« 文化財の保護について | トップページ | 最適解 »

2009/09/16

ひさびさの登場

第25節「鹿島アントラーズ vs 川崎フロンターレ」試合の取り扱いについて(J'sゴル)

ワタシ知らなかったんですが試合中止の決定って審判が行うんですってね。てっきりマッチコミッショナーに決定権があるんだと思ってましたよ。

ということでひさびさの登場です。
 

行け行け 公正中立戦士ジャスティス!

別に雨で眼が見えにくかったわけではないぞ。
 

進め 公正中立戦士ジャスティス!

ましてや身体が冷えるのが辛いなんてわけじゃないぞ。
 

戦え 公正中立戦士ジャスティス!

ちゃんとボールがまともに転がらないのを確認したじゃないか。
 

頑張れ 公正中立戦士ジャスティス!

正義という名前は親が付けたんだから本人には責任がないぞ。
 

なお、スペシャルレフェリーという言い方をしなくなったのでSR1号という名は改めました。
 

どうでもいいけどこの試合の続き今週中にやんない?(一応お約束)

|

« 文化財の保護について | トップページ | 最適解 »

コメント

SRってさいたま高速鉄道のことじゃなかったんですか?

投稿: あおちん | 2009/09/16 22:17

拙ブログとは関係ありません。

投稿: にゃんた2号 | 2009/09/16 22:21

鹿さんてば16時から横酷だから、終わったら等々力に駆けつけて、ハーフタイムショーで15分+のゲームをやる、ってどうでしょう。
ハーフタイムがちょっと長いのくらい我慢するけどなぁ。。。。

報知によると誰が望んだのかさっぱりわからない不思議な決定http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20090915-OHT1T00236.htm
この事態を招いた当事者に何のお咎めもないとはどうしたこと?
取りあえず間違いないのはJリーグがク○!!!ってことでokすかね。


同じ理事会の決定事項でひっそり発表されたこちらもJリーグの○ソっぷりを余すことなく伝えているか、と。
http://www.j-league.or.jp/release/000/00003171.html
はい、えぇ、チームもサポも比較おとなしい広島、Jリーグに舐められてるんです。。。。

投稿: えりぴょん | 2009/09/17 01:36

雨でサッカーが中止になるってこれで初めて知ったワタシです。

かつて世界で最高峰の試合を雪の国立競技場でやっていたのを見た記憶が・・・

何年か前のACLでインドネシアの水溜りの中で試合やってたシドニーFCとか

埼スタでボールに雪が積もってもやってた高校選手権とか

台風の中の万博競技場とか

あんなこんな試合はきっとサッカーじゃなかったんですねw

いっそのこと、相撲の水入り後みたいにきっちりポジションもそのまま再現して再試合してもらいたいもんです。


投稿: えれおば | 2009/09/17 05:22

ピッチコンディション不良だとサッカーは中止になるらしいですね。
この夏、大分県の芋畑でサッカーやらされたんですが、あれはどうなるんでしょう・・・

投稿: sat | 2009/09/17 06:42

>えりぴょんさん
なんか最近の偉い人たちは下々の者の考えは一切容れないという決まりでやってるみたいです。特に下の方のはワタシもホントに腹がたちました。

>えれさん
きっとそれらは全部前時代のルールだったんですよ。
相撲は水入り後の組み手をきっちり審判の人たちが覚えてるんですってね。そこまでやって初めて相撲と同レベルですよね。

>satさん
ピッチコンディション不良という意味だけならあれは同等かそれ以上だったですよね。特に選手が安全にプレイできないっていうのは一緒じゃないですか。

投稿: にゃんた2号 | 2009/09/17 08:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/46226157

この記事へのトラックバック一覧です: ひさびさの登場:

« 文化財の保護について | トップページ | 最適解 »