« 犬にもわかるアンデルセン童話 | トップページ | そして神戸 2009 »

2009/08/27

レッテル

こんにちは、にゃんた2号の人生コラム『おまえがいうな』、今日のテーマは『レッテル』です。
 

ある集団や集合体の評価や判断をするとき、ついつい全体でまとめて見てこういうものだとレッテルを貼ってしまう、人間ならばよくあることです。

しかし、実際にそれぞれを個別に見てみれば必ずしもそれに当てはまるものばかりじゃないんですよね。
 

例えばアナタが会社員だとすれば、○○大学卒はボンクラだと言われていても中には呆れるほど優秀なのもいるわけだし、アナタが学生だとすれば、××高校はマジメだと言われていても中にはびっくりするほどケンカが強い奴がいたりするわけです。

そういう例外に接したときに慌てて『キミは別ですよ』と言っても、それは言い訳にしか聞こえないのです。
 

かように人は、あらゆることにまとめてレッテルを貼っては個々の事象に接し気まずい思いをする、これを繰り返して大人になってゆくんですね。
 

まとめてレッテルを貼ってしまった例

     ↓

個々の事象に接し気まずい思いをする例
 

これを繰り返して大人になってゆく・・・のか?

|

« 犬にもわかるアンデルセン童話 | トップページ | そして神戸 2009 »

コメント

彼が大人になる日が来るのでしょうかwww

投稿: sat@N700系の無線LAN使用中 | 2009/08/27 19:58

あ、HNの後ろの部分を削るの忘れましたwww
私も大人になりきれないのかもしれません。

投稿: sat | 2009/08/27 19:59

何度見てもいい表情ですね。
また笑ってしまいました。

彼はずっと少年のままでいってほしいですね。
よぼよぼの爺さんになっても「少年」って
なんだかかっこいいじゃないですか。

たぶん・・・・・

投稿: ころぞう | 2009/08/27 21:27

>satさん
いやいや。彼だってずいぶん昔に比べれば大人になったとは思いますよ。・・・あくまで時間的、相対的な話ではありますけど。

>ころぞうさん
あくまでも『少年』というところがミソなのであって、よぼよぼの爺さんになっても『子供』だととんでもない気がします。
もっともワタシもよく言われるんですがね、大人気ないって。

投稿: にゃんた2号 | 2009/08/27 22:33

あんなのにはPKんときに

「どうせ右に蹴るんだろw」

って言ってやればいいだけ。
ようは歳喰っても進歩がないだけだから。
Jリーグを舐めているところも含めてね。

投稿: あおちん@36歳 | 2009/08/27 23:11

いやぁ、この写真、いつみてもピューリッツァ賞並みの決定的瞬間を捉えた名作でつね(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

>あくまで時間的、相対的な話

要するに、普遍的、絶対的なお話しではないのだよ、、、わかるかい、「小僧くん」。
 m9(^Д^)プギャー

投稿: nigoe | 2009/08/27 23:31

>あおちんさん
いやいやウチのゴールマウスを守る方からすれば何も言わずじっと睨んでやればいいだけかと。

>nigoeさん
ホントこの写真を撮った人はネ申だと思います。特に小僧の表情が秀逸ですよね。

投稿: にゃんた2号 | 2009/08/28 08:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/46042947

この記事へのトラックバック一覧です: レッテル:

« 犬にもわかるアンデルセン童話 | トップページ | そして神戸 2009 »