« ゲルマン合宿 | トップページ | 三昧 »

2010/04/28

幸運を祈る人々と不運を祈る人

お隣の監督が替わったとか鹿島の選手が渦中の人になったとか、昨日はいろいろなニュースがありましたが、その中でワタシが最も気になったのはこれです。

大分の債務超過は11億6700万円(ニッカン)

普通の企業なら絶対に存続できないほどの金額ですから、ネガティブなニュースなのは間違いありません。ただ、大分のオフィシャルに載っているこの件に関する報告(第12期定時株主総会 報告内容について)を読む限りでは、逆の捉え方もできるとワタシは感じました。

つまり、前社長時代の不透明な部分を帳簿上やっとクリアにでき、ここからが真の再建の道だ、と。たぶん今が最低でここからは基本的には良くなる一方なんじゃないかと思うのです(もちろん楽観視はできませんが)。

大分の皆様の幸運を心よりお祈りしております。
 

ところで、前社長の責任は明白だが功の部分も多いので石を持って追うべきではない、実はワタシはそう思ってたんですが、この男のその後を知った瞬間から考えが変わりました。

>>溝畑宏前社長時代の会計調査を専門家に依頼

どうかヤバイ内容が続々出てきますように。

願わくば背任とか横領の容疑でこいつが逮捕されますように。

|

« ゲルマン合宿 | トップページ | 三昧 »

コメント

昨年、経営状態が悪化した時に、どうして刑事責任の追求という話が出てこないのかと疑問に思っていました。

病巣を明らかにしないかぎり、絶対に改善はできないと思っています。

投稿: sat | 2010/04/28 21:40

前原大臣と竹馬の友で、政府の要職なんですよね~

多分、未だに、何が問題だったかわかってないと思うので、外圧でもなんでも膿を出し切るイキオイでなんとか・・・
そこがクリアにならないと、どうやって改善してくか、もないと思われ・・・・

投稿: えりぴょん | 2010/04/28 22:05

>satさん
ワタシは会計については語れますが法律については疎いのでどういう結果が出れば刑事責任が問えるのかはよくわからないんですけどね。
まあ病巣という表現はこの男にとっては妥当ですね。

>えりぴょんさん
一流大出て政治家と友人だと何をやっても職を失わないという日本の悪しき文化ですよね。

えーと、一応フォローしておくと、資産の再評価をやって損失を計上したとありますので、あの男が残した膿は(表には)出したということでよろしいかと思います。もちろん、どうやって改善するかは今後次第ですが。

投稿: にゃんた2号 | 2010/04/28 23:04

昨年、観光庁長官に抜擢ってゆーニュースを見て
腹立たしかったのを思い出しました。
この人を徴用する国土交通大臣がバ○で
どーしよーもないんで
しょうがないのかもしれませんが
何とかならないのかなって思います。

大分サポのみなさんにとって
良い結果になるように祈ってます。
また、アウェイの大分に行きたいので。

投稿: ころぞう | 2010/04/29 00:01

昨年九州石油ドームに無様な敗戦を見届けてきました。
次があればまた来ようと思いましたが、当分無さそうなだけに残念です。(J2に降格ry

地方クラブはどこも苦しく「身の丈」経営を強いられているのに背伸びをしすぎて禁じ手を打ったんでしょう。法的に問題なかったとしても道義的には断罪されるべきです。

木端役人の身としては、旧自治官僚を民間経験あるからって国交省の外局トップに引っ張ってくる大臣のセンスに失笑しました。

投稿: 名無しの権兵衛 | 2010/04/29 08:44

>ころぞうさん
大分は鬼m(ry
一般のサポの皆様にはあまり責任のない話だと思うので是非良い方向に行ってほしいですよね。

>権兵衛さん
友人を官庁のトップに据えるというのは、一般企業の世襲制みたいなもんでしょうか。もっとも、このケースは前任が突如解任されての就任だったそうですからコネ入社に近いのかも。
>>法的に問題なかったとしても道義的には断罪されるべき
まったくおっしゃる通りです。大分トリニータ、ひいては日本サッカーはこいつのステップアップの手段に過ぎなかったのかと。

投稿: にゃんた2号 | 2010/04/29 10:33

溝畑さんの話は、サッカー批評に載ってる木村元彦氏の取材原稿が最も詳しいと思います。一読の価値はあるかもです。
読んでらしたらアレですがw

投稿: たいだや | 2010/04/29 13:50

はい。うちにあります。10年後に残るクラブなんちゃらというやつですよね。
あれを読んだ時点ではまだ好意的な気持ちが強かったんですが・・・。

投稿: にゃんた2号 | 2010/04/29 17:04

再度お邪魔します。

思い出しました、『サッカー批評』"10年後に残るクラブなんちゃら"
こちらを読んで、FC岐阜がタイヘンなことになっている、今西さんがご苦労されてる、今西さん以外にも岐阜のチームのために地道にがんばっておられる方々がいる、って知ったことが、少しだけど岐阜を応援してみよう、と思ったきっかけでした。


投稿: えりぴょん | 2010/04/29 18:04

あの後状況が変わっているクラブが結構ありますよね。大分は悪い方にですが、岐阜は良い方で何より。

投稿: にゃんた2号 | 2010/04/29 21:41

最新号の「ベスト4」なんていらない、という号にその続きが載ってました。まだ続くらしいですw

投稿: たいだや | 2010/04/30 00:12

大分の行く末もとても心配ですが、ワタシの正直な感想ですと、溝畑氏観光庁長官就任の報を聞いてから、この国の行く末がとても心配です。
事業仕分けの最中、90億円もの予算をつぎ込む観光キャンペーン、なのに観光大使の『嵐』はボランティア活動って一体・・・

http://www.mlit.go.jp/kankocho/news01_000038.html

投稿: nigoe@新PC運用開始 | 2010/04/30 00:34

>たいだやさん
その後の号は買ってないので続いてるの知りませんでした。ありがとうございます。ところで、出版元のHP見たらこの本の分類は『ムック』なんですね。『雑誌』じゃなくて。どこで区別するんだろう・・・。

>nigoeさん
同感です。このご時世ですから確かに外貨を獲得する手立ては必要だと思いますが、費用対効果はどうなんでしょうねぇ。
あと、最近の『嵐の人気』には何か作為的なものを感じています。

投稿: にゃんた2号 | 2010/04/30 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/48204867

この記事へのトラックバック一覧です: 幸運を祈る人々と不運を祈る人:

« ゲルマン合宿 | トップページ | 三昧 »