« 朝もはよから | トップページ | 古参 »

2010/11/28

独り言

川崎戦を見て思った。
 

やっぱりワタシは今のこのチームが好きだ。
 

結果は出なかったかもしれないけど、

要領が悪かったかもしれないけど、

若手も中堅もベテランも皆が必死になって、

休まずに走り回って頑張って、

ベンチメンバーもスタッフも一丸になって、

勝利というひとつの目的のために闘って、

でも時には攻めても攻めても入らなかったり

疲れたりミスしたり集中を切らせたりして

必ずしも嬉しい結末ばかりじゃなかったけど、
 

やっぱり今のサッカーが、今のチームが大好きだ。

 

2010.11.27 川崎戦試合後 フィンケ監督 (SSRS脳内公式)

|

« 朝もはよから | トップページ | 古参 »

コメント

にゃんたさんは、決心がついたのでしょうか。

私はまだ考えがまとまりません。
私も選手や監督をはじめとするスタッフも大好きですが、それ以上に、浦和の街が大好きです。

レッドダイヤモンズというクラブは本当に浦和の街にふさわしいのか・・このクラブでプレーすることが本当に選手を幸せにするのか・・考えがまとまりません。

投稿: sat | 2010/11/28 14:41

ワタシはもう少し判断材料が出るまで結論は保留にするつもりです。もちろんそれだけじゃなく、現実的なもろもろの検討や調整もする必要がありますのでね。

それと、たとえ結論が出たとしても今のところここにははっきりと書かないつもりです。理由は、今季開幕前にメディア王が、知り合いがシーチケを更新しなかった話を喋りまくってったのを見て非常に嫌な気持ちになったからです。
たとえこんな零細なブログであっても見てる人はいるので、あまりその方々の判断に影響を与えたくないです。

まあ、ここ数日のエントリを見て『おせーよ』と言われると言い返せないですけどw

投稿: にゃんた2号 | 2010/11/28 15:44

にゃんた先生、こんばんは。
私は浦和に嫁いで、無理矢理レッズの試合に連れて行かれ、11年になります。
今、色々な報道などに気持ちがバラバラになりそうな私ですが、ダンナは動かざる事山のごとし、です。浦和にレッズがある限り、彼はシーチケを買うのだそうです。そこに頑張る選手がいる限り。
チームにも某勢いなメディア王にも、これ以上浦和レッズを食い物にして欲しくない...刹に願うばかりです。

投稿: mana | 2010/11/28 18:25

こんばんは。コメントありがとうございます。

当然ダンナ様のような方も多いと思います。特に今の選手たちの、例えば昨日のような頑張りを見ればそういう気持ちになるほうが自然です。なので、よーく考えましょう。案外、家庭の事情の方が調整困難だったりしますしw

でもメディア王については恐らく似た様な考えの人が多いと思いますよ。

投稿: にゃんた2号 | 2010/11/28 20:09

フィンケ監督、名言ですね。

クラブチームの現場(チーム)と経営(フロント)の関係は、学校法人における教学と法人(監督→学長、社長→理事長)に似ています(力関係も現場<経営(お金と人事権)で同じ)。
某K大学などが良い例ですが、リーマンショックの株価暴落により、これまで表に出なかった大学の経営という問題が最近クローズアップされてきました。
鹿島が強いのはフロントが一貫した理念を持っているからだという人がいますが、私も同意です。

ある程度社会の中で生きていると組織のあり方についていろいろと考えるようになります。今回もチームの成績より、個人的にはチームを取り巻く環境に危機感を募らせました(何を重視するかは個人によって違うものだと思いますが)。

試合は行くけどシーチケは買わないが私の結論です。財源が減少したからといって、安直にチームの人件費削減につなげるような経営陣ではチーム作りは土台無理。

ということで、個人的にはレッズ愛は不変(当然)、参戦もするけど経営に関してはシビアに見て行くというスタンスをとります。

現場の声をフロントに突きつけられるのはサポしかいません。レッズを守れるのはレッズサポだけです。

年をとって階段が厳しくなっても参戦したいから埼スタに通う、そういう気持ちの持てるチームであるよう、自分の責任においてできる範囲で頑張ろうと思っています。

長文失礼しました。

投稿: アニヲタの女 | 2010/11/29 01:12

ふむなるほど。

とりあえず、ご判断についてはコメントを差し控えますが、一般論として(そして好き嫌いは別にしてw)鹿島が一貫した理念を持ってるから強いというのは同感です。一度隆盛を誇ったチームは、磐田しかり横浜鞠しかり、どこも世代交代には苦労していると思うのですが、その中であそこが一番その端境期を最小限に抑えてたと思うのです。

まあいろんな要素があって単純な話ではないかもしれませんけど、最低限の要素ではあるんじゃないでしょうか。

投稿: にゃんた2号 | 2010/11/29 08:54

公式発表出ましたね

投稿: 埼京線 | 2010/11/29 16:34

にゃんたさん、はじめまして。いつも拝見してます。
フィンケ監督のこと、抗議の意思を示すためにはじめてクラブにメールしました。
勝ち負けとか、サッカースタイルとかより前に、まさににゃんたさんがおっしゃる通り、ミッションを果たそうと真摯に仕事に取り組んだ監督にたいして著しく礼を欠くものであり、また説明責任を放棄し、マスコミにリークを繰り返したことは、サポーターに対する背信だと感じています。
オフトの時も失望しましたが、今回は浦和レッズというクラブに対する気持ちに大きな穴があいたようです。

チームや選手はもちろん応援しますが、いろんな意味でこれからのこと、じっくり考えようと思います。

最終戦あるいは天皇杯の最後の試合で、フィンケさんに盛大なコールを贈りたいですね。

投稿: げったん | 2010/11/29 18:32

>埼京線さん
ありがとうございます。大変残念です。今はそうとしか言えません。

>げったんさん
コメントありがとうございます。
ワタシが今とても後悔しているのは、現状を是(というか少なくとも否ではない)とする声をどんどんクラブに伝えるべきだったということです。思うような結果が出なかったのは事実であり、当然それを不満にする声はかなり伝わったはずなんですよね。でも、少なくともワタシはあまり不満に思ってはいなかったから、特に何も言わずに静観していた。それが良くなかったのかなと少し思いました。
簡単に言うと、クラブを信用し過ぎていた、そういうことでしょうか。

投稿: にゃんた2号 | 2010/11/29 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/50145191

この記事へのトラックバック一覧です: 独り言:

« 朝もはよから | トップページ | 古参 »