« 天皇杯雑感2009 | トップページ | ちっしー引退 »

2009/11/17

いらぬ苦労、増える

大分FCは1月決算時、7億余の資金不足に(OBS大分放送)

状況は想像をはるかに超えていました。只事ではありません。そしてマトモじゃないです。ではどの程度只事かつマトモじゃないのか。それはワタシがこうしてボケる余地すらないエントリを書くくらい、なのです。

非常に単純化して言うと、株式会社大分フットボールクラブが持っている物を一切合財売っても借金の半分しか返せないということ。しかし現実問題全部の持ち物が売れるわけがないので、実態はそれ以上に深刻です。ただ、累損の問題は以前からあり開示もされていたのでさほど驚きはありません。

問題は、7~8億の資金不足です。

極端なことを言えば、赤字がどれだけあろうとそれだけで会社が潰れることはありません。しかし資金不足の場合それが現実になった瞬間会社は潰れます。普通の金融機関は赤字の会社に金を貸すことはあっても債務超過の会社に金を貸すことはまずありません。恐らくリーグからの2億の融資が決まったとしてもそれは最早焼け石に水です。自転車操業にすらならないのではないでしょうか。

つまり、このままの状態で1月を迎えればほぼ確実に株式会社大分フットボールクラブは終了するでしょう。

それを避けるためには、突如大金持ちの救世主が現れるか、公的機関によるウルトラCか、上部組織がさらなる金銭的(人的)支援をするか、この3通りくらいしか方法はないと思われます。甲府のように優秀な経営者が乗り込んで立て直すにはもう手遅れのような気がします。

これは、多少なりとも経理知識のある人間ならば別に経営者じゃなくても容易に考えつくことです。
 

そしてまた、この状況に陥った最大の原因も、この記事から容易に推定できます。

来期以降の予算を4億円前倒しで使った、とありますが、他の報道によればこれは来季の入場料収入や移籍金等を見越してということらしいですね。でもこういうのは『予算』とは言いません。『予想』とか『見込み』と言うんです。そもそも予算とは実績と対比してこそ意味があるのです。

管理会計が態を為していないうえに監査体制がまったく機能しておらず、そこには経営者の都合のいい解釈しかありません。

はっきり言えば経営者がマトモじゃなかったのが最大の原因です。

あの社長の日本サッカーや地元に対する貢献やクラブに対する情熱は認めたいし認めなきゃいけないと思っていますが、こうしてサポの方々にいらぬ苦労をおかけしているのもすべて彼の責任ですからねぇ。

せめて財務に明るい人が経営陣にいればここまでにはならなかったのではと思いますが。
 

それにしても、大分サポの方には気の毒としか言いようがないです。率直に言って金額的にサポがなんとかできるレベルを超えていると思います。文字通り『幸運を祈』らざるを得ません。

|

« 天皇杯雑感2009 | トップページ | ちっしー引退 »

コメント

毎日新聞は7~8億円の「赤字」と報じていましたが、「資金不足」ですか・・・
エライことになってたんですね。
本当に「幸運」を祈りたいです。

投稿: sat | 2009/11/17 20:12

「来期以降の予算を4億円前倒しで使った」って、来期分のキャッシュが今季に入ってくるわけがないから、何か相当ヤバイ条件を出して前借したとしか考えられないんすわ。しかもマトモでない先から。

合掌。

投稿: 紅い雪だるま | 2009/11/17 20:26

>satさん
7~8億の赤字なら少なくとも明日にでもどうこうという問題はないんですけどね。残念ながら資金不足だそうです。

>オッサン
ですよね。サッカークラブで担保になるような物ってそんなにないだろうし。ましてや4億なんかまともに借りようとすりゃ余計に。
いろいろ考えられるんだけど、推定だけじゃこういう場所には書けないっすよね・・・。

投稿: にゃんた2号 | 2009/11/17 20:35

まあ、引っ張ってくるスポンサーがオメガとかフォーリーフっつー時点でこのチーム大丈夫か?とは思っていましたが、ここまでとは・・・
Jも1チームに7億も8億も出せるわけがないでしょうし、これは緑や岐阜どころの騒ぎじゃないですね。
そもそも、来年度から4億円前倒しした時点で結局はごまかしに過ぎない、問題の先送りになることくらいは経営側も分かると思うんですけどね。

14日のスポニチに溝畑氏が退任(実質解任でしょう)、鳥栖や草津の経営危機を担当した熊地洋二氏が再建に乗り出すみたいですが、どうなるのでしょうかね。
来年も大分からJリーグの灯が消えないことを祈るばかりです。

投稿: 通りすがり(新HN思考中) | 2009/11/17 21:36

緑は日テレが金銭的な問題は残さず去ったようだし、岐阜は財政規模が違うからずっとこっちのほうが深刻だと思います。

今日の報道によると熊地氏が入るのは間違いないようですが、溝畑氏も残る模様です。

あと速報ですがリーグからの融資2億→6億に増額のようです。3通りのうちの3番目のパターン。やはりこうならざるを得ないんでしょうね。

投稿: にゃんた2号 | 2009/11/17 21:49

なんと言うか、本当に胸が痛みますね。

無事に返済期限を延ばしていただいたFC岐阜どころじゃありませんね。
(FC岐阜も引き続き楽ではないですが)


トリニータの携帯オフィシャルに登録してください、とりあえず登録で300円/1台、すぐに解約してもらえば以降はお金かかりません、
という呼びかけをされている酉サポさんをお見かけしましたが、
コメント欄がヒドイことになっているのでリンクは遠慮しておきます。

投稿: えりぴょん | 2009/11/17 22:38

実際サポの方のご心境を考えるとねぇ・・・。

1台300円もクラブを愛するゆえだと思いますが残念ながら最早そういったレベルではないでしょうねぇ。焼け石に風くらいでしょうか。

投稿: にゃんた2号 | 2009/11/17 22:47

ヴェルディはなんとかなった。
岐阜も基金でどうにかすることも可能。

だが大分は・・・。

これが中央一局集中国家の悪いところ。
地方クラブでも新潟や札幌、仙台は
地元企業で支えてくれるところが
あるからいいけど大分にはそれがありませんからね。

投稿: あおちん | 2009/11/17 23:38

ワタシは経済や経営の世界にはトンと知識がないのですが、資金不足を次年度から前倒し(って、ホントはどこから前借りしたのか?)って聞いただけでも、経営の不健全さを感じ取ることができます。
「何故そうなったのか?」を議論するには機を失し、最早「今の火急の事態を何とかする」という場当たり的状態で、果たしてこの難局を切り抜けられるのか・・・。
『登録300円』の涙ぐましい努力より、やはり実効的な大口資金援助者を捜すのが、目下の緊急避難策なのでしょうね。

あの『一村一品運動』で名を馳せた大分県の栄光今いずこ・・・と、『荒城の月』が頭を巡ります。
九州人として、幸運を祈らずにはいられません。

投稿: nigoe | 2009/11/18 02:02

6億円融資、時事も報じています。一部引用しますと・・・

Jリーグは17日、都内で理事会を開き、資金繰りが悪化したJ1大分に対し、公式試合安定開催基金から当初3億5000万円、2010年1月末までにさらに2億5000万円を融資することを承認した。再建計画は策定されておらず、返済期限は設けていない。同基金の残高約10億円の半分以上を大分に貸し付けることになる。
 Jリーグによると、来季J2降格が決まっている大分の経営状況は累積損失が約11億円、債務超過は約5億6000万円、10年1月末の借入金は約12億円。鬼武健二チェアマンは「経営破綻(はたん)と言っても過言ではない」と話した。

http://www.jiji.co.jp/jc/c?g=spo3_scr_date2&k=2009111700970

再建計画が具体化していない中での融資決定に状況の深刻さが現れていますね。

投稿: sat | 2009/11/18 07:05

>あおちんさん
大分にもないわけじゃないだろうとは思うんですけどね。もっとも例に出されている3都市に比べて本社(あるいは本拠地)を置いている全国的な大企業はあまりないかもしれません。九州に拠点を置くなら福岡、熊本、鹿児島でしょうし。

>nigoeさん
ワタシが最も手っ取り早いと思うのは、チームを新会社移管→旧会社は解散という鳥栖、神戸方式だと思うんですが。まあ解散時には地元に禍根を残すのは間違いないので最良ではないでしょうけど。
大分といえばやはりワタシもそのあたりのフレーズが頭に浮かびます。豊後竹田いいとこだったなぁ。

>satさん
まったくおっしゃる通りだと思います。リーグはあくまで当座の『延命』を選んだだけに過ぎません。ここからはある程度自助努力で改善しないと。

投稿: にゃんた2号 | 2009/11/18 08:47

大分、まずは残り2つのホームゲーム、
動員を呼びかけてサポ有志がチラシ配りをされるそうです。
(ことここに至ったから、とうことでもなく定期的になさっているとの報告も出てますね)

http://ots.oitan.jp/?p=581

入場料収入はまずは基本、
おそらく、少しずつでもドームに集う人々から募金も集められるでしょう。

それって、300円/台の携帯サイトとくらべてどんだけ有効なんだ、ってレベルですが、
あまり表に出てきてないサポたちの出来る一歩なのかな、と。

経済状況がここまで最悪な中、大分にお金持ちが住んでいるかどうかは存じませんが、
横浜FCスタートのようなソシオ制度、
FC岐阜ががんばっているサポーターによる個人持株会制度、
先達に学べることもあるはずです。

酉サポさん、がんばれ!とエールを送りたいと思います。

投稿: えりぴょん | 2009/11/18 12:03

大分の場合は、コンスタントに2万人呼べる動員力とこういう素晴らしいサポーターの方々の力があるんですから、経営さえなんとかなれば充分巻き返しは可能だと思います。

サポの方々には頑張ってくださいとしか言えないですね。

投稿: にゃんた2号 | 2009/11/18 12:39

経営とかぜんぜんわかんないのですが、
にーたんの先行きが心配でなりませんweep
あんなに健気に出張までこなして、
一生懸命に働いているのに…weep

投稿: どりかめ | 2009/11/18 12:47

そうだニータンも稼げばいいじゃないかな。

この際ニートの代わ(ry

投稿: にゃんた2号 | 2009/11/18 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/46786748

この記事へのトラックバック一覧です: いらぬ苦労、増える:

« 天皇杯雑感2009 | トップページ | ちっしー引退 »