« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010/07/31

寝る

レッズの選手、スタッフの皆さんへ。

 

ふざけんじゃねぇ。

 

今日はもう寝る。

アフターゲームショー見ないで寝る。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/07/30

神様が見てる

さて明日はさいたまダービー、ホーム大宮戦です。
 

ワタシは基本不真面目なオッサンです。

なのでダービーにかかわる、お隣をからかう類のもろもろは決して嫌いじゃありません。

火事とケンカが江戸の華であるように、岸和田や諏訪のお祭りに(自粛)あるように、そういうことがいわゆるダービーマッチにはつきものであることを否定はいたしません。
 

しかし同時に、彼らとの対戦のたび、たいして信心深くもないワタシがこうも思うのです。
 

『神様が見てる』
 

なぜか知りませんが、どうも相手をからかえばからかうほどろくな結果にならないイメージがあります。

去年のホームゲームを思い出してみると、予選突破のためには勝利が必要でその類のアクションをほとんどやらなかったナビスコ予選は大差での圧勝。スタジアム中にその手の文言や行動が蔓延したリーグ戦はここ5年くらいでもワーストと言えるくらいの完敗。

サッカーの神様が、調子に乗った者に罰を与えているような気がしてならないのです。

なので、ワタシはあんまりそういうことはやんないほうがいいと思います。
 

少なくとも今のウチには、余計なものと戦っている余裕はありません。とりあえずウチの選手たちに力を与えそして勝たせるためのサポートに集中すべきです。

たぶんお隣の彼らを最も叩きのめすのは、奇抜なダンマクや替え歌じゃなく、彼らにサッカーのゲームで勝つことだと思うんですよね。
 

では皆さん、明日も頑張りましょう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/07/29

カツカレーの罠2

もちろん昨日のお昼はカツカレーでした。

Katsu_kare

縁起担ぎと笑うことなかれ。これでもワタシはレッズの勝利のために身を削っているのです。なぜなら、カツカレーにサラダをつけるとウチの社食では最高額のメニューになるから。
 

↑平日の京都まで遠征した皆さんに謝れ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/28

美声もかれるほどの勝利

ヒーローインタビューで満面の笑みの
 

サヌかわいいよサヌ。
 

ウガも初ゴールオメ。あれはまったりとした時間帯に1人必死で長い距離を走ったご褒美でしょう。90分もったスピラは完璧なCBだったし。

ぶっちゃけ京都がどうよと思いましたが、今のウチに相手をどうこう言っている余裕なんかないのです。そんなことより、久々の勝利を心から喜びたいと思います。
 

やったー勝ったー!
 

インタビューの雅輝の声がいつになくかれていたのが印象的でしたよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/07/27

真夏の西京極

さて、明日は京都戦です。

去年こそラス前でしたが、西京極は毎度毎度真夏のイメージがあります。
 

こんなときにまた西京極かよ。
 

そんな思いもありますが、どんなに暑くてもどんなに調子が悪くても容赦なく試合がやってくるのはどのチームだって同じ。そもそも埼玉だって他チームからすれば相当暑いはずです。

とにかく、選手の皆さん頑張ってください。
 

と言いつつ、ワタシは冷房の効いた部屋でスカパー見るんですけど。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/07/26

困った人々

昨日、前半2分で退場者を出したゲームが2つありました。

札幌vs横浜FC

柏vs千葉

前者はファールかどうかも微妙なところだと思いましたが、大西大先生主審は迷わず赤を出しました。処分を受けた石川が何か言ったのかなと思って調べてみたら公式記録上は

S5:得点機会阻止(他)

になってました。普通の得点機会阻止はS4ですので、きっとこの(他)ってのがポイントなんでしょう。そこで、この(他)がなんだったんだかを考えてみる。
 

1.石川が『吉田、上川、松村、柏原、同い年の主審はみんな出世してるね。』と言った

2.石川が『大西さんはとても40代には見えないな。実は60代ですよね。』と言った

3.石川が『サイコロ振って出た目の数でジャッジしてんだろ。』と言った

4.石川が『サッポロポテトを札幌で作ってると思ったら大間違いだぞ。』と言った

5.石川が『サッポロ一番は普通のが一番うまくね?』と言った

6.石川が『本州クソ暑くて涙目wwww』と言った
 

要するに、そう思うくらいわけわからん赤紙に見えたわけです。
 

あと、後者は例のイングランドから厄介払いとの審判交流で来た方でした。菅野の赤の妥当性はちょうどよく見てなかったのでコメントできませんが、その後のこの方の行状からすると、いわゆる『カードでコントロールしようとする主審』という非常にネガティブな印象を持ちました。

どうかウチのゲームには来ませんように・・・。

ヒント1
柏vs千葉

ヒント2
次々節の対戦相手

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/07/25

物事は考えよう

えー去年がリーグ7連敗、公式戦8連敗だったわけだから、

1.第13節 7/18 G大阪 ●
2.第14節 7/24 広島 ●
3.第15節 7/28 京都
4.第16節 7/31 大宮
5.第17節 8/ 8 神戸
6.第18節 8/14 名古屋
7.第19節 8/17 仙台
8.第20節 8/21 湘南
9.第21節 8/28 鹿島
 

今年は8月中に連敗脱出できそうじゃん。

悪くても鹿島には勝てそうじゃん。
 

『今年は9連敗するのか・・・ orz 』は禁止。断じて禁止。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/07/24

リスク

『リスクを取らなければゴールは生まれない』

オシム翁だか誰かがそう言っていた記憶がありますが、確かにその通りだと思っています。パスサッカーであろうとカウンターサッカーであろうと、たとえガチガチの引きこもりサッカーであろうと、ゴールにはリスクが常に隣合わせなのは間違いないでしょう。

そこいらへんを考えてみると、本日浦和レッズが取った最大のリスクは
 

スピラの交代
 

ではなかったのかと。

交代にどういう事情があったはわかりませんが少なくとも言えることは、それ以上のリスクがないんじゃゴールが生まれるわけが、そして勝ち点が獲れるわけがないのです。

とりあえず、バイタルでのヒールパスやスルー、ペナでのパスは禁止で良くね?
 

それと、選手たちの気持ちが(たとえ彼らが一生懸命やっていたのだとしても)伝わってこなかったのも大変残念でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/07/23

命がけ

さて明日は広島戦、ひさしぶりのホームゲームです。
 

俺たちは浦和レッズに命かけてんだよ!
 

これを地で行ってしまわないよう、明日はしっかり暑さ対策をしなくてはいけません。キックオフの18時の予想気温は32℃(23日11時30分現在)。熱さで暑さを忘れる展開になればいいですね。

では皆さん、埼スタでお会いしましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/07/22

芸術家の晩年

フランサ選手 退団のお知らせ(柏公式)

フランサにはやられまくった印象しかないウチ的には喜んでいいんですよね。

ただ、敵ながらこれほどひとつひとつのプレイに凄みを感じる選手はいませんでした。少し大げさな表現をすると、サッカー選手というよりも『サッカーという手法を用いた芸術家』と言ったほうがふさわしいような気さえしました。 その代わり、と言っては何ですが、やたら怪我が多かったのも芸術家の芸術家たる所以なんでしょう。

一応移籍先を探すとのことらしいので、また日本国内であの芸術的なプレイが見られるように願っています。
 

当然、ウチの試合以外で、ですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/21

日本の顔

阿部、ポンテがFIFA視察団に説明(ニッカン)

ポンテさんはともかく、あべゆがちゃんと説明できるか心配。。。とか思いつつも、この件に関してはちょっと疑問があります。

なぜ、サッカー協会会長様の意に沿わないことばかりするクラブが運営する、ここ数年タイトルすら獲っていない中位のチームの、しょっちゅう騒ぎを起こしてペナルティばかり食らっているようなサポーターがたむろするホームスタジアムなんかをそういう重要な人たちに視察させるのでしょう。

そんなんじゃなくて、リーグのチェアマンを2人も輩出するほどの一流クラブが運営する、リーグ三連覇を果たした強豪チームの、大きなペナルティを課されることの少ない模範的なサポーターがいるホームスタジアムを視察してもらうべきだと思うのですが。

そして、チームの中心にして去年のリーグMVP、『日本の顔』とも言うべきあの選手に説明をさせればいいじゃないですか。
 

世界に対するアピールの場で前面に出るべきなのは『日本を代表するチーム』と『日本の顔』。それが当たり前だと思いますが、なぜそうしないのでしょう。何か都合の悪いことでもあるのでしょうか。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/07/20

真岡

どっかで見た、栃木テレビの萬代裕子アナ(通称マンU)のコメントによれば、栃木SCに新外国人が加入したとのこと。Jサポにはおなじみの甲府のあの選手と同じ名前が気になって早速栃木の公式を見に行ってみたら当然別人で、こういう選手でした。

今回初めて日本に来た若いブラジル人のようですが、ちょっと1ヶ所引っかかるところが・・・。
 

>>栃木の好きなところは?または栃木で行ってみたいところは?

>>真岡
 

なぜに真岡?
 

日本人でもちゃんと読めない人が多いというのになぜ・・・。

真岡にはきっと若いブラジル人を惹きつける何かがあるに違いない。水戸時代の闘莉王も足繁く通ったのではないだろうか。
 

(北関東以外の方へ補足)

真岡とは栃木県内の地名(市)で『もおか』と読みます。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2010/07/19

先人の教え

徒然草 第百九段

高名の木登りといひし男、人を掟てて高き木に登せて、梢を切らせしに、いと危く見えしほどは言ふ事もなくて、おるゝ時に、軒たけばかりになりて、「あやまちすな。心して降りよ」と言葉をかけ侍りしを、「かばかりになりては、飛び降るとも降りなん。如何にかく言ふぞ」と申し侍りしかば、「その事に候ふ。目くるめき枝危きほどは、己れが恐れ侍れば申さず。あやまちは安き所になりて、必ず仕る事に候ふ」と言ふ。

あやしき下臈なれども、聖人の戒めにかなへり。

鞠も、難き所を蹴出して後、安く思へば必ず落つと侍るやらん。
 

    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡 兼行!兼行!
   ⊂彡

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/07/18

帰路

 
エジだけは新幹線で帰ってきていいよ。
 

あとの人たちは1分差で新幹線に乗り遅れればいいです。

タリーさんは帰ってこなくていい。どうせ次の次は京都戦だ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/07/17

再変更

さて明日からいよいよリーグ戦再開、対ガンバ戦です。
 

ということで、誠に勝手ながら、ワタシの髪型はイニエスタではなく
 

山岸 または 坪井 または エジ または セルヒオの髪型
 

に再び変更させていただきます。
 

あ、高原・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/16

降臨2

「1年ぶりかの。どうじゃ考えはまとまったか。」
 

その聞き覚えのある声に振り返ると、そこにはサッカーの神様が立っていた。

続きを読む "降臨2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/15

居場所

昨日一足先にACL敗退組のリーグ戦が再開されました。

鹿島 1-0 湘南
川崎 0-0 大宮
G大阪 1-1 京都
広島 0-5 C大阪

鹿スタでは都築が孤軍奮闘し、川崎ではテセと川島の結婚式セレモニーがあったようです。まさか広島のゲームがこれほど派手になるとはなぁ。

我が家ではガンバvs京都を見ていました。ガンバの平井がまたゴールし一躍注目度が上がっているようですが、ワタシはもう1人の平井のほうを注目して見ていました。そう京都のGKの平井。

最近すっかり水谷にポジションを奪われててすっげー久しぶりに見た平井は、相変わらず不機嫌なダウンタウンの浜田のような顔をしていました。

しかし、何度かガンバのきわどいシュートをセーブし背番号1の面目を保ったのは何よりです。
 

ワールドカップもとても面白かったけれど、やっぱJにはJなりの面白さがありますねぇ。そして、やっぱりワタシの居場所はここだとあらためて感じ入ったのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/07/14

リーグ戦再開

【再開だよ!J員集合】(J’sゴル)

こ、このノリは・・・。
 

フィンケさん『うぉーっす』

ゴル裏『うぉーっす』

フィンケさん『声が小さい!もう1回、うぉーっす!』

ゴル裏『うぉーっす!』

とか

PKを止めた順大が相手のキッカーに向かって得意げに

『カトちゃんペ』

したりとか

裏を狙われそうなディフェンスラインに向かってサポが大声で

『山田うしろうしろー!』

とか叫ぶんですね、わかります。
 

さてさてフィンケ先生と生徒たちの学校コント、ドタバタなエピソードもきっと多いことでしょうが、なんとか幸せな結末を迎えられますよう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/07/13

2010ワールドカップ雑感 17

オランダ 0-1 スペイン

誠に勝手ながら、ワタシの髪型はロッベンではなく
 

イニエスタの髪型
 

に急遽変更させていただきます。
 

ということで、いろいろあったワールドカップ南アフリカ大会も結局は本命視されていたスペインの勝利で西村も映らずめでたく大団円となりました。

最後にナナメに見たどうでもいい雑感を箇条書き。
 

・ワタシ的にもMVPフォルランは妥当

・決定力や技術もさることながら何より容姿が素晴らしい

・大物選手にはロックシンガーっぽい容姿が不可欠

・そういやプジョルの髪型はマーティーフリードマンとも同じ

・イケメンNo1はやはりカシージャスで

・国営でカシーリャスとか言われるとそれっぽくない

・でもビジャはビリャって言わないじゃん おかしいだろ

・テレビといえば、今回も解説者の見本市だった

・スカパは野々村をMCで使うなら平ちゃんも使うべき

・そして当然『今日イチ』もやるべき

・オシム怒りすぎ

・フィンケさんも登場

・深夜のモラスボイスはエロすぎて放送禁止レベル

・国営の解説者はエース早野に若手のホープ893福西という感じ

・「ドノバンが今度は俺の番と」

・「クローゼがクローズしちゃいました」

・でも朝日新聞で『現場復帰したくなった』by早野

・いろんな意味で断固阻止すべき

・福西はゲームの戦況をきっちり分析してわかりやすく伝えるのがとても良い

・やはり現役時代の(ry

・片や人間力マサクニは資料読みや過去のデータばっかし

・そのほかは決まり文句を繰り返す

・「ここが○○のしたたかなところ」

・「ここからが勝負」

・「数センチ、コンマ何秒の差」

・「勝者のメンタリティ」

・「これがワールドカップです」

・今年の流行語大賞でも狙ってるのか?

・物議を醸す判定の多かった中、確かに西村のジャッジは安定していた

・あの人にもどっか海外からオファー来ないかな

・再開後スタにブブゼラ持ってきて止められる人多数に1万デルボスケ

・で、まとめると、なんだかんだ言ってもやっぱりサッカーは面白い

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/07/09

夏の中断期間2010

今夏も中断期間をいただきます。14日(水)までまともな更新ができませんのでご了承ください。ワールドカップの決勝も例の通信状況の悪い場所でアナログで見る予定です。

さて、ここでその決勝にまつわる問題です。

ワールドカップの決勝といえば全世界が注目するイベントです。

そんな一大イベントのクライマックス、それも優勝チームが決まる寸前のわずか数分前、それこそ世界中の人々が固唾を飲んでテレビ画面に釘付けになっているときに起こる出来事とはいったい何でしょう。

続きを読む "夏の中断期間2010"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/08

2010ワールドカップ雑感 16

ドイツ 0-1 スペイン

ぶっちゃけ、期待外れ。

すごいゲームになるんじゃないかと期待が過大だった分を差し引いても、ひどくつまらないゲームだったと思います。

とりわけドイツは、今までのゲームは何だったんだと思わせるほどの低調ぶり。エジルの中の人が羽生さんに入れ替わっていたというと羽生さんに大変失礼なレベルでした。きっとポドルスキの中の人がデーブ・スペクターに入れ替わってたんでしょう。

スペインの華麗なパス回しにはところどころ目を見張らされましたが、それにしたってゴールはCKからの1点だけ。せめて流れから入ってれば印象は違ったんでしょうけど、カシージャスがピッチ上唯一のイケメンとして気を吐いていたことの方がよほど印象的でしたね。

と、いろいろ偉そうなことを書きましたが、要するにワタシが言いたいのは、
 

俺の睡眠時間を返せ
 

ということでしょうか。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010/07/07

2010ワールドカップ雑感 15

ウルグアイ 2-3 オランダ

またもオランダのハ○ヘッド炸裂。ロッベンと同じ髪型のワタシも誇らしいです。

最後に意地を見せたウルグアイにも不屈の闘志を感じました。彼らの2点目がもう少し早い時間だったら違った結果になったかもしれません。

それにしてもオランダ、ファン多すぎ。

ファン マルヴァイク
ファン ペルシー
ファン ブロンクホルスト
ファン デルヴィール
ファン デルファールト
ファン ボメル
ファン キーフライデー
ファン タグレープ
ファン タオレンジ
ファン タゴールデングレープ

一部オランダ人じゃないのも混ざってます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/07/06

キリ番(死語)

実は、今朝の時点の管理画面だと↓こういうことになってるんですけど・・・。

Comment

ということで、栄えある(そうなのか?)1万件めのコメントは以下でした。

>>ちなみに、プジョルにしたい場合は、ヘンデルかバッハみたいにして下さいといえば、よいのでしょうか。
>>投稿: アニヲタの女 | 2010/07/06 01:21

1万件めを自分が踏まないように注意してましたが、9,999件でしばらく止まったときはどうしようかと思いました。しかもレッズの皆さんのおかげで深刻なコメントがつく可能性もあったわけでちょっとヒヤヒヤしてましたが(ネタにしづらいため)、幸いなことに、とってもウチらしいゆるーい内容で良かったです。アニヲタの女さんありがとうございます。ま、特典はとくに何もありませんが。

そしてあらためまして・・・

皆様、何の役にも立たないワタシの無駄話にいつもおつきあい頂き本当にありがとうございます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

新着

5-0 ○ 静岡FC  90分

3-0 □ 福岡    延長120分
0-2 ● 愛媛    90分
1-0 □ 愛媛    延長120分
0-2 ● 松本山雅 90分
1-2 ● 徳島    90分
1-3 ● 草津    90分 New !

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/07/05

ロッベンみたいに

ワタシの住む埼玉県北部地方はもうかなり暑いです。

昨日あんまり暑かったので、床屋行って丸刈りにしてきました。これで3年連続です。
 

   ∧_∧
   ( ;´Д`)
   ( つ 彡⌒ミ  ロッベンみたいにしてください
   ) 「( ・∀・)
     |/~~~~~~ヽ
 

もっとも、ワタシの場合どっちかって言うと丸顔(デブともいう)なのでロッベンよりスナイデルの方が近いですけどね。

ちなみに、普通の床屋さんだと丸刈りは普通の調髪料金よりちょっと安いです。これ豆知識。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/04

2010ワールドカップ雑感 14

アルゼンチン 0-4 ドイツ
 

ギド 『マラドーナ涙目wwww』
 

パス&ゴーをひたすら続けること。守備で数的優位を保つこと。ファールのあともすぐに立ち上がってゲームと集中を切らさないこと。

ピッチ上の全員がこれらを忠実にこなす、こなそうとする姿勢はドイツならではのメンタリティなのか。そしてそれを素晴らしいと感じるワタシはやはり日本人なんでしょう。

というか、個の力の差こそあれ日本代表の方向性とそう変わらないように思うのですが、このドイツサッカーも『アンチ・フットボール』とか言うんでしょうか。
 

アルゼンチンvsドイツ試合後 フィンケ監督

私の考えとしましては、あまり他のチームの戦術について詳しく語るつもりはありません。しかし、これはあくまで一般論として聞いていただきたいのですが、サッカーにおいて戦うスタイルに良い悪いという評価軸は存在しないということです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/07/03

2010ワールドカップ雑感 13

オランダ 2-1 ブラジル

前半のブラジルの磐石ぶりからこの結果は到底想像できませんでした。後半早い時間に同点に追いつかれてからのブラジルはまるでメンタルの弱い高校生のような失速ぶり。ちょっと信じられません。
 

まあそうは言っても前半のブラジルは超絶の凄さでしたし、そんな相手に粘り強く戦い勝ちきったオランダもさすがだと感じさせましたし、何かやらかしてくれないかと期待してた西村は思いのほかまともだったし、結局この試合で最もレベルが低かったのは

さあここからが本当の勝負ですよ。

と5~6回言って
 

何回本当の勝負あんねん?
 

と全国のお茶の間に突っ込まれたに違いない元オリンピック代表監督の解説でしょうか。
 

ところで、組織にこだわって結果を出せなかったドゥンガはきっと本国で批判の嵐にさらされるから、お互いのために日本が引き取ってあげればいいと思います。で、ブラジルは選手の自主性を尊重するあの方にお任せすればすべて丸くおさまるんじゃないかと。アルゼンチンだってあの方が監督をやってるんですから。

あしけー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/07/02

金鳥の夏 日本の夏

セレッソのホームスタがネーミングライツ採用と聞いて即座に思い浮かべたのとは違うスタジアムだったでござるの巻。
 

『キンチョウスタジアム』ですか。

きっと今ごろセレッソの関係者の人たちは、ホームスタジアムの変更が果たして成功するのか心配で心配で気が気じゃないことでしょう。
 

『緊張すたー』って言うくらいですから。
 

ホームスタジアム新装開店祝い早野乙。
 

それにしてもセレッソは、1ヶ所に大中小3つのホームスタジアムを持つ世にも贅沢なクラブになるんですね。この際大のほうは今後ガ・・・、いやなんでもない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/01

超法規的措置

東京VのJ譲渡決定「超法規的措置」(ニッカン)

いよいよ後には引けないところまで来てしまいました。

Jリーグが経営権を持つということは、アナタたちちゃんとやんないとJリーグから出て行ってもらいますよ、とは言えなくなったということ。

すなわち、

1.新しいオーナーに売却する
2.フェードアウトさせる

のどちらかを迎えるまで自らの問題として抱えた状態が続くということです。

もし1の目があったとしても今どき負債を抱えたまま買収するところはないでしょうし、2は自らの意思をもって行うわけですから、どちらにしてもヴェルディに使った億単位の安定化資金はこのまま消えると考えたほうがよさそうです。

日テレは撤退するときに負債も清算していったという話ですから、たぶん最も悪いのは情熱という名の勘違いと見通しという名の願望だけでここまで引っ張りつづけた前経営陣なんでしょうけど、彼らが退いた今、結局のところそれを許してしまったJリーグがそれを被るのはしょうがないと思います。
 

でもどうせ『超法規的措置』ならば、チームの存続を前提に、いっそのことこういうのはどうでしょう。
 

鬼武さん、大変お疲れ様でした。貴方が去ったあともJリーグはワタシたちがしっかり盛り上げますのでご安心ください。

厳しい状況でのスタートになりますが新天地でも頑張ってください。なあにアナタの人脈があれば地域リーグからやり直せますって。

もっとも、今度こそ『超法規的措置』は取れないですけどね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »