« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010/08/31

前田ダービー

先の日曜に、次戦の天皇杯初戦の相手がやっと決まった(つーか特定した?)ようです。
 

東京国際大学(埼玉県代表)vs栃木ウーヴァFC(栃木県代表)の勝者
 

という、フォントをでかくすると一行で書ききれないかもしれない相手と対戦することになりました。
 

東京国際大学の監督は、あの『漢前田』こと、日本三大秀樹のひとり前田秀樹氏。間違いなくきわめて現実的な戦い方をしてくるでしょう。

片やウーヴァは何人かの元Jリーガーを擁しており、中でも元瓦斯、山形の前田和也は攻守の要。そもそも、あの強豪松本山雅が所属するJFLのチームですから弱いわけがありません。

まあ要するに、この『前田ダービー』の勝者のどちらが来ても非常に手強い相手だということですね。向こうが中1日というのは、こういう相手にめっぽう弱いウチに対するハンデと考えておけばちょうどいいと思います。
 

とはいえ、萌を代表で欠き、酷暑の連戦に出ずっぱりで疲労が溜まっている選手が何人もいる現状からすると、いわゆるベストメンバーで戦うのもあまり現実的ではないかもしれません。
 

ということで、J1相手の練習試合でハットの高崎君。頼んだぞ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/08/30

普通と違うこと

反町監督「それなら先発を9人に」/J1(ニッカン)
 

スポーツ記者の方がおっしゃる『普通と違うことをする』には何をすればいいのかについて考えてみる。
 

1.試合後の会見をスウェーデン語で行う

2.試合後の会見をモールス信号で行う

3.試合後の会見を狼煙で行う

4.試合後の会見を熊倉一雄の声の吹き替えで行う

5.試合後の会見を子門真人のモノマネで行う

6.試合後の会見を児玉清の司会で行う

7.試合後の会見を体育館の裏で行う

8.試合後の会見を繁忙期の製材所で行う

9.試合後の会見を真夜中の住宅街で行う

 

他人に敬意を払うのは人として普通の行為ですが、それができない人には普通と違うことをしてさしあげればよいと思うのです。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010/08/29

質問

やっと8月のリーグ戦が終わりました。

9月になって涼しくなるのかは別の話として、とりあえずナイトゲーム一辺倒&去年から我がチームの鬼門となっている季節をなんとか乗り切ることができました。

ただ、今季のこの時季のレッズのスケジュールに関してはずっと疑問に思っていたことがあります。この7~8月には4試合ホームゲームがあったわけですが、平日の仙台戦を除いてすべて18時キックオフ。
 

この意図や如何に?
 

夏休みの観客動員の関係? 19時より18時の方が風が強いから?(埼玉在住20年の経験より) 相手に『暑さ』というアウェイの洗礼を浴びせるため?

いずれにしろ、ぶっちゃけこっちのアドバンテージやメリットはあんまりないような気がします。個人的にも、毎度埼スタへの道すがら『暑さという点では1時間遅いだけでもずいぶん違うんだけど』と感じていましたし。

是非この理由を語る会(加齢サポのお約束 byGEN@めおとさん)で聞いてもらいたかったなぁ。
 

もっとも、そんなのを聞いたところで、
 

ウチの選手の移籍先の試合を全部見るなんて大変でしょう。

とか

そんなひねくれた意見をさもサポの総意のように言われてもなぁ。

とか

喧嘩したいだけなら会終わってから待ち伏せでもすれば?
 

とかツッコミたくなる質問と同じように、どうでもいいことなのかもしれませんけどね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/08/28

惜しかった

 
いやあ惜しかった。
 

いろいろと評価はあるかと思いますけど、ワタシは、チームというよりも我々浦和レッズ全員の力があと1分ぶんだけ足りなかった、そういう解釈をしたいと思います。

一応ホームゲームですし、ウガ、ギシ、ポンテさんを始め選手たちは必死でやってたと思いますしね。上位相手に負けなかったんだから選手たちには上を向いてほしいです。
 

ただ、西村は南アフリカから帰ってこなければ良かったのに。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010/08/27

まだまだ

さて明日は鹿島戦です。

前節『準絶不調王』の座を湘南に譲ったので、『不調王』くらいにはなったでしょうかねぇ。

ところが意外なことに、実は鹿さんちも4試合未勝利(2分2敗)なんですって。前節ホームで0-1でセレッソに負けてブーイングされたみたいですよ。
 

4試合くらいでブーイングとか、奴らもまだまだだな。
 

ということで、明日スタへ来る人はトロたんのFlashを20回見てから来るように。
 

We are Reds !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萌代表選出

日本代表(オヒサル)
 

ハジメくんおめでとう 活躍を心から祈っています

遠く熊本の地より愛をこめて heart
 

赤菱の巨匠に先んじるべく、早速ネタにしてみました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/08/26

あこがれ

南アフリカワールドカップで主審を務めた西村雄一氏。今まで彼についていろんな感情を抱いてきました。

頭にくる。

笑っちゃう。

おかしい。

よくやった。

正直なところポジティブなものよりネガティブなほうが多かったように思います。

しかし、この人に対し『うらやましい』という感情を抱いたのは初めてですね。
 

↓週刊文春の今週号より

Sawako
 

あこがれの阿川佐和子さまとお話ができるなんて。
 

バ○アじゃんとか言うなー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/08/25

WE CAN DO.

浦トロ道場さんの新作Flash"WE CAN DO."

チームの力が足りないのならば、チームの外の者が力を出せば少しは足しになるのかな、と。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

度を越した

度を越した応援…大宮が仙台に謝罪を要求(ニッカン)

実際にどういうふうに度を越してたのか、見たわけじゃないんでわかんないんですけど、このニュースを見てワタシがまず最初に思ったのはこうです。
 

なんで仙台?
 

やっぱお隣の行動パターンはよくわからん。

わかりたいとも思わんが・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/08/24

レスターと聞いて

浦和阿部英レスター移籍はビザ取得が焦点(ニッカン)

ワタシがレスターと聞いて最初に思い浮かべたのはこれでした。

Hicrown

この画像だけじゃわかんない人は『森永ハイクラウン CM レスター』でググレ!

それにしてもこういうどうでもいいことばっかり憶えてるのはなぜなんだぜ?
 

なお、あべゆの件に関するちゃんとしたエントリはオヒサル発表後ね。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2010/08/23

漫才

甲府ハーフナー13発で得点トップ(ニッカン)
 

一度でいいから見てみたい。
 

セルヒオとハーフナーのしゃべくり漫才。
 

歌丸です。
 

芸名は西洋亭タンク&チョークで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/22

腹を出して

Sergio_hara
 

例えばこれがポンテさんとかだったら、そのキャプションは

『ユニフォームを脱いで喜ぶポンテ』

とかになる気がする・・・。
 

それにしてもセルヒオ、自分が累積3枚持ってるってくらい覚えときなさいよ。もっとも、それがセルの愛すべきトコなのかもしれませんがね。

ホリの知性 + セルの能力 = 最強のサカー選手

間違いない。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010/08/21

嬉しい

ヒーローインタビューが終わるころになってやっと自分が次節出場停止だと気づいた

セルヒオ△。

でもゴールはリアルに、セルヒオ史上最高にカッコ良かったぞ。
 

スピラのJ1初ゴール、エジのJ1通算100ゴールも大変オメ。
 

それと、解説の川本さんの

「最後の失点は次節気を緩めないための戒めでしょうね。」

ってのはおっしゃる通りですね。さすがは

「エスクデロ選手は日本国籍ですね。」

と冷静に実況の間違いを指摘するだけのことはある。
 

ということで、嬉しい嬉しいひさびさの勝利。何が嬉しいって、必死で戦っている選手たちの汗が結果につながったことが本当に嬉しいです。思えば、前回、前々回の勝利はいずれもミッドウィークだっただけに1週間幸せでいられるのはいつ以来でしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/08/20

予選リーグ第2戦

さて明日は湘南戦です。
 

浦和レッズ、中断明け7試合で1勝1分5敗。

湘南ベルマーレ、中断明け8試合で1勝2分5敗。

しかも、その1勝の相手は
 

両方とも京都@西京極
 

という実力伯仲の相手です。(前節湘南ホームの京都戦は引き分け)

今節も準絶不調王決定戦の予選リーグ第2戦みたいなもんですが、今回も何とか『絶』の字を取るべく頑張りましょう。
 

ちなみに、埼スタで点を獲られた中山元気選手は長期離脱中で、元気対決は原口の不戦勝となる予定です。つーか断じて不戦でよろしく>原口君
 

では現地組の皆さん、よろしく頼みました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/19

遭遇

ちょっと前に『ネタは向こうからやってくる』と書きましたが、先日文字通りの出来事がありましたので書きます。
 

熊谷で大宮vs湘南のゲームがあった日のこと。

例によってチャリでスタへ行こうと、その日の朝シャコシャコとタイヤに空気を入れました。マイチャリは現在ほぼそれ(スタジアム往復)だけの用途になっており年に数回使うだけなので、そのたびにエアの補充が必要なのです。

で、その後ウチの周辺を試運転に出かけました。

住宅街を抜け国道へ出たところで、前から背の高い男がひとり、歩道をこちらへ向かって歩いてくるのが見えました。どうやら西洋系の外国人のようです。

こんなとこを外国人が歩いてるなんて珍しいな、そう思いながらすれ違った瞬間に顔を見たら、、、
 

大宮のマトでした。
 

まさしくネタが向こうから歩いてきたのでした。

走りながら『そうだ、マトなら英語が通じるから話しかけてみよう!』と思い立ち、200mほど過ぎたところでUターンしたのですが、時すでに遅し。マトはどっかの路地へと姿を消していました。

前日の会社帰りにアルディージャバスともすれ違ったことを思い出し、その後近くにあるホテルへチャリを走らせてみたら、やっぱり入り口に『大宮アルディージャ様』と掲げられていました。どうやら前泊をしていたようですね。マトはひとりで朝の散歩をしてたみたいです。
 

ワタシの、幼稚園サッカーならぬ幼稚園イングリッシュが世界のサカー界に通用するかを試せなかったのは心残りです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/18

奇特な人たち

浦和ドロー、観客ワースト2位/J1(ニッカン)

>>観客動員でも苦戦。この日の3万2231人は、03年7月26日仙台戦の3万1965人に次ぐ埼玉スタジアムワースト2位。
 

バカみたいにクソ暑い平日に、ここしばらくろくに勝ってない弱いチームを、あんな行きにくい場所までわざわざ見に来る奇特な人がまだ3万人もいる

そう考えればいいんじゃね。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010/08/17

苦労はしない

攻めても攻めても点の獲れない浦和。

そんな簡単に点獲れればこんなに苦労はしねーよ。
 

後半残りあと少しで追いつかれた仙台。

最後まで守りきれればこんなに苦労はしねーよ。
 

要するに、引き分けはきわめて妥当な結果だったんですね。

ただ、エジオウン選手の同点ゴールは、我々の『Pride of Urawa』の声がボールをゴールラインの内側に引き寄せたという解釈でおkかと。
 

それにしても平日のナイトゲームにしてはアウェイ席が盛況でした。今同じような状況にいる両チームのサポが試合後に取った行動は、どちらもなかなか素敵だったと思います(聞こえただけで見てないけど)。

ということで、個人的に今日のゲームで最も強く感じたのは、

『仙台とともに何とか残留したいね』

でしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/08/16

さて明日は仙台戦です。
 

浦和レッズ、中断明け6試合で1勝5敗。

ベガルタ仙台、同じく1分5敗、リーグ戦13試合勝ちなし。

明日は絶不調王決定戦ですよ。

(注.絶不調王は中断明け7試合で1分6敗、リーグ戦14試合勝ちなし、得点1失点13)
 

準ミス日本、とか

ワールドカップ準優勝、とか

Jリーグ準加盟決定、とか

世界標準を目指せ、とか

準備万端整った、とか

河本準一は次長?課長?、とか

とは違って全然嬉しくない『準』の称号ですけれど、嘆いたって現実は変わりません。せめて『絶不調』から『絶』の字を取るべく頑張りましょう。

『準絶不調王』から『準』の字を取(ry
 

では皆さん、埼スタで。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/08/15

川の流れのように

皆様おひさしぶりです。戻りました。

旅の間につらつら考えた妄想を書いてみました。
 

日本創作童話集その18『川の流れのように』 
 

なお補足すると、ワタシは豊スタ行ってませんしこのタイミングでうpしたのも特に他意はありません。

所詮妄想ですんで、さらっと読んで頂ければ幸いです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010/08/12

旅は続く

旅は続く

でも、台風のせいでろくに外にも出れないっす。

画像は昨日食ったソバ。ウマー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/10

旅の途中

旅の途中

特急というのはスピードが速いってことじゃなく停まる駅が少ないってことをあらためて実感しました。

車窓に某ブロガーさんち発見!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/08

書き置き

 
旅に出ます。
 

探さないでください。
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

猛練習

選手、スタッフの皆さんへ。
 

キミたちはとりあえずこの試合に向けて猛練習しなさい。
 

9/5(日) 天皇杯/2回戦 埼玉県代表 or 栃木県代表
 

このままじゃオマエら全然勝ち目ねーぞ。
 

自信をもって言える。今の浦和はJリーグ37チーム中2番目に弱い。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/08/07

やっぱりあついぞ

やっぱりあついぞ

でも夕立が来ても困るのでこれでいいのだ。

アウェイ席は日陰だし風も吹いてきた。
 

(ハーフタイム追記)

0−1で湘南負けてる。が、想像通りキック大活躍。
 

(帰宅後風呂入ってさらに追記)

湘南は非常に厳しい戦いだった。プレイ以外で一発レッドの新井は猛省すべき。しかしゴール裏はタイムアップまで目一杯声を出していたように思う。

湘南のチャントはどれもいい曲で、特に♪みどりーとあおーのゆうしゃーしょうなーん♪が近くで聴けたのは嬉しかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/08/06

あついぞ

 
明日、祐也と都築を見に来る人は挙手。
 

。ノ
 

今年はマジにハンパなくあついぞ熊谷。
 

駅からスタまで歩こうとしてはいけません。

クルマで来ても窓を開けてはいけません。

もしそこらへんに生えているサボテンを見つけても採って帰ってはいけません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/08/05

期待したい

浦和サヌFW起用濃厚「監督に応えたい」(ニッカン)

お、いいんじゃない。

ぶっちゃけ、ここ数試合攻撃で最も可能性を感じたのはサヌさんの突破だっただけに期待したいですね。
 

え。 大宮戦のあとあれだけネガってたのに『期待したい』ってなんだよ、ですって?

いやあれはネガってたんじゃなく悔しくて怒ってただけです。
 

どんなに酷い試合でも次の試合には期待してしまう。

むしろ、前が勝てなかったからこそ、次こそは勝てるだろうと考える。
 

だってワタシは、評論家でも解説者でもメディア王でもなく、

サポーターですから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/04

手違い

昨日のエントリに少し違和感を持たれた方もいらっしゃると思います。2つの記事が同じ時間に上がっていたわけですから。

実はこれ単なる手違いなのです。

予め用意してたあべちゃんの記事の公開日を直すのを忘れ、昨日書いたウメの記事と同じ時間に公開されてしまったんです。じゃあなぜあべちゃんの記事を予め用意してたのか、その理由は、その最後に付け加える予定だった以下の文章を見てもらえばわかります。
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 

と、こういうふうに取るに足らないことを書き続けて、このエントリがちょうど2000件めになるのであった。

皆様いつもご覧いただきありがとうございます。
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 

痛恨の手違いにより、2001件目の記事で2000件目のことを書く羽目になってしまったのであった。。。orz

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/08/03

神様はなに見てる

浦和MF梅崎半月板損傷、リハビリ頑張る(ニッカン)
 

神様へ。
 

余計なもんばっか見てんじゃねーよ。
 

一生懸命頑張ってる若いヤツのこともっと見てやれよ。
 

見てやれよ・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

上司

こうして10年近くブログなんかであることないこと書いていると、よく毎日毎日書くことがあるねぇと呆れられることがあります。そんなときワタシは前から『ネタは待ってれば向こうからやってくる』とうそぶいているのですが、まあそんな出来事があったので早速書いてみることにします。
 

先日とある個人的な理由で、ある方とじっくり話をする機会があったのですが、話の最後にその方がこう言うんです。

『私の上司を紹介します。』

そう言われて出てきた方を見ると、歳のころは40代くらい。わりと小柄な男性で、まあどこにでもいる普通の中年のおじさんという感じの方でした。

『上司の○○でございます。よろしくお願いいたします。』

お辞儀をされ、渡された名刺を見てびっくり。
 

阿部敏之
 

あべちゃん上司かよ。
 

恐らくその場にいる人たちにはまったくわからないであろう理由で、ワタシは笑いそうになるのを必死でこらえその場を立ち去ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/02

ダンマク

昨日徳島vs柏の試合をスカパーで見ていたら、徳島のゴール裏にあの方のでっかいお顔を見つけました。
 

板東英二ダンマク。
 

ワタシ的には『待望の』って感じだったので、見つけたとき思わず大声を出しちゃいましたよ。

この他に、現時点でワタシが確認済みのご当地にちなむ有名人ダンマクは、ガンバの横山やすし、岐阜の高橋尚子くらいしかないんですけど、↓このあたりはきっとあるんじゃないか、なくても誰かが作ってくれるんじゃないかと確信しています。
 

札幌の大泉洋ダンマク

山形のダニエルカールダンマク

新潟の田中角栄ダンマク

水戸のマギー司郎ダンマク

草津の井森美幸ダンマク

名古屋のつボイノリオダンマク

福岡のタモリダンマク(名古屋戦専用)

熊本の八代亜紀ダンマク
 

あと、菅原文太のダンマクを広島(仁義なき戦い)と仙台(出身地)、松崎しげる(東京出身)のダンマクを緑と瓦斯、それぞれどっちが先に出すかは要注目だな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/08/01

ダービーについて考える

昨日のエントリを見て『ボケなしかよ』と思わずツッコまれた方も多いかと思います。

ボケる気分にならなかったというのが正直なところですが、一晩寝て少しは落ち着いたので何故ワタシがそういう気持ちになっちまったのかを、もう少しボケなしで書いてみようと思います。
 

最近とあるダービーについての本を読みました。

それは世界各国(主に欧州と南米)のダービーマッチとそれに関わるもろもろを取材したもので、ごく一部の牧歌的なものを除いては、一様に『あいつらだけには負けられない』という思想が根底にあり、中には『リーグ優勝よりダービーの勝利の方が重要』と言い切る選手やファンもいるということが描かれていました。

『あいつらだけには負けられない』という意味においては大宮との対戦はやはりダービーとしか言いようがない、ワタシはその本を読んであらためてそう思ったのです。(さすがにリーグ優勝よりも重要とまでは思いませんが)
 

個人的には、自分がすでにレッズサポになったあとに同じプロサッカーチームとして同じ地域に立ち上がった後発のチームなんかに負けられるかという思いが常にあります。

もちろんワタシにも、彼らを上から目線で見ていた時期がありました。しかし今現実に彼らは我々と同じカテゴリーにいて直接対峙する立場まで昇りつめて来、曲がりなりにもその地位を5年間ずっと保ってきたわけです。それは彼らの努力の成果として素直に認めねばならないと思います。
 

だからこそ、彼らには絶対に勝たなければなりません。

後から来た奴らに負けてはならないのです。でないと、レッズは『古豪』と言われるチームになってしまうのです。昔は凄かったけど今や新興チームに取って代わられたよなぁ、そう言われるチームにしてはいけないのです。上述の本にもありましたが、そういうふうに立場が逆転してしまったケースは決して珍しくないのですよ。
 

ところが、徐々にそういうふうに変わってきた私の気持ちとは裏腹に、ここ数年ダービーでは勝てなくなりました。結果、内容ともジリ貧と言っていいと思います。そんなところに追い討ちをかけるような昨日の結果です。ダービーだから頑張る的なことを言っていた選手やスタッフの皆さんはどう思っているんでしょうね。

ワタシは、去年公式戦で8連敗したことと同じくらい、ダービーのホームゲームで連敗したことが悔しいです。
 

とにかく、次の大宮ホームのダービーでは
 

死ぬ気でやれ。
 

今ワタシが選手やスタッフの皆さんに言いたいのはそれだけです。
 

ハートフルの桜井コーチをダービー専門の臨時コーチにすればいいと思うよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »