« 取り急ぎ私信 | トップページ | 師匠んとこ »

2010/11/08

親愛なるウェルテルたちへ

悩んでいる。

ワタシらサポも悩んでいますが、選手たちの悩みに比べればどうってことないと思うんですよね。一生懸命やっている、でも結果が出ない、どうすればいいんだろうって。

若い選手が多いだけにそれはしょうがないんじゃないかとも思っています。比較的経験が豊富だと思われる柏木が23歳、萌でも24歳。自分が同じ年齢の純粋で紅顔の美少年だった頃のことを思い出せば、ついついそういう気持ちになってしまうことも容易に理解できるというものです。でもまあさすがに齢を重ねてど厚かましいオッサンになった今となっては、それに対する対処方法もある程度心得ているつもりです。

なので、悩みなんてのは案外簡単なことで解決するもんなんだよ、ということを彼らに教えてあげたいですね。
 

例えば、ワタシは土曜にまさにそういう瞬間を経験しました。

日本人なら誰もが直面する人生における非常に大きな苦悩が、ある情報を知ることによっていとも簡単に解消したのです。

その情報とは、、、

 
食い終わった峠の釜めしの釜は、おぎのやが回収してくれるのです!
 

釜回収箱まであるんです。
 

これで、食い終わった釜を燃えないゴミなのか資源ごみなのか悩みに悩んだ末結局部屋の隅に放置したまま埃まみれになってしまうという最悪の結果を完璧に回避することができるようになりました。
 

悩みが解決する時ってそんなもんです。

ですんで、選手たちはあんまり悩まずに次の試合に集中してもらいたいと思います。

|

« 取り急ぎ私信 | トップページ | 師匠んとこ »

コメント

ウチにも1つあります。
『ごはんが炊ける』とあったので、取ってあるのですが、そもそも自炊をろくにしない…
駅弁といえば真っ先に思い浮かぶ私の大好物です!

投稿: とらもー@他サポ | 2010/11/08 20:42

学生のときは灰皿にしてましたが、今はタバコ止めたのでマジに使い途がありません。重いし実に厄介です。

駅弁としては定番として手堅い存在ですね。

投稿: にゃんた2号 | 2010/11/08 21:54

私の家にも釜めしの釜、3~4個は転がっていますが、回収してくれるのは初めて知りました。

HPにも書いてあるんですね。
http://www.oginoya.co.jp/oginoya02/tougenokamameshi/kamameshi/index.html

大変に凝った作りのHPで、見ているうちに釜飯を食べに行きたくなりましたが、昨年の秋以来、どうも長野県方面に行くと辛い思い出が蘇りそうでwww

投稿: sat | 2010/11/08 23:59

で、本題ですがw失った勝ち点を悔やんでも勝ち点が増えるわけでもないですし、焦ったところで怪我の治りが早くなるわけでもないので、「なるようになる」くらいに考えてもらうのがいいと思うんですよね。

投稿: sat | 2010/11/09 07:51

長野と松本は別の地方と考えれば無問題。実際互いに何かと張り合っているようですし。

>>「なるようになる」くらいに考えてもらうのがいいと思うんですよね。
同感です。マジメなのはいいことだと思いますが、マジメすぎると煮詰まっちまいますからね。

投稿: にゃんた2号 | 2010/11/09 08:50

じっくり悩んで自分の頭で考えるのはよいことです。
特に自分のプレーも人生も、結局は自分で責任を取らなきゃいけないので、じっくり考えて欲しいです。

ただ、うちは外野が煩すぎてきちんと考えるのに良い環境とはいえないですね。

投稿: アニヲタの女 | 2010/11/09 09:00

それは言える>外野が煩すぎてきちんと考えるのに良い環境とはいえない

ベテランならまだしも二十歳そこそこの選手にとってはそうですね。ホリとか坪井とかはそのへんのご指導がうまそうなのでケアしてそうではあるんですが。

投稿: にゃんた2号 | 2010/11/09 12:26

で、最終的に暢久見て、「ああ、あんな感じでいいんだ」と納得してもらえればよろしいのでは?ww

投稿: sat | 2010/11/09 13:15


思い切りふいてしまいました。
(≧m≦)
それだと肩の力が抜けますね。

投稿: eriy | 2010/11/09 14:56

ホリ『周りは気にするな』
坪井『気楽にいけ』

(`~´)< ちゃんとやれ

投稿: にゃんた2号 | 2010/11/09 21:13

えーと、ツッコミが入らないようなので・・・

お前が言うなwww>(`~´)

投稿: sat | 2010/11/10 06:48

ナイスツッコミw

投稿: にゃんた2号 | 2010/11/10 08:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/49966581

この記事へのトラックバック一覧です: 親愛なるウェルテルたちへ:

« 取り急ぎ私信 | トップページ | 師匠んとこ »