« 新しい時代 | トップページ | 熱戦 »

2010/09/19

成長

とりあえず昨日ゲームが終わった瞬間に『エジと一蓮托生』というフレーズが頭に思い浮かんだんですが、冷静に考えてみると、一蓮托生なのはエジじゃなくて元気のほうじゃないのかと思い直しました。

もし昨日勝てなかった理由があるとすれば、元気が2回の決定機を決められなかったことは間違いなくそのひとつでしょう。それも相当大きな要素として。

別に彼を叩こうという気はありません。ただ、もう彼はそう言われても仕方がない立場になったのだ、そうでなければならないとワタシは思うのです。

と、思ってたら柏木がまったく同じことを考えていたようですね。
 

【J1:第23節 浦和 vs 清水】試合終了後の各選手コメント(J'sゴル)

●柏木陽介選手(浦和):
「前半はうまいこと自分のサッカーができていた。(原口)元気に厳しいことを言えば、あれを決めていれば勝っていた試合だった。追加点を取れるチームにならないとこの先勝っていけない。元気には厳しいことを言うけど、アレは決めないといけないと言いたい。元気を批判するつもりはなくて、めっちゃいいプレーをしていた。でも、あそこで決められたら、僕が言うのも変だけど、一流になれると思う。
 

FC東京戦も清水戦も以前の彼からすると相当頑張っていたと感じています。でも、ポジションの近い峻希や達也の頑張りを見たら、ぶっちゃけ、まだ頑張りが足りません。

特に達也は怪我明けでしかも元気よりも遥かに多くの実績を残している選手ですよ。そんな達也があれだけ走ってるのを見るとねぇ。

プレイスタイルが違う、というと確かにそうなのかもしれませんが、今のプレイスタイルで結果を出せていない以上、それは理由にならないと思います。結果が出なければ、いろいろと考えて、必要ならばプレイスタイルも修正しなきゃいけないんです。それを繰り返して『成長』をするんだと思うのですよ。
 

下位カテゴリにレンタルとかそんな楽な道は歩ませない。

元気は我々が育てなきゃいけない。
 

そう思うからあえて書きました。新潟戦には彼の奮起を期待しています。

|

« 新しい時代 | トップページ | 熱戦 »

コメント

全く同意です。柏木も萌も攻撃陣が攻撃に専念できるよう、黙々と広範囲の守備をこなしています。
特に、柏木は元気の後始末とサヌの上がった後をケアするわけですから、かなり大変だと思いますよ。

天皇杯2回戦でもそうでしたが、自分で決めればよいものを、ゴール前でわざわざ元気や高崎にお膳立てする。
柏木としては得点させることで彼らにFDとしての自信をつけさせたいと考えてのことなのでしょう。

若手が後輩を育ててチーム力を向上させようとする、さすが萌ちゃん組ですね。

投稿: アニヲタの女 | 2010/09/19 15:35

いやー柏木に関しては何も文句はありません。彼はホントサッカーに取り組む姿勢が素晴らしい。この発言も真からチームや元気を慮っての言葉でしょう。

彼にも是非レッズに来て良かったと思ってもらいたいですね。

投稿: にゃんた2号 | 2010/09/19 17:52

元気は、幸せ者だなぁ!

投稿: みつる | 2010/09/21 16:21

ワタシはともかく柏木みたいなちゃんとした先輩にああ言われるのはおっしゃる通り幸せ者ですよね。

若い頃は得てしてこういうのは嫌だとしか感じないものですが、後になってある程度経験を積むとその真意がわかってくるものです。元気もそうなればいいですね。

投稿: にゃんた2号 | 2010/09/21 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/49489265

この記事へのトラックバック一覧です: 成長:

« 新しい時代 | トップページ | 熱戦 »