« 野望 | トップページ | 成果 »

2009/09/04

信頼とか覚悟とか宿命とか最悪とか

レッズサポの皆さんおひさしぶりです、にゃんた2号です。

おひさしぶり、とは最近ネタものとかばかりであんまり自分の言葉でレッズのことを書いてないから、という意味もあってそう書きました。

この際レッズが勝つまでずっとネタで行こうかとも考えたのですが、そんなことができれば今ごろ新聞連載の1つでも持っていて今ごろは『キミんとこ、こんなこと書いてタダですむと思ってんの、もう書いてやんないよ、あーん』などとマスコミに圧力のひとつでもかけられる立場になってるだろうと思うのでやめました。

ということで、ひさしぶりにレッズの今の状況についてワタシが考えていることを自分の言葉で書きます。
 

なんというか、今回のこの状況が2002年オフトの最初のシーズンに似てるという見方がありまして、実際ワタシもそう思っていたのですが、それよりももっと似ている例があることに最近気付きました。 それは、2007年の広島です。

そう、2度目のJ2降格をしたあの年の広島です。
 

・監督が変わって初めてフルシーズン戦う

・パスサッカー、ポゼッション、攻撃的なスタイルを指向している

・怪我人が多い

・シーズン当初はそこそこ勝ち点を稼げていた

・後半に入ると突然外国人FWが点を獲れなくなった

・そこから泥沼にはまりまったく勝てなくなった

・力のある若手が台頭してきてはいる

・でも実はスタメンは結構固定

などなど、重なる点が多いのです。
 

では、彼らはどうして復活できた(と言っても差し支えないでしょう)のでしょうか。その理由は、監督と選手、チームとサポ、クラブとサポ等それぞれの信頼関係にあったのではないかとワタシは思っています。

彼らはJ2に落とした監督をあえて翌年続投させました。選手がそれを望んだからです。監督が変わるなら移籍するとまで言った主力選手もいたように聞いています。サポも『選手がそう言うなら』とそれを支持しました。

だから我々も監督や選手を信頼すべきだ、文句を言わずにクラブを信じようなどときれいごとを言うつもりはありません。彼らがその後うまくいったからといって彼らと同じ選択をすれば同じ道を歩めるとは限らないからです。

ただ、これはワタシの勝手な想像ですが、このときの広島サポは相当な覚悟を持ってたんだろうなと思うのです。少なくともサポとして参考にすべき点があるとすれば彼らのこの姿勢なのかなとワタシは思います。

サポーターをやっててこれほど苦しい状況はひさしぶりです。でも苦しいのは当たり前なのです。チームやクラブがもがき苦しんでいるのですからサポが楽なわけがありません。ここで楽をしたら調子いいときにさんざ連呼したWe are Redsなんてとてもおこがましいのです。

じゃあどうすれば楽になれるのでしょう。その答えはワタシにもよくわかりません。わかりませんがそうしてオロオロするのもまたサポの宿命だと思っています。

そもそもあのときの広島サポだって、その選択について覚悟は持っていたけれども確信を持っていたわけではないでしょうし。
 

それから、これは余談の部類ですが、『最悪の事態を想定して』なんてフレーズもそろそろ現実味を帯びてきていますが、もしそれがJ2降格を指しているのだとすれば、個人的にはあんまり使いたくない表現ですね。もちろん降格すればいろいろ苦労が多いことはワタシ自身が経験しているし、絶対に落ちたくはないとずっと思っていますが、それは『最悪』でもなんでもないのです。

なぜならワタシたちが戦うこのリーグには本当の最悪を味わった人たちがいるから。

それだけは我々が絶対に忘れてはいけないことだと思っているのであえて書きました。
 

以上ワタシのまとまりのない話、ガラにもない話を読んでいただきありがとうございました。BGMはジャクソン・ブラウンの"Hold On Hold Out"でお願いします。
 

明日、明後日は少しお休みをいただき、明々後日からはまたバカなことを書く作業に戻ります。

|

« 野望 | トップページ | 成果 »

コメント

えっと、ツッコミどころが・・・あれ?違うサイトに来ちゃった?(笑)

・・・・・・というくだらんコントはおいといて。
確かに、広島の状況に酷似してますね。似ていないのは、サポの覚悟のほどでしょうか。。。

『最悪の事態』=『J2』という図式、ワタシも持ち合わせておりません。ってか、何でそういう発想になる人がいるのか・・・
仰るとおり、経験してみると、降格なんてものは『最悪』ではないですものね。だからと言って楽しいわけでは全然ないですが(笑)。
『挫折』を『最悪』と捉える、許容範囲の狭さとサポの覚悟の無さははどこか比例しているような気がします。

チームが消滅するよりは、心底悩ませてくれるチームでも存在してくれていることが幸せです。
ただ、そんな気持ちだけで、チーム成績が見違えるほど向上すれば苦労は無いんですけどね(笑)

投稿: nigoe | 2009/09/04 20:49

辛かったですね、、、、2007年の紫熊。
もうボロボロのぐしゃぐしゃだったアウェイの等々力(11月末)では途中で交代した選手がベンチ脇で泣き出す始末・・・

レッズよりなお悪条件をあげるとすればやはり地域の問題は外せません。

加えて、そのコンディション下で度重なって代表に抜かれる主力、、、
頼みの6番なんて反町に片足を破壊されてシーズン終盤を棒にふり、翌年の本選は"キモチ"で選ばれず・・・

もちろん、あのキチガイ監督にも問題はありました。(うんにゃ、過去形にしてはいけないな)
とくに最終ラインに本職を使わないHDI(本職誰もいないよ)DFは有名。。。。
あの頃、サポーターがみんな、監督を信頼して着いていくと腹をくくっていたか、というとそこはちょっと違うかもしれません。。。
イチバンに監督の続投を決めたのは球団社長、、、、それは違約金を払えないから、もしくは次を探す能力がないから、という説すらあったほどです。

入替戦の第2戦、極寒のビッグアーチで、ゲーム後に爆心からダンマクが出されました。
もちろん負けることなど考えず、ほうほうの体で何とか残留を果たした上で、監督、フロントに愛するチームの未来のために厳しいメッセージも伝えなければ、というものだったんですが。。。

すみません、このハナシ、なんちゃって当事者だったんでつい長々と・・・

あの時も昨オフも、この監督とこのサッカーを、と言って主力のほとんどが残留を決めましたが、
もし、万一、サイアクの事態を迎えたとき、今のレッズに同じように宣言して残ってくれる選手はいるのか・・・・
うんにゃ、この状態が続くと、最悪の事態を逃れたとしても、何人かの選手は希望してレッズを去るのではないか、、、、
そう思うと夜も眠れません。

この(あの)スタジアム、サポーターのモトでサッカーしたい、というコメントをくれるニューカマーはいましたが、
レッズのサッカーをしたくて、とは言ってもらえませんよね。

先月の期限間近に成立した広島への移籍、残留を争う厳しい状況にある大好きなチームを去って広島に来る決意をした最大の理由は"広島のサッカーが好きだから。広島のサッカーをしたかったから"これは、辛くても頑張ってサポートを続けてきたサポにとって何よりも嬉しいご褒美です。(だから、頼むから活躍して欲しいな~)

投稿: えりぴょん | 2009/09/04 21:29

自分の足を、ボルトのように速く走れないからといって殴る人はいないでしょう。
自分の腕を、室伏のようにハンマーを遠くへ投げることができないといって、蹴飛ばす人はいないでしょう。

自分の体の一部なのだから。

同じように、自分の一部であるクラブを慈しみたいと思っています。

それが、We are Reds という言葉の意味なのだと考えています。

投稿: sat | 2009/09/05 06:06

こんにちは。
2度目の書き込みをさせていただきます。

良い時に「We are REDS!」とサポートすることは簡単だし誰にだってできるけど、サポートって本当に苦しい時に支えるものだって思います。
そしてそう言う時にひとつになれるのがレッズだと思います。

We are REDS!

本気でこの言葉を叫びたいです。

投稿: うり | 2009/09/07 12:27

すいませんレス遅れました。理由は本日のエントリにて。

>nigoeさん
まったくおっしゃる通りで、応援するチームが存在する幸せを噛み締めつつ、かといってチームが調子悪いこととか成績が振るわないことを憂いやさぐれるという自己矛盾を抱えるサポの生活は、以前も書いた通り実にカッコ悪いですよね、お互いにw

>えりぴょんさん
ワタシの勝手な想像による記述へのフォローありがとうございます。
なるほどあの監督へは必ずしもポジティブな評価ばかりじゃないかったんですね。とはいっても、フロントが続投を決められたのはやはり選手からの評価が最もデカかったんじゃないでしょうか。サポだって選手の意見に従わざるを得なかったんでしょうし。
最後のくだりは柏から移籍した彼のことでしょうか。ノブリンがいなくなって次は、と考えたときにピンと来たのでしょうね。そういうチームは確かに幸せですね。

>satさん
We are Redsってのはまさしくそういう意味なんだろうと思います。現実と照らし合わせて自分なりのWeの範囲を見つけていくのがサポの重要な仕事のひとつなんだろうな、と。

>うりさん
本気でWe are Redsかぁ。今考えてみると、今までのサポ生活の中でワタシが最も心からそう叫んだのは99年2ndステージの広島戦のあとの観客席だったかもしれないですね。あれは選手に対してはもちろんだけど自分に対する決意表明だったようにも思います。

投稿: にゃんた2号 | 2009/09/07 15:00

長文を書き込んでから気がついたんですよ。

あの年の広島と今年のレッズの共通項。

ブラジル人エースストライカーが、サッカーキャリアで初のPK失敗をきっかけに、
あんなにとれてたゴールがぱったり止まってしまう・・・・

2007年9月のくそ暑い昼日中のビッグアーチで、
2009年7月の湿度高くて不快だった埼スタで、、、、
同じ組み合わせとはいったいどんな偶然なのでしょうか。
7月、レッズ"は"勝てましたけどね。。。。

はい、先の書き込みの最後の記述は仰せのとおり。
NDで見た時はまだまだちっともフィットしてませんでしたが、アレはアレでありなのかも、、、、
寿人以来の移籍金をお支払いしての完全移籍加入、
とりあえずは期待しよう、と思えるのは昨今の広島の成績にもよる余裕なのかもしれません。

投稿: えりぴょん | 2009/09/07 18:06

いつもは、見ているだけなんですが、ちょっと一言。

2007年の最終戦の日のことです。
広島サポータの父に、『残念だったね』と一声かけました。

そうしたら、『J2に落ちたのは残念だけど、今のサッカーは楽しい。
このサッカーをしていたら心配ないよ』と言葉を返され、
『それより、浦和は来年大丈夫なのか』と聞かれました。

その日、横浜FCに負けて帰ってきた自分のほうがよっぽど落ち込んでしました。

思い出すと、
2007年のゴールデンウィークに広島へ行った時、
叔父も、いとこも、ぶつくさ言っていました。
『広島はおもしろうない。あんなつまらんサッカーをしとったらいけん』
しかし、J2がちらついてきた時、
『やっとおもしろうなってきた』と言っていました。

2008シーズン。
広島が関東に来るだびにスタジアムに出かけては、
ニコニコして帰ってくる父と、
迷走する浦和を見てはため息ばかりの自分。
正直どちらが幸せかと思うことが何度もありました。


もし究極の選択を迫られるとしたら、
広島サポーターは勝つよりも、つまらないサッカーをされるほうが
耐えられないのかもしれないと思います。

投稿: みち | 2009/09/07 21:21

>えりぴょんさん
猛犬もそうでしたか! そこまでは知りませんでした。いずれにしてもここから今季末までは同じ結末をたどらないように心して臨まねばなりませんね。
まあ移籍加入の彼のことはそう心配することはないような気がしますよ。気持ちの強い男と見ましたから。

>みちさん
コメントありがとうございます。そしてフォローありがとうございました。実際広島を身近に感じている方の言を頂きワタシの見方もあながち見当外れでもないんだなと安心(?)しました。
他所の芝生が青く見えるのはたぶんサポ共通の傾向なのかもしれません。そしてそれはきっと自分ちの芝生が青く見えている時間より長いんですよ。
まあ冷静になれば、ウチはウチ、他所は他所ってのが最終的な答えなんですけどねw

投稿: にゃんた2号 | 2009/09/07 21:51

色々思うことがある、なんちゃって熊サポなワタシです。

今年の前半からJ1に復帰し、
去年から見てればとくに変わった事がほとんどないチーム、
なぜか解説者も一般紙にまで絶賛される楽しく美しいサッカー、、、、
でも勝点がついてこない。(日経新聞にまで書かれた時は目ぇ剥きました)

7月の埼スタで内容で完勝だったのに3連敗目を喫した広島、
そこからあそこのクソ監督に何かが降りてきたのか、
美しい、常に最後まで攻撃を目指し、自分達のサッカーと殉死してた状況からガマンして守ることもするようになりました。

さんざんあおられてた瓦斯戦でもガマンを重ねてスコアレスドロー、
ヘロヘロで名古屋戦の埼スタから帰ったワタシに味スタ帰りの家人のヒトコトが響きました。
『どうしたの?たいへんだったね。
 味スタはいいゲームだったよ。
 ウチのチームはガマンして守る新しいスタイルを身につけた。
 こんな風に成長できてるチームを誇りに思う』
とくに最後のヒトコトにめちゃくちゃ凹み、うらやましく思いました。


別に、だからといって宗派替えをすることはないんですが、それほどアツいわけでもないウチの家人をしてそこまで言わせる、
広島がちょっとうらやましいとすればそこですかね。

別にレッズが広島を追いかけて広島みたいになって欲しい、と言うのとは違うんですが。。。

投稿: えりぴょん | 2009/09/09 01:48

広島ってレッズとのネガティブな因縁があまりない数少ない(笑)チームですから、余計にそう感じるのかもしれませんね。鹿や栗鼠や瓦斯のサッカーも決して悪くないと思いますけど、羨ましいという声はあんまり聞かないですもん。レッズサポの中で嫌いなチームアンケートをしたら広島はかなり下位に沈むのではないかとw

↑にも書きましたけど、隣の芝は青く見えがちです。今はガマンガマン。

投稿: にゃんた2号 | 2009/09/09 08:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/46117823

この記事へのトラックバック一覧です: 信頼とか覚悟とか宿命とか最悪とか:

« 野望 | トップページ | 成果 »