« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010/12/31

よいお年を

Bluesky

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/12/30

2010シーズンの総括

もし総括するとすれば、今季というよりも2009シーズンも含めてこの2年の総括ということになるでしょうか。

でも偉そうなタイトルを付けたものの、はっきり言ってそんなちゃんとした文章は書けそうもありません。それに、ワタシが今思っていることは11月の下旬からガラにもなく割とマジメなことをここに何度も書きなぐったせいもあって、ほぼ書き尽くしてしまいました。

そんな名実ともにからっぽになった頭で考えて、この2年間の個人的な感想を簡潔に書くとこうなります。
 

いろいろなことを真剣に考えて、未だかつてないほど頭の中が疲れた。
 

ということで、年明けからは少し更新のペースが落ちると思います。少なくともここ数年続けてきたワタシの日記的な更新頻度は保てなくなると思いますのでどうぞご了承ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/29

ありがとうロブソン・ポンテ

2005年シーズン途中、2人の外国人選手がドイツからやってきました。
 

1人はトミスラフ・マリッチ。

彼のことは、未だにレッズサポの間では一種のレジェンドとして語られています。彼ほど短い在籍期間でたくさんの感動的なエピソードを残した選手はいません。

そしてレッズを退団後、日本国内の他チームからのオファーを『レッズを敵にして戦うことはできない』との理由ですべて断ったという逸話も我らレッズサポを泣かせたものでした。
 

そしてもう1人は、ロブソン・ポンテ。

同じような表現をすると、彼ほど長きに渡って我らレッズサポを魅了し感動を与え続けてくれた選手もまたいません。彼のこともまた、今後レジェンドとして語り継がれることでしょう。

ただ、ひとつだけ彼がマリッチと違うとすれば、もしかしたら日本国内の他のチームへ移籍するかもしれないということです。
 

しかし、ワタシはもしそうなったとしてもそれを受け入れるつもりです。たとえそれが噂されているあのチームへの移籍であったとしても。

それくらいのことで、彼がレッズに残した功績はまったく輝きを失うことはないと思うからです。トミスラフ・マリッチが我々に強烈に示してくれたプロフェッショナルとしての姿勢を、ロブソン・ポンテは違うかたちで示そうとしているに過ぎないのです。
 

だからワタシは心から言う。
 

ありがとうロブソン・ポンテ。
 

あなたのことを僕らは絶対に忘れない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/12/28

ひとつの時代の終わり

すでにご存知の方も多いと思いますが、ウラツウアンテナがなくなってしまいました。
 

あれ 浦和トマンネ (byカズさん)
 

本人以外書込み禁止 (選手専用掲示板)
 

等々、ぼちぼちネットがサポの情報源となり始めたころ名作ネタを数々提供してくれたウラツウさん。ネタを更新しなくなってからもアンテナはずっと維持して頂き、ワタシと拙ブログも長い間お世話になってきました。

そんなウラツウアンテナが消えたことは、なんとなくひとつの時代の終わりという気がしています。
 

一応ウチも来年8月で10年。いつの間にかレッズ系個人サイトでは古株になってしまいました。同じ古株で未だにずっと更新を続けているのは、ワタシの知る限り、老舗のGEN@めおとさんと開設ほぼ同期のオッサンくらい。
 

昨日のネタじゃないけど、こっちに関してもいろいろ考えなきゃなぁと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/27

考える

すいません、また説教臭い話をします。
 

20112010年シーズンも終わりました。リーグ戦10位、ナビスコ予選敗退、天皇杯ベスト8で無冠。

(個人的にはさほど悪いとは思ってないんですけど一般的には悪いとされる)この結果は、誰かひとりの責任というわけではなくて、監督、コーチングスタッフ、選手、フロント、クラブスタッフ、サポ、つまりクラブとしての総合力がそこまでだったということでしょう。

なので、誰が悪かったかと聞かれたら、浦和レッズの全員が悪かったと答えるのが正解だと思います。
 

え、サポは悪くないだろ。そう思った方も多いかもしれません。

しかしワタシにはアウェイ仙台戦の出来事が忘れられないのです。引き分けで一部のサポがキレたとされるあのゲームですよ。なんとなくあれがこのオフのゴタゴタのきっかけになったように思うのです。
 

Jリーグに限らずプロスポーツを語るとき、『プロの仕事は勝つこと』的なフレーズをよく目にします。

よく見るもんだから自分でも何となく反射的にそう思ってきたけど、よーく考えてみるとそれって実はかなり傲慢な言葉じゃないのかな、最近そう思うようになりました。
 

ワタシも一介のサラリーマンですが、ひとりひとりの積み重ねで組織が成り立っている点では会社とスポーツのチームは同じです。すごくエキセントリックな言い方をすると、例えばそれは、ワタシの勤めている会社が赤字だったりするとワタシがサラリーマンとして『プロ失格だ』と言われるのに似ています。

自分がそう言われたらたぶんほとんどの人はそんな単純なものじゃないと反論を始めるでしょうし、確かにそれは究極の正論なのかもしれませんが、それを真っ向から振りかざす経営者の下ではあまり働きたくありません。

それはプロスポーツ選手だって同じはずです。
 

ワタシはプロ選手の仕事は『人々に夢を与えること』だと思います。

もちろん、勝ってサポに喜びを与えるに越したことはないですが、たとえ勝てなくても卓越した技術とか人並み外れたスタミナとかひたむきな姿勢を貫く精神力とか、ワタシたち一般人が持ち得ないものを見せられて『あーいいもん見せてもらった』と思えればそれだけでプロとしての価値は十分あるように感じるんですけどね。
 

そういう観点から、あの仙台戦の一部サポが取ったとされる行動はやはり共感できません。

あれが選手やクラブに対し、余計なプレッシャーとしなくてもよかった心配を与えることになったんじゃないか、さらに言えば、そのニュースを聞いたスポンサーの方々がどう思ったかは推して知るべし、今振り返ってみればそんな気がしてならないのです。
 

かと言って、それを行ったとされるサポひとりひとりを糾弾する気もさらさらありません。あくまで『サポにも責任の一端があるとすれば』という話だし、そもそもそれを行ったところで浦和レッズの未来に対し何もプラスにならないからです。

そんなことより、サポひとりひとりが、いったい自分たちが何をするのが浦和レッズにとって一番良いのか、それを真剣に考えることの方がよほど重要だと考えます。
 

考えましょうよ。いったい自分が何故浦和レッズのサポーターをしているのか。
 

最後に、今季の前半スカパーのJリーグ中継のハーフタイムで流れていたオシム翁の言葉を紹介して、この説教臭い話を終わりにしたいと思います。

続きを読む "考える"

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010/12/26

フィンケさんありがとう

フィンケさんありがとう。
 

あなたのことは忘れません。

ワタシに、サッカーにかかわるいろいろなことを真剣に考えさせてくれた存在として。 

あなたの評価は、レッズがこれからさらに積み重ねていくであろう歴史の中で自ずから定まっていくことかと思います。それが、絶対に欠かせない2年間であったとなることを願って止みません。
 

祖国へ帰られてからのご活躍を心からお祈りしています。

出来れば世界のサッカー界にその名を轟かせ、のちに『あの人は浦和の監督やってたことがあるんだよ』と驚きをもって言われるほどの存在になってください。

あなたのことをさんざんこき下ろした日本のメディアの皆さんは、そうなったらなったで、『それほどの大物を批判したことのある俺ってカッコイイ』程度にしか思わないかもしれませんが、まあその程度の人々だってことはあなただって既におわかりですよね。
 

ではご健康にだけはお気をつけて。またいつかどこかでお会いしましょう。
 

それから、今回同時に退団されるコーチの皆さんも、どうぞお元気で。最終節で実はとても熱い一面を見せた雅輝の美声が聞けなくなるのがとても残念です。
 

最後に、福田正博へ。

またいつか帰ってくるのを、ワタシは待ってますよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/12/25

未来の光

いいゲームでした。
 

たとえ無駄走りになろうともひたすら上下動を止めない峻希。

一番疲れているであろうポジションにいながら、延長に入っても必死に走るウガや岡本さん。

彼らの姿に未来の光を垣間見た気がします。
 

もちろん残念なのは間違いないけど、結果に拘泥するあまり選手の必死の頑張りを見失うべきではない、そう思った久しぶりのリーグ戦後の公式戦でした。
 

大阪へ行かれた皆さまは寒い中本当にお疲れ様でした。そして魂をありがとうございました。どうぞお気をつけてお帰りください。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010/12/24

最後

さて明日はいよいよ天皇杯ガンバ戦です。
 

先日ネタにしたフリューゲルスほど極端な話ではないにしろ、このチームで戦える大会はこれが最後です。
 

フィンケさん、ナイチェルコーチ、タンコさん、サヌさん、そしてもちろんポンテさん。

それに萌・・・。
 

他の方はどうだかわかりませんが、ワタシはもっとこのチームと一緒に戦いたかったよ。
 

でも今さらどうなる話でもありません。
 

だから、1分1秒でも長くこのチームの戦う姿を見ていたい、そう願っています。そのことに関しては、サポなら誰だって同じですよね?
 

では万博に行かれる皆様、よろしく頼みました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

萌移籍

細貝萌、バイエル・レバークーゼンに完全移籍(オヒサル)

いきなりブンデス2部へのレンタルだそうですが、むしろステップアップのチャンスだと捉えて頑張ってください(ワタシが言うまでもないとは思うけど)。長谷部との対戦は叶わないかもしれないけど、そうだ相馬だ、相馬がいるじゃん。

とりあえず、ポンテさんの見返り要員を5年越しで送り出した、そう考えます。

  

萌だって長谷部だって最初はおっかなびっくりだったわけだし、青山と小島君、そして濱田の飛躍に心から期待しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/12/23

青山加入

青山 隼 選手、加入のお知らせ(オヒサル)
 

青山キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
 

とりあえず、日本一の青山 目指して頑張れ(洋服屋除く)。

 

・・・天皇杯準々決勝まであと2日。

 

(19時追記)

青山の名前って『ジュン』と読むんですね。

じゃあこの際セレッソから山口も獲ってはどうでしょう。
 

♪あーあーあああああーあ(わかりにくいオチ)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/12/22

真意に近いもの

小倉会長、ボイコット示唆の選手会に不快感(スポーツナビ)

さてここで問題です。次のうちから小倉会長の真意に最も近いものを選びなさい。
 

1.代表に選ばれるだけでも名誉なことなのに文句言うなコノヤロー

2.たかが選手の分際で刃向かうんじゃねーコノヤロー

3.誰のおかげでサッカーやれると思ってんだコノヤロー

4.おめーらの代わりならいくらでもいるんだコノヤロー

5.おめーらに喰わせるタンメンはねえコノヤロー(ちょっと古)

6.小倉智昭でググるとなんで候補に『ズラ』が出るんだコノヤロー

7.小倉久寛はあの顔で学習院出てんだぞコノヤロー(余計なお世話)

8.なんで餡の名前が小倉っていうんだコノヤロー

9.語源調べたらいくらなんでも無茶な由来じゃねーかコノヤロー
 

そりゃあ協会側にもいろんな事情や言い分があるのはわかります。ただ今回のこの方の発言には、どうも前々任の会長様が嫌ったあの方のかほりを大いに感じるんですが。

でもまあ、ウチは代表選手がいなくなるようだからあんま関係ないですけどね。
 

・・・天皇杯準々決勝まであと3日。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/12/21

南へ帰る

我那覇がFC琉球へ(スポーツナビ)

彼も故郷へ帰るようです。カテゴリーが2つも下ですけれど、この場合そういうことはあんまり障害にならないのかもしれませんね。

30なんてまだまだ老け込む年齢じゃない。頑張れ。
 

・・・天皇杯準々決勝まであと4日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/20

名作

某巨大掲示板で見かけたこのAA。

        ∧緑∧
        (´・ω・`)  ひさしぶりだな、平塚。
       /     \
    __| |    | |___
   ||\   ̄ ̄ ̄ ̄
   ||\..∧湘∧
   ||  (    ) 川崎、生きていたのか!
   .  /   ヽ
   .  |    ヽ二⌒)
   .  |    |ヽ、
     ヽ、___
 

たったこれだけでいろいろあったたくさんの出来事を一瞬で思い出してしまって、なかなか深いなと思いました。
 

・・・天皇杯準々決勝まであと5日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/19

記憶

今日国営でこんな番組見てちょっとしんみりしちゃいました。

スポーツ大陸 チームの記憶よ 永遠なれ~横浜フリューゲルス 最後の天皇杯~

当事者だった人々にとっては二度と思い出したくもない記憶なのかもしれないですが、やっぱりJチームのサポやってる人間としては、どれだけ月日が流れようとも時々は思い出さないといけないんだろうなぁと漠然と思うわけです。
 

Flugels

 

・・・天皇杯準々決勝まであと6日。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010/12/18

ぬこ

  〃∩ ∧__∧
  ⊂⌒ ( ・ω・)  あーぬこきたぬこ
    `ヽ_つ  ,.ヘ_ヘ
        (   )
         u,__っ) ))))
 

今日よそんちのクロぬこにすり寄られました。

 

     〃∩ ∧__∧
     ⊂⌒ (・ω・ )  あーぬこいっちゃうぬこ
    .ヘ_ヘ, `ヽ_つ_~つ
   (   )
    u,__っ) )))))
 

ウチのぬこはあんまりワタシには寄ってこないのに (´・ω・`)

 

・・・天皇杯準々決勝まであと1週間。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/17

吸収

Parabola
 

ネガティブな電波はこれで吸収してしまえ!
 

・・・天皇杯準々決勝まであと8日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/16

遠い過去

パソコンの中に埋もれてる画像を見てたらこんなのが出てきました。

Katsudon

ワールドカップの頃ネタにしようと思って取っといたのに忘れてたようです。

そういえばワールドカップは今年の出来事でした。過ぎてしまえばすごく遠い過去のことのような気がするのは何故なんでしょうね。
 

ネタ枯れのつかの間のオフ。
 

・・・天皇杯準々決勝まであと9日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/15

ねっこり

J1実行委員会ねっこり150分(ニッカン)
 

なんだよ『ねっこり』って。

そう思ってググってみたら、山形方面の方言のようです。
 

というか用例見る限り、J1の実行委員会ってどういう状況でやってるんだよ、と(想像したくもないが)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/14

神の子

アジエル選手2011シーズン契約更新のお知らせ(湘南公式)

今季の出場試合数は0。結局今季J1でのアジエルを見ることは叶いませんでした。

彼の怪我がなければJ1に残留できたのかどうか他サポにはわからないですが、少なくとも、21試合勝ちなしリーグ戦3勝というJ1ワースト記録を避けられたんじゃないかなとは感じています。

しかし、来季も湘南に残ってくれたことによって、まだJリーグでアジエルのプレイを見ることができます。本人の希望も湘南で引退することだそうで、チームを愛し日本を愛してくれた選手としてきっとJリーグの歴史に残る存在になることでしょう。

ちなみに、タイトルの『神の子』とはスタでの選手紹介の時の彼のキャッチコピー、敬虔なクリスチャンのアジエルが自分でリクエストしたんだそうですよ。
 

いつの日か埼スタで神の子と再会できることを祈っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/13

始末の悪いもの

G大阪木村、リオン容疑者に肘鉄食らった(ニッカン)

この記事を見てふと思ったこと。

そうだ、スポーツ新聞ってこの手のことも書かなきゃいけないんだな。
 

はっきり言ってワタシにとっては、海老蔵が殴られようが烏賊蔵が刺身になろうが蟹蔵が鍋に入れられようがホント心の底からどうでもいいです。

でも彼らはそれをさも世界の一大事のように書かなきゃいけないんですよ。

だから彼らにまともなサッカー(というかスポーツ全般)の記事を期待しても無駄なんです。けれども本人たちはジャーナリスト面して上から目線の文章を書くんですよ。今やまともなスポーツ新聞はそこらへんをきちんとわきまえてる東スポくらいじゃないでしょうか。
 

世の中で一番始末が悪いのは、自覚のない愚者である。

近藤真彦

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/12

その他大勢

日本代表MF浦和細貝ブンデス決定的(ニッカン)

今までのダダ漏れ情報の確度から判断すると、どうやら彼とのお別れも近づいているようです。ウチから世界へ出て行く選手はこれで何人めでしょうか。

いくらビッグクラブ、ビッグクラブと必死で叫んだところで、世界的にみれば、欧州を頂点としたフットボール界のヒエラルキーの中では選手の供給元でしかないという事実は否めません。

そこらへんも含めた現実を現実として受け止め、萌を笑顔で送り出すためにもなんとか天皇杯を勝ち取りたいものですね。
 

それはともかく、

>>柱谷GMは「次の手を打ちます」と緊急補強に動く考えを示した。

GM様は『オフィシャル以外真に受けるな』と言いつつそういうデリケートなことをアンオフィシャルに対してポロリですか。
 

アンタは、往年の『ドキッ 女だらけの水着大会』のその他大勢か。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

王道と異能

今日スーパーへ行ったら、つい亀田製菓の製品をいつもより多めに買ってしまいました。
 

Kameda
 

全部食ったらまたメタボ検診に引っかかるので、会社に持ってく予定。
 

ところで、ハッピーターンっていつ食ってもうまいですね。さすが ハッピーターンの粉=合法麻薬 と言われているだけのことはあります。米菓でありながら米菓らしくないあのあとを引く独特の味わいはなんでしょうね。例えば、柿の種が王道中の王道、いわば米菓界におけるワシントンだとすれば、ハッピーターンは異能中の異能、米菓界におけるエメルソンだと言えるでしょう。

ただ、ハッピーターンのディープなマニアにとっては、上記画像程度の袋(内容量120g)では全然物足りないのではないでしょうか。
 

そこで考えました。

マニア向け内容量120kg入り超大袋。その名も、

 

Happyハッピーターン

 

あらためて Happyの定義
 

そしてそのイメージ図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/11

赤字

某紙によれば3億円の赤字が出るらしいとか(リンクは当然省略)。

財政規模が2桁億円なんですから、損益が億単位になることは普通にあり得る話でしょう。

もちろんそれが良いとは思いませんし、確かに債務超過だってあり得ない話ではないなと思いますけれども、そんなことより、おまえら(某紙)に言われたくないわという感情の方が強いんですけどね。
 

それはともかく、今回クラブがいろいろとゴタゴタし出したのはこれが一番の理由だったのかという気がしています。悠長にサッカーのスタイルができるのを待ってたらあっという間に経営がヤバくなっちまった、と。 道理でフィンケさんを続けさせたくないわけだ。

その原因を『フィンケが悪い』の一言で終わらせないためにも、それについていろいろと考えるところは多いのですが、ワタシが言っても所詮素人の的外れな詮索の域は出ませんので詳しくは書きません。これをクラブの危機として捉え支える気持ちを強くするか、クラブの怠慢として捉え失望を強くするかは人それぞれでいいと思います。
 

ただ、ワタシがこのニュースを聞いてなんとなーく感じるのは
 

いろいろ甘いし遅いんじゃね?
 

ってこと。

今振り返ってみれば、なんだかシーズン終盤になって急に必死でいろんなファンサービスを始めたように思うんですけど、それって遅くないか?

事業計画に対する実績の進捗は当然把握し管理されてただろうし、見通しだって結構早い段階でわかる、つかわかんなきゃいけない。スポンサー料やシーチケ収入はほぼ固定だしチケットの売れ具合も半年先までリアルタイムでわかる。人件費の変動はさほど大きくはなく、今季に限っては減る要素の方が多かったはず(もともと折込済みとか?)。そもそもこの路線を今年始めたわけじゃなし、昨期からのトレンドを分析すれば売上の落ち込みくらいは予想できたでしょうに。

なのに報道の通り3億もの赤字を出すんなら、それは見通しが甘いか対策が遅いかのどちらかなんじゃないかな、と。(投資負担が重いってのもあるかもしれんが)
 

とかケチをつけつつも、クラブの経営がそんなに簡単に行かないのは理解します。組織の性格上ひたすら利益を追求すればいいってもんでもないでしょうし、思った以上に観客が減ったってのは実際あると思うし、何より、対策を適時に的確に打つなんてことが簡単に出来れば巡り巡ってワタシの給料だってもう少し上がりますでしょうよ。

そこで、ふと思いついたんですけど、サポが『支える』ったって別にホームゲーム行きますグッズ買いますってやり方だけじゃなくてもいいはず。
 

会社経営者や役員

経営学の学者

会計の専門家

経営コンサルタント

バリバリの営業マン
 

こんな肩書きを持った人はサポの中にもいそうだから、それこそサポに教えを乞えばいいんじゃね。 報酬はグッズとかシーチケでさ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010/12/10

入れ替わり

永田 充 選手、加入決定(オヒサル)
 

拓也が出て充が入る、と。
 

今日のGGRは新加入選手の紹介だけでいいじゃないかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/12/09

バカなことばっかり

トム・トスク松井が横浜練習に参加(ニッカン・画像)

松井くらいいろいろなことの出来る選手だとどんなことがあっても困らないでしょ。
 

芸は身をとすく。
 

なんてな。
 

あと、『とむとすく』とひらがなで書いてみれば何となく冬の季語って感じがします。
 

これがまあ 終のすみかか とむとすく (松井芭蕉)
 
 

サガンとすく
 

トスクデロ・セルヒオ
 

と、いい歳してこんなバカなことばっかり真剣に考えているのであった

(今は元記事直ってます あと、元の句の詠み人は芭蕉じゃありませんので念のため

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/08

歓迎 2010

今年も例のヤツ始めます(左サイドバー参照)。

が、GM様がオフィシャル以外は真に受けるなとおっしゃるので、今季はオフィシャル掲載以外は入れません。

なお、岡本さんは、今季開幕から2種登録だしすでにA契約だしシーズン終盤は完全にレギュラーだったし島ちゃんすらさん付けしてしまうほどの実力だし、どう考えてもベテランな気がしますが、一応2011年の新加入に該当するっぽいので入れておきました。
 

と言ってるそばから、おひさるにマルシオ加入とツツミン復帰キター

マルシオ リシャルデス選手、加入決定

堤俊輔、期限付き移籍から復帰

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/12/07

ペトロ

新監督にゼリコ・ペトロヴィッチ氏(オヒサル)
 

え、ホントにペトロ?

でもよく見ると確かに顔がペトロだ!

増えたし減ったから一瞬わかんなかった。

おかえり。ようこそ浦和レッズへ。
 

もうね、ペトロはいつも泣かせるんだよ。

いつか俺が監督として戻ってきてレッズを初優勝させる。

確かあれは2002年ナビスコ決勝、負けた後にそう言ってくれた。

そんな熱くて、そして涙もろいペトロが大好きだった。
 

とりあえず今日のところは、もろもろのしがらみは抜きにして、

ペトロとの再会をしみじみと喜びたい、そんな気分です。

 

ペトロ 『え、おまえ今センターバックなんかやってんの?』

| | コメント (8) | トラックバック (0)

有益なアドバイス

昨日会社で、土曜は最終戦で埼スタ行った的な話をしていたら、とある人(サッカー興味なし、クルマ通勤、♀)が

『そういえば○ack5の朝のラジオでなんか言ってたなぁ。結果良くなかったんだっけ? コテンパンに言ってたよ。』

と言ったので、すかさず、
 

『朝聴くなら、TOKYO-FMJ-WAVEマジおすすめ!』
 

と、とても有益なアドバイスをしてあげました。
 

千里の道も一歩から。

小さなことからコツコツと。(by西川きよし)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/06

今日はアウォーズの日

J1残留決めても仙台監督人事で迷走

「J2東京」大熊監督続投要請を保留

来季こそACL 横浜社長異例の辞任公約 (いずれもニッカン)
 

強化部門の決定を覆すフロント。

契約相手のことを呼び捨てにしちゃう人がいるフロント。

辞任といいつつ帰任かもしれない人がいるフロント。
 

どこも大変ですね。
 

とりあえずサポ同士でグチでも言い合って、Jリーグアホーズ2010シーズンMVFでも決めましょうか。ちょうど今日はJリーグアウォーズの日だし。

MVF:最もヴァカなフロント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別れの季節

浦和が永田拓也と林勇介の移籍を発表(スポーツナビ)
 

林、達者でな。草津でも頑張れよ。

永田、ヨシヤによろしくな。

サヌさん、ありがとう。
 

今季も別れの季節がやってきました。

しょうがないけど、やっぱ寂しい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/12/05

利口になれる方法

FC東京の悪夢…昇格以来初のJ2降格(サンスポ)

>>逆転するしかない状況で後半45分、日本代表GK権田がPKを与える。「神戸は4-0ですか…。浦和に期待したボクがバカでした」と守護神は号泣した。

さてここで問題です。どうすれば権田君はバカではなく利口になれたのでしょうか。
 

1.勝負弱い浦和なんかに期待せず自分たちがちゃんと勝てばよかった

2.前半からコーナーキックの時に上がってみればよかった

3.『ちわー大阪ガスです検針に来ましたー』と言って京都の選手を油断させればよかった

4.監督に『ボクのコーチングよりデカい声出さないでください』と注意すればよかった

5.『京セラって京都セーラー服の略?』とサブローシローのネタでボケてみればよかった

6.新京極で他校の生徒にケンカをしかけて監督に皆の前で怒られればよかった

7.清水の舞台から下を見ている友達を後ろから押すふりをすればよかった

8.金閣寺を見て『プラモデルみてえー』と騒いで外人に嫌な顔をされればよかった

9.変な土産を買ってウチへ帰ってから『なんで買ったんだろう』と悩めばよかった
 

テンパってる時って、思ったことを考えもせずについそのまま口走ってしまいがちです。

皆さんも気をつけましょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

愚考もろもろ

すいません、また固い話です。
 

オメーんとこにそんなの期待してねーんだよ。
 

そうおっしゃる方も多いと思いますので、その場合は『続きを読』まないで読み飛ばしてください。
 

続きを読む "愚考もろもろ"

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2010/12/04

悲喜こもごもの最終節

2010_last
 

まずはヴィッセル神戸の皆さん残留おめでとうございます。

ウチもアレでしたが、今日の神戸はお世辞抜きで強かったです。完全に気持ちで負けてました。

試合終了後、サポの皆さんが歌う神戸讃歌にはちょっとジンときました。
 

ということで、最終節に最多失点とはなかなか尻すぼみでしたが、攻めても獲れずに先に獲られて終了という今シーズンを象徴するゲームだったのかな、と。

タリーさんが守備の柱というのはもう既に周知の事実ですが、実は精神的支柱でもあったことが判明したのでした。
 

今シーズンも終わってみれば、ウチから勝ち点を1つも獲れなかった3チームが降格とやはり妥当な結果と相成り、いつの間にか中位力とJ1のリトマス試験紙の座を勝ち取った2010年シーズンでした。

あ、セレッソ・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/12/03

万感

 

Bye_roby

 

でもまだお別れは言わないよ。
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

開催地決定

ワールドカップの開催地が日本に決まったらしいですね。
 

カタール富山。
 

すまん、とりあえず誰よりも先に言っておきたかったんだ・・・。
 

あと、ロシアはユジノサハリンスクやウラジオストクやハバロフスクやナホトカやイルクーツクでも開催すべき。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/12/02

「いっしょにおフロんた〜れ企画」について(川崎公式)

いいなあ↓これ。

Fro_oke

欲しいなあ。
 

ちなみに↓オリジナル。

Kerorin

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010/12/01

情報としての重要性

浦和が新潟DF永田獲得 新体制補強1号(ニッカン)

ニッカンがここまで断定調で書くということはこれで決まりなんでしょう。彼のもうひとつ前の古巣との関係が個人的にはちょっと微妙ではあるけれど、もちろん浦和を選んでくれた選手は無条件で応援します。

ただ、ですね・・・。

 

だーかーらー

 

なんで情報がダダ漏れなんだよ。

もしかしたら先方とか代理人からの情報かもしれないから、クラブのせいだとは断定できませんがね。だけどいずれにしても、もうURD:OMなんて必要ないんじゃないの。

情報としての重要性はこんなのとたいして変わんないレベル。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »