« 釘付け | トップページ | 幸せな引退 »

2010/11/04

Now is the time

最近比較的マトモなニッカンにこういう記事が出たのでちょっと気になって見てみたら、

>>複数の関係者によると
 

なんだ、また関係者か ( ゚д゚)、ペッ!
 

例によって、社長やGMは監督の進退について何も言ってないじゃん。メディア王とかレッズヲッチャーとかも一応関係者だからなぁ。それに、何度も書きますがサポだってレッズの関係者ですからね。ワタシがここに書く戯言だって『レッズ関係者の話』で、いただいたコメントにレスしたりすれば『複数の関係者のコメント』ですから。

もひとつ言うと、スピラの獲得の時(オフィシャルで突然発表)やポンテさんの契約更新の時(激怒どころか熱いメッセージ)のことを思い出せば、マスコミ様報道の情報としての価値がどの程度なのかは自ずからわかろうというものです。

まあいいや。何かオフィシャルでアナウンスがあってからと思っていたけれども、ちょうどいい機会だから来季のことに関するワタシのスタンスを一応書いときます。
 

フィンケさんに続投してほしい。
 

ワタシはそう思っています。

理由? フィンケさんが好きだから、来季もフィンケさんが指揮するレッズが見たいから、ただそれだけです。それ以外に合理的な理由もないし論理的な説明もできません。ま、たかが1サポのちっぽけな意見にその必要もないですけどね。
 

でもフロントが退任やむなしとするなら、きちんと報道に対するフォローを入れた彼らプロフェッショナルの判断としてそれを支持したいとも思っています。今現在レッズがいい方向へ進んでいることは間違いないと思いますが、何が最も正しい道なのか未来のことは誰にもわからないわけですから。

ただ、そのためには彼らにもできるだけたくさんの判断材料があったほうがいいと思うのです。
 

サイレントマジョリティの皆さん。今こそ声を上げる時なのかもしれませんよ。
 

クラブへのメールはこちら

|

« 釘付け | トップページ | 幸せな引退 »

コメント

長いですが引用を。

---------------------------------------------------
 政権がころころ変わり政策が一貫しなくなると、まず、その国の経済が混乱し出す。経済的に苦しくなっているのを打開しようと政権を取り替えることはよく見られる光景だが、変わった瞬間に良くなったという事例はない。失敗続きの長期独裁政権を倒した結果として経済が好転したということならあるが、それでも経済は徐々に良くなったのであって、一瞬にして好転したことはない。
 一三世紀のイタリアの詩人ダンテは、経済苦境に陥ったために政権交替が頻発している祖国フィレンツェの様子を、痛みに耐えかねてベッドの上で身体の向きを頻繁に変える病人になぞらえた。フィレンツェに限らず、苦境を打開するのに目先の修正に手を出す者は多い。指導者を替えるとか、新しい人材を就けるとかといった、わかりやすい目先の修正をして、これで苦境から逃れられると考えるのは人間の本性でもある。日本人も二〇〇九年の夏まではそう思っていた。今となっては妄想であったことを気づくべきであったが、そのときの日本人は気づいていない者が多かった。
 病に苦しみ痛みに耐えかねる状況になっても、病を治すには身体を安静にし栄養を摂らなければ病は治らないのである。それを「医者の腕が悪いからだ」とか「薬が効かないからだ」とかで医者や治療法を頻繁に変え、安静を拒否し、摂るべき栄養も摂らずにのたうち回っていては、治るものも治らない。
            (「応天門燃ゆ」より)
---------------------------------------------------

投稿: 徳薙零己 | 2010/11/04 21:10

こんな話もありますしね・・・

仙台、昇格の要因は毎年恒例の監督交代を止めたこと
http://supportista.jp/2009/11/news13092553.html

とにかく、続けることだと思うのです、私も。

久々にクラブ宛に書いてみましょうか。

投稿: sat | 2010/11/04 21:53

>徳薙零己さん(今回はこれでいいのかな)
2009年夏ってのは国を司るお偉い人たちの話でしょうけど、まだ気づいただけマシなのかなという気もします。気づいてない、気づくつもりもない人たちの始末の悪いこと・・・。

>satさん
是非お願いします>クラブ宛
実際にそういう声のほうが多いのならまだしも、声が届いてなくて結局声がデカイほうが勝ったというのだけは避けたいなと思うのです。もっとも、残念ながらそれを検証できる術はないですが。

投稿: にゃんた2号 | 2010/11/04 23:11

私もフィンケさん続投に同意します。
(「複数の関係者のコメント」という事で結構です)
周りは、色々言ってますが私が見る感じでは、
少なくとも選手たちは、今の監督を信頼してるように思われます。
実際、ヤマもなにかのインタビューで言ってたような・・・

投稿: eriy | 2010/11/05 13:34

そうですね。結局どんな監督であれ、選手からの信頼がなければうまく行かないでしょうし。

そもそも、いい監督かどうかを最もよくわかるのは選手に違いないですよねぇ。

投稿: にゃんた2号 | 2010/11/05 20:44

みためが派手な豪華なビルを建てても
基礎がしっかりしていなければ崩れ落ちます。
ということで、フィンケさん続投を希望します。
社長宛にメールもしてみました。

投稿: どりかめ | 2010/11/06 11:34

ありがとうございます、ってワタシがお礼を言う話じゃないんですがw

ワタシはどりかめさんと同じ意見ですが、同じ意見じゃない方もどんどんクラブに伝えてほしいなぁと思うのです。

投稿: にゃんた2号 | 2010/11/06 16:52

私もフィンケ監督続投に一票。
1.細貝や柏木ら選手が路線は間違っていないと支持しているから。
2.「いらね」といわれてきたベテラン選手たちのよさを十二分に引き出しているから。
3.戦術は○○(個々の天才)から、一丸となって戦うチームになったから。
4.情報等の管理能力に優れているから。
5.観客が減ったのは監督の責任というよりは、マスゴミや某掲示板のアンチ報道のせいだと思うが、一番の原因はやはり不景気(と今年の試合開催日時)。
 人気に惹かれる客よりもサッカー通の客層の方を狙った方が固定化する。レッズが運動量のある魅力的なサッカーを見せ続ければ、埼スタもエミレイツやオールドトラフォードのように活気に満ちたスタジアムになると思う。
6.そしてなによりも、怪我の自己申告等、選手を大切にしているから。

というように、個人的には進化した今後のレッズ及びサポーター軍団を楽しみにしています。

そして、営業努力を怠っているフロントが、監督に集客まで押し付けるのは筋違いだぞ(怒)。

投稿: アニヲタの女 | 2010/11/07 02:47

ほぼ同感ですが、4に関してはフロントの理解なくしては成り立たないと思うのです。また、営業努力の点では、現フロント(社長、GM)の責任というよりはチームの方向性が変わったことにより今まで営業政策が通用しなくなったのかなとワタシは考えています。で、今必死で新しい方針で動いている、と。彼らが動き出したことは素直に評価したいです。

あと、5についてはたぶんいろいろ複雑な要素が入り交じってると思うんですよね。おっしゃる通り、魅力的なサッカーは長期的には観客増にはつながると確信しますが、少なくとも即効性のある特効薬にはなり得ない。それまでの間ワタシらはどうすべきか、みんなで考えましょう。

投稿: にゃんた2号 | 2010/11/07 08:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/49922887

この記事へのトラックバック一覧です: Now is the time:

« 釘付け | トップページ | 幸せな引退 »