« 自分を外してもいいから | トップページ | 森 »

2011/05/23

ビッグクラブ

今季に入ってからよく『ビッグクラブらしい』とか『ビッグクラブのあるべき姿』とかいうフレーズを耳にしますが、そのたびに『それが何?』と思っていました。

で、昨日、決して『ビッグクラブ』とはいえない他チームのホームゲームを見ていて、スタに掲げられたたくさんの小さなスポンサー看板が映ったときにふと思いました。
 

むしろ『スモールクラブ』の方が大変じゃね?
 

一応同じカテゴリに属しているクラブであるのならば、仕事の数ってそうは変わらない気がする。もちろん観客が増えれば比例して増えるものもあるでしょうけど、それはたぶん人海戦術でなんとかなるし外注することもできる。

むしろ、人数が少ないスモールクラブのスタッフの方が仕事の量も質もより高い密度を求められるんじゃないでしょうか。

営業は大から小まであらゆるスポンサーの対応をしなきゃいけないでしょうし、運営ならばひとりでいろんな立場、考えの人の話を聞かなきゃいけない。強化ならば戦力的観点以外にも予算や動員等いろんな要素から判断をしなきゃいけないんでしょう。そういったもろもろのことも、もし財政的余裕がないのならさらにひと工夫ふた工夫が必要になるでしょう。

そこで考えました。
 

浦和レッズの中の人たちは他のクラブにレンタル移籍しなさい。

他で修行をするってのは何も若手選手にだけ有効な手立てではありませんよ。先方に行き頭を下げて教えを乞いなさい。スポンサーを獲得することの大変さやサポーター対応の大切さ、クラブ経営の切実さを学びなさい。

そして、その代わりに、例えば大量の観客のさばき方とか大手広告代理店との付き合い方とかウチが一番ノウハウを持っていそうなことを逆にお教えすればいいじゃありませんか。
 

『ビッグ』か『スモール』かは規模の大小だけで優劣とはまったく関係ありません。なのに『ビッグクラブ』がさも優れたこと、良いことのように言うのはそろそろ止めませんか。

断言できるだけの材料はないけれど、少なくとも今の浦和レッズより優れた『スモールクラブ』はたくさんあるように思います。

|

« 自分を外してもいいから | トップページ | 森 »

コメント

いいアイディアだと思いますね。
ACL出場のときには、スタッフがその前年にガンバに付いていって勉強したわけですし。

このところ観客数の減少を問題にしているようですから、素晴らしいプランを連発している神奈川県北部のあのクラブで誰か研修させればよろしいかと。

投稿: sat | 2011/05/23 20:12

スモールと言えばJ(J2を含め)屈指の我がチームにお任せください!
丁度今は、負けが込んでスポンサーの獲得には苦難を極めるかと。。。
ここで、揉まれれば本物です!ま、あのフロントでは何の参考にもなりませんでしょうけど。

投稿: 山組 | 2011/05/23 20:44

>satさん
そうでした。ACLの時は他クラブと共闘した経験があるんでしたね。
この際あのクラブとスタッフごと(ry

>山組さん
実際お願いしたいもんです。環境から何から全部ひっくるめて参考になると思います。
ワタシがここで言ってもどうしようもありませんがw

投稿: にゃんた2号 | 2011/05/23 21:15

ぜひ我がクラブにも!
一応勝ち点は積み重ねているのですが、予算的には確実にスモールクラブです。
練習場確保の苦労も味わえるし、クラブハウスのない苦労も実体験できます。
今ひとつ洗練されていない感のあるうちのスタッフにもいい刺激になると思います。

あ、ついでに堤くん連れてきてくれると。。。ヘ(__ヘ)☆\(^‥^=)

投稿: くれあ@馬サポ | 2011/05/23 22:48

クラブの人間ですから堤ほど使えるかどうかわかりません(殴)

練習場やクラブハウスがないのは、スタッフにとっては働き甲斐がありそうですね。まあウチだって10年前は似たようなもんでしたが。練習場見て外国人選手に断られたという逸話もあったくらいで。

投稿: にゃんた2号 | 2011/05/23 22:57

ニートも修行に出したほうがいいと思います。
中部方面とかに…

投稿: どりかめ | 2011/05/24 12:51

ナイスアイデア!

でもハードワークすぎて死んでしまうかも。

投稿: にゃんた2号 | 2011/05/24 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/51748245

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグクラブ:

« 自分を外してもいいから | トップページ | 森 »