« 下駄箱へ急げ | トップページ | 共通点 »

2009/10/31

贅沢な議論

監督に関する議論・その1(Wepsうちあけ話)
 

この話の登場人物が躍動した結果が本日の一部のスポ新の記事になっているんでしょう。けったくそ悪いのでリンクなんぞは貼りませんが、自らの願望を書いてお金がもらえるとはこの就職難のご時世にありながら大変魅力的なお仕事ですね。この前のお墓の絵にはこいつらの名前を描けば良かったのに。

これもある意味ちょうどいい機会なので、監督問題に関するワタシの考えも書いておきます。
 

一言で言えば、フィンケ監督続投で何ら問題がないと思っています。

というか、フィンケさん自身が辞めたいと言うことこそあれ、解任ってのはまずあり得ないと思うんですけど。
 

レッズスタイルの構築だのコンビネーションサッカーだの難しいことはよくわかりませんが、何年もかけてやろうとしてることをわずか1年でケツ割ってどうするよと単純に思ってるだけです。別に全敗してるわけじゃあるまいしまだ結論を出すには早いでしょうに。
 

今のままじゃすべてを失うとか得るものがないとか土台すらできてないとか言ってる人の頭の中では、直輝や元気は主力としては全然物足りないし、峻希や永田や濱田は単にフィンケさんの育成してますよというアピールのために出してもらっただけだし、代志也のゴールに至ってはきっとなかったことになってるんでしょう。

だいたい、今ここで止めちゃうことこそ得るものが何もないってことになるんじゃないんでしょうか。去年といったいどこが違うのってことなんですから。それに、万が一そのうえでたとえ失敗したとしても『あの堪え性のないレッズサポが次の年もガマンした』という事実は間違いなく得られます。これって案外大きな成果じゃないかという気もするんですよ。
 

そもそも、そういうことでガマンしただのできないだのと言っていること自体、実はずいぶん贅沢なことなんじゃないかと。 去年とある他サポさんに言われた言葉が今になって妙に心に残っています。
 

まあこれもワタシの個人的な考えですんで、もしそう思わない方が大勢いたとしても別にそれはそれで構いません。サポが100人いれば意見も100通りあると常々思ってますし、ましてやいろいろなことを試み結果いろいろなことがあった今季については意見の一致を見るほうがむしろ不自然だと思いますので。
 

いずれにしても、自分たちのことは自分たちで考え自分たちで決めましょう。少なくとも部外者の願望など不要なのは間違いありません。

|

« 下駄箱へ急げ | トップページ | 共通点 »

コメント

だから、金利・手数料とラモスはジャパレッドうらわが負担しますから、
御代もタダでいいから、本日のお買い得品「サンスポニチ放置」を
誰か引き取って~crying

投稿: どりかめ | 2009/11/01 01:29

贅沢。
まさにその通りだと思います。
毎週末に自分の好きなサッカークラブの応援に行けることがどれほど幸せなことか。
そりゃ、勝てばうれしいし、負ければ悔しいわけだし、あーだこーだと議論もするわけですけど、そういう経験ができることすべてが幸せなことなんですよね。

で、、以前にもコメントに書きましたが、スポーツ紙記者のレッズでの取材状況については、逐一ネットで生中継をおながいしたいですね。

投稿: sat | 2009/11/01 06:52

>どりかめさん
いやむしろこちらからお金を払ってでもお引取りいただきたいくらいですね、ワタシは。ラモスは負担したうえでハートフルでもやってもらいますかw

>satさん
そうなんです。でもそう感じない人が増えているようで残念です。負けることは『痛恨』で『落胆』することはあっても『不幸』でもなんでもないと思うんですけどね。
あと後段については、マジにどの社が何聞いたかってのは知りたいですよね。

投稿: にゃんた2号 | 2009/11/01 08:53

スポーツ新聞って一切読まなくなってしまいました。
決定的だったのは
去年のガンバ戦の例の事件からでした。
全く取材せずに書いた記事
(他社の記事を書き換えているだけとしか思えない)があまりにも多くて・・・・・


でも、残念ながら
世間様はスポーツ新聞の記事を結構信じるんですよね・・・・

投稿: ころぞう | 2009/11/01 11:34

ラモスの仕事としては、
毎試合南広場に献血車を引き連れてやってきてもらい、
献血を呼びかけてもらおうかと。

投稿: どりかめ | 2009/11/01 13:29

>ころぞうさん
残念ながらそれは確かですね>世間様は信じる
でもよく考えればスポーツ新聞ってなくても誰も困らない物のひとつでもあるんですよね。テレビ局でさえ経営難が言われる昨今、彼らに未来はあるんでしょうか。そして彼ら自身はそれを自覚してるんでしょうか。

>どりかめさん
俺には緑の血が流れてるが君らはどうだ?とか言って勧誘するんでしょうか。

投稿: にゃんた2号 | 2009/11/01 17:57

今年は「覚悟」をするとはどういうことかを学びました。
そして、真実を見抜く力、人に惑わされない強さが身についたように思われます。
困難があってこそ、チームもサポも成長していくのですね。

投稿: アニヲタの女 | 2009/11/02 01:27

そうですね。たぶん多数の方々も同じように考えていると思います。

ただ、その言い回しはシーズン終了まで取っといたほうがいいのかもしれません。何故なら、レッズの周辺ではまだまだいろいろとありそうなふいんきになってますので。

投稿: にゃんた2号 | 2009/11/02 08:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/46632686

この記事へのトラックバック一覧です: 贅沢な議論:

« 下駄箱へ急げ | トップページ | 共通点 »