万雷の拍手。

やっぱり来てよかった。
 

(ハーフタイム追記)

ソニー仙やはり調整不足は否めず。黄紙3枚とキーパーのファンブルで1−0高崎リード。
 

(帰宅後追記)

結局ソニ仙追いつき1-1で勝ち点をゲットしました。試合終盤の怒涛の攻撃は見ごたえがありました。

ソニ仙関係者の皆様はもちろん、アルテ高崎の皆様も素晴らしくて、最もダメだったのはバカみたいな暑さとそのマークをどフリーで外した天気予報でしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/02

直輝が入ってすべてが変わり、

峻希の素晴らしいクロスから、

元気の素晴らしいヘッド。

そんな中、勝ち点1を獲れたのは順大の頑張りがあってこそ。
 

やはり彼らはかけがえのない浦和の宝。
 

いくらその価値を満足にわからない者がいようとも、彼らを応援し続けていこう、そう思ったガンバ戦でした。
 

それはともかく、今日の攻撃陣は全員シュート練習100本な。

あ、マゾーラは右足でもう100本追加。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011/07/01

まだいるらしい

【G大阪】遠藤「貴史いい形で送り出す」(ニッカン)

>>宇佐美のG大阪最終戦は7月13日の神戸戦(万博)で、残り3試合。
 

なんだ、まだいるのかよ。
 

直近の2試合を連続ハイスコアで勝利しているガンバを迎えるに当たりgkbrしている方も多いと思いますが、案外こんなときにあっさり勝っちゃったりするのが俺たちの浦和レッズです。

峻希、元気、直輝の揃い踏みと、指揮官ペトロの唯一のストロングポイントである『強運』に期待しましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »