« 究極の選択 | トップページ | 忘れるべからず »

2010/01/29

昔話

東京Vやっぱり火の車…Jが経営陣に退陣要求(スポニチ)

見出しだけ見ると一瞬色めき立ちますが、要するに、

大分の件でやっちまった感の強いJリーグが、同じことを繰り返しちゃまずいと必死でヴェルディの内情を調べたところ、あやしいところが多々見つかったので、経営陣にダメ出しをして自ら乗り込もうとしている。

ということのようです。まあ上部組織として当たり前の対応だと思います。
 

そして、さらにこの背景にはあるのは、Jリーグは未だにフリューゲルスの件でやっちまった感が強いんだろうなぁ、ということ。
 

昔話ではあるけれど、世の中には忘れちゃいけない昔話もあるのです。

|

« 究極の選択 | トップページ | 忘れるべからず »

コメント

なんと言いますか・・・・
さすがヴェルディ、その名前でスポンサーも見つけられたんだ、
と暢気に解釈してたんですが、
そんなに甘くなかったですね。。。。

Jリーグの基金も岐阜ががんばって期限より前に返済できたところで、
金額的には微々たるもの、、、、

ことここにいたって、クラブハウスとグラウンド(ともに読売の持ち物ですよね)の賃料がバカ高いので見直さないと、
って話が出てることがヴェルティに対する心配を増幅させます。
(つけっぱなしのTVではスカパーのアンコールで大分やってます。がんばってる選手達、何人が来年このユニ姿を見せられるのか・・・(;O;))

Jリーグの中の人ではないですが、
フリューゲルスの悲劇だけは繰り返して欲しくない、
大分にも緑にも関係ないワタシにも何かできることがあれば、とは思うんですが・・・・
フリエの時は、朝、目が覚めたら決まってた、
って感じで、何かできること、どころの騒ぎじゃなかったですもんね。


苦しかった岐阜も数日前の日記でご紹介いただいたように、ようやくスポンサー様が見つかり、
リーグへの借金返済と共に、この先、チームの未来を考えることが出来るようになりました、
と喜びいっぱいのメールが届きました。嬉しいもんですね。

投稿: えりぴょん | 2010/01/29 20:50

ぶっちゃけちゃえば、岐阜の場合財政規模がさほど大きくなかったのが幸いしましたね。大分、それにヴェルディと一度はそれなりの規模まで達したところがいざこうなると厳しいものがあると思うのです。

賃料とかそういう経費は当然見直すべきでしょう。それこそ昔の中小クラブみたいに練習場探しから始めればいいんです。茨の道だとは思いますが何とか存続してほしいですね。

投稿: にゃんた2号 | 2010/01/29 21:15

ヴェルディは何もかも甘いよ。

J2からの後発チームなんか練習場がないところから始めてるんだから。
公園で練習したり砂浜でランニングしたりマイカーで着替えたり・・・
おまけに洗濯は自分でしなければならない。
そういったことを乗り越えてJ2から昇格していくんですよ。

ヴェルディもサポーターがいるから
こういう事を言うのは本当に辛いんだが
一度潰してしまった方がいい。

このままじゃあ稲城市の不良債権で終わる。
ま、稲城市のものではないですけど。

投稿: あおちん | 2010/01/29 23:13

なるほど。

ワタシはサポーターがいるからこそ存続してほしいと思うのですが、そう(一度潰れたほうが)考える方がいても当たり前だとも思っています。

要するに、昨日のネタじゃないですけど究極の選択だと思うのですよ。進むも地獄止まるも地獄、どうせ地獄なら進んでしまえというのか止めてしまえというのかの違いだと。

もっとも、一番重要なのはヴェルディのサポの考えだとも思うのですが。

投稿: にゃんた2号 | 2010/01/29 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/47419591

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話:

« 究極の選択 | トップページ | 忘れるべからず »