« ヴァージョンアップ | トップページ | またきてます »

2010/11/11

闘将水戸へ

柱谷 哲二氏 来季監督就任のお知らせ(水戸公式)

プロチームのマネジメントに関わったのは札幌、ヴェルディ、そしてウチ。 ぶっちゃけその中ではウチのサポの評価が一番高いかもしれん、そう思っちゃってすいません。 でもホリがトップに定着できたのは哲二氏のおかげだと個人的には思っています。

そういや、小池(現水戸)のあだ名『エーコ』の名付け親も哲二氏でしたね。

若い選手の多い水戸にとっては、大学生の指導経験もある熱血系の指導者だし案外いい選択なんじゃないでしょうか。
 

で、余談。
 

なんと柱谷が監督やるらしい。

うん、確かな情報。絶対間違いない。

おおスクープじゃん。

いつも情報隠しやがって。

それにしてもひどい玉突き人事。

見てろ。思いっきり書いてやるからな。

ふざけやがってざまあみろ。
 

その結果がこれですね、わかります(なお記者の名誉のため紙名は隠してあります)。

|

« ヴァージョンアップ | トップページ | またきてます »

コメント

投稿: とくなぎ | 2010/11/11 20:31

きょう、浦和でラジオ(勿論メディア王系列ではない)を聞いてたんですが、サッカーを普通に真面目に観てる人は、来年もフィンケのサッカーをみてみたい、って考えてると思いました。確かに結果が伴っていないのは辛いですが、邪心のある世論形成は、やっぱり何か響かないよね。結論はどうあれ、動じないことが肝要ですよね。
ちなみに「メディア王」の脳内メーカーってどんなのかな!?

投稿: 埼京線 | 2010/11/11 20:42

>とくなぎさん
せっかく紙名隠してんのにバラしちゃダメですよw

>埼京線さん
マジメに見てるかどうかはともかく、今のフィンケさんのサッカーには賛否両論は当然あるだろうと考えていますが、おっしゃる通り無理に世論形成しようとする人々はやはり邪心があると思うのです。
でリクエストにお答えして
http://nounaimaker.com/?a=Maker&oo=%C0%AD%C2%BF%CF%B3
びっくりする結果が出ました。

投稿: にゃんた2号 | 2010/11/11 21:02

真面目にコメントしてもいいですか?

今年、何回か大学、国士舘のサッカーを見てますが、
これがなかなか気合の入ったいいサッカーをしてたわけで・・・
"おいおい、そんなアタマから飛ばしてもつんかい?"
ってくらいの鬼プレスで、
それがもつんですよコレが・・・・

結果のこの成績はなかなか立派なもんです
http://output.simseed.net/kanto-univ/disp/team_ranking.jsp?leagueid=1

西が丘で、平塚で・・・何度埼玉まで連れて帰ろうと思ったことか・・・

投稿: えりぴょん | 2010/11/11 21:42

コメントしづらかったですか、ごめんなさい。

ワタシが『案外いい選択』と書いたのは、水戸にとってみれば哲二氏の熱血指導が今の継続に他ならないと思ったからです。ましてやおっしゃるような鬼プレス戦術ならばなおさらかな、と。

どうなるかは来季を見てみないとわかりませんが、ハマると案外いいトコ行けるんでは、と思っています。

投稿: にゃんた2号 | 2010/11/11 21:55

個人的には、J1で、山形とのコール合戦を復活させるところまでいってほしい、と期待しています。

投稿: sat | 2010/11/12 07:46

いいですねぇ。

山 よく来た水戸!
水 待たせてごめん!

うう想像するだけで泣けてくる。

投稿: にゃんた2号 | 2010/11/12 08:45

同じ柱谷つながりで言うと、うちのGM,GMの職分がなにかを分かっているのでしょうか。心配になることがあります。監督の件も、補強も件も大丈夫でしょうか。
悪い人ではないのですが、単に職分を理解しているか心配です。

投稿: アニヲタの女 | 2010/11/13 01:09

ワタシは、いつぞやの情報ダダ漏れの頃と違って確度の高いものは殆ど伝わって来ないですから、ちょっと彼らの評価は難しいかなと思っています。

実際目に見えることをやらないと評価はされない仕事ではあるんですけどね。

投稿: にゃんた2号 | 2010/11/13 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/49996041

この記事へのトラックバック一覧です: 闘将水戸へ:

« ヴァージョンアップ | トップページ | またきてます »