« 降誕 | トップページ | やりがい »

2009/11/22

素晴らしいゲーム

いやー期待に違わず凄い試合でした。昨日の甲府vs湘南戦。

早い段階で2点リードした湘南(先制点は祐也の素晴らしいゴール!)に甲府が追いつく展開。

同点になった後半半ばからは、押し込む甲府に湘南がカウンターで逆襲するという他サポの目から見ても手に汗握る(そして絶対当事者にはなりたくないと思わせる)展開が続き、迎えた後半ロスタイム。

アジエルのFKに甲府GK阿部が出るも触れず、湘南の選手のヘッドからふわりと上がったボールがクロスバーで跳ね返りこぼれたのは、ゴール前につめた湘南の坂本の前。

これを胸トラップから見事に左足で叩き込み湘南がこの大勝負をものにしました。
 

坂本のゴールが決まった瞬間どっちを応援しているでもないのに思わず声を上げてしまうほど、それはそれは素晴らしいゲーム。恐らくJ2の名勝負のひとつとして後に語られることになるだろう、そう思うほどの熱戦でした。
 

ただ、唯一このゲームで残念な点があるとすれば間違いなく主審の西村です。

こういうゲームですから両者の当たりが強くなるのも当然でしょう。でも少なくとも両チームで合計9枚ものイエローカードが出るほど荒れたゲームには到底思えなかったのですが。
 

いいゲームとはいろんな要素が絡み合い成立すると常々思っています。ゲーム内容や選手のプレイはもちろん、ジャッジやスタッフ、サポなどスタジアム全体が素晴らしいからこそ素晴らしいゲームが生まれるのです。

そういう観点から、今回主審西村という劣悪なハンデを背負いながら、こんなに素晴らしいゲームを繰り広げた甲府、湘南両チームの選手、スタッフ、サポの皆様には最大級の賛辞を贈りたいと思います(ちょっとフィンケさん風)。

甲府の皆さんにとってはそんなもん贈られても嬉しくもなんともないかもしれません。でもまだ最後の最後まで何があるかわからない、ワタシはそう思ってますよ。
 

それにしても、このどちらかが昇格できないとはなんと無常なことでしょうか。
 

(18:00追記)

今日行われた仙台vsC大阪もこれまた凄い試合でした。

昨日のウチと同じく、ロスタイムのラストプレイで仙台が勝ち越しゴールを決め、それと同時にタイムアップ。

やはりサッカーは最後の最後まで諦めてはいけないなぁ、あらためてそう感じさせる今節でありました。

|

« 降誕 | トップページ | やりがい »

コメント

ロスタイムの勝ち越し弾2連発のワタクシがお邪魔します。

両チームともなかなか決めきれず、ちょっと中盤が、とも現地では見受けましたが、
もう、このままスコアレスか・・・それでもホーム無敗は継続だからいいのか、
1千万は大きいけど甘くないな、、、、
とあきらめかけた矢先、目の前のゴールにボールが・・・
嬉しかったです。

松村も・・・ですが、今日のユアスタはメイン側の副審がちょっとお粗末だった気がしました。

投稿: えりぴょん | 2009/11/22 20:50

あ、現地行かれたんでしたね。お疲れ様でございました。2連発とは素晴らしい体験でした。
両チームとも決めきれなかったのは、攻撃が悪いというよりどちらの集中も切れなかったためだと思います。まあそう言っていいくらいにはナイスゲームだったかと。

ジャッジも、昨日の西村に比べたら文句言っては申し訳ないレベルだったと思いました。

投稿: にゃんた2号 | 2009/11/22 21:28

J2最強の矛とJ2最強の盾が対戦。
今回こそ盾が矛をボッコンボッコン叩きのめすゲームになるはずだったんですが。

勝てて嬉しい反面、やはりこの得点力では来年苦労すると改めて思い知らされました。
少しでも多くお金を稼いで補強資金に充てたいものです。

メイン側の副審、マジでウ〇コ野郎でしたよ!

投稿: ROM | 2009/11/23 23:04

でもあの守備力ならある程度やれるとも思いましたが。まあパスがきちんと回せてるからこそってのはあるかもですけど。

副審までは注意して見てなかったですけどそういやひとつオフサイドくさいのを流したのがあったような。

投稿: にゃんた2号 | 2009/11/24 08:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/46824554

この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしいゲーム:

« 降誕 | トップページ | やりがい »