« 川の流れのように | トップページ | 苦労はしない »

2010/08/16

さて明日は仙台戦です。
 

浦和レッズ、中断明け6試合で1勝5敗。

ベガルタ仙台、同じく1分5敗、リーグ戦13試合勝ちなし。

明日は絶不調王決定戦ですよ。

(注.絶不調王は中断明け7試合で1分6敗、リーグ戦14試合勝ちなし、得点1失点13)
 

準ミス日本、とか

ワールドカップ準優勝、とか

Jリーグ準加盟決定、とか

世界標準を目指せ、とか

準備万端整った、とか

河本準一は次長?課長?、とか

とは違って全然嬉しくない『準』の称号ですけれど、嘆いたって現実は変わりません。せめて『絶不調』から『絶』の字を取るべく頑張りましょう。

『準絶不調王』から『準』の字を取(ry
 

では皆さん、埼スタで。

|

« 川の流れのように | トップページ | 苦労はしない »

コメント

あと準特急とか準急とか。

例年通りなら湘南にお負けになった
某日本海側の中位チームがやらかしていたはずなんすけど
絶不調王にしろ準絶不調王にしろ自滅するんもので・・・

仙台にはあれだけ苦労してJ1に戻ってきたので
簡単に降格してほしくはないんですが
だからといってJ1のチームでしたら情けは無用ですよ。
がんがってくださいね。

投稿: あおちん | 2010/08/16 20:56

もちろん。

個人的にも最も関係が深いと思われる相手ですが、だからこそ必死で戦うんです。勝ったほうが少しなりとも調子を取り戻せそうですし。

投稿: にゃんた2号 | 2010/08/16 21:37

このところレッズ関係のサイトを見に行く元気もなく過ごしていましたが、童話を読んで感じ入るものがありました。今朝は通勤カバンにユニ・タオマフ・シーチケを入れて出勤です。今晩参戦します。朝からラジオでネガティブな話をしてる輩もいましたが、志は我にあり、です。

投稿: 埼京線 | 2010/08/17 07:11

ワタシも偉そうなこと言えるほど立派なサポじゃありませんが、他の人がどう思おうと結局は自分の信じるところをやっていくだけだと思うんです。

レッズが負けても命取られるわけじゃなし、いい意味で力を抜いてまいりましょう。

頑張りましょう ノシ

投稿: にゃんた2号 | 2010/08/17 07:54

>いい意味で力を抜いてまいりましょう。

この一文で、昨日読んだ本を思い出しました。

「たとえば走り方や歩き方。極端に言うと、多くの人だけが手と足だけを一生懸命動かしているんです。・・・全身に力を入れてグワーッて、とにかくがむしゃらに走るやつ、あれはみすみす怪我をするために走っているようなものです。やみくもに全身に力を入れると、それは身構える動きということですから動くためのフォームじゃないんです。・・・サイドブレーキを引いたまま200キロでかっ飛ばしているようなものですね。ではどうするか。それは、力は入れるところは入れて抜くところは抜くんです。全力疾走なのに抜くって信じられないでしょうけど、ある部分を抜くからスムーズに動けるんです。」

長い引用になりましたが、力を入れるところは入れて、抜くところは抜く。こういう意識を忘れずにいたいと思います。

ちなみに、この本の著者、以前、にゃんた2号さんが西が丘の漢祭りで会話に成功したあの主審さんです(ウェンブリーで初めて笛を吹いた日本人主審と言ったほうがわかりやすいでしょうか)。良い意味で期待を裏切られた、面白い本でした。

投稿: sat | 2010/08/17 08:37

あ、引用ミスしました。

×多くの人だけが → ○多くの人が

投稿: sat | 2010/08/17 08:39

あ、もう彼の著書出てるんですね。出るのを知ったときから読もうと思ってました。

思えば彼もずいぶん進化しましたよね。人はいろんな失敗を繰り返して進化してゆくのですねぇ。

投稿: にゃんた2号 | 2010/08/17 08:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/49160946

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 川の流れのように | トップページ | 苦労はしない »