« 微力なる助力 | トップページ | ご一緒に »

2011/05/17

あきれるほど

名古屋ケガ人続出あきれるほど弱い(ニッカン)

ワタシもこのゲームをスカパで見てましたが、確かに(去年の優勝チームという観点から見ると)名古屋は良くなかったです。その気にさせやがって。

しかし、レギュラーのストッパー2人のうち1人が欠場で、もう1人も怪我で途中交代したんだから、その後に2点獲られたって同情の余地は充分にあると思うんですけどね。それなのに、ここまで書かれなきゃいけない理由がわからん。
 

そう思って調べたら、この八反誠とかいう記者、今年の正月にいろいろやらかしてネット上で糾弾されてるような、そういう人らしい。(詳しくは『八反誠 浅田真央』でググれ)

『赤シャチ軍団ならぬ"赤っ恥軍団"だ』ってそれで
 

うまいこと言ったつもりか?
 

これで文章書いて金もらってるってんだからねぇ。『あきれるほど』酷いのはこの記者のほうですよ。そこにはサッカーに対する愛もプロフェッショナルとしての誇りもセンスのいいジョークもなにひとつとしてありません。素人ブロガーの方がよほど気の利いたこと書けます。

もう名古屋の記事は全部師匠が書けばいいと思うよ。
 

去年のウチがマスコミの皆さんから受けた扱いを思い出せば他人事だと思えなかったので、余所のことですがついアタマにきて書いてしまいました。この記事みたいに選手の怪我も全部チームがだらしないせいになっちまったっけなぁ。

・・・そういや今季はずいぶんおとなしいねぇ。去年よりツッコミどころ満載だと思うんだが。

|

« 微力なる助力 | トップページ | ご一緒に »

コメント

Nッカンはスポ紙の中ではまともなほうですがたまにDQN記者が混じるといった感じでしょうか
一方、紙をあげて劣化が止まらないのがSポニチ
実はワタシは20年来のSポニチの愛読者でして
他紙には見向きもしたかったんですが
昨年をもって購入することをやめました
好きな新聞だったし長年の愛着もあって
やめることはそんなに簡単ではなかったのですが
(いや大袈裟に言えば『20年連れ添ったつれあいとの離別』くらいの覚悟がいりましたよw)
でももう絶対に2度と何があってもSポニチだけは購入しません
たとえレッズが優勝しても、Sポニチだけは絶対に買いません
それを心に誓った昨年でした
理由は書かなくてもいいですよね

すいません、長文ついw

投稿: 武蔵浦和レッズ | 2011/05/17 22:50

なるほど。要するに、ほぼ習慣化していたことを止めるほど腹に据えかねた、と。お気持ちは大変よくわかります。ワタシも先季ほど報道に腹を立てたことはありませんし。

良識あるレッズサポの皆さんはマスコミに対しては言いたいことがたくさんあるのではないでしょうか。

ただ、彼ら自身がどう思っているのかは知りませんが、ここまでいわゆる『マス』に頼らなくても情報が容易に入手できるこの時代、従来のままのポジションが維持できるとは思えません。恐らく質の悪いものは淘汰されていきます。我々はそれをニヤニヤ見てればいいんじゃないでしょうか。

投稿: にゃんた2号 | 2011/05/17 23:07

自分たち(マスコミ)がフィンケを叩いて壊した結果、彼らの意に適って失墜。そして登場したのがペトロ。ある意味、彼らはペトロに舞台を用意したようなものです。
民主党は政権発足前後、メディアの意向を汲んだ政策を掲げていたため、しばらくはメディアから叩かれませんでした。
メディアにしてみれば、自分たちが言ったことだから勿論叩けないわけで。
ところがいまは…。
このことを踏まえると、マスコミは状況が変われば、叩けなかった過去の分はまでまとめて叩くのものと考えられます(叩く価値があればですが…。彼らの価値観はわかりません)。

知り合いのメディア学の教授いわく、「信じるものは馬鹿をみる」。

鹿島戦は観たいけど、馬鹿はみたくないですね。

投稿: アニヲタの女 | 2011/05/19 13:21

ふむ、おっしゃる通りマスコミは信ずるに足る存在とは到底思えません。

それと、マスコミの他にクラブが信じた存在として一部の声の大きいサポの方々がいらっしゃるわけなのですが、彼らについても信ずるに足るのかどうか今後証明されるはずです。

今日、某所で柏戦の講評で『去年に逆戻り』という表現を目にしてあらためてそう思いました。

投稿: にゃんた2号 | 2011/05/19 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/51685369

この記事へのトラックバック一覧です: あきれるほど:

« 微力なる助力 | トップページ | ご一緒に »